現地在住者が語るフィリピンのDVD事情


 

 

「フィリピンで、日本のDVDって

普通に観れるんですかね?」

 

 

 

カローカンにいるフィリピン人の彼女と過ごすために

プチ移住生活を始めることになった、モテ仲間のジョージさん。

少しでもタガログ語を勉強するためにDVDの教材を持ち込もうとしていた(笑)。

 

 

 

 

 

フィリピンの海賊版DVD

 

 

俺が初めてフィリピンでDVDを買ったのは、

2013年の4月。

 

当時付き合っていたアーメルとのデートの帰り道

パサイの歩道橋の上の露店で売っているDVDを見かけ、

そこでハリウッド映画を10枚買った。

 

実際に再生して驚いたのが、

全て海賊版のDVDだったこと。

 

「アイアンマン3」など、まさに当時上映されていた最新映画なのに

1枚45ペソ(100円ほど)だった理由が分かった(笑)。

 

 

そして、さすがはフィリピンと言おうか・・・

そのDVDの画質の悪さに辟易。

 

何しろ、映画館の中で違法に盗撮しているのがバレバレ。

前を通り過ぎる人の頭が映り込んでいたり、全体的に揺れていて

音も小さい。

 

 

それでも購入する人が後を絶たないのは、

現地人でも買えるその値段の安さ。

 

フィリピンは映画館で観ても安く230ペソなどで

日本で上映する前の最新映画が楽しめたりするが、

DVDの場合は海賊版ということもあり、とにかく安い。

 

現地に長期滞在中で暇つぶしの時間が豊富にあるあなたは、

英会話の勉強に利用するのも一つ(笑)。

 

 

ちなみに、最近台頭してきたのが

フィリピン発の動画配信サービス。

 

huluやNetflix、Amazonはすでにグローバルな

動画配信サービスだが、このフィリピン版は利用料が

100ペソ未満ということもありサービス利用者も増えている。

 

あとはYouTubeも有料での映画配信に

力を入れているが・・・これがフィリピンで

どこまで普及するか。

 

 

 

フィリピンでDVD生活を楽しむコツ、

外こもりしても尽きない安定収入の構築法

 

 

 

 

フィリピンのDVDについて知っておきたいのは

 

 

さっきも語ったように、露店で売っているコピー版、

海賊版は質が低いことを知っておこう。

 

海賊版の場合は新しいものやレアな作品が観れるのはいいが・・・

快適な再生は諦めること。

 

何より怖いのは、DVD自体がウイルスに感染していて

パソコンで再生するとウイルス感染する恐れがあること。

 

DVDが壊れているだけならまだかわいいが、

感染となるとシャレではすまない。このあたりは自己責任で。

 

 

そしてジョージさんも気にしていたが、日本からDVDを持ち込む場合
規格が違うことにも注意。

 

俺も英会話講師のメアリーに日本のDVDをいくつか

埼玉から送ったことがあるが、彼女は結局現地で

観ることができなかった(笑)。

 

 

 

 

 

確かにDVDは安いのだが・・・

 

あなたが移住したら、フィリピンで

生活費がどれくらいかかるかご存じだろうか?

 

 

オンラインビジネスで独立、実際に埼玉の和光から

フィリピンに移住した40代独身男が、どれくらいの生活費で

現地生活しているかを赤裸々に公開する。

 

 

 

 

 

フィリピンでの生活費

 

 

当然ながらフィリピンでの生活費は日本、特に東京のような都市部よりも

ずっと下がる。物価は日本の1/3、人件費は1/10とも言われるこの国。

 

日本人がそれほど不便なくこのフィリピンで暮らすためには、

どれくらいの生活費が必要なんだろうか?

 

 

結論から言えば、俺が住んだマニラやセブの場合は

月6万円から7万円。セブのほうが少し下がる印象だ。

 

 

内訳としては・・・

 

 

マニラではプールとジム付きのコンドミニアムに住んだが

家賃が2万円程度、電気代の高いフィリピンでは

エアコンを使うと水道光熱費が月5,000円ほどになる。

 

この時部屋に設置した固定wifiの料金が、

月3,000円程度。

 

セブの場合はホテルに長期滞在していたため、水道光熱費や

wifiなど全て含めて月35,000円程度。

 

 

観光ビザなら更新料が月にだいたい8,000円、時々

和食やイタリアンを食べたり、お酒を飲むとして月25,000円程度。

その他かかるのは交通費や、日用品の購入費など。

 

食費はローカルの割合を増やせば下げることができるし、
逆に女の子とデートしたり近場へ旅行に行けば

もちろんこれ以上に。

 

 

例えば、俺やモテ仲間のようにオンラインビジネスで

月10万円以上あれば、この国では比較的余裕を持って

暮らせるという計算になる。

 

 

 

 

 

ちなみにフィリピン人の生活費は?

 

 

俺がマーケティングを担当していたセブの語学学校では、

フィリピン人の先生の給料が約2万円からのスタート。

 

彼女らがほとんど貯金しないのを考えると、

ほぼその金額で生活しているということに。しかも

このお金の中から家族をサポートしているのがすごい。

 

 

1食を80円程度で済ますのは当たり前だし、移動は1回約15円の

ジープニーでするのが基本。髪も100円くらいでカットしたり。

 

可愛い顔した女の子がスコーターのバラック街から

普通に出てきたりするのは、今でも違和感のある光景(笑)。

 

 

 

フィリピン、特にマニラの置屋バンコクの夜遊びが好きな後輩の沖田は、

大量のDVDを持ち込んで沖縄に滞在している。

 

相変わらず俺と同じ猫好きで、

近所を歩いてはスマホで撮りまくっている様子(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメント1件

  1. テラ より:

    路面店で販売しているDVDは海賊版なんですね。人の頭が映り込んでいるなんて・・・。ちょっと見てみたい気もします(笑)話を何となく理解する程度なら海賊版でも良いかななんて思いました。フィリピンは映画館でみても安いんですね。日本の三分の一以下でみられるなんて映画好きな私からしたらうらやましいです。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ