カナダ人との恋愛の魅力とは?


29512680741_084a245b24_b

 

 

カナダ人との恋愛と、彼らの魅力・・・

 

 

 

それを目の前で見せてくれたのは、俺が日本にいる時に

英会話をマスターするコツを教えてくれたトニーだった。

 

 

 

 

 

カナダ人男性が恋愛のパートナーとしてモテる理由

 

 

日本人の友達まこちゃんと結婚したトニーを見ていてもそうだが、

見た目は強面で男らしいのに、自分からちゃんと謝ることができる

のは他の外国人男性と違うところ。

 

昔オヤジに注意された俺のように、何でもすぐに謝る日本人も

問題だが(笑)、非を認めたらそれを受け入れ態度で示すことが

できる男は、心のキャパが大きい証拠。

 

ジェントルマンで、女性を傷つけないところ。ここもカナダ人男性が

恋愛対象としてモテる理由だと勝手に分析する。

 

仕事が人生の大半を占め、せわしなく毎日を生きる人がほとんどの

日本人男性と違い、カナダ人がゆったり生きることを楽しんでいる

のは、都会があってもすぐそばに大自然がある環境で育っている

からなのか。

 

またカナダ人には親日の人が多いのも恋愛相手としては嬉しい。

 

個人的には、カナダ人男性の素朴で穏やかな性格

日本人女性と合っていて、恋愛対象としてふさわしいと感じている。

 

 

 

ちなみに、フィリピーナの友達マリクリスが好きだと言っていた

「notebook」で主演しているライアン・ゴズリング。

 

また俺の好きな「ブレイド」「デッドプール」など、

どんどん人気を上げてきているライアン・レイノルズ。

 

彼らは共に、カナダ出身の俳優だ。

 

そして誰もが知るキアヌ・リーブスも、カナダ人の血を持つ。

実はハリウッドで活躍する人にカナダ人は多い。

 

 

 

カナダ人など外国人と恋愛・結婚して

現地に移住しても、経済的不安なく

パートナーといつも一緒にいられる

方法とは?

 

 

 

 

カナダ人と恋愛して結婚するなら

 

 

カナダ人との付き合いが長くなったら、その恋愛はいずれ結婚へ。

 

その時のためにも、特に現地に住むなら

ちょっとした日本との違いを知っておこう。

 

 

日本と違うのは、カナダには事実婚の制度があり

結婚と同じ扱いをされること。

 

結婚する場合には、結婚式を挙げるのが任意ではなく義務。

もちろん最初に事実婚を選び、後で結婚へ切り替えることができる。

 

カナダで結婚する場合には当然結婚式の費用などがかかるため、

恋愛のパートナーとどちらを選ぶかしっかり検討を。

 

 

そしてカナダも移民の国なので、英語以外にもフランス語など

地域によって様々な言葉が使われている。恋愛の末結婚して現地に

住むなら、どんな環境で生きていきたいか、あなたの希望をちゃんと

彼に伝えておこう。

 

 

カナダ人と結婚して魅力なのは、あなたと家族を大切にしてくれる

こと。アウトドアを含め、週末は現地の自然に囲まれた環境で

のんびり過ごすのが基本スタイルになる。

 

そして、もしあなたがパートナーと「どんな時も一緒にいたい」と

望むなら、カナダ人男性は奥さんと行動を共にするのが当たり前の

考え方なので、幸せな結婚生活を送ることができる。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは24件です

  1. シーサー より:

    カナダ人男性は豊かな自然の中で暮らしている分、寛大で心優しい人が多そうですね。
    事実婚の制度は日本ではあまり馴染みがないので、文化の違いをしっかり理解する必要がありますね。

  2. アダモ より:

    カナダ人男性は奥さんと行動を共にすることが
    当たり前という考えなんですね。
    日本人男性はどんな風に見えるのかな。
    「定年してから奥さんにくっついても遅いよ」
    って言われるのかな。

  3. うっふー より:

    確かに今まで知り合ったカナダ人男性(2、3人ですけど)は皆さん例外なくジェントルマンでした。それにカナダの自然というのも惹かれます。

  4. シマ より:

    自然が近くにある環境は良いですね。カナダ人は家族を大事にしてくれる、それは嬉しい情報です。
    のんびり過ごすのは魅力です。

  5. ユウゾラ より:

    カナダ人の恋愛についてはあまりイメージした事がありませんでした。しかしアウトドア好きの私には最高の環境のように思います。朗らかな恋愛ができそう!

  6. さおり より:

    カナダ人との恋愛、そして結婚、いいですね。憧れますね。結婚式は義務なんですね。日本と違いますね。日本も結婚式義務だったら結婚式挙げてたかも?(笑)
    奥さんと行動するのが当たり前なんですね。本当、幸せな結婚生活送れそう。

  7. トメッキー より:

    カナダ人。周りにいないですが気になります。恋愛対象として(笑い)

  8. みーな より:

    「家族を大切にしてくれること」は女性にとっては結婚相手に求める条件だと思います。ただ、事実婚がうけいれられないかもしれませんが…。カナダ人はジェントルマンですごく魅力的な人達でした!

  9. ひかり より:

    カナダ人の男性とも結婚って憧れますね。
    国々で男性のタイプが違うから面白い!!
    家庭を大切に思う事って素敵。
    日本人男性は素直に謝らない人が多いから
    見習ってほしいです。

  10. るい より:

    日本の男性とはまた違うタイプの強さをもつカナダの男性もまた魅力的ですね。女性は守ってもらいたいと思う人も多いので、内面的な強さは必須ですね。

  11. みいすけ より:

    私は結婚してますが、式を挙げてません。カナダの場合、これが事実婚となるんですね。結婚式をしなければ事実婚となる、、けじめづけとしてはよさそうですね。

  12. おたこ より:

    カナダ人男性すごく良いです!そういえば、昔私が小さかった頃、叔母がカナダ人の男性を連れて来た事がありました。その男性はとても優しくて、まだ小さかった私にもジェントルマンという感じで接してくれたのを今でも覚えています。あんな感じのカナダ人男性なら、私は大歓迎ですね。

  13. みかわや より:

    カナダ人めっちゃいいじゃないですか!!
    学校の英語のATもオーストラリア人やカナダ人がいましたが
    どちらがどうとかは覚えていませんが、
    めっちゃ親切でした。

    それくらいの触れ合いしかないです。

  14. ともねーさん より:

    カナダって日本と違って事実婚=結婚なんですね。カナダ人と結婚する時って最初に事実婚そして、結婚へと結んでいくんですね。

  15. 猫姫 より:

    週末のんびり過ごすのは良いですね。
    結婚式が義務化されていることにびっくり。
    結婚式が日本に比べて安いのであれば、カナダでの結婚式もありなのかな?

  16. ひろ より:

    日本人の男性って
    昔ながらの亭主関白で、なかなか自分から謝ることができませんよね。
    それか、謝り方を知らないか。
    カナダ人の男性はきちんとしているからいいですね。

  17. ゼットン より:

    小学生の時のELTがカナダ人なのを思い出しました!すごくきれいで大人になったら一回は関わりたいと思っていました!

  18. 空の下 より:

    カナダ人は見た目は男女ともゴリラ系だなとおもっていたのですが(失礼)
    そうなんですね!やさしいとは驚きです。

  19. さおり より:

    カナダ人は穏やかな性格なんですね。恋愛や結婚に向いてるんですね。
    カナダ人と恋愛して結婚したかったですね。家庭大事にしてくれてゆったりとした生活が送れそうですもんね。

  20. ayuayumi より:

    私は自分から謝るのが苦手なので、相手からそのきっかけを待ってると長引いてしまいます。謝ってくれる男性はホントにいいなと思います。

  21. dokidoki より:

    素朴で穏やかな人たちというのはよくわかります。
    カナダ人の友人などいないのですが。
    フィギュアスケートの選手を見ていたら
    カナダ人というのはそういう感じです。

  22. きよら より:

    カナダ人の方と結婚されている人は、周りにいないため、とても参考になりました。いつも一緒にいるなんて優しいですね。日本人では考えられないです。

  23. より:

    カナダ人ってジェントルマンなんですね。
    外見は男女ともゴツイ感じの人が多いですよね。
    親日家が多いとは知りませんでした。

  24. 今日子 より:

    なんでも謝る日本人も、どうかと思いますよね。
    あやまれば済まされると思って謝るのでしょうね。
    自分にもそういうところがないか、よく考えてみます。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 フィリピン在住の40代独身男。

  現地でフィリピン人の起業

  支援をしつつ、日本人の

  海外移住をサポート。

  東南アジアを中心に世界を

  周ることを日常とする。

DANの半生

    自由への道
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ