フィリピンの正月って?フィリピンお正月(フィリピン正月)、正月休み(年末年始の休暇)はある?フィリピンのお正月の過ごし方など


 

フィリピンの正月と言えば、大みそかの花火や爆竹が有名。

爆竹で子供が重傷を負うレベルなので、もはや爆弾に近い。

 

 

現地在住者によるフィリピンの正月など生活情報、

 

フィリピンで正月やクリスマス、
お祭りをいつでも楽しめる自由。

どこに住んでも安定収入を手に入れる方法。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

ご相談もお待ちしている。

 

メールアドレス >

 

 

まったりした日本の正月…フィリピンではだいぶ違うと

現地に滞在した日本人が思い知らされるのは、

年が変わった直後の爆竹音と花火(笑)。

 

ミンダナオのジェニーから話は聞いていたのだが、

やはりこれには驚いた。

 

 

この記事では、年末年始休暇(正月休み)など

フィリピンの正月の日本との違いを紹介する。

 

 

 

フィリピンの正月のユニークな点。日本のような正月休みはない?フィリピン正月の様子

 

何しろこのフィリピンでは、

日本の年明け前後のように長い正月休みがない。

 

今いるセブの場合モールは31日の夕方過ぎまで営業し、

その後はクローズ。ただ、元旦休みのところは少ない。

 

フィリピン人のオフィスワークに関しては31日と1日が

休みのところが多いが、日本のような年末のお休み、

また三が日の正月休みはない。

 

 

フィリピンの場合はキリスト教徒がほとんどなので、

クリスマスが一番大きなイベントになり正月はそれほど重要ではない。

 

みんなで楽しむのはカウントダウンと、

その後の飲み食いくらいか(笑)。

 

またセブの場合だが、年明け1月下旬あたりに開かれるシヌログは

フィリピン全土に知られた大きなイベント。

 

その後は、みんな気持ち的にダレているようだ(笑)。

 

 

 

フィリピンの正月の過ごし方。正月料理には何を?フィリピンお正月に食べるもの

 

 

ご存じの通り、フィリピンの正月は大晦日に花火を打ち上げたり

爆竹を鳴らしたりと、とにかくにぎやかなことで知られる。

 

現地では、年末が近づくと特にあちこちで花火が売られるので

これも仕方ないと思った(笑)。

 

 

俺がケソンのU.P.近くのセシルの家に泊まった時は、

彼らの正月の過ごし方はこんな感じだった。

 

まず大晦日のカウントダウンのタイミングで

子供を起こし、近所の人と外に座って飲みながら談笑。

ここでデカいゴキブリに襲われたのは俺(笑)。

 

多くのフィリピン人は、街中ではなく自分の家に戻って

年明けのタイミングを一緒に過ごす。

 

そして年が変わった直後の花火。これは数十分続き、

その後は飲んだり食べたりとみんなでワイワイ過ごす。

もちろんカラオケや踊りも。

 

 

アイビーのように老人と住んでいる場合には、

甘い味のご飯と生姜のお茶を飲む。

 

その脇にはジョリビーにあるような甘いスパゲッティや

山盛りのパン、串焼きやフルーツがたくさん用意されていた。

 

ポールのように富裕層の場合は、

やはり高級料理のレチョン(子豚の丸焼き)を楽しむ。

 

 

とにかく家族が中心で、すぐに親戚が集まるフィリピン人達。

正月はもちろん、みんなで楽しむ絶好のタイミングだ。

 

 

 

まとめ…フィリピンのお正月(年末年始)、休暇や料理に違いはあってもフィリピンは面白い

 

 

フィリピンの正月について簡単に紹介してみたが、なぜか

この時期に現地にいることが多い俺・・・気温は30度で不思議な気分だが(笑)。

 

フィリピンの正月の始まりがいつか、フィピ、爆竹祭りの持ち物、
正月文化や風習(果物、ドットや水玉)について語る時間がなかったので
機会を改めて紹介したい。

 

 

フィリピンでガイドをしながらフィリピン石鹸を売っているのは、

最後に正月に逢ったボニファシオ(マニラ)在住の仲間、門田さん。

 

俺と同じ温泉好きの彼には昨日、

セブのKAGURAを教えてあげた。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは27件です

  1. おめだ より:

    フィリピンと正月。。。むすびつかんかん(笑い
    >>2017年も、残すところ
    あとわずか。
    相変わらず海外では
    年末を実感できない、
    根っからの日本人(笑)。
    置いてきた猫達が恋しいので
    帰りたいが・・・
    もうしばらく耐えることにする(笑)。
    これから生き残れる人の特徴
    昭和50年、1975年生まれ。
    俺が物心ついたのは、
    日本全体が
    いわゆるバブル経済に向かう真っ只中。
    世の中が浮かれ
    消費意欲が高く・・・
    ひとたび就職すれば、年功序列
    終身雇用で会社が一生を面倒見る。
    各企業が
    そう声高らかにコミットしていた時代。

  2. Amy より:

    日本の「ゆく年くる年~」な大晦日とは全く違った雰囲気ですね。
    花火や爆竹で盛り上がるカウントダウンも楽しそう!

    甘い味のご飯やスパゲティ…怖いもの見たさで食べてみたいような、やっぱり遠慮したいような(笑)

  3. おやゆび より:

    派手な正月ですね!
    爆竹に花火はかなり盛り上がりそうです!
    日本だったらできないでしょうね笑
    やっぱり各国の特徴で何のイベントに重点を置いているのかが違うところも世界を見て楽しめるところですね!

  4. ありりん より:

    確かにお正月というと日本のイメージでフィリピンとは結びつきにくいですね。

    しかし、年明け早々子どもを起こして年明け、花火とは驚きました。

    長期休みはないということで、短期集中で楽しむようですね。年明け早々、花火したいです。

  5. こう より:

    日本ならではの静かな年越し・お正月も良いですが、にぎやかなお正月もまた楽しそうですね。何より家族で揃って新年を迎えられるのが素敵です。

  6. のあそら より:

    家族や親戚とゆったりと過ごしながら新年を迎えるというのが当たり前で、その時間がまた私はとても居心地が良く好きです。
    それと違いフィリピンのお正月はとても派手ですね。
    みんなと賑やかに迎える新年もまた良いのかもしれませんね。

  7. そうた より:

    正月よりクリスマス!キリストはそうですよね。花火は日本でもあるかなー、って思いましたが、爆竹はユニーク。しかも大量なイメージが勝手にあります笑 家族と楽しく過ごす時間はどこでも同じなんですね。

  8. マーキー より:

    記事を拝見させて頂いて思ったのは
    フィリピンと日本では
    年末年始の連休の有無
    年明けの盛り上げ方で大きく違うなと思いました。
    私一度フィリピンの年越しを体験してみたいですね!

  9. より:

    フィリピンのお正月みんなで飲んだりワイワイするのはとても楽しそうです。
    休みが少ないのは嫌です。
    やっぱりお正月は家族でゆっくり過ごしたいです。

  10. みお より:

    フィリピンでも正月に花火を打ち上げるんですね。中国の旧正月みたいです。日本の静かな正月と違って華やかな正月も良いですね。

  11. ミルク より:

    日本の正月しか過ごした事が無いので海外の年末年始の過ごし方は、気になっていましたがフィリピンは年末は騒がしい感じなのですね。
    クリスマスから一気に正月ムードに切り替わる日本の感じも好きですが、フィリピンにも行ってみたいです。

  12. ゆき より:

    モールが元旦休みのところが少ないのは、お客のわたしにとっては、うれしいです。
    日本は2日か3日までやっていない所が多いので助かります!
    せっかくのお正月休みが2日くらいしかないのは辛いですね。

  13. しぃ より:

    キリスト教徒はクリスマスをとても大事にしますよね。家族で過ごす方が多いのでしょうか。そこから年が明けてお正月になり花火を打ち上げたり爆竹をしたりなんですね。年末年始にぎやかで楽しそうです。輪に加わりたい笑

  14. やすひろ より:

    やはりお国柄で変わるんですね。くそでかいゴキブリには会いたくてないですね。賑やかな祭りみたいなんも楽しいだろうなー。爆竹祭りはええなー。

  15. ひかり より:

    年越しのテレビで
    海外ではよく花火を打ち上げたりするところを見ます。
    フィリピンも賑やかなのですね!
    どちらかというと日本は静かですね。
    ぜひ体験してみたいです。

  16. toki より:

    フィリピンの正月はゆっくりできるわけではないですね。日本は年末年始とお盆休みそれとGWがありますが、やはり国により違いがあるのですね。
    しかし、カウントダウンはグローバルですね。この後、騒いだら1日仕事する方は疲れそう。

  17. はる より:

    博打祭!!!!凄い響き!!!
    興味ありありですよ!!ww
    それぞれの国での年末年始の過ごし方があるでしょうが、色がありますね〜!

  18. あ~ちゃん より:

    お正月休みには国内旅行によく行くけど、
    三が日だとお休みの所が多くて、食事に困ったりすることもある。
    フィリピンだったらその心配がなくていいですね!
    今度はお正月休みは海外にしようかな!

  19. かな より:

    年末年始もお店が営業してるなら、旅行客はいいですね!
    なるほどキリスト文化なのでクリスマスの方が盛大なのですか!

  20. さら より:

    年末に花火や爆竹が売られるなんて楽しそうですね。笑
    そして30度近くの常夏の状態でお正月は想像できません!

  21. とむ より:

    フィリピンはキリスト教なんですか。このお正月もしっかり働いていたんですね。そして年末年始にも大嫌いな虫がいるとは、、

  22. パッタイ より:

    クリスマスが一大イベントだとお正月はそれほどでもない国がおおいですね。
    日本はなぜか両方ですが(笑)
    甘いご飯?甘いスパゲティ?気になります。

  23. あい より:

    自宅で過ごしながらも、カウントダウン直後の花火が見れるってことですか?最高ですね!
    さすが家族想いのフィリピンです。

  24. まや より:

    三が日はなくて年末と元旦だけお休みが多いんですね。
    爆竹音と花火ですか、とても賑やかな感じがしますね!!

  25. あん より:

    大盛り上がりなカウントダウンはフィリピンらしいですね!
    賑やかにワイワイ家族で過ごすのが目に浮かびます!

  26. さなえ より:

    年末年始なのに大きなゴキブリに襲われるとは・・・
    フィリピン恐るべし!
    家族でまったりというのは、日本と同じですね。

  27. かや より:

    フィリピンのカウントダウンは賑やかそうですね!
    休みはあまりないとのことで、観光客としては助かります!

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ