ブログがアップデートで圏外になった時のリカバリー法

ブログがアップデートで圏外になった時のリカバリー法

 

 

 

■まずは、圏外になった理由を確認

 

① 手動ペナルティ

② 自動ペナルティ
・YMYL アップデート
・重複コンテンツ
・コピーコンテンツ

 

 

Adsenseブログで圏外になるパターンとして一番多いのは、重複コンテンツです。

 

大量に記事を投稿してしまった結果、同じドメイン内に同じような記事が増えてしまい、

Googleにとってはどの記事を評価してよいのか分からない状況を作り出してしまう状況を

「重複コンテンツ」と言います。

 

 

そして、次に多いのが「コピーコンテンツ」です。

 

外注ライターさんに記事を納品してもらっていることもあり、

知らず知らずに文章が被ることがあります。

 

 

Googleにコピーコンテンツと判定されたタイミングで順位が下がることがあります。

 

コピーチェックツールでネット上に存在する文章の一致率を確認し、

一致率が高ければコピーコンテンツと判定されている可能性があります。

 

 

手動ペナルティはサーチコンソールに通知が届くので分かりやすいのですが、

自動ペナルティ(YMYL アップデート、重複コンテンツ、コピーコンテンツ)は通知が届きません。

 

 

『手動ペナルティ』『自動ペナルティ』のリカバリーの方法について紹介します。

 

■リカバリーする方法

 

①手動ペナルティの場合

 

手動ペナルティは理由が書かれた通知がサーチコンソールに届きます。

 

価値のないコンテンツとグーグルに認識された場合、コンテンツの見直しが必要になります。

Adsenseサイトは文字数や記事数も多いため、この理由で来ることはほぼありません。

 

中古ドメイン自体が持っていた被リンクをスパム認定された場合は、

別の中古ドメインに載せ替えることでリカバリー可能です。

 

 

②自動ペナルティの場合

 

・YMYL アップデート
・重複コンテンツ

・コピーコンテンツ

 

これらの内のどれかに該当していると考えられます。

どれに該当しているのかは分からないため、手探りで調べる必要があります。

 

 

これらをリカバリーする手段としては、検索順位チェックツールで

タイトルの全文入力、狙っている 2 語、3 語のキーワードを入力しておくことです。

 

 

検索順位チェックツールで順位の下落を検知した後に

リカバリーする方法としては下記になります。

 

 

YMYL アップデート→別の中古ドメインに記事を載せ替え

 

重複コンテンツ→ブログ内の重複記事を見直し

 

コピーコンテンツ→ネット上のコンテンツとの重複チェックし解消

(コピペリンという有料ツールを推奨)