フィリピンの醤油のシンプルなマイナス面とは?


 

 

「ボク、フィリピンの醤油好きなんですよね~」

 

 

 

一時帰国した板橋。

 

お気に入りのフィリピン料理店「カバヤン」で

ポークアドボやシシッグを囲み、沼川さんが

嬉しそうに語る。

 

 

 

 

 

改善してほしいフィリピンの醤油の・・・

 

 

フィリピンにいる日本人移住仲間、特にいつも自炊する人が

よく愚痴を言っているのが・・・醤油のフタがはまらなく

なること(笑)。

 

ささいなことのようだが、フタができない醤油は

こぼれると面倒なことになるため、意外と見過ごせない。

 

 

やはりこういったフィリピンの製品は、特に

安いものだと醤油に限らず簡単にダメになる。

 

俺が最初に経験したのは、マニラに住み始めてから買い

1週間で突然壊れた扇風機(笑)。1,000円ほどだったので

仕方ないとはいえ。

 

その他には、やはり安いTシャツを買って

すぐに破れたことも。

 

 

現地在住者としては、フィリピンで快適に

暮らしていくコツとして・・・

 

安いからといって、現地人と同レベルの物

ばかりを買わないことを伝えておきたい。

 

少しくらい値が張っても質の良い物を買ったほうが

当然長持ちするし、面倒な思いをしないで済む。

 

 

 

フィリピンというご近所の南国の楽園

で、醤油を始め日本と同様の調味料を

使った美味しい食事を楽しむ。いつでも

移住できる「場所を問わない収入」

とは?

 

 

 

 

それでも魅力あるフィリピンの醤油

 

 

フィリピン料理に使われる醤油は、

日本のものよりも濃厚。

 

というのも小麦が使われていない分、塩と大豆の味が

前面に出ているから。日本のたまり醤油に近い。

 

フィリピンの醤油で最も有名なのはシルバースワン。

 

ちなみに、こっちでは定番になっている小さなフルーツ

カラマンシーのエキスが、フィリピンの醤油や料理によく合う。

 

 

フィリピン料理は中華料理の影響を受けており、

調味料も醤油やみりんを始め、日本食とかぶるものが多く

基本的に日本人の好みに合う。

 

母ちゃんが日本で観た番組では、フィリピン料理が

世界で2番目に美味しいと紹介されていたとか。1位の

台湾料理は理解できるが、それは言い過ぎな気が・・・(笑)

 

 

それでも、珍味であるバロットは別として(笑)特に

日本人男性でフィリピン料理が全くダメという人には

まだ出会ったことがない。

 

特に、俺も好物のアドボやシシッグ、マミやカルデレータ、

バーベキュー関係はほとんどの日本人が大丈夫。逆に好みが

分かれるのは、カレカレや酸味の強いシニガンあたりか。

 

 

 

やはりフィリピンの醤油プエルトガレラの女性が好みなのは、

フィリピンの高校出身でフィリピンでビジネスを始めた宮下。

 

ビジネスプラン作成が得意な彼は、俺と同様に

母親譲りの太りやすい体質に悩んでいる。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは9件です

  1. mauyst より:

    醤油って。そんな醤油ってwてかフィリピンにもそんなのがあるなんて。料理をためしてみたいですね
    >一度こちらに来てみれば、
    その可能性を皮膚感覚で確かめることができるはず。
    単純接触の法則をご存じだろうか?
    恋愛相手でもお店のお客さんでも、
    とにかく接触回数が多いほど親近感が増し、
    関係が深まっていくというもの。
    ビジネスの世界では、
    これが戦略的に活用される。
    業績がうなぎ上りの英ウェイトローズ(スーパーのチェーン)では、
    お客さんに無料でメンバーカードをつくり、来店時に無料で
    カフェラテをプレゼントして
    それ目当てのリピーターを効率よく確保している。
    企業が喉から手が出るほどほしいのは、
    何といってもリピーター。
    それは、新規の獲得が
    リピーターの確保よりも
    コスト的・労力的にずっと大変なことを知っているから。
    このリピーターを確保するために、
    様々なアイデアが展開されている。

  2. ななママ より:

    「安物買いの銭失い」ですね。
    最近よくあるプライベートブランドのものや、100均のものなど
    良いものもあるけど、それなりのものが多いです。
    フィリピンの醤油はまだ見たことありません。探してみよ!

  3. ありりん より:

    醤油は日本のものというイメージでしたが、フィリピンにもあるのですね。

    世界で2番目に美味しいと言われるフィリピン料理。とても気になります。それだけ世界のどんな人の口にも合うということですね。

  4. やすひろ より:

    壊れちゃうのは困るけど、値段が値段なので文句もいえず。でも製品としては良くてもったいない気持ちにもなるな。フィリピンの醤油、どっかないかなー笑

  5. KR より:

    フィリピンでも醤油はポピュラーな調味料なんですね。
    たまり醤油、みりんなどは普段からよく使うので、フィリピン料理は私の口にも合っていそう。俄然興味が湧いてきました!

  6. こう より:

    フィリピンの醤油、是非賞味してみたいです。でもふたが閉まらないのは困るな、絶対こぼしそう(笑)
    安いものって、その場限りの使用とか流行り系でワンシーズンなら良いかなって思って買ったりするけど、やっぱりすぐだめになりますね。安いから惜しくないけど、長く使うものはある程度値段のするものを買うようにしないとですね。

  7. 0824 より:

    フィリピンに醤油…あまり想像が出来ないですが日本の物よりも味が濃いのですね。
    日本人の口にも合うというのを聞いてフィリピンの料理にも興味が湧きました。
    フィリピンの醤油を普段の料理にも使ってみたいと思いました。現地の味を生かしつつまた違った味が楽しめそうですね。

  8. ゆき より:

    関係ないかもしれませんが、画像のキャラクターがかわいいと思いました♡
    フタができない醤油は地味にイライラしてしまいそうです。
    なんでも安ければいいってもんじゃないですね。
    後々を考えたら、やっぱりしっかりした物がいいです。

  9. ひかり より:

    フィリピンにも醤油があるのですね。
    自分は濃い味の醤油がすきなので
    タイプかもしれません!
    日本でも購入できるのでしょうか?
    試してみたいとおもいました。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ