中国に移住して仕事するメリットって?上海生活で知ったお金やカード事情


 

 

中国は海外でも近所なだけに、移住して仕事するのに

それほど心理的なハードルは高くない。

 

実際、毎年数えきれない日本人が働くために

大連を始め中国に移っている。

 

 

ただ、日本でマナーが悪いことで有名な中国人。

 

彼らに溶け込んで生活できるのか?

ふと一抹の不安がよぎることも。

 

 

そこでこの記事では、現地に長期滞在した男が

中国で働く際に知っておきたいことについて語る。

 

 

 

 

 

中国移住後の仕事はどうする?

 

 

 

現地にコネがなければ、やはり求人サイトで探したり

中国に強いエージェントに依頼するのが確実。

 

今なら日本人向けのコールセンターは中国にも多いので、

見つけるのはそれほど大変ではない。

 

 

給料は日本の大都市よりもずっと下がるが・・・

 

生活費が安いのでそれほど生活には困らないどころか、

ちゃんと計画的に使えば貯金もできるほど。

 

何しろ、通勤しやすい場所に広い部屋を

安く借りれるのはありがたい。

 

 

日本企業の駐在員として現地に行くのが当然

待遇は最もよくなるが・・・いきなり異動や帰国命令が出ることも。

 

 

 

 

 

中国移住のメリットとは?

 

 

 

日本でも代表的な外国の料理「中華」・・・

上海生活でも食べ物には問題がない。

 

俺も大好きな中華料理は日本人に馴染みがあり、

違和感なく現地での食生活に溶け込める。

 

上海生活はもとより、海外移住では

日々の食べ物が口に合うかはとても重要。

 

 

また文化的な建物や世界遺産が多く、見て周るところに

困らないのも魅力。日本に一時帰国しやすいのもいい。

 

 

鉄道の時間は正確。

鉄道ターミナルはまるで空港だ。

 

関心したのは、きちんとトイレチェックがされていたこと。

日本の影響なのか?

 

 

 

ただ問題点はやはり、上海や大連などを除き

対日感情が良くないところ。長期で現地生活するなら

場所を選ぶ必要がある。

 

 

また大人は特に、

英語が通じないというコミュニケーションの部分。

 

 

上海生活ではあまり感じなかったが、中国人に

モラルのない人が多いのは世界的に有名。

列に平気で割込みしてくる(笑)。

 

ホームでも平気でタバコを吸う。

列車内で騒がしいのも日本との違いだ。

 

ただ、ちゃんと話してみると

実は親切で穏やかなのが多くの中国人。

 

 

また北京などでも有名になったのが、その空気の汚さ

 

 

上海以外だと、野田さんがその魅力を教えてくれた大連なら

治安の良さやITの発展などもあって俺でも生活できそうな気がしている。

 

ただネックはやはり気候・・・

体に優しい南国が俺には合っている(笑)。

 

 

中国は、住む場所によって

得られるメリットが大きく異なるのが特徴。

 

 

さっきも触れたが、働いている日本人が多く

日本人向けの書店があったり、親日家も多い大連。

 

 

そして、煌びやかなイメージの上海も

移住の魅力を享受しやすい場所。

 

 

交通インフラの発展や時間の正確さ、

意外なほど親日な人が多いこと

 

日本人が住んでも違和感がないどころか、

キャッシュレスは上海のほうが進んでいる

 

中国とは思えない物価の高さ

 

日本人以上におしゃれな街行く人

 

 

実際に上海で生活した俺の印象。

 

同じ中国でも、大連とここは

やはり別格だといつも感じる。

 

 

 

上海での生活の特徴

 

 

上海がある中国には、アメリカと同様に日本人が多く移住し、

現地に溶け込んで生活を営んでいる。

 

 

 

 

俺が移住したこのフィリピンでも、セブあたりはキョロキョロ

周りを見渡しながら徘徊する日本人が増えてきたが(笑)・・・

 

マニラではまだそれほど多くは見かけない。

 

何しろこちらでは、韓国人のほうが

思いっきり幅をきかせている(笑)。

 

 

この上海にも、何人か移住して現地で生活している

モテ仲間がいるが・・・彼らは現地では、だいぶ前から

お金持ちとは見られなくなった。

 

そう、日本人だからお金持ちというのは上海では、もう昔の話。

このフィリピンではまだ生活水準が低く、今でも日本人は全員

富裕層と勘違いされているが(笑)。

 

 

好景気で中国人の富裕層が一気に増えたことは、

現地に来ればすぐに分かる。

 

とんでもない高級車が上海にはよく走っているし、

日本のものが安く感じるほど物価も生活水準も上がってきている。

 

基本的に中国人のイメージは多くの日本人にとって良くはないものの、

上海の場合は富裕層が増えてきており、それに伴ってマナーやモラルの

向上が見られる。

 

俺も気づいたのは、現地人のドライビングマナー。

以前とはだいぶ印象が違っていた。

 

移住者の一人、富田さんが話していたのは

「バイクのあの甲高いエンジン音が聞こえない」こと。

 

上海生活では静かな電動バイクが活躍しており

騒音や排ガス対策の点でプラスだ。日本やフィリピンにも

こういった規制が欲しい(笑)。

 

 

上海にも四季があり春と秋が短いのは日本と同じだが、

冬は日本よりも寒い。冬が嫌いでこの南国生活に慣れきった俺は

とても移住できない(笑)。

 

英語教育がどんどん進んできたのも上海の特徴。小学生でも

日常生活で英語ペラペラな子供が多かったりするのは驚く。

 

 

そしてフィリピンとの共通点としては、女性が自立して

しっかり働いているところ。やはり女性が活躍している社会は

伸びるというのが、フェミニストの俺の見解だ(笑)。

 

女性管理職の活躍が多く見られる上海。フィリピンもそうだが、

女性が活躍している社会は安定している。

 

 

インフラ的には、宅配やデリバリー

発展している印象。

 

フィリピンの場合は食べ物のデリバリーが中心で、

宅配の普及は遅々として進まない(笑)。

 

上海と聞くたび、中国輸入ビジネスで生活していた頃の

「タオバオ」「アリババ」を思い出す。

 

 

上海生活に必要なもの

 

 

まずは、海外生活では特に重要になる「健康」。

 

上海は経済発展に伴って大気汚染が進んでいるので、現地生活では

特に自宅の寝室に空気清浄機が必須と感じている。そして当然、

オーガニックの信頼できるサプリメントも。

 

上海料理はオイリーで味付けが濃いので、

移住後の生活の中で自己の健康管理は必須になる。

 

 

さらに、現地人とコミュニケーションできるための

基本的な中国語

 

上海では英語の教育も進んでいるが、今の大人は

まだまだ英語力が足りないので、俺が今いるフィリピンのように

英語で当たり前に会話を交わせない。

 

上海に行く前にあなたが中国語の基本的な部分を押さえておけば、

現地での生活はより楽しくなる。

 

漢字が使われている上海での生活の場合、最悪「筆談」でも

やり取りできるのは日本人にとっては助かるが(笑)。

 

 

そして何より、上海生活を不安にさせないための

安定収入

 

これについては、ニュースレターの中で

具体的な方法をお伝えしている。

 

 

 

経済的不安なく

中国生活を送るには?

 

 

 

 

中国のお金について、あなたは

どれほどご存じだろうか?

 

 

実は、俺が中国に初めて行ったのは

フィリピンに和光から移住した、だいぶ後。

 

中国人の友達はフィリピンや日本にも多かったし、

香港は早々に訪れていたのだが・・・現地のお金について

詳しくなったのも、上海や大連に足を運ぶようになってからだ。

 

 

 

 

 

中国のお金は人民元

 

 

 

中国で流通しているお金は人民元、カジノ天国マカオのパタカ、

そして金融都市・香港の香港ドル。

 

ただし、中国本土で使えるのは人民元だけ。逆に香港では香港ドルだけで、

マカオではパタカと香港ドル両方のお金が利用可能。

 

 

ちなみに元は「ユエン」と読み、クアイと呼ばれる。

 

この人民元紙幣には1元・5元・10元・20元・50元・100元があり、

補助通貨として角(ジャオ/マオ)と分(フェン)が使われている。

 

 

他の国と同様に、空港やホテルで両替はできるものの

レートは悪め。中国でお金を手にする際は注意しよう。

 

 

 

 

 

中国でお金を扱う際に気をつけたいこと

 

 

 

この中国で気をつけたいのは、大量に出回っている偽札。

特に一番大きな100元札には偽札がよく混ざっているので、

現地でお金を使う時には注意したい。

 

怪しい場所で両替するのも避けよう。

 

 

そして中国のお金に関する別の注意点としては、日本円で

約3万円、2万元までしか国外に持ち出せないということ。

これは、フィリピンの1万ペソとあまり変わらない金額。

 

また中国のお金を日本円に戻す時の注意点は、

両替証明書が必要であること。

 

100元以下の紙幣は戻せないという点、かつ

戻せるのは両替の7割までという、かなり不便な制約も

知っておく必要がある。

 

 

ところで、そもそも中国ではお金として

現金が使われなくなってきている。

 

俺も日本でやっていたのが、LINEの中国版のようなWeChat、

その電子マネーが日常のお金として使われている。

 

 

フィリピン移住前に池袋でよく一緒に飲みに行っていた

中国人レンちゃんが教えてくれた、この国のお金以外の特殊事情・・・

普通のクレジットカードが使えないケースが多いこと。

 

カードで支払いたいなら、現地に出向く前に

銀聯カードは持っておきたい。

 

 

 

 

中国のカード事情・・・

 

facebookなどが使えないネット事情と同様に、

中国のカード事情もかなり特殊。

 

 

あなたが現地に行く前に知っておきたいことがある。

 

 

 

 

 

中国のカード事情

 

 

 

この中国のキャッシュレス化の勢いはすごい。ユニオンペイの

デビットカードもそうだが、何しろ10億人を超える人達が一気に

その流れに向かっているとすれば、その影響力は計り知れない。

 

 

ちなみに、中国人のスマートフォン利用者の90パーセント以上が

使っていると言われる微信(WeChat)。これの電子マネーが

カード以上に使われている。

 

お年玉まで電子マネーであげるというのが

何とも味気ないが(笑)・・・一つの文化に

なりつつあるのは確か。

 

その他、ビットコインのような仮想通貨が

この国でもすごい勢いなのは周知の通り。

 

 

そして、やはり現地で最も使われているのが

中国の銀聯カードだ。

 

 

 

 

 

中国で必須のカード

 

 

 

中国でクレジットカードを使って物を買ったりサービスを受けるなら

ユニオンペイ、銀聯カードを持っておきたい。

 

中国では、JCBが使える場所がそもそもが少ない。また一番メジャーVISA、

そしてmasterは大都市の大きなお店やホテルでは使えるものの、マークが出ている

小さなお店でも中国発行のカード以外が使えなかったりする。

 

結局、最も使えるのは

日本でも発行できる銀聯カードということに。

 

これが便利なのは、日本のVISAカードなどを持っていれば

追加のカードとして申し込める点。

 

 

驚いたのが、世界の全てのカードシェアの中でVISAが50パーセント以上を占め

次にmaster、その次にこの銀聯であるということ。やはり人口というのは、

ビジネスと経済にものすごい影響力がある。

 

ただユニークなのは、この銀輪カードのほとんどがクレジットカードではなく

審査のないデビットカードであるということ。

 

一部の富裕層を除き、やはりクレジットカードを持てる信用のある中国人は

まだ少ない印象だ。俺が住んでいるフィリピンではカードどころか、銀行口座すら

持てない人がほとんどなのだが(笑)。

 

 

日本では使う機会がない銀聯カードは余分な気もするが・・・

中国に何度も訪れるあなたには特に欠かせないカードと言える。

 

 

 

 

 

PS.

今回はベトナムのハノイから南寧まで長距離バス、

珠海(マカオ)まで鉄道と

全て陸を使って移動してみた。

 

 

途中は、ありえないほど殺風景な田舎(笑)。

 

 

ノーヘルのバイク乗りが多すぎて危険(笑)。

 

 

 

南寧では、駅から遠い中途半端な場所で降ろされて

重いトランクと共に大変な目に。

 

 

日本と同じで、フリーwifiには登録必要。

英語が通じない中国では、必ずSIMを手にしておきたい。

 

 

 

 

新幹線や地下鉄は、日本並に発展。

 

しかし肌寒い気候なのに、

暖房どころかクーラーなのには参った。

 

広州南で外人に会えてほっとした俺だった(笑)。

 

 

 

将来の仕事への不安と決めつける人の心理に疲れ果て・・・

上海生活をやめ遠くイタリア移住を決めたモテ仲間の孝弘さん。

 

上海とイタリアでの生活を通して、恋愛における尊敬の大切さを

ガツンとかみしめたようだ(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは20件です

  1. 中川 創聖 より:

    日本が裕福だという価値観はもう古いと思います。日本に住んでいる人はまだそう思っている人は多そうですが。上海も現在はすごい発展ぶりですよね。空気の汚染は半端ないと思いますが

  2. 米まる より:

    上海ライフもそれなりに・・ですね。移住生活は本人次第ですよね、ほんとに。

    相手を中心にたくさん考えればその環境変えることができるそのようなことなしに何らかの変化を得る事は不可能
    自己利益ではなくまず相手のことを考えるそして主張すべきところは主張し相手を立てるべきところではきちんと引き下がるそのような行動ができていればあなた表舞台に立ちたいと言う人がきっと現れる

    プロになるのは難しくないどうするはプロになれるのかこれはイメージが大切崇高な理念や理想だけでプロになれたら話は簡単だが残念ながら人間はするほどストイックな存在では無いなので自分がその道のプロになったときどれだけ素敵でかっこいいかそしてより多くの人が喜んでくれるのかと言うイメージを強く持てば良い自分が輝くための人間を過ぎて本気になれる例えばあなたの周囲にも1人ぐらいは輝ける人がいるはずいないなら自分の好きな芸能人やスポーツ選手などでも構わないので思い浮かべてみるその人が輝いて見えるポイントを考えてみよう顔服装話し方態度性格仕事のやり方理由はいろいろあるだろうがあなたもその人のようになり人に感動与えられるようになったら素敵

    収入につながるやりたい仕事の役割が得られる最初はそんな目標設定で10分自分の願望を満たすためにあることならそれなりに楽しいはずだしもし楽しくないならやめればいいだけしてる人間は自然に輝きを放ち周囲の人間にもそれは伝わるいちど輝きを放ち始めるばあなたはきっと誰かに感動与えられるようになるはずそして違うチャンスや指某ずに舞い込むようになったりあなたの輝きを見出してくれる人が現れるかもしれないそのようにしてイプ円になっていけばいい

  3. かをり より:

    上海では食べ物が美味しいんですか?とても興味があります。対日感情や空気汚染は気になりますが開けているところですよね?旅行するのにはとても良いところなのではないですか?観光に興味があります。ショッピングも良さそう。

  4. 野田 より:

    日本が裕福というのはもう古いですね。上海バブルは投資先が中国からフィリピンに移行したあたりから急に情景が変わりました。

  5. 空の下 より:

    もうこの頃では中国が富裕というふうになっていくのですね。
    かつての日本のように。
    日本も大気汚染スゴイ時代ありました!

  6. 空の下 より:

    もうこの頃では中国が富裕というふうになっていくのですね。
    かつての日本のように。
    日本も大気汚染スゴイ時代ありました!!

  7. あゆ より:

    上海、日本より冬は寒いんですね。寒いの苦手だから住むことは出来ないですね。
    上海、一度は行ってみたいです。だけど、空気が汚いと無理ですね。

  8. ひかり より:

    上海にはいってみたいと思っていました。
    空気が汚いのが難点ですね。
    長期滞在となると、ちょっと無理だと思います。
    食べ物とか美味しそうなのに。
    気になるところですね。

  9. ゼットン より:

    上海と言えば、大都会のイメージですがイメージそのままでした。対日感情はすごく違和感を感じそうです。日本でしか育っていない自分も耐えれるかな。

  10. バルタン より:

    今では、日本より学習能力が高いと感じています!記事を見ると英語をしゃべる子どもが多い事を見ると将来を見据えるところは真似していきたい!

  11. マックス より:

    10年近く前上海方面に仕事に行きましたが、その当時でも素晴らしい発展振りでした。雑な感じはしますが、大きなエネルギーを感じる都市ですよね。

  12. れいな より:

    たしかにかなりの発展っぷりですよね!
    日本もあっという間に追い抜かれそうな気がします(笑)
    同じ黄色人種として親近感もありますし親しみやすいイメージです。

  13. みぽち より:

    中国人が日本に来て爆買いをするほどですから、日本の物価の方が安いのだと思っています。また、中国は近年急成長を遂げているため、日本は富裕層が多いというイメージもだんだんとなくなってきていますよね。

  14. きよら より:

    対日感情が良くないのは困りますね。上海は、行ったことはありませんがそんなに空気が汚いのですか?残念です。もっときれいになってほしいですね。子供でも英語がペラペラなんてすごいです。国際的なのでしょうね。

  15. ひろ より:

    モラルがよくない人が多いイメージですよね。
    日本にいる中国人をどうしても軽蔑の目で見てしまいます。
    中華料理は大好きなので行ってみたいですが
    気を付けないといけないところが沢山ですね!!

  16. アカ より:

    上海では日本人は裕福ではないのですね。
    生活水準があがればそうなりますよね、フィリピンではまだ日本のほうが上なんですね。
    上海では、対日問題とかで怖いですね。

  17. moremore より:

    近頃以前のように中国の爆買いの話を聞かなくなりましたが
    どうなっているのでしょうか?

  18. mini より:

    ちょっとの旅行なら大気汚染もまぁ我慢なりますが生活となると大きな問題になりますよね。少しの埃でもくしゃみと鼻水が止まらない私には厳しいかなぁと行ってみたい気持ちが薄れてしまいます。でも日本の方、たくさん活躍してますよね!

  19. より:

    えっ?上海って対日感情がよくないんですか?
    初めて知りました。
    まあ中国ですものね。仕方ないかもしれないですね。

  20. 赤菜 より:

    対日感情がよくないところに、
    わざわざ移住するという気持ちが
    正直よくわかりません。
    同じなら、対日感情のよいところへ。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ