ブログ記事外注のポイント

ブログ記事外注のポイントまとめ

 

 

 

ブログ記事の各フェーズとして

 

キーワード選定→タイトル決定→記事の執筆→校正→投稿

 

がありますが、キーワード選定タイトル決定

あなた自身が必ず行って下さい。

 

 

 

●やり取りのポイント

 

・否定や注意をしない
「XX良いですね!~するともっとよくなりますよ」

 

 

・契約している方から価格交渉された場合、
「あと2~3回の契約更新まで・・・」と返信。

 

その契約が終わったら
即ブロックして終わりにします。

 

 

 

●記事作成さんスカウト

 

クラウドワークスの場合

 

「仕事をさがす」
→左メニューから「ブログ記事作成」
→「人気」で並べ替え、上の方の募集タイトルを開いていく
→左の1週間以内のユーザー名を開いていき、「ありがとう」しながら
ショートメッセージを送る(10分で100人を目標に)

 

 

 

●記事執筆依頼

 

依頼時のメッセージの例です。

 

ここでは記事タイトルや中見出しを指定していますが、
キーワードだけを渡してライターさんにタイトルや見出しまで
決定してもらってもかまいません。

 

_________________________

 

XXさん

X月X日までに2記事の納品をお願いしたいです。

 

■1記事目:ターゲットとなる人
エンタメ好きの25歳OL。メディアの露出が多いフィリピンハーフが気になっている。

 

キーワード「フィリピン スペイン ハーフ」
記事タイトル「なぜ多い?フィリピン人のスペイン系ハーフタレント」

 

キーワード「フィリピン スペイン ハーフ」
中見出し「ステイタス?フィリピン人とスペイン人のハーフという人たち」

 

キーワード「フィリピン スペイン 混血」
中見出し「押さえておきたい フィリピン人とスペイン人の混血の歴史」

 

キーワード「フィリピン スペイン 街並み」
中見出し「知っておくと盛り上がれる!フィリピンにあるスペインの街並みビガン」

 

■2記事目:ターゲットとなる人
10歳の娘がいる36歳の主婦。娘と一緒にひな飾りを飾っていると、娘より何歳までひな祭りをするか、いつからはじまったのかなどの質問をされ、答えられず困っている。

 

キーワード「ひな祭り 年齢」
記事タイトル「ひな祭りの年齢っていくつまで?その常識正しい?」

 

キーワード「ひな祭り 年齢」
中見出し「何歳から何歳まで祝う?ひな祭りで祝う年齢のギモン」

 

キーワード「ひな祭り 地方」
中見出し「比べてみました!ひな祭りの習慣は地方によって違うらしい」

 

キーワード「ひな祭り 中国」
中見出し「ひな祭りは中国からやってきた!その風雅な始まり」

 

またマニュアルに従い、
以下の内容を必ず1つは入れて頂きたくお願いします。

ご自身の意見や経験です:

 

「私はこう考えてる」
「私も似たような経験をしたことがある」
「こういうことをしたら効果があった」
「これはダメだった」
「一般的にはこうらしいけど、でもあっちの方法でもアリなんじゃないかと思ってる」

 

_________________________

 

一緒に添付するマニュアルとして、

例えばこういったものを使用しましょう。

 

マニュアル例

 

 

●記事が納品されてきたとき

 

★文字数・基本構成・「読んでしっくりくるか?」をチェック

 

「マニュアルに書かれている事は最低限全て出来ている」
ということを基準としましょう。

 

マニュアルに書かれている事すら出来ない方は、
そもそも仕事をお願いできるレベルにありません。

 

その最低限のことが出来た上で、
記事の内容の判断になります。

 

とは言っても、1つぐらいの些細なミスなら許容してもかまいません。

 

人間みんな完璧ではないですから、
注意して本契約から直してもらえるレベルなら問題ありません。

 

 

★無料で使えるおすすめのコピペチェックツール

 

・クラウドワークスのチェックツール

 

60%以上の被りがないかどうかを確認。
また文章丸々同じものは修正

 

見るべきポイントは、重複している部分が
一箇所に固まっていないかどうか?です。

 

不自然に一箇所に固まっている場合、
他サイトの記事のリライトである可能性が高いです。

その場合は、表示された他サイトをチェックしてみて下さい。

 

専門用語などをそのまま使う場合は、
引用タグを使用して引用元URLを記載

<blockquote cite="引用元URL"><p>引用文</p></blockquote>

 

 

・こぴらん

 

「無」以外で特に数字の多い箇所を修正

 

 

★書き出しにムダが入らないよう修正

 

良い例「空き巣 手口」→「空き巣の手口を知って、防犯対策をしっかり行いたいですよね。」

 

・分かりきっているそもそも論は書かない
・悩みを書いて「そうそうそう」と共感してもらう
・記事で得られることを伝える

 

 

★オリジナル文章が入ってなければ追加する

 

「私はこう考えてる」
「私も似たような経験をしたことがある」
「こういうことをしたら効果があった」
「これはダメだった」
「一般的にはこうらしいけど、でもあっちの方法でもアリなんじゃないかと思ってる」

 

 

★オリジナル画像があればベター

 

 

★アドセンスブログでは店名や個人名を書かない

 

 

<ライターさんに記事タイトルや中見出しまで決めてもらった場合>

 

★「続きが読みたくなるタイトル」に変更

 

例:

・必要性「トレンドブログを始めるなら絶対に知っておきたい○○○」
・緊急性「トレンドブログを始める前に!知っておくべき〇〇な事!」
・不安をつく「〇〇の手法は本当に効果があるのか?」「実は全然効果が無かった!〇〇の嘘!」
・限定性「このブログだけで暴露!〇〇の真実!」
・有名性「今メディアで話題の〇〇をご紹介!」

 

 

★記事タイトル・1行目・見出しにキーワードを入れる

 

タイトルに入れるキーワードは「できるだけ左」「順序通り」

 

(キーワードが3語の場合)中見出しはタイトルに使用した2語目まで同じで、
3語目だけを変える

 

たとえば、
「●● ▲▲ ■■」
をメインの3語で狙うとして、

 

あわよくば「●● ▲▲ ★★」でもアクセスを拾いたいと思う場合。

 

サブの3語「★★」について、
記事内の見出しや本文に入れていけば
もっと幅広くロングテールのアクセスが狙えるようになります。

 

また、記事タイトルにも、不自然にならない範囲で
「★★」を入れていくことが可能です。

 

 

記事タイトルの中に

「●● ▲▲ ■■ ★★」

の4つのキーワードが入るということですね。

 

不自然にならない程度であれば、
5つでも6つでも入れたほうがベターです。

 

結果的に記事の評価が上がるので、
「●● ▲▲」の2語でも上位表示しやすくなります。

 

注意点としては、
「●● ▲▲」のニーズを越えた内容は
いくら増やしたとしても
価値がないコンテンツになってしまうということ。

 

あくまでも1テーマの範囲内に留めるようにしてください。

 

 

 

★依頼金額の目安

 

■記事執筆:1記事300円(1,500文字の場合/5記事1,500円で依頼)

 

イベント記事依頼時は、
その地方のイベント書いてもらうようライターさんに依頼するといいです。

 

 

同じライターに似たテーマを依頼し、2記事を合体できないかを考えましょう。

 

今の検索エンジンの傾向的には、
「網羅性」は非常に重要視されています。

 

そのため、追記できる内容は一つの記事に追記して、
文字数を増やすようにしたほうが効果的です。

 

別記事にする場合には、その記事に追記できないような
内容にしたほうがいいでしょう。

 

 

・記事作成スピードが異常に早い!
・記事内容が濃くて、内容も多い!
・報連相をしっかりとしてくれる!

 

など、自分にとって価値が高くて、
これからもずっと繋ぎとめておきたいです。

 

こんなライターさんはサプライズで追加支払いするか
システム料を負担してあげましょう。

数百円でも喜んでもらえます。

 

 

執筆がやたら遅い人には、以下のアドバイスをあげましょう。

 

「文字での入力が苦手な場合は、執筆時間を短縮するために
「音声での文字起こし」を活用してください。

 

スマホでGmailを使うと、ひらがな入力画面で
そのまま音声入力ができるので便利です。

 

1.スマホのGmailで音声入力し、下書き保存
2.PCでその下書きを修正

以下のような無料アプリも使えます。

https://moteworld.net/web/mojiokoshi.html

不自然な文章や変換ミスを修正する必要はありますが、
ゼロから文字で書くよりも圧倒的に早いです。」

 

 

■校正・装飾・画像収集:1記事50円(5記事250円で依頼)

 

納品時は以下をチェック:
全体的に見やすいか?
時々、装飾は入っているか?(逆に派手すぎもNG)

 

 

年配の方など、しっかりした人を選びましょう。

 

 

ライターさんが『ダレてきた』『同じ間違いを繰り返す』場合、
校正の方から記事の不備情報が報告された時点で
ライターさん宛にハッキリとフィードバックしましょう。

 

 

■最終チェック投稿:1記事50円(5記事250円で依頼)

 

ワードプレスの「投稿者権限」で依頼しましょう。

 

 

納品時は以下をチェック:
中身出し用の h2タグは入っているか?
画像は入っているか?

 

 

投稿するカテゴリを指示したり、
ブログが複数ある場合は「どちらのブログに投稿するか」も毎回指示。

 

 

 

●信頼できる外注さんと出会えれば「各チェック作業」まで外注できるようになります。

 

 

質問があればメール講座のほうから
いつでもご連絡ください。