フィリピンのクラブに行くなら…どんな音楽(クラブミュージック)?パスポートは必要?使えるアプリは?蕨のナイトクラブは面白い?


 

フィリピンと言えば、男性にとってはクラブやKTVなど

ナイトライフが楽しみの一つ。

 

 

しかし近場と言え、フィリピンは外国。

気を許せば思わぬ痛い目にあうことも。

 

そこで現地在住者が、

フィリピンで遊ぶ際に知っておきたいことを語る。

 

 

 

フィリピンのクラブ…パブやナイトクラブの服装はどうすればいい?パスポートは必要?

 

首都マニラには東南アジア最大のクラブ

Cove Manila」がある。

 

 

2017年に開業した大型カジノリゾートホテルである

「オカダマニラ」内にあるクラブ。

 

日本でも話題のいわゆる統合型リゾート(IR)というもの。

 

 

ドレスコードに関していえば、男性の服装は

襟付きのシャツの着用が必須とされている。

 

 

女性の服装には特別の規定はないが、男女とも

ゲストはナイトクラブ用ドレスの着用が必須。

 

室内では帽子はかぶれないし、

足下もサンダルやスリッパは禁止

 

ショートパンツやぶかぶかのパンツも禁止されている。

 

 

ドレスコードを守っていなければ

入口で入場を拒否されるので注意が必要だ。

 

 

パスポートについてはオカダマニラにあるカジノに入場する際は

提示が必要だが、クラブ入場時には必要ない。

 

楽しむコツとしてはクラブ以外にも前出のカジノやインドアビーチクラブ、

プールなどの施設もあるので、水着なども持参してもよいかもしれない。

 

 

フィリピンクラブでは女性と会う機会も多い。

 

女性を落とすためには、優しく、紳士にが基本。

これは全世界共通

 

 

 

フィリピンのクラブに行くならセブ!どんなクラブミュージック(音楽)が楽しめる?

 

マニラの統合型リゾートを紹介したが、

フィリピンで充実しているといえばセブ島のクラブ。

 

その中でも最も盛り上がっているクラブと言えば

オクタゴン」。

 

 

セブ島のNO1クラブといえば「ジュリアナ」が有名だったが、

ジュリアナが移転・再オープンしたのがここ「オクタゴン」。

 

客層は韓国人がほとんど。

 

 

ドレスコードはサンダル履きやタンクトップは禁止

といった感じ。

 

入場が200ペソ(430円くらい)、

VIPルームで6,000ペソ(12,900円くらい)ということで

VIPルームはセブの中でも高めの設定。

 

 

地元のクラブ雰囲気を楽しみたければ

LIV SUPER CLUB」がおすすめ

 

ハイソなフィリピン人や外国人が多く、

日本人もちらほらいる。

 

エントランスも300ペソ(645円)とセブで最も高い。

ナンパを目的としている人には向かないクラブ。

 

 

どローカルでいえば「CLUB Hatchi」。

 

一度営業停止になったという経緯もあり、マイナスのイメージもあるが

客層も若く、盛り上がりもすごい。

 

エントランスが50ペソ、VIPでも

600ペソと前出の2つと比べれば格安

 

 

クラブミュージックについては

「どれも一緒に聞こえるんだけど!?」という評価がある。

こちらのサイト参照)

 

 

音楽関係者が聞いたら怒りそうだが、個人的にも

クラブミュージックには興味がないためノーコメント。

 

 

 

フィリピンのクラブをマニラや上野で楽しむなら?ミュージックの定番

 

マニラは冒頭書いたような統合型リゾートが充実。

 

 

Cove Manila」のほかにも「The Place」という複合施設もあり、

2,200名収容のフィリピン最大規模クラブ「Valkyrie Nightclub」や

高級志向の「Revel」、

 

異色なところではクラブミュージックをプールで楽しめる

Palace Pool Club」などもあり、クラブ遊び、音楽、

プールなど多彩なエンターテイメントを提供してくれる。

 

 

フィリピンまで旅行する暇がないというあなたには

国内にも多くのフィリピーナが働く店があるので、

都内の店舗を2つ紹介する。

 

 

「フィリピンクラブmalagu(マラグ)」:

 

マラグとはフィリピン北部ルソン島は

パンパンガ州の言葉で「美しい」を意味する。

 

名前のとおりパンパンガ出身のママと

豊富なスタッフがおもてなししてくれる。

 

(東京都台東区上野2-10-4池之端会館4階、03-5826-8395)

 

 

「フィリピンクラブメビウス」:

 

クラブ&ディスコ調の店内。

月曜日から木曜日は飲み放題込みで90分3,900円と

破格の値段設定。

 

気軽にワイワイを目指す方に最適。

 

http://www.tokyo-mevius.com/top/

東京都豊島区池袋2-43-7ダイチツムラビル3階、03-5944-9980)

 

 

他にもフィリピンクラブやパブで検索すると多くの検索結果が出る。

(フィリピンパブどっと混む:https://philippine-pub.com/

 

 

最後に少し真面目な話を。

 

 

フィリピンパブというと古い人は

ルビー・モレノさんを思い出す方もいるのでは。

 

 

フィリピンクラブ出身のタレントとして一時期有名になったが、

 

最近発表された法務省統計によるとフィリピンからの興行目的の在留資格者

(出稼ぎに来ている女性)は443人だが、実際にはフィリピン人クラブで

多くの女性が働いているという現実。

 

つまりほとんどの女性が身分に基づく在留資格を持っている、

すなわち誰かと結婚しているか、或いは違法就労であること可能性もある。

 

 

そう考えると、フィリピンクラブで女性を口説くのも

良いことないかもしれない。

 

 

 

フィリピンクラブの特徴

 

いまだに明確な区別は分からないが・・・

 

フィリピンパブ(クラブ)といえば、フィリピン人女性とお酒を

飲み、一緒にカラオケを歌ったり踊ったりするという、キャバクラの

フィリピン版のような感じ(笑)。

 

これは基本的に、現地フィリピンも日本と同じ。

 

違うのは、フィリピンではお金さえ払えばお持ち帰りしやすい

ということ。やはり多くがシングルマザーの彼女らは、生活のために必死だ。

 

 

何しろフィリピン移住前、埼玉の和光にいる頃からクラブに入った

ことがなく、マニラでのビジネスを通して深く関わっていた俺にとっては、

フィリピンとの接点が通常の日本人とはだいぶ違う。

 

フィリピンの水商売事情を知ったのは、今は元カノのクリスと

付き合ってから連れて行ってもらったり、現地のビジネス仲間に

いろいろ教えてもらったりなど、むしろ後づけ(笑)。

 

 

マニラ近郊でクラブが多いところといえば、

アンヘレスやマラテ、パサイ辺りが有名。

 

一方日本では、俺の実家に近い大宮にもいくつかあるが・・・

昔は東京にも多かったものの、今はどちらかというと地方都市に

分散しているイメージ。

 

フィリピン人の友達が多いのは郡山・名古屋・岐阜辺りで、

当然そこには彼女らが働くクラブも多い。

 

 

ちなみにクリスと住んでいた群馬の高崎にも、

タガログ語が飛び交うフィリピン人の村のような場所がある(笑)。

 

 

 

フィリピンという南国の楽園に、経済的な

不安なくいつまでものんびり暮らす方法

 

 

フィリピンのクラブなどで遊ぶなら気をつけたいこととは?

 

基本的なところだが、1時間いくらと書いてあってもチャージなど

いろいろ取られて実際の値段はだいぶ違うということがよくあるので、

慣れていないあなたは注意を。

 

 

またパサイで高橋さんが経験したことだが、踊っている子を指名

して話をし、気に入ったので一緒に外でデートしようとしたところ、

聞いていたのと違う金額を要求されたというケースが。

 

やはり事前にしっかり、お店のマネージャーから

条件を聞いて明確にしておきたいところ。

 

フィリピンの場合は事前にお金を払って出るスタイルなので

大きな揉めごとにはならないが・・・

 

 

さらに他で耳にしたのは、自分のホテルに女性を連れ込んだ後

貴重品がなくなっていたり、一緒に泊まったホテルでいつの間にか

お札が抜き取られていたりなど。

 

やはり一夜限りの関係の場合は特に、完全に気を許すことなく

自分の身は自分で守るようにしたい。

 

 

そういえば日本の芸能人が勾留されたという事件があったが(笑)、

見た目で分からないこともあるので年齢確認は慎重に。

 

現地で未成年(フィリピンは18歳)を抱いたりすると

かなり厄介なことになる。

 

 

日本語が分かるフィリピン人でも、やはり深いところは理解

できていないので、こちらも英語を覚えておくとより楽しい

コミュニケーションができるし、やり取りで誤解などもなくなる。

 

 

もともと、あなたはフィリピンのクラブに

興味があっただろうか?

 

それとも俺の友人の原さんのように、とっくにハマっていて

新しいところを開拓しているさなかだろうか(笑)。

 

 

日本人よりもノリが良く、楽しい人が多いフィリピン人。

注意点も押さえた上で楽しいクラブライフを。

 

 

 

まとめ…蕨のフィリピンパブについてもサイトをチェック

 

海外旅行の機会に、日本ではやらないことをやりたくなる。

 

 

普段はパチンコをしない森田のお父さんが

ラスベガスではカジノにチャレンジしたり、

 

祖母がタイ旅行にゲイバーに行ったようで

写真を楽しそうにみせてくれた。

 

フィリピンではいい歳してアプリのティンダーを使い、

マニラの女性を落としたとか。日本人が好かれるのを逆手にとり(笑)。

 

 

そんなあなたも、フィリピン旅行を計画したら

普段行かないクラブやパブにチャレンジしてはどうか。

 

そこで、今回情報をまとめてみた。

 

 

フィリピンと日本は経済的な結びつきも強く

フィリピンにとって最大の輸出相手国は日本であり

輸入面で見ても世界第2位。

 

 

世界でも類を見ない親日国と言われるくらい。

 

第二次世界大戦の占領の歴史などの負の遺産を乗り越えて

築き上げた関係だけに、これからも良好な関係を築きたいところ。

 

 

クラブ遊びで羽目を外すのも良いが、

外しすぎて日本人のイメージが低下することないよう気を付けよう。

 

 

 

フィリピン人の性格が大好き!」人生の行き詰まりを脱した

ヤマ中時代の友達ニノは、40代にして蕨へのクラブ通いを始めた。

 

チームワークの仕事コミュニケーションが苦手な彼は、

俺と同じく「二度とサラリーマンには戻りたくない」と

一人起業した男だ。

 

毎日ガブガブ飲んでいるようなので

肝臓には気をつけてほしいが(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは5件です

  1. ヘリツ より:

    クラブには自分は行かないでもフィリピンでは行ってみたいと思う何故かわからないが明るい感じがするから大昔南浦和で行ったことがあるクラブと言うよりも地図の品下でもなんかその2時間が心地良かったの覚えている商売と言うよりも人としてあったかいそこが何か魅力そして美しくまたスタイルも良かったりするフィリピンのクラブで少しでも人間性を取り戻してみるのもいいかもしれない温かい交流の中でお金ではない関係の中でもともと人と人との関係と言う大事なところを思い出す良いきっかけになるかもしれない日本のキャバクラではこれは難しいだろうやはり海外の人特にフィリピンと言う温かい国民性にこういったものが関係してると思ういい加減なところもあるけど笑うことの方が多い魅力的

  2. makostyle より:

    もうずいぶん夜の街には繰り出していませんが、たまに行くとテンションが上がりますね。近所のフィリピンパブに数年前行った事がありますが、陽気な人が多く楽しかったです。さぞ本場も楽しいでしょうが、英語が喋れない私には少し怖いものがありますね。

  3. マゼンタ より:

    私はフィリピンクラブに行くことはありませんが、どこの国に行っても、夜の街のその手のお店では気をつけなければいけないことは同じなのでしょうね。

  4. ユウゾラ より:

    目を閉じるとフィリピンパブの楽しい雰囲気が想像できます!行った事はないのですがどこかでそういう映像を見ているのかもしれませんね。でも日本語が通じにくいのでちょっと素人には怖い部分がありますね。でも行ってみたいです!

  5. ひかり より:

    フィリピンのクラブはとても楽しそうですが
    気を付けないといけない面もありますね。
    日本でもそうですが
    素人が一人で行くと
    危険な目にあいそうです。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ