台湾の夜遊び。ツアーの魅力と女性の相場は?


 

 

台湾の夜遊びと聞くと、どちらかと言えば

健全な(笑)夜市のイメージが強い。

 

 

この記事では、男性のあなたにもプラスになる

夜遊び情報を提供する。

 

 

 

 

 

台湾の夜遊びの特徴

 

 

台湾での夜遊びと言えば、もちろん風俗もあるし

台湾式ガールズバー台湾式スナック台湾式クラブという

独特の文化がある。

 

ちなみに台湾式居酒屋が安くて良いと話していたのは、

現地に住みながらオンラインで情報発信を続ける仲間の南氏だった。

 

 

台湾ではナイトライフを楽しむのもいいが・・・

やはり「ナイトマーケット」を独特の文化として楽しみたい。

個人的に大人の夜遊び以上におすすめなのが、この夜市だ。

 

 

そして風俗以外でも台湾の夜が楽しいのは

書店が深夜も開いていたり、もちろんクラブは

時間関係なく盛り上がっているから。

 

年々規制が強まる日本とはだいぶ違う。

 

 

とにかく日本で不満なのは、23時には

ほとんどのカフェがクローズしてしまうところ。

 

先日の一時帰国時の飯田橋では

19:00にタリーズから放り出されたのには辟易した。

日曜だからって・・・

 

 

台湾では24時間営業のスーパーも当たり前だし、

痛いけど気持ちいい(笑)足つぼマッサージなど

夜遊び以外でも深夜にいろいろ楽しめるのがいい。

 

 

ところで台湾と言えば、

親日の国としてもよく知られる。

 

特に観光地なら日本語が話せる人も意外といるので、

困った時は「孤独のグルメ」の五郎さんのように

「日本語話せる人いますか~!」と叫んでみるのも一つ(笑)。

 

幸い日本人なら、最悪筆談でも

コミュニケーションできるが。

 

 

 

 

 

台湾の夜遊びスポット

 

 

あなたが踊ったり飲みながら台湾人女性と知り合いたいなら、

信義区のワンオーワンのビルの近くにこうした盛り場が集中している。

この辺りは夜遊びにうってつけだろう。

 

そして女性と一夜を共にできる機会が得られるお店は、

林森北路辺りに豊富に存在する。例えば、いわゆる

日本式キャバクラなら連れ出しで外でも女性とデートが可能。

 

台湾のマッサージでは、交渉次第で

セクシーマッサージに切り替わるところも実は少なくない。

 

 

一方でもっと健全に(笑)ちょっと決めて飲みに行きたい場合は、

ビーチサンダルを履き替えてウーバーというバーへ。これは

W台北の10階にある。

 

 

この31階にあるYEN BAR

なかなかいい雰囲気。

 

紫を基調にしたお店の窓から見える夜景が素敵なので、

男同士よりも(笑)デートで訪れたい場所。

 

 

同じ台北にある和酒にも

多くの外国人観光客が集う。

 

 

 

台湾で夜遊びを楽しんでいる間も

安定収入が続く理由とは?

 

 

 

 

台湾を始めとする海外。支払いは

やはりカードが、夜遊びに限らず便利。

 

ただ日本から程近い親日国、台湾だが・・・

夜遊び好きのあなたはここのカード事情をご存じだろうか?

 

 

オンラインビジネスのメンター政木さんが

ここ台湾に移住してから、この国を訪れることが増え

その文化に興味を持った。

 

カード事情にも自然と精通することに。

 

 

 

 

 

台湾のカード事情

 

 

美味しい食事、日本人にも親切な人が多く

夜遊びも楽しい人気の観光地、台湾だが・・・

 

この台湾がカード社会の韓国と違って不便なのは、

夜遊びを始めクレジットカードが使えない場所が

まだ多いということ。

 

これは、先進国でありながら現金主義の

日本に近い状況。

 

 

例えば屋台などのストリートフード店や台湾名物の夜市はもちろん、

韓国では使えるタクシー、スーパーやコンビニでもカードが使えない。

多くの夜遊びのお店も。

 

中規模以下のレストランでも使えないのは

このフィリピンと同じだ。

 

 

夜遊びのお店は言うまでもなく、台湾のガイドブックに出ている有名な場所の

8割近くでカード払いできないという事実は覚えておきたい。

 

 

またここで注意したいのが、台湾発行のカードでなければ

使えない場所もあるということ。珍しくカードが使えた

先日の夜遊び店もそうだった。

 

フィリピンでも経験したが、

海外ではこのようなことが時々起きる。

 

 

一方で外資系のチェーン店、空港やホテル、デパートでは

普通にカードが使える。電車の切符を買うのにもカードが使えるのは

この国の便利なところ。

 

 

 

 

台湾で必須のカード

 

 

カードがまだまだ使いづらい台湾のような国では、

やはりメジャーなブランドほど持っておきたい。

夜遊び好きのあなたは特に(笑)。

 

当然、世界的にシェアナンバーワンのVISA、

それに続くmasterカードは使いやすい。

 

そして日本で国内シェアナンバーワンのJCBがこれに続くのが

台湾の面白いところ。やはり親日の国だからなのか。

 

 

JCBの次はアメックス。簡単に持てる上に買い物の上限がゆるい反面、

取り立てが厳しいことで有名なアメックス。俺にはいい思い出がない(笑)。

 

 

ちなみに、現地でも慣れている日本円で支払いたくなるが・・・

基本的には台湾ドルでの支払いを。

 

日本円で支払えば確定額は分かって便利なのだが、

損をするケースがほとんど。

 

 

蛇足だが、カードと言えば日本のSuica、

pasmoのような悠遊カードを持っておくといい。

 

韓国のTマネーカードと同様

小銭いらずで便利だ。

 

 

26558874041_09640c6773_b

 

 

親日国として有名なご近所の国、台湾。

ロングステイしたいと思ったことはあるだろうか?

 

六本木の飲み会で出会った目黒ちゃんは、

笑顔が印象的な色白の綺麗な子だった。

 

後に、台湾人と日本人のハーフである彼女が同じダイレクト

マーケティング企業のライバルだったことに気づき、苦笑いを

隠せなかった俺(笑)。

 

彼女からはロングステイの魅力を

たっぷり聞くことができた。

 

 

 

 

 

台湾ロングステイの魅力

 

 

まずはやはり、台湾には日本びいきの人が多いこと。穏やかな

人柄でフレンドリーな人が多く、日本語が話せる人が多いのも

ロングステイの日本人にとってはありがたい。

 

震災の時も、

台湾からの支援が大きかったことは記憶に新しい。

 

 

ロングステイでは食も重要だが、日本人の味覚に合う台湾料理は

本当に何を食べても美味しい。

 

オンラインで「孤独のグルメ」の台湾ツアーを観ていてヨダレが

止まらなくなり(笑)、台湾料理を食べに現地に行こうと思ったほど。

 

 

いつでも戻ってこれる近い距離も魅力。日本企業のサラリーマンが

日帰り出張で台北と東京を往復しているほどだ。

 

 

また台湾は治安が良いといわれていて、日本と遠くない

感覚でロングステイできる。ネット環境はむしろ日本よりも良い。

 

 

そして意外と知られていないが、台湾には美しいビーチが

いくつも。例えば墾丁、宜蘭、吉貝、隘門沙灘、福隆海水浴場や
小琉球など。

 

日本よりもコンパクトな島であり、美しいビーチにすぐに

アクセスできるのは嬉しい。

 

 

もしあなたがビジネスマンなら、台湾での起業は税率の低さや

現地の物価の安さで、日本よりも利益を残しやすいのがメリットになる。

 

日本語を話せる現地スタッフを雇い、

勤勉な彼らの力を借りることも。

 

成熟しきった日本よりもビジネスを進めやすいタイミング

であることも、台湾での起業のモチベーションになる。

 

 

 

 

 

台湾ロングステイの問題点

 

 

約3ヶ月を超える滞在が容易ではないということ。逆にいえば

90日以内のロングステイなら、ここは良い候補地になる。

 

 

物価は日本より安いものの、台北などの家賃相場は

日本の大都市と変わらない点。

 

ちなみにセブなら、月2万円せずに十分なワンルームに住める。

 

 

俺のこの下見なしのフィリピン移住も日本の自然災害、

特に地震から逃れるためだったが、台湾では比較的地震は多い。

 

 

気候の面では、俺が不要だと思っている四季がある(笑)。

 

沖縄とほぼ同じ気候だが、年間の降雨量は日本よりも多く

雨の嫌いなあなたには憂鬱な点。

 

元博報堂の仲間タキさんがここにロングステイ、

いずれは永住したいと言っていたのも分かる。

 

近場にある魅力いっぱいのこの国。

通う頻度をもっと増やしたい。

 

 

 

 

台湾でキャッシングしたいと思ったことは?

 

台北からLINEで連絡してきたのは、

俺と同じく中華料理が大好きな山城だった。

 

 

 

 

 

台湾でのキャッシング事情

 

 

韓国のようにカード利用が進んだ国ではない台湾。まだまだ

現金が必要な場面が多く、キャッシングを始め現地でお金を

手にする手段が必須になる。

 

 

台湾在住の仲間が口を揃えて言うのが、ATMでキャッシングして

お金を調達するのが一番早くお得であるということ。

 

主要な空港や地下鉄の駅はもちろん、銀行やコンビニなど

あらゆる場所にATMがあるので便利。合作金庫銀行のライトグリーン

の看板は、台湾に足を運んだあなたなら見かけたことがあるだろう。

 

 

そしてコンビニATMのキャッシングで便利なのは、

1,000元という少額からキャッシングできること。

 

ATMの使い方で特に難しいところはなく、引き出しを選択して

セービングではなくクレジットカードを選べばいいだけ。

 

 

ちなみにキャッシングは、当然ながら借金。帰国してから

すぐに返済するなどし、無茶な利用方法は避けたい。

 

東京、霞ヶ関の監査法人時代。ダイレクトマーケティングのために

多くの日本人と毎日アポイントを重ね、気づいたら月収の35万円以上を使っていて、

あまりにも自然にキャッシングにスライドしていた(笑)。

 

その生活が2年半ほど続いたので、

後の返済に苦労したのは言うまでもない。

 

 

 

 

 

台湾でキャッシングするなら便利なのは

 

 

台湾でも、VISAとmasterの2種類のカードを

持っているほうがトラブルがあった時のために便利。

 

ただし、この国で3番目に使いやすいJCBでお得なのは

例えば台北では50以上のお店で優待サービスが受けられたりする点。

 

利用代金の8パーセント程度が割引になったり、

独自のサービスコースが利用できたりなど。

 

 

知っておきたいのは、取り立てががめつく(笑)いい思い出がない

Amecian Expressは台湾でキャッシングができないこと。

 

そもそもこのブランドは台湾ではVISA、master、JCBの次。

トップ2を持っていれば問題がない。

 

 

 

 

 

あなたは台湾バナナを

口にしたことはあるだろうか。

 

 

俺が移住したこのフィリピンでも

バナナは名産の一つだが・・・

 

先日訪れた台湾でも、

やはりバナナは有名だ。

 

 

 

 

 

台湾バナナの魅力

 

 

 

ご存じの通り、バナナは

台湾を代表するフルーツの1つ。

 

最近は俺が住んでいるフィリピン産のほうが

日本への輸出量が増えているが・・・

 

台湾バナナの質の高さは折り紙つき。

 

 

何より台湾産は、バラエティがあることが

そのバナナの魅力。

 

日本でよく見る形のバナナはもちろん、卵のような大きさで

皮が薄いもの、かなり珍しい赤いバナナ、そして緑色で

細長いものなど様々。

 

 

そして物価の安い台湾の中で、とにかく

値段が安いのもバナナ好きには嬉しい。

 

しかも輸入というプロセスがない現地では、

日本で食べるバナナと同じとは思えないほど新鮮で美味。

 

俺もバイクで旅した北海道、釧路の和商市場で食べた海鮮丼で

本当のイクラの美味しさを知ったが・・・やはり産地直送は

クオリティが全く違う。

 

現地のコンビニでも買えるが、スーパーマーケットなら

安く手に入れることができる。また市場に行けば、

よりクオリティの高いものや珍しい種類も購入可能。

 

 

ちなみに台湾バナナは一年中

楽しめるものの、食べ頃は4月。

 

雨が多い時期は味が落ちていくので、

口にするならタイミングを考えたい。

 

 

 

 

 

バナナ以外で台湾が良いのは

 

 

台湾といえば、あの「千と千尋の神隠し」の

モデルになった独特の町並みがあることで有名。

 

英語が通じづらいのが難点だが、親日国でも知られる

台湾には日本語を話せる人も少なくない。

 

俺が外国料理で最も好きな中華料理。 現地で

本場を味わうのは、たまにここを訪れる楽しみになっている。

 

 

中国本土の人よりもマナーが良かったり、

治安も悪くないのは行ってみて気づくところ。

 

物価や人件費が日本より安いこと、外国なのに近場で

行くのにそれほど負担にならないのもいい。

 

実は台湾にはそれなりに楽しめるビーチがあり、

コンパクトな島国の良さもある。

 

 

バナナや中華料理以外にも魅力あふれる台湾。

仲間のタキさんも、ここに移住したいと話していた。

 

 

 

ところで、マカオと言えばカジノなど華やかなイメージだが…

同じ中国でも香港や台湾との違いが分からず、

どんな国なのかイマイチ分かりづらい。

 

そこで、現地を何度も訪れている男が

マカオについて紹介する。

 

 

 

 

 

マカオってどんな国?

 

 

そもそも、マカオは国というより中国の一部。

 

ロケーションで言えば、中国本土の端にある珠海の目の前。

香港とも目と鼻の先にある。

 

 

マカオは香港同様中国の一部だが、

かつてポルトガル領だったこともあり

建物など雰囲気が独特の場所。

 

 

 

カジノで優雅に楽しもうと

世界中から多くのお金持ちがやってくる。

 

 

ここで気をつけたいのは、

まずマカオ国際空港のスタッフ(検閲)の態度が悪すぎること。

 

成田で問題なかったモバイルチャージャーを没収された。

「日本で大丈夫だった」と何度説明しても、暖簾に腕押し。

 

モバイルチャージャーは海外に持っていくなら

25,000以下のもの、その記載が表面にされているものを

機内手荷物で。

 

 

また、珠海→マカオ空港が最悪に分かりづらいので注意。

 

俺の場合、中国のイミグレ→マカオのイミグレ→外出て右に行ったらループ。

これを3回以上繰り返して疲弊した(笑)。

 

中国のイミグレを出て一度外に出たらバス乗り場があるので、

左に行ってカジノ行きバスに乗り、一度カジノへ。

 

ここでマカオ国際空港行きに乗り換えよう。

 

こんな大事なことを

誰もブログに書いていなかった(笑)。

 

 

さらに、マカオの通貨パタカはマカオもしくは香港で使い切るように。

俺の知る限り、日本では大きな両替所でも日本円に戻せない

 

結局、いま俺の手元には3万円分ほどのパタカが残っている(笑)。

 

 

 

 

 

マカオと台湾、どっちが魅力?

 

 

さっき語ったように、個人的には非常に印象の悪い(笑)マカオ。

 

ただ客観的に言えば、カジノが好きで日程が限られているなら

マカオだろう。

 

 

一方で台湾も大きな島ではないが、食やお祭りを始め

楽しみはマカオ以上に多い。

 

台北空港の女性両替スタッフの態度が悪いのに

イラッとしたのは確かだが(笑)。

 

ご存じの通り、日本語が話せる人が多かったりと

基本的に親日で有名なのが台湾。

 

 

特に夜出かけるのが好きなら、

この台湾をおすすめしたい。

 

 

 

台湾に移住して夜遊びの嘘を見抜くコツと時間管理の方法

自分と向き合うメソッドをガツンと体得した夜遊び好きの正岡。

 

台湾での夜遊びだけでなく

俺と同じフカフカの猫が好きなのは、

自他共に認めている(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは6件です

  1. テン。 より:

    台湾で夜遊び小籠包を食べまくるということしか考えてなかったです夜の市場に繰り出して何か食べるとか健全なイメージですよ星を買うなんでできるんですねでもそれはやっぱり裏の方でしょうね台湾と言われてやっぱりいいイメージがあります氏健全なイメージで行きたいなと思っていました足つぼのマッサージは痛すぎますがでもやっぱり台湾の夜遊びも男性同士で行くと楽しめそうですねいろいろ調べてみようかな今度行く時は夜遊びも楽しんでみたい

  2. より:

    台湾式居酒屋がどんな感じなのか気になります!確かに日本のカフェなどは早くに閉まってしまいますね;24時間営業いいな〜と思いました。

  3. しぃ より:

    夜景のきれいなバーでお酒とか飲んでみたいです。男性だとさらに夜遊びの幅が広がって良いですね。
    個人的には書店が深夜も開いてるのが羨ましいです。

  4. Amy より:

    台湾は夜の過ごし方が色々と選べていいですね~。
    日本では段々24時間営業が見直されていて、少し寂しく感じています…。
    屋台やB級グルメが好きなので、特に夜市は是非行ってみたいです。

  5. やすひろ より:

    夜遊びにも種類があるのだと考えさせられました。ナイトマーケットの魅力に取り付いてしまいそうです。楽しそうで行ってみたくなりました。

  6. こう より:

    24時間スーパーって私の住んでいる地域にはないので何かあったときに便利そうで羨ましいです。ナイトマーケットも台湾独自の文化を肌で感じられそうでぜひ行ってみたいです。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ