現地在住者が語るフィリピンの介護


 

 

日本人がフィリピンで

介護されているのを初めて見たのは・・・

 

俺が住んでいたマギンハワストリートから遠くない、

あのケソンシティの施設だった。

 

 

フィリピンでの介護とは

突飛なように思えるが・・・

 

実はフィリピンに限らず、日本の老人が外国で

もしくは国内で外国人に介護される現実が少しずつ

身近になってきているのに、気がついているだろうか?

 

 

 

 

 

フィリピンでの介護の現状

 

 

フィリピンでは子供は宝、そして

老人が敬われ大切にされている。

 

従って老人の体が不自由になっても、家族が総出で

面倒を見たり、安いお金でメイドを雇ったりして皆で支える。

 

つまりフィリピンでは、日本のように「自分の家族を老人ホームに

預ける」という介護の文化がない。そのため、介護施設というもの

自体ほとんどないのが現状だ。

 

 

そもそも、認知症の症状が出たとしても「病気」という

認識がフィリピンにはなく、寛大に扱われている。

 

さらには、日本のように老人に対し無理にでも延命措置をする

ということはなく、「神の意思に任せる」という、いかにも

キリスト教的な判断がされている。

 

 

こういった現状もあり、フィリピンでは介護士は

国内で需要がなく、海外に出ていることが多い。

 

 

 

フィリピンに介護のために移住しても

日本円の安定収入が入り続ける理由

 

 

 

 

日本人はフィリピンでの介護を受けられるか

 

 

日本で問題になっている待機児童。超高齢化社会でそれ以上に

問題なのが、老人ホームなどへの入居を待っている老人の数だ。

 

すでに全国で500,000人に近い待機老人達。

 

 

一方で、特養などプライベートな施設は高額になり

多くの人が経済的に対応できない。

 

かつ老々介護は肉体的・精神的に厳しく、独立した子供達も

各自の生活があるので、一緒に住んで介護できないのが通常。

 

 

そんな中、人件費が安く介護の能力に世界的にも一目

置かれているフィリピンでの介護という選択肢が出てくる。

 

 

ただし、さっき語った理由で

現地人向けの介護施設すらほとんどない。

 

まして海外の人向けとなると・・・俺の知っている限り、

ケソンシティの「ウェルネスプレイス」のみ。

 

介護の程度にもよるが、月150,000円ほどで

しっかり面倒を見てくれる。

 

 

あなたが慣れないフィリピンに移住することはもちろん、

年老いた親を国外に送り出すというのは当然抵抗がある。

 

しかし、様々な問題や事件が噴出する日本のドライな老人ホームに

高いお金を出すか、コストを抑えてハートのあるフィリピンの人達に

一生懸命介護してもらうか・・・

 

どちらが幸せなのかはもはや明確。

 

 

ちなみに、あなたに例えばフィリピン人のパートナーや

その子供と幸せに暮らしている環境があるなら、介護施設

すら必要ない。

 

安い人件費でお手伝いさんや介護士を雇い、

自宅であなたの親御さんと一緒に暮らすことができる。

 

 

 

フィリピンの職場でコミュニケーションに悩み、

コミュ障を改善して話すのが苦手な自分を変えたいと

心から願ったのは、日本で介護士をしていた江藤。

 

同じマザコンの彼とはこれからも連絡を絶やさず、

現地での生活をバシッと応援していく。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは11件です

  1. ゴンチチ より:

    フィリピンでそんな状況があるとは。介護ってそんな状況なのね。ビジネス考えてたけど、、むずいかもね?家族協力いいな。>>バイリンガルと国際的にモテることを同時に目指すなら、苫米地先生のこの話は
    聞いておいて損はない。
    IQが200を超える彼だが、
    相変わらずキャッチーな言い回しで、
    難しい内容を分かりやすく伝えてくれる。
    語学留学に半分以上旅行気分で参加する日本人が、
    今でも圧倒的に多い。
    日本を出れば、環境を変えれば何とかなりそう。
    とりあえず英語漬けになれば、
    自然に話せるようになりそう。
    こうした甘い見通しで現地に赴くと、
    帰国後にガックリと肩を落とすことになる。
    とにかくこだわりたいのは、
    講師の質、
    そして学びに集中できる環境。
    このセブにもいい加減な学校や講師は
    はいて捨てるほどあるが(というよりほとんど)。

  2. makostyle より:

    どこの国でも介護の必要な老人はおられるものですね。当たり前の話ですが。ですがフィリピンの老人を敬う文化は素晴らしいと思います。そこがやはり日本の表面上の優しさとは違う本当の優しい心をもった国民ということなのでしょうか。

  3. たか より:

    超高齢化社会となってきている日本で給料が見合っていないことや、一人にかかる負担の大きさから介護士と老人間での需要と供給バランスが悪くなっていることもあり、外国人の採用が近年増えてきたようには感じていました。

    そういった意味では国内で預けるのと海外で預けるのは結局のところ外国人に面倒をみてもらうわけで、日本の友人などに特別未練がなければ送りだすのもありかと思いました。
    もっとも、アクティブな老人でないといきたいとは言い出さないでしょうが。

  4. しおばなはるの より:

    フィリピンか。歳をとってから海外に行くのはどうなんだろうか。その時の自分がどう思うかわからない。生まれた育った地で最後を生きたいと想うかもしれないし、海外で悠々自適に過ごしたいと思うかもしれない。本当に想像ができないけど、でも行ってみたい気もする。その時の自分次第ですね。

  5. シルビアン より:

    少し前にニュースになっていました。
    リタイアして移住した高齢者がボケて徘徊したり、介護されたりしているとのこと。
    移住する時はそんなことは考えていなかったのかと思いました。

  6. あいこ より:

    フィリピンでは介護士の需要がそこまでないにもかかわらず、現地で介護士の資格をとって海外に出る方もいるんですか?
    たしかに日本では老人ホームの殺人事件など定期的に物騒な報道があったりしますし、現地人でなくとも、丁寧に介護していただけるのであればフィリピンという選択もよいものに思えます。

  7. うず より:

    フィリピンでの介護の現状について詳しく書いてあり、介護士として働く私にとって、とても興味深い記事でした。

  8. あのちゃん より:

    フィリピンでは老人が敬われ大切にされてるんですね。
    日本だと介護してる親を殺してしまったりしてる人がいるというのに。。。
    コストを抑えてハートのあるフィリピンの人達に一生懸命介護してもらうために移住する考えも出てきますね。

  9. ペタロー より:

    フィリピンに移住しての介護が身近になっているなんて思ってもみませんでした。でも、フィリピンの老人を敬うという文化は介護ビジネスがうまくいくかもしれませんね。

  10. より:

    そうなんですね。
    フィリピンの鷹揚さはいいですね。
    これだけ長生きするようになるようになると
    避けては通れない認知症ですが
    フィリピンの考え方は好きです。
    好き嫌いで言える問題ではないですが・・・

  11. こう より:

    自分の親も年を取ってきて他人事ではないなって思いました。自分自身でお世話が出来れば一番ですが、老々介護になったら果たして自分に出来るのかって心配です。
    老人ホームでの虐待が後を絶たない現実下では下手に日本で施設に預けるよりも心を込めて介護してもらえるところの方がお年寄りにとっては幸せかもしれないですね。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ