フィリピンに遊びに行っただけなのに…子供(子ども)の遊び場はある?フィリピンの遊びと言えばナイトライフ!


 

閉塞感に包まれた日本と対照的に、アジアで

最も経済成長を続けているご近所の国、フィリピン。

遊びに来る日本人も増え続けているが・・・

 

 

昔のように危険なイメージよりも南国リゾートや英語留学先として

知られるようになり、脇の甘い人も見かけるようになった。

 

そこでこの記事では、適度な緊張感を持ってもらうために

現地のリアルな情報をお届けしたい。

 

 

 

フィリピンの遊びと言えば女?ナイトライフなど、フィリピンで遊ぶなら知っておいてほしいこと

4296249058_35a2f8cfa6_b

 

 

このようにフィリピンは遊びで行くのにも魅力的な場所ではあるが、

フィリピン人のネイチャー(性質)を知らないことで

大変な目に遭っている人が少なくないことも、知っておきたい事実。

 

 

遊びに行く場所としてフィリピンを選ぶなら、あなたには

このことは知っておいてもらいたい。

 

 

お金を要求してくるケース

 

貧困層が7割以上のこの国では、当然ながら彼らからすると

外国人、特に日本人は、全員がお金持ちに見える。

 

知り合ってすぐの場合もあれば、付き合いが何年も経ってからのことも

あるが、お金をくれとか貸してほしいと言ってくるケースがある。しかも

かなりの確率で。

 

 

そもそも人にお金を貸すことは、それを「あげるつもり」なら

その人の自由でやればいいが(一時的にお金を渡しても

その人の依存心を強めるだけなので本音ではオススメしない)・・・

 

ことフィリピン人に関しては、

返してくれることを1ミリも期待することはできない。

 

お金は自分自身の努力の結晶、自分でなんとかしなければいけないと

いう考え方は、貧困と貧富の差がひどすぎるこの国の人に根付くには、

まだまだ時間がかかるのかもしれない。

 

 

結婚にやたら積極的なのは・・・

 

男性のあなたは特に注意されたし。

 

自分もそうだし周りにも幸せな人がいるので全員ではないが、

フィリピーナが日本人男性と結婚しようとするとき、お金

日本での永住VISAのどちらかが目的であるケースが、残念ながら多い。

 

特にフィリピンパブなどで知り合った子とは、

しっかり付き合って見極めてほしい。

 

 

全ては貧困がベースにあって、家族を支えるために

海外に出ざるを得ない若いフィリピーナも気の毒ではあるが。

 

あなたなら、純粋に恋愛してお互いが必要と思えたときに

自然に結婚へ・・・が理想のはずだ。

 

 

お金を払うのは、誰?

 

フィリピンへもしあなたが何も知らずに遊びに行ったなら、

お店でお会計をするときに少し驚くはず。

 

一緒に食事したフィリピン人たちは財布を出すそぶりもなく、

普通に外に出て行こうとする。残された伝票は?もちろん

全額あなた持ち。

 

そう、この国では、誘った人が払うのが当たり前。

さらに言えば、お金を持っている人が払うのが当たり前。

 

これが常識であり文化だ。

必然的に、外国人がおごるのが当たり前のことになる。

 

 

初めてフィリピンに行った11月のマニラ。

 

facebookで事前に友達になっていたアイリッシュと

初めて会ったとき、彼女はイトコを2人つれてきた。

 

よく食べよく飲みよく歌う若い女性3人とはとても楽しんだが、

想定外の予算を一夜で使い果たしてくれた(笑)。

 

 

彼らからしたら日本人がおごるのが当たり前だし、許可もなく

友達や家族や親戚を連れてくることを知っておいてほしい。

お礼すら言わないこともあるが、ムッとせずに(笑)。

 

遊びでフィリピンに行くときに誰かを誘うときは、

誰をつれてくるのかを事前に聞いておいて、その人たちの分まで

お会計を余分に考えておいたほうがいい。

 

 

変わった人に注意

 

ここで変わった人とは、具体的には日本語の流暢なフィリピン人、

タガログ語の流暢な日本人のこと。

 

もちろん全員ではないが、経験上

少し警戒しておく必要があると思えるので。

 

日本語の流暢なフィリピン人は、日本で水商売をしていた女性や、

お金をよく落とす日本人を狙ってくるポン引きの男性などに多い。

 

 

マラテ滞在中に仕事道具やガジェット、数千ペソを持ち逃げされた

苦い経験があるが、彼女も日本に戻りたいといつも話している人だった。

 

あのときはフルボッコにしたいほど憎んでいたが、

もうサラの顔は忘れた(笑)。

 

 

フィリピン人のように黒く焼けた肌で、まるでフィリピン人のように

流暢にタガログ語を話す日本人男性が日本人をガイドしているのを

見かけたことがある。

 

きっと異国の地で聞く日本語に安心して、

ついて行ってしまうんだろう。

 

こういう現地に溶け込んだ日本人が、フィリピン人と共謀して

悪さをすることも多い。フィリピン人の性格はもちろん、

こうした日本人がいることもあなたにはしっかり知っておいてほしい。

 

 

 

フィリピンの遊び…価格差を利用して外国人が楽しめる国

 

フィリピンは海外だが、そう思えないくらい、

遊びに行くのに敷居が低い。

 

日本人として恵まれたことだが、フィリピンに遊びに行くときは

もちろん観光VISAが自動的につくので、パスポートさえあれば

20日間は何の手続きもなく滞在可能。

 

 

円安が進んでいるとはいえ、人件費が

日本と比較にならないくらい安い。

 

タクシーが初乗り100円くらい。

マッサージは1時間600円、カットは300円しないくらい。

食事も、ローカルのレストランなら500円もあれば十分食べられる。

 

 

さらに、マニラの例だが

ペニンシュラクラスでも1泊1万円台で泊まれる。

 

俺がよく行くウェンシャ・スパ(日本の健康ランドのようなところ)は

2,000円くらいで、お風呂に入り放題・食事が食べ放題・マッサージが

1時間ついて、翌朝まで寝ることもできる。

 

俺が住んでいたマラテの外人向けコンドミニアムは格段に安く、

ちゃんとセキュリティガードが24時間体制でそこそこ快適な

住まいで、ひと月27,000円くらいだった。

 

 

セブなどのビーチリゾートを選べば、空港から遠くない場所で

息を呑むような美しい海でひとときを過ごすことができる。

 

 

どうでもいいことだが、フィリピンの美容院にいる男性は

ほとんどがバクラ(おかま)なので、フィリピンに遊びに来て

もし髪を切るなら、男性はくどかれないように気をつけたい。

 

俺もたった100ペソ(300円くらい)で1時間も丁寧にカットして

もらえたのはよかったが、2年以上たった今でもその彼から

facebookにメッセージが入る(笑)。

 

 

 

あなたのフィリピン移住を

現実的に可能にする方法

 

 

フィリピンで遊びたい子供(子ども)のために。遊び場はマニラにも?

 

フィリピンでの遊び場所といえば、

大人が楽しむための歓楽街が代表的。

 

お店でフィリピーナとお酒を楽しんだり、

仲良くなったら一緒に外に出かけてみたりと

様々な楽しみ方がある。

 

 

一方、フィリピンの遊び場には子供が安心して遊べる公園などが少ない

 

そもそもフィリピンでは毎年平均気温とにかく高いので、

子供が公園で遊ぶこと自体が難しい状況なのだ。

 

そんな中、フィリピンのマニラには

室内で遊べる遊び場が増えてきている

 

いわゆるジャングルジムのような遊び場で、

時間と料金があらかじめ決められている。

 

どんなに暑い夏の時期でも、

エアコンの効いた室内なら子供も親も安心して遊べる。

 

 

フィリピンの子供たちは、

馬飛びや缶蹴りなどの遊びが好きというのが興味深い。

 

フィリピン遊び・日本との共通点ルールなどといった

文化の違いを様々な角度から考察するのもおもしろい。

 

 

フィリピンでの夜遊びに魅力を感じて、どんな感じなんだろうと

興味を抱く人が結構いるはずだ。

 

例えば、「フィリピン遊びたい 夜遊び」などと検索すると、

歓楽街におけるフィリピーナたちとの上手な付き合い方

フィリピン人たちと遊ぶ際の注意点などが掲載されている。

 

フィリピン人の性質を知らないで出かけると痛い目にあうことも。

 

例えば、自分から相手を遊びに誘った場合、

その費用は自分が全て支払うことを前提にしておいた方がいい。

 

フィリピンの国では、

誘った人がお金を出すというのが基本だからだ。

 

 

 

フィリピンの遊びで伝統なのは?ランキングで紹介!

 

フィリピンの子供たちに人気のある遊びを

ランキング1位~3位まで紹介する。

 

 

フィリピンの遊びで人気ランキング1位に入るのが、

TAKYAN(タッキャン)。

 

ソフトドリンクのキャップに穴をあけて、

ビニールテープを付けただけの作り。

 

子供たちはこれをポケットから取り出して、

サッカーのリフティングのように蹴ったり、

パスを出し合ったりして遊んでいる。

 

屋外でも室内でも楽しめるTAKYANは、

どこか南国らしさを感じさせる遊びだ。

 

 

第2位は、「LUKSONG-TINIK(ルクソンティニック)」。

最近では、ここから発展した

チャイニーズガーター」という遊びが大人気。

 

日本でいう「ゴム飛び」と全く同じ遊び方。

 

 

第3位は、「PALO PALAYOK(パロ パラヨッ)」。

キャンディがたくさん入った陶器を、

目隠しした状態で割るという遊び。

 

まさに日本でいう「スイカ割り」そのものだ。

 

フィリピンの子供たちに人気のある遊びは、

日本の伝統的な遊びに似ている特徴がある。

 

さらには日本の子供たちの間で流行のハンドスピナーまで

フィリピンの子供たちの間では流行っている。

 

 

 

まとめ

 

フィリピンの国にはまだまだ知られていない魅力が詰まっている。

日本とは少し違う性質があったりはするけれど、

それはお互いさま。

 

フィリピン特有の明るさや生き方

長所など彼らから学ぶことはたくさんある。

 

もちろん、地域や場所によっては危ないところもあるから

事前に下準備をしたりして調べておくことが大事。

 

 

最近、フィリピンに遊びに行く日本人が増えてきている。

現地の開放的なイメージやアクセスのしやすさなど、

良い部分ばかりが注目されている。

 

以前よりは治安が良くなってきたフィリピンだが、

注意しなければならないことがある。

 

 

まさか、フィリピンに遊びに行って

あんな事件に巻き込まれるとは・・

 

 

いろんな人と話していて、この国のファンがとても多いことを知った。

近場の日本だけでなく、インドや中東、欧米の人にも。

 

北海道のニセコがその良質のパウダスノーでカナダ人に人気のように、

欧米でも世界No.1及びNo.2リゾートとして紹介されてから

欧米の人がフィリピンに頻繁に訪れるようになった。

 

 

いろいろクセがあるのは、俺たち日本人だって同じこと。

俺は、ホスピタリティだったり明るさだったり、

彼らの長所や魅力と共にいつも生きている。

 

 

5歳から英会話を学び、OFWとして世界のあらゆる場所に

ネットワークを持ち、その高い能力を発揮しているフィリピン人たち。

 

その温かい心を持つ彼らと共に歩む未来も、これまた楽しみだ。

 

 

フィリピンによく遊びに来るあなたには、パラワンやボラカイを

超える世界No.1リゾートになる可能性がある「パングラオ」の

仲間計画を知ってほしい。

 

まずは以下でニュースレターに登録して、情報交換を始めよう。

ワクワクが止まないことを保証する。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは47件です

  1. […]  知らないとできない・・ そう、知識がないとできないんです。コミュニケーションて本来、めっちゃ難しいんです。  俺の場合は例の教材を手に人と逢うようになってから、次のアポが待ち遠しくなりました。 そう、よくアポに使っていた宇田川町や成増のサンメリーに行くのが(笑)。それこそ、ルンルンな感じ。 フィリピンに遊びに行く感覚というとおおげさですが・・・(笑) ここに集うモテ仲間は、すでにほとんどの人が読んでいるかもしれません。キラリと輝くロングセラー「鏡の法則」です。90%以上の人が涙をにじませた話として、あまりにも有名です。妹のリエも号泣しました(笑)。もしまだの人は、ネットで無料で読めるので是非どうぞ。実は著者の野口さんは事業の先輩でもあり、個人的にお世話になっています。コミュニケーションの奇跡・・・話の中で主人公のA子が行動に移したのは、今までずっと避けてきた、最も苦手だった父親とのコミュニケーションでした。長い間確執のあった親と、ちょっとしたコミュニケーションで和解できました。それだけではなく、息子のいじめがなくなり、夫との関係も改善されるという奇跡がドカンと起きたんです。A子の勇気ある行動は、彼女を取り巻く状況を劇的に変えました。 これは親だけではなく、親友や恋人も同じです。コミュニケーションは人間関係の核であり、必要なときに適切なコミュニケーションが取れなければ、大切な人との関係が劣化していきます。身近な人とのコミュニケーションに必要な知識もあるし、一方で、初対面の人と仲良くなり、その後うまく付き合っていくノウハウだってあります。コミュニケーション、特に会話は義務教育に組み込んだ方がいいと思うくらい大切なのに、大人になっても学ぶ機会がありません。       » 共に自由を目指す仲間募集中! […]

  2. ざぎんでぐーふー より:

    なるほど、、だからあの娘はあんなに積極的だったか?w

    だんさんの記事にあってなければ危なかったな

  3. まま より:

    これは新しい発見!
    お金は自分自身の努力の結晶、自分でなんとかしなければいけないという考え方が根付いていない…ほ~なるほど。
    それが当たり前だと思っていたけど、そうじゃないって事があるんですなーもちろん自国にもそんな人はいるけど、働かないって時点で怠け者、駄目な人ってレッテルしちゃうけど根付いてない国があるのかぁ…そうなると、自国のそんな人も普通なのかぁ。
    なるほどなぁ~´ω`

    誘った人払い、これは怖い怖い…!
    前に行った時は、招待で行っただけだから何もわからなかったけど、安く旅行が出来そう、いいなぁヾ(ω` )/

    • DAN より:

      そうなんです、こっちの文化では・・・手持ちは余裕を持っておいた方がいいかも(笑)^^

  4. […] フィリピンに遊びではなくビジネスで通っていた俺はこの南国が […]

  5. […] 遊びで来ていたフィリピンに移住してからはいっそう、周りが外国人 […]

  6. one agent より:

    いつもありがとうございます。

    フィリピンでは6年に一度の総選挙が終わりました。 大統領、副大統領、市長、副市長、市議会議員・・・多くの役職が選挙によって一新され、それに伴い各省庁、市職員の人事も一新されたところです。

    人脈が物事を大きく左右する新興国のご多分に漏れず、フィリピンでもその傾向は強くあります。

    ですので私も旧勢力と新勢力の両者と丁度良い距離感を保ちつつ、新しい体制の行方を占っているところです。

    こういった状況で一方の勢力と仲良くすれば、選挙後の人事によっては思わぬ痛手を追う事も考えられます。もちろんそれは役場内でも同じで各種申請なども今は受け付けてくれないのが現状ですが、仮に受け付けられても新体制になったときに手のひらを返される事が多いといいます。新興国のガバーメントのお付き合いはとても神経質にならざるを得ないようですね。

    私は何事も進まないこの時期であっても時を無駄にしないために、出来る事を最大限進めると同時に、対策も慎重に練りながら各種業務を行なっております。
    同時に新市長へのパイプ確保も怠りなく進めています。

    また人脈だけでなく各種コンプライアンスを守り、時間とコストをかけても許認可取得を一義として来た事がこういった際には大きなアドバンテージとなります。選挙後の新体制時にこれまでの状況を踏まえてもプラスであったと感じて頂けるよう進めていきます。

    またマニラでお会いしましょう!

  7. 恋愛マシン より:

    初めまして、ニュースレターの読者です^^いつもメールありがとうございます。

    僕はカビテにワイフと住んでいます。

    ご存じの通り、フィリピンでは外国人がビジネスを持つことは規制やリスクがあるので、スモールビジネスで日本円を稼ぎながらこっちに住んでいます。

    おもしろい情報は日々入ってきていますので、いずれ語れたらいいですね!^^

    Danさんには日本人サークルの仲間になってもらいたかったので、個人的にご連絡しています^^

    ご返信も先日ありがとうございます!^^僕もかねてから交流させて頂いているDanさんとお会いできるのを楽しみにしています。

    こちらは過去にも多くの人が飲み会にも来ていますので、僕も一緒にやっていけるのをワクワクしています。

    まさしくおっしゃるように、日々続けることがモノをいうのがビジネスです。Danさんなら発信できることが豊富なので、とても楽しみです!^^

    僕もうさんくさいビジネスには興味ゼロですね笑以前セミナーを知人が開催しましたが、今回が最後になるようです。より洗練された方法でスモールビジネスをつくる方法を一緒にお伝えしていこうと思います。

    以前お送りした動画は作業の合間の息抜きにでも見てみてください。
    気持ちが楽になると思います。

    パングラオ計画、いよいよ❗️楽しみですね!

  8. コピーキャット より:

    いつも感謝。

    質問です。

    Googleアナリティクスでの検索キーワード解析方法を

    調べています。

    Googleアナリティクスではほとんどのキーワードがnot providedと

    表示されるとのことですが、検索キーワードの解析には他のツールを

    使った方がいいのでしょうか?

    Not providedの推測方法の記述もあったので、それを実行してみますが・・・

    またパソコンが保証期間内なのですが、以下のようなトラブルがあります。

    ・ブルースクリーンが数回発生

    ・全体的に動きが重い

    ・ブラウザ特にクロームが何度も「応答なし」になる

    ディスク容量には空きがまだまだあり、アプリもファイルも

    それほど多くありません。

    デフラグなどの方法を教えていただけますか?

    外国人は口座開設にACR-Iカードが必要と聞いているのですが、

    必要な書類は何になりますか?

    フィリピンに銀行口座を持ちたいのですが、LSを一口購入しただけの

    自分も、この対象になりますでしょうか?

    あれから、ご自身のやりたいことへの進捗は

    いかがでしょうか?

    これからも、ずっと応援していきます。

  9. ヴぁすこ より:

    お忙しいところ恐縮ですが、今回の課題の添削をお願いいたします。

    各エピソードはシナリオ的に自然になるようなものに絞りました。

    【メルマガの理念・目的・目指す未来】

    ・自分はどうせこんなもの・・と言った時、尊敬する人に「ふざけんな。」と罵倒された

    エピソード

    ・「生きがいの創造」という本で、人は死なないんだと悟った(魂の成長)

    ・どうせならもっと人の役に立つために生きたいと決意した

    ・ビジネスを通して、経済力・時間・仲間・健康のバランスが豊かさだと悟った

    ・混んだところや並ぶのが嫌いなど、ある意味わがままで日本人らしくない。閉塞感のあ

    る日本が窮屈に感じる

    ・海外を活用すればもっとチャンスが拡がる。そのために基本の英会話力と海外の友達が

    必要

    ・人としての魅力を上げること・権利収入とスペイン語力の上げ方、友達の拡げ方

    をメールでシェアしていく

    ・将来はコスタリカに、日本人を中心として国籍を超えた国をつくりたい

    ・ブログのエピソード羅列型プロフィールリンク

  10. 唐沢 より:

    求人情報

    会社概要   : 1979年設立、年商1,200億円(04会計年度)、経団連
             正会員、外資系第3位、申告所得ランキング563位/全国
             280万社中、長野オリンピックゴールドスポンサー、JOC
             正会員、ダン&ブラッドストリート・レポート「5A-1」
             (世界最大の信用調査機関の最高ランク)、1989年国連環境
             功績賞受賞(本社)。

    給与      : ロイヤリティ収入。やればやっただけ(\0~無限大)。法定相続人
             に相続可。
               【年収例】・1,800万円/23歳・スキーインストラクター
                    ・10億5,000万円/54歳・元作曲家
                    ・3,500万円/82歳・元大学教授

    勤務内容  : 100%現金返済保証の生活必需品を自分で使用し、気に入ったら
            クチコミ。

    対象となる方: 20歳以上の方(学生不可)。履歴書不要、登録費8,400円
    (解約時に返金)。

            夢、思いやり、向上心のある方。将来の不安、不満を解消したい方。

  11. marbal より:

    過去のマイナスのエピソード。響きますな。
    いまのフィリピンライフからかけ離れてますなw

    ・中学のときにいじめられたときのエピソード
    ・3年半付き合った人に浮気され現場に入ったときのエピソード

  12. りょうちゃん より:

    フィリピンは物価も安くてビーチリゾートですごい魅力的の国ですね。

    長い休みと自由なお金が沢山あったら是非遊びに行きたいな〜。

  13. コウ より:

    女性の場合でも、お金目当てで声をかけられたりするのでしょうか。
    自分ではガードが堅いつもりでも、異国に行くと気持ちが緩んでしまうのかなぁ。
    フィリピンは行ったことがないので、こちらのブログを拝見していると興味がわいてきます。
    日本も美容師さんにオカマっぽい人が多いですよね(笑)

    • ハラ より:

      はじめまして、私はフィリピンに移住して8年余りになります、お金持ちではありませんので、あまり危ない目にはあった事はありませんが、女性の場合、気を付けなければいけないのは、お金とレイプです。
      強盗に合うと悪くすればレイプされお金を取られて殺されるケースも沢山有ります。
      リゾート地であっても同じ危険が潜んでいます、楽しいアジアンライフを満喫したいのであれば、現地人でなく経験豊富な現地日本人にガイド役をお願いし常に同行してもらうのが、もっとも安全と言えるでしょう。
      フィリピンに遊びに来る際は以上の事を頭に置き、楽しんで下さい。

  14. マックス より:

    フィリピンは行ったことがありませんが、次に海外に行くならフィリピンですね。一月27000円のコンドミニアムは確実に覚えておきます!

  15. ayuayumi より:

    フィリピンってやはり危険なイメージが拭い去れません。あまり遊びで気軽に行けるような国ではないと私自身は思ってます。日本が安全すぎるのかな。

  16. しん より:

    フィリピンは行くのも繁忙期でなければそんなに高くないですよね。

    日本で沖縄に行くよりも同じ滞在日数ならフィリピンに行った方が費用は抑えられますね。

  17. なつ より:

    フィリピン、やはりなんとんく観光で行くには怖い国のようなきがしますが、その国民性をしっかり把握して、この記事のように危険なパターンをしっかり把握しておくことが大切ですね。参考になりま

  18. なつ より:

    なんとんく観光で行くには怖い国のような気がしますが、その国民性をしっかり把握して、この記事のように危険なパターンをしっかり把握しておくことが大切ですね。参考になりま

    • なつ より:

      あ、すいません。途中で送信してしまいました。

      参考になりました。
      ちょっとフィリピンという国が気になってきたので、観光について調べてみたいなと思いました。

  19. あやち より:

    文章の前頭を読んで真っ先にフィリピンに行きたい!と思ったけど
    読み進めていくに連れて気をつけなければならないことや
    単純に観光だけで帰ってこれる自信がなくなってしまった( ;∀;)

    でも低コストで旅行が出来そうだし
    よくよくフィリピンという国や文化を勉強して
    楽しい旅行に行けるようになりたいと思ったw

  20. さーやん より:

    日本にいるフィリピン人だけではなく
    向こうにいるフィリピン人の中にも国籍目当ての人がいるとは
    考えたこともありませんでしたΣ(゚Д゚)!!!!!!

    これは要注意ですね((+_+))

  21. みゆ より:

    フィリピンってほんとに安い!驚きです!
    でも気をつけないと行けないことも沢山あるみたいですね~(;>_<;)
    もう少し勉強していつかフィリピンに旅行行けたらいいなぁ~。

  22. 旗さん より:

    マッサージが一時間600円!羨ましすぎます!フィリピンに旅行に行ったら、少ない予算でたくさん楽しむことが出来そうですね〜!

    セブ島は私の友人も旅行に行ったことがあるのですが、本当に海がキレイらしいですね!私もいつか行ってみたいです!

  23. パンダ より:

    フィリピンの物価の安さは魅力的ですね。背景、性格などを意識して人と付き合う事は大切ですね。国民性を理解すると、いいお付き合いができるかもですね。

  24. メリッサ より:

    ヘアカットもマッサージも激安ですね〜!!日本より一桁少ない…
    それでいて丁寧にしてもらえるなんて文句は言えないですね。
    でもやっぱりお金目当ての人もいるのはどこの国も同じですがそれでも日本はそういう人は少ないですね。

  25. 811 より:

    手軽に、そんなにお金がなくても楽しめるフィリピンに旅行を考えていました。気をつけるべきところを教えていただいてありがたいです。

  26. kuuu より:

    財布をださないのはちょっとクビをかしげてしまいますね。嘘でもありがとうってわかるような態度はとってもらいたいですね。日本人で同じことしてら後ろ指さされちゃう。

  27. インコちゃん より:

    女性一人で、海外に行くのは怖いです。しかし、7割が貧困層とは驚きました。彼らにとっては、言葉の通じない、いわば平和ボケした危機感のない日本人は、いいターゲットなのかも知れません。海外に行くときは、現地の信用できるガイドさんや、男性や複数の人と、離れずに行動したいと思います。

  28. なな より:

    以前東南アジアに旅行した時、日本語を話せる現地人と現地語を話せる日本人のグループがやたらと話しかけて付いて来たことを思い出しました(笑)

  29. kazato より:

    フィリピンすごい!日本をめちゃくちゃ信用してるんですね。安いに手続きな20日にいれるなんて…。でも裏側を見るとやはり、日本人はカモにもされてるんですね。一番狙われやすいともいいますし…。良いところでも危険があることを考えて旅行しないといけませんね。

  30. まさ より:

    数年前にマニラに観光に行きましたが、とても過ごしやすかったです。ただ日本ではないので、ある程度の注意は怠らないほうがいいかもしれませんね。

  31. なみ より:

    誘った人が支払う、お金を持っている人が支払うのであれば、わたしは毎日はらわなくていいことになってしまいます。

  32. mikako より:

    今の日本人(わたしも)にとって、物価が安い、てのは魅力ですね。
    食い意地張ったわたしとしては、健康ランドで食事が食べ放題、てのがより魅力的\(^^)/
    それでも、お金にはシビアに、か~
    しかし、フィリピンで遊ぶのは大変だな~

  33. TM0323 より:

    海外フィリピンにおいてもこのようにお金の問題が絶えないのですね。勉強になりました。お金とは無縁に行きたいけれどどこへ行ってもお金の問題というものとは存在するものなのだなと感じました。

  34. makostyle より:

    先日テレビでフィリピンの発展ぶりを観て驚きました。台湾などへは行ってみたいと思っていましたが、フィリピンの街並みも惹かれるものがありますね。私は街に飲みに出てもモテることはなさそうですが、もしいく事になったら注意します。

  35. うっふー より:

    海外で怪しい日本人といえば、現地添乗員をしている人も要注意だと思うのは私の偏見でしょうか?ヨーロッパを旅行した際に、お土産買っておいてあげると半ば強引に押し切られ、どんだけマージン取るの?ってくらいの値段で売りつけられたことがあります。

  36. ノリ より:

    支払いのその割り切った感じ独特(笑)!
    暗黙のルールどころじゃないですね(笑)。
    フィリピンに行く時はやはりある程度の準備は忘れずに!
    ここ見たらフィリピンの性格、恋愛観、金銭感覚がほとんどわかっちゃいますね(笑)。

  37. さくら より:

    価格が安すぎてびっくりしています
    安い安いとはよく聞きますけどほんとうに安いんですね汗

    遊びに行くにはとても楽しそうな国ですね

  38. ともっち より:

    フィリピンで旅行するには観光VISAが自動的でパスポートで20日間滞在できるなんて良いですね。後、乗り物では、タクシーが初乗りで100円、美容では、マッサージが1時間で600円、カットだと600円しないし、レストラン行けば500円だなんて安いんですね。

  39. 0617 より:

    女性の場合でも、お金目当てで声をかけられたりするのでしょうか。自分ではガードが堅いつもりでも、異国に行くと気持ちが緩んでしまうのかなぁ。支払いのその割り切った感じ独特(笑)!暗黙のルールどころじゃないですね(笑)。

  40. シャリ より:

    フィリピン物価やすくてリゾート地ってすごく魅力的ですね〜!
    一度は行きたいです!確かに治安悪いイメージもあるので、心配もありますが(笑)

  41. しぃ より:

    タクシーの初乗り100円、って日本じゃ考えられないですね。マッサージもカットも安くてうらやましいです。どれも地味にお金がとんでいきますからね。
    お金は持っている人が払うのが当たり前って、言ってることはわかるけど何だかなあ。。せめてお礼は欲しいなあっていうのが本音です。

  42. より:

    フィリピンには暗黙のルールみたいなのがいっぱいあるんですね。勉強になりましたしもし、フィリピンに行く時に参考にします。

  43. おきあみ より:

    お金に関する価値観が随分違うんですね。
    持っている人が払うのが当たり前、無断で友達を連れてくる…など、この記事を読んでいなかったら面食らうところでした(笑)

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ