ベトナムを一人旅(ひとり旅)…男でも夜は危険?女子の場合は?一人旅ツアーの概算も公開!


 

 

美人が多いベトナムをひとり旅・・・

あなたが男性なら一度はチャレンジしてみたいのでは?

 

ただし、ご近所の東南アジアとは言え

ここは外国。危険は常にある。

 

 

そこでこの記事では、長期滞在者が

ベトナムをひとり旅する際のリスクを紹介。

 

現地の物価などについても語る。

 

 

 

ベトナムの一人旅(ひとり旅)、男でも夜は危険?治安に注意

 

 

ベトナムは、東南アジアの中ではテロなどの

危険度は低く治安はいいほうだと言える。

 

 

しかし、バイクが多い国だから

特にバイクでのひったくりやスリなどは頻繁に起きている。

 

男性でも、夜遅く出歩いたり

街中で携帯を出すのはやめたほうがいい。

 

 

ホテルや空港以外ではなかなか英語が通じないこともあるため、

被害に遭ったときの対処も難しい。

 

海外だからと開放的にならず、気をつけることが大切だ。

 

 

詳細は後で述べるが、タイやフィリピンなどに比べて保守的なベトナムでは、

午後10時以降に未婚の男女がホテルに入ることが禁止されている。

 

ベトナムへの一人旅で、カラオケやバーなど夜遊びしたいという男性は、

こんな事情も知っておく必要がある。

 

 

ベトナムに一人旅をするなら、ホテルも安全なところがいい。

 

タイやシンガポールより断然安く、ベトナムでは3,000円くらいでも

日本のビジネスホテル並みの清潔で安全なところに泊まれる

 

 

はじめてベトナムに一人旅するなら、ハノイホーチミンの2都市に

まず行ってみるべきだと思うが、個人的なおすすめは、ダナン

 

フランス植民地だった時代から港町として発展した都市で、

仏教寺院や遺跡が見ごたえがある。

 

さらに歴史的な観光地だけではなく、

きれいなビーチもあって癒される。

 

 

ベトナム第3の都市ダナンはハノイやホーチミンより物価も安く、

中には2000円で泊まれるきれいなホテルもあって、比較的安全だから

一人旅にもおすすめしたい

 

 

 

ベトナムは一人でも楽しい?ひとり旅の男が夜出くわす危険とは

 

 

ベトナムはフィリピン同様治安のイメージが良くないが・・・

基本的には、過剰に恐れるほどのことはない。

 

 

ただし仏教国とは言え海外であり、

暗い夜道や慣れないダウンタウンへは入り込まないこと。

 

強盗の被害は銃社会のフィリピンほど多くはないが、

バイクが日常の足だけに、バイクで走り去りながらのひったくり被害は

よく耳にする。

 

 

 

 

日本人男性の一人旅でも怖いのが、

ベトナム人には英語があまり通じないこと。

 

万が一強盗に出くわした場合は、

ちょっとしたやり取りが被害を左右する。

 

これは、やはりベトナムに多い詐欺も同様。

 

ベトナムをがっつり旅する予定なら、

最低限のベトナム語を知っておくほうがいいだろう。

 

 

またベトナムでも売春は違法なので、

ナイトライフには十分注意を。

 

 

 

 

海外移住も一般的になってきた現代社会において、

人気の移住先の一つが、東南アジアの国、ベトナム。

 

温暖な気候と、素朴で穏やかな国民性、

下町情緒溢れる街並みに惹かれ、日本から移住する人は年々増えている。

 

 

しかし、折角移住しても、「イメージと違った」とか、

「文化の違いについていけない」などの

トラブルに遭う人も多いのが実情である。

 

最悪の場合、日本との法律の違いが判らず、

知らず知らずのうちに法を犯して逮捕…なんてこともありうる。

 

 

そこで、ベトナムと日本で違う法律、それも

「女性をホテルにお持ち帰り」の規制について

クローズアップして書いていこう。

 

 

 

ベトナムでホテルに女性を連れ込むには夜10時までという法律!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

移住した先で好きな人ができ、

恋人となり結ばれる…とてもロマンチックな話である。

 

移住を考えている人は、それを妄想することもあるのではないだろうか。

異国でのラブロマンスは、自分も妄想したことがある。

 

 

しかし、いざ海外で好きな人ができて付き合いだしても、

その国の宗教や文化にとって、

タブーなことをしてしまえば一瞬で振られるだろう。

 

それどころか法を犯してしょっぴかれる

なんてことも十分ありうる。

 

 

ベトナムとて、それは同じ。

 

特にベトナムでは、「ホテルに女性を連れ込む」

ことに対して厳しい法律がある。

 

それは、「未婚のカップルが夜10時以降にホテルを利用してはいけない

というもの!

 

 

もともとベトナムは、男女の関係に対して

非常に保守的な考え方を持つ国である。

 

ほとんどの人が結婚するまで異性と肉体関係を持たない。

そんな国で、未婚の男女が夜ホテルで同室…

なんてことはご法度なのである。

 

さらに、ベトナム国内で、外国人を相手にした

ベトナム人女性の売春が問題となり、

これを取り締まるために、この法律が生まれた。

 

 

そんなわけで、男女がホテルに泊まる時は、

法律に基づき、婚姻の証明ができないといけない。

 

ただし、観光に来ただけの外国人同士のカップルは対象外、

と割り切って営業しているところもあるほか、

料金を上乗せすると便宜を図ってくれるホテルも多数ある。

 

これらのホテルは、インターネット上で、

「連れ込み可能ホテル」として紹介されている。

 

 

 

ベトナムでホテルに女性同伴!夜10時以降だと重いペナルティが!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまで、「夜10時以降に未婚のカップルがホテルを利用してはいけない」

という驚きの法律について説明してきた。

 

では、ここからは、実際にその法律に違反したらどうなるか、

ということを解説していこう。

 

 

まず、ベトナムの公安警察には、

捜査令状なしでホテルにガサ入れに入ったり、

宿泊台帳を閲覧する権利が保障されている。

 

日本では考えられないことだが、

ベトナムでは普通のことである。

 

だから、ホテルで密会中に公安警察が踏み込んできたという事例も、

インターネット上で紹介されていたりする。

 

 

そして、そうやって見つかってしまったらどうなるか。

 

 

そもそもベトナムという国は社会主義国家であり、

公安警察は強い権力を持っている。

 

権力で国民を統制しているのである。

そんな強い権力に溺れる公安警察でまかり通ること、

それは、「賄賂」である。

 

 

日本であれば、警察への賄賂などが

明るみに出れば大問題になるが、

 

ベトナムでは、紹介している法律から交通違反まで、

街のあちこちで賄賂が横行している。

 

 

つまり、密会がばれたら、「見逃してやるから賄賂を寄越せ」

と脅される可能性が高いということ。

 

これは警察だけではなく、偶然密会を目撃した一般人や、

ホテルの従業員に要求されることもあるという。

 

 

ただ、これはまだましな方。

 

ベトナムは日本より物価が安いので、

日本円に換算すると案外安い賄賂で見逃してもらえる場合もある。

 

 

しかし、賄賂が通じなかった場合。

最悪の場合、日本に強制送還される。

 

せっかく移住したのに、である。

 

好きな人やベトナムで築いてきた生活基盤もパアになる。

 

 

やはり、冒険はせずに、向こうの法律に従う

善良な一般市民でいるのが一番ではないかと思う。

 

 

 

ベトナムの一人旅(ひとり旅)、女子でも可能?女の一人旅行におすすめの場所を女性がブログで紹介

 

 

ベトナムに一人旅をする女子の服は、機能性重視

軽くて日焼け防止にもなる薄手のパーカーがあると便利。

 

安全にも気をつけたいから、スカートよりズボン、ファスナー付きの

ポケットがあるといい。

 

ベトナムへ女1人旅をするなら、このブログを読んでほしい。

https://tabitabi.n00life.com/ 

 

服装以外にも役立つ情報がたくさん得られる。

 

 

おすすめの場所を紹介しよう。

ハノイでは、世界遺産になったタンロン遺跡

 

タンロンとはハノイの古い名前で、昇龍と言う意味。

 

19世紀初めまでハノイが

いくつかの王朝の首都だったときの遺跡がある。

 

ベトナムのハノイを一人旅するなら、このブログを見ておこう。

https://vietcam-oh.com/blog/basic/detail/000445.html

 

 

ホーチミンのおすすめは、高級ホテルも立ち並ぶドンコイ通り。

 

雑貨、ファッションアイテムなどを見て回ったりおしゃれなカフェで

ベトナムコーヒーを味わうのもいい。

 

 

ダナンで訪れたいのは五行山

 

大理石でできた山はパワースポットとしても有名なので

訪れる価値ありだ。

 

 

そしてダナンからそれほど遠くないホイアン

 

ここでは毎月ランタン祭りが行われていて、

色鮮やかなランタンの光に癒される。

 

 

そして古都フエのおすすめスポットは、

ベトナム最後の王朝阮朝(グエン)王宮

 

城壁に囲まれた敷地内に建てられた壮大な王宮に

ベトナムの歴史の重みを感じることができる。

 

 

はじめてベトナム旅行をする人には

こちらの女性ブログを見ることをお勧めする。

 

きっと旅行のイメージができて、楽しい旅になるはずだ。

https://4travel.jp/travelogue/10818245

 

 

 

ベトナムの一人旅(ひとり旅)ツアー、予算はどれくらい?

 

 

ベトナム旅行の予算は、ホテルのランクや利用する航空会社、

行く時期などによっても変わってくるが・・・

 

地元ベトナム人の生活を体験するつもりで

格安のホテルや屋台での食事にすれば、3~4日で4万円以内におさまる

 

ベトナムのハノイへ一人旅をする

ツアーの最安値は32,600円だ。

 

 

旅行会社のツアープランを見ると、他の東南アジアの国とは違い

ベトナムへの一人旅のツアーはけっこう多いが、その旅行会社で働く

友人によると、参加者には女性がかなり多いということ。

 

一人で参加しても安心して過ごせそうだ。

 

 

ベトナムへの一人旅ツアーの中で、

名古屋発着のツアーが豊富

 

アクティビティはオプションになるが、空港とホテル間の送迎ありで

5万円以内のプランが豊富にある。

 

ホテルのランクを上げるなどアレンジも可能だから、

自分に合ったツアーが選べる。

 

 

ベトナム一人旅ツアーでおすすめの会社は、

エスティ―ワールド

 

一人旅、女子旅など目的に合わせたプランが豊富。

https://stworld.jp/tour_search_f2/#/?homenG=SE&homen=VN&dep=NGO&keyword1=34&page=1

 

 

旅行会社の多くのプランは、滞在中は自由行動。

だから自分で行きたいところへ行くか、オプショナルツアーに申し込むことになる。

 

ベトナムに一人旅をしてオプショナルツアーに申し込む場合は、

行き先の観光地をくわしく説明してくれる添乗員が同行するツアーをお勧めする。

 

 

食事なども含まれて1日で7,000円~10,000円と少し高くなるが、

行った先の自然や歴史文化などを深く知ることができるからおすすめしたい。

 

 

 

 

ところで、東南アジアの中でも日本人旅行者に人気のベトナムだが

旅費はどんなものだろうか?

 

フィリピンに移住した埼玉県人が(笑)、ベトナムを

何度も訪れてあぶり出した旅費を公開してみる。

 

 

 

ベトナムの旅費

 

 

当然どんなステイの仕方をするかによって変わるが、

ベトナムは世界で最も旅費が安い部類に入る国。

 

 

特に宿泊費は異常で、

世界トップ10に入る安さ。

 

何しろこのフィリピンですら、1泊2,000円を切ると

汚い部屋になることが多いが、ベトナムの場合は

1,000円以下でもそれなりの部屋に泊まれることに驚く。

 

バックパッカーにこの国が

人気の理由がよく分かる。

 

 

結局、どんな旅をしたいかにもよるが・・・

 

直行便でも格安ツアーなら、4万円以下での

参加が可能なベトナム旅行。

 

現地で観光客向けのレストランを使ったり

和食を食べるなら当然それよりも上がるが、

せっかくならローカルの食事や文化を楽しみたい。

 

そうなると自然に、

この物価の安い国では旅費が下がってくる。

 

 

一方で、長期滞在となると3か月ごとのビザの更新に

約1万円かかるのが、それなりに大きな出費に。

 

それでも、俺がフィリピンで観光ビザを更新していた頃は

月に7,000円ほどはかかっていたので、それよりもずっと安いのだが。

 

 

 

旅費を気にせずベトナムやその他の

海外をいつでも旅できるのは、

場所を問わない安定収入があるから。

 

そのための具体的な手段とは?

 

 

ベトナムの物の価格

 

 

ベトナムの物価は少しずつ高騰してきているとはいえ・・・

旅費を始め東南アジアの中でもまだまだ安く、物価は

基本的に日本の25パーセント程度と考えると分かりやすい。

 

 

例えばコーラは約50円、缶ビールが約80円、

タバコが150円程度。

 

日用品を購入しても、このフィリピン同様

輸入品以外なら日本よりもずっと安い。

 

ベトナム人の新卒の初任給が約3万円と考えると、やはり

現地の人達は食費を切り詰めて屋台やローカルの食堂で食べている。

あなたが旅費を抑えようとすれば、一食100円を切ることも普通。

 

 

ベトナムの物の価格を確かめるためには、

何といってもフルーツを買ってみるといい。

 

俺の大好きなマンゴーは1個100円程度だし、

ココナッツジュースは1杯60円ほど。国産の

バナナなら一房40円以下でも買える。

 

 

その他例を挙げれば、日本発祥でベトナムでも

人気のインスタント麺が約20円という価格。

 

ローカルの屋台や食堂で良いなら、俺も大好きな

フォーは1杯80円程度。ベトナムで一般的な惣菜と

ごはんの組み合わせなら、130円という安い価格で楽しめる。

 

 

 

ベトナムのサービスの価格

 

 

旅行者の移動は基本的に、このフィリピンと同様に

タクシーになるが・・・初乗りで50円程度とフィリピンの

約100円よりも安く済む。 8キロほど走ったが900円程度だった。

 

それでも当然、タクシーは移動手段の中で

最も割高であり、ローカルバスの場合は約30円で乗れる。

ちなみにフィリピンのジープニーなら20円以下。

 

何しろベトナムが良いのは、1回900円程度で

それなりの部屋に泊まれること。

 

 

ただし、サービスによっては

それなりに高くつくものも。

 

その一つが足つぼのマッサージ。1時間半で約1,000円だが、

フィリピンの場合は2時間全身マッサージをしても800円

程度だったりする。

 

 

ベトナムのハノイに住んでいる三橋から、

彼の1年間の生活費が80万円だったと聞いて驚いたが・・・

 

よく考えると俺が半引きこもりでトライした(笑)

セブでの生活費(月6万円)とそれほど変わらなかった。

 

彼の場合、光熱費と通信費で4,000円弱、

家賃が2万円ほど。

 

長期滞在するなら、一軒家を数人でシェア

または長期滞在プランのある安いホテルを探すなど

それなりに工夫をすれば、かなりコストを抑えられる。

 

何しろバイクが2万円台で買えて、1ヶ月のガソリン代が

500円しないというのはすごい。

 

 

ベトナムでは髪を切っても1回500円かからないが、

フィリピンなら100円以下もあるとなると・・・

いかにこの国がお金がかからないかが分かる(笑)。

 

 

 

外国人慣れしていないのか、人々場チラチラと見てくる。

英語が話せる人と会えると驚く(笑)。

 

 

バイクの数がやっぱりすごい。

 

ビエンチャンから来ると、さすがに都会。
運転はマニラ以上に大変そう(笑)。

 

クラクションがうるさいのは

フィリピンと同じだ。

 

 

バイク用ガソリンスタンドは、外国人にとってはレア。

 

 

grabバイクが大活躍なのは、さすがベトナム。

 

 

 

冬着っぽい服も売られているが、
ラオスのが涼しい。

 

 

 

ハノイは都会だけに、オシャレな店も。

ネットは悪くない。

 

 

 

 

両替の際に割り込みしてきたりと、

イメージ通りのベトナム人(笑)。

 

 

ただ、食事が安くて美味しいのは本当に魅力。

何度でも来たくなる国だ。

 

 

 

まとめ

 

 

いかがだっただろうか。

 

食事や雑貨、アオザイなどが女性に人気のベトナム

ベトナムに一人旅したと言う人をよく見る。

 

でも一人旅となると、言葉やトラブルへの対応などが心配だ。

そこで、旅行会社の社員や一人旅経験者の声を集めてみた。

 

 

ベトナムへは、一人旅限定のツアーがあったり、安くてきれいなホテルが多かったり、

かなりお得な旅ができることがわかった。

 

ハノイとホーチミン以外の地方都市も、遺跡や自然などがすばらしいところが

あるから、行ってみる価値がある

 

 

 

ベトナムは、日本と違い夜遊びに寛容ではない。

女性と夜に遊びたければ、グループで行動するのが一番安全である。

 

そうでなくても、向こうの法律に則って、

平和な移住生活を謳歌していただきたい。

 

まあ、夜にふらふら遊び歩くのは、

どこの国でも危険なことなのだと、自分は思う。

 

 

人が優しく治安もいいと言われる国だが、軽犯罪が多い国だということを忘れず

観光してもらいたい。

 

 

 

カミギン島旅行を最後にフィリピン人と別れることを決めたのは、

フィリピンの人種割合にやたら詳しい米田。

 

フィリピン人は本当は日本人嫌い?」そんな噂にビクビクしながら

マニラ一人旅を続ける男だが、彼が俺と同じフェミニストなのは

最近知った事実(笑)。

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ