フィリピンをひとり旅!セブ島やマニラを一人旅、ひとり旅のナイトクラブ…フィリピン旅行する男、ひとり旅で海外も初めてでフィリピンは?


 

フィリピン・マニラへのひとり旅は、

特に日本人男性に人気の娯楽の一つ

 

リピーターになっている人も少なくない。

 

 

フィリピン女性を始め海外の異性と遊ぶ方法、

 

フィリピンなど
好きな場所に住む具体的なアイデア。

 

これを知りたいあなたは
以下より情報を無料購読してください。

 

メールアドレス >

 

日本人がフィリピンへ行くと言えば、

たいていセブ島辺りだろうが、

 

夜遊びが目的なら、

マニラのほうがずっと選択肢が広い。

 

 

そこで今回は男一人旅、マニラで楽しめるルートを紹介してみよう。

 

 

 

スポンサードリンク

フィリピン、マニラで一人旅(ひとり旅)…やっぱり男ひとり旅がいい?一人飯や一人歩き…ツアーでも問題なし、旅行する男のお楽しみルートを紹介。観光よりも夜の遊びが好き…夜遊び(ナイトライフ)の場所はマカティやブルゴスのゴーゴーバー?

 

 

俺も長い間住んでいたマニラだが・・・

どこも安全とは言いがたい東南アジアの中でも、

特に治安が良くないことで知られる。

 

それを耳にしていれば不安もあるかもしれないが、

 

数年住んだ俺がこうして無事なことからも(笑)、

物騒な場所に夜遅く出掛けたり、

現地のフィリピン人や在住日本人ともめなければ問題はない。

 

 

思い立ったらすぐに出かけられ、

自分のペースで自由気ままに行動できるのは、

一人旅の醍醐味だろう。

 

家族や彼女連れでは行かない、

または行けない趣味(何の?)にこだわった場所なんかでも、

 

一人旅なら誰に気をつかうことなく出かけられるので、

実は男の一人旅が一番楽しめたりするのかもしれない。

 

 

男一人旅というからにはちょっとワイルドに、

家族旅行やツアー旅行では行かない、

夜遊びルートも試しに覗いてみたいではないか。

 

危なっかしいイメージのマニラでのナイトライフ。

 

初めてだとちょっとびびってしまうだろうが、

一人でも楽しめるスポットがこちらだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • ブルゴス地区のゴーゴーバー(ナイトクラブ)

 

格安でお店の女の子と一緒に飲めるのが、

魅力と言われる「ゴーゴーバー」。

 

これが目当てでわざわざフィリピンまでやってくる、

ツワモノ客も多いといわれる。

 

マニラの夜遊びならここ!

といわれるスポットだ。

 

 

マニラのゴーゴーバーにいる子は、

日本語を話せる子も多いので、

英語が片言でも一人で行っても楽しめること間違いなしだ。

 

ブルゴス通りには色々なゴーゴーバーがあるので、

入りやすい店を覗いてみるといいだろう。

 

ブルゴス通りで一番人気なのが「GO GO Bananasだ。

 

 

  • マラテ地区・マカティ地区のKTV

 

KTV」とういのは飲み放題、

歌い放題で女の子と遊べる、

というスタイルのお店。

 

マラテ地区なら日本食レストランも立ち並び、

かなり便利な場所で、

 

日系KTVがたくさんあるので、

日本語を話せる子にも会えるかもれない。

 

 

中でもコスパがよいと評判のお店は、

komekomeだ。

 

リトル東京付近は、

マニラでも比較的治安がよい地区だが、

 

マラテ地区のように店間を徒歩では移動できないため、

ハシゴする場合はタクシーでの移動になる。

 

 

  • Valkyrie

 

今マニラで一番大きく最も人気と言われるナイトクラブだ。

 

レストランやバー、クラブラウンジなどの、

巨大複合・夜遊び施設である。

 

世界的にも有名なDJがプレイしており、

毎晩大繁盛の新スポット

 

男一人でもいい曲と美味しいお酒で盛り上がれるだろう。

 

 

  • 飲みながら生バンド演奏

 

ナイトクラブでお店の女の子と飲むのは楽しい。

でも騙されたりぼったくられたりするんじゃないかと心配。

 

または最近はもうあんまりそういう遊びにも飽きてきたんだよね..

という場合もあるだろう。

 

 

それならバーで、

安くて美味しいフィリピンビールを飲みながら、

フィリピン人バンドによる生演奏なんていうのはどうだろうか。

 

マニラの「Cwntral Bar」では、

一人でも食事とお酒を楽しみながらのんびり過ごすことができ、

男一人でも全然OKだ。

 

もちろんビールはレッドホースを頼んでほしい。

 

 

 

セブ島を男が一人旅(ひとり旅)するなら?セブで男が楽しめるゴーゴーバーやナイトクラブ

 

セブ島には夜遊びにオススメのスポットがいくつかある。

今回は特に「ゴーゴーバー」を紹介したい。

 

 

そもそも「ゴーゴーバー」とは何なのか?

日本では馴染みのないフレーズだ・・・

 

 

一言でいうと、ゴーゴーバーとはビキニバーのこと。

 

セブ島にも夜の誘惑がたくさんあるが、

このゴーゴーバーはにとってはまさに天国(笑)

 

このゴーゴーバー、お触りはOKイチャイチャし放題

 

 

だいたいのお店のオープンは20時からだが、

女の子がドレスアップして揃うのは21時以降になる。

なのでねらい目は21時から23時。

 

ただ、入店の際にはお店側からマージンを取られないように

外の客引きとは一緒に入らないこと。

 

とても魅力的なお店だが、一人旅の際には注意が必要だ。

 

 

オススメのセブ島のゴーゴーバー

 

1:Arena(アリーナ)

セブでは最も格式の高い高級店

女の子の容姿レベルも高く、教養もある子が多い。

 

2:Ferrari(フェラーリ)

セブでは知らない人はいないというくらいの有名店。

価格は比較的リーズナブル

 

 

 

マニラのナイトクラブ…クラブのドレスコードってどんなの?ひとり旅、海外が初めてでフィリピンは?ブログ(男)をチェック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、マニラに遊びに行くのに、

スーツで行く人はあまりいないだろう。

 

しかし、マニラでナイトクラブへ行くつもりなら・・・

 

開放的になった日本人がやりがちな、

短パンにサンダルはやめ(笑)、

多少ドレスコードに気を使いたい。

 

 

同じフィリピンでもセブ島のクラブは、

もっとカジュアルな感じなのだが、

 

マニラは日本で言えば東京みたいなもので、

客層もそれなりに裕福な感じが多かったりする。

 

 

フィリピンだからってTシャツ、

短パンにビーサンなんてカジュアルな格好で行ってしまうと、

入店させてもらえない所もあるのでご注意。

 

 

フィリピンの女の子達はおしゃれな人が多く、

口に出さなくてもファッションはけっこう見ている。

 

せめて襟付きのシャツを着ていくことをオススメする。

 

 

アジア旅行でも人気のある国として挙げられるフィリピン。

中でもフィリピンは、海外一人旅として行くのにとても魅力的だ。

 

中でもマニラは最近、日本人観光客の人気を集めている。

 

マニラはフィリピン、さらに東南アジアを含めかなり治安が良くない

スラムなどの貧困層が集まる地域や地区では特に。

 

マニラ一人旅で行く際には、

危険なことに巻き込まれないようにしなければならない。

 

 

しかし不安になりすぎる必要はない。

海外旅行として安全な行動をとっていれば大丈夫だ。

例えば、夜遅くに物騒な場所などには出かけないことなど。

 

と言っても、男一人旅といったロマンを求める方には、

ツアーや家族旅行で行くところ以外の、

夜の楽しみも満喫したいはずだ。

 

 

マニラでの夜遊びで魅力的なのが、ナイトクラブだ。

一人旅をした際には、ナイトクラブでも

特にカジノなどに足を運んでみるのも良いかもしれない。

 

下記のサイトはマニラに在住している方のブログだ。

マニラ一人旅をしようと考えている方は

こちらのブログで参考になれば幸いだ。

 

マニラ在住日本人のおすすめ!人気夜遊びスポット7選!

https://traveloco.jp/manila/recommends/nightlife

 

 

 

フィリピンの人気スポット、

チョコレートヒルズに見とれたまま佇んだのは・・・

 

埼玉からこっちに移住してから

数ヶ月経った頃だった。

 

 

 

フィリピンの人気スポット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずフィリピンといえば、日本からの直行便があり

ビーチリゾートで有名なセブ

 

そしてカジノやナイトライフで男性に人気のマニラ

 

 

このフィリピンの主要スポットのどちらも、女性には

エステやマッサージが低価格で受けられることで人気がある。

 

 

そして、フィリピンのとにかく美しいビーチリゾートで楽しみたい

なら、欧米人が認める世界ナンバーワンビーチリゾートのエルニド、

またナンバー2ビーチリゾートのボラカイが人気だ。

 

スキューバダイバーがよく集うのは、エルニドと同じパラワンの

コロン島や、セブから近いボホールのバリカサグ島。

 

世界遺産のチョコレートヒルズはこのボホール島にあり、

ここではターシャという世界最小の猿に出会える。

 

 

集中した環境で語学の勉強をしたいなら、治安の良い

イロイロシティやバコロド、バギオが人気の場所。

 

 

個人的におすすめしたいのは、スペインがそのまま街並みとして

存在する、ルソン島の北にあるビガンという街。

 

同じルソン島なら、イントラムロスのような城塞都市では

フィリピンの古い教会を観光できる。

 

 

ちなみに、フィリピン南部のミンダナオ島にはサマール島など

美しいビーチリゾートがあるが、地震の震源が近く津波が怖い。

 

またイスラム系の反政府組織が多く、時期によって

治安が不安定なのもリスクといえる。

 

 

 

なぜフィリピンは人気なのか?

 

まずは距離的に近く、また経済が伸びているとはいえ

まだまだ発展途上国であり、人件費や物価が安いこと。

 

旅行はもちろん、長期滞在してもコストが安く済む

 

 

年間27度前後の常夏の国であり、一年中Tシャツで過ごせる。

身軽な格好と荷物で旅行できるのがいい。

 

そして紹介してきたように、美しいビーチリゾートや

世界遺産といった見どころの豊富さ。

 

男性なら、今回紹介したように

ナイトライフも楽しみの一つ。

 

 

何より日本にもフィリピンの人は多いが、

イメージ通り話しやすくてノリがいい。

 

また、ここはアメリカ・イギリスに次ぐ世界第3の英語国。

同じ東南アジアでもベトナムやタイに行くと英語が通じない

ことも少なくないが、フィリピンではその点問題がない。

 

 

日本人には特にセブやマニラが語学留学先として知られているが、

何しろ欧米に行くよりもコストをずっと抑えられる。

 

マンツーマンで長時間、丁寧な授業が

受けられるのも人気の理由だ。

 

 

 

フィリピン旅行の男まとめ…マニラの一人旅を女(女性)がするなら別の記事もチェック

 

今回はマニラへの一人旅について紹介してみた。

 

 

最近は一人旅をする人が増えてきている。

中国や台湾、韓国など、

日本人で一人旅となると、アジアに行く方多い

 

距離的にも旅費などの金銭的にも、気軽に行けるからだ。

 

なかでもフィリピンに一人で旅行に行く人はかなり多い。

マニラにも数多くの観光地がある。

 

 

少し掘り下げると、

夜でも楽しむことのできる有名スポットに、ナイトクラブがある。

 

ナイトクラブというと、ドレスコードが必要なのか・・・、

と考えてしまう。

 

 

マニラ、セブ島のナイトクラブはそれぞれに微妙な違いがある。

マニラは客層もそれなりに裕福な感じだ。

逆にセブ島はカジュアル感が強い。

 

どちらにしても、スーツで行くような堅いところではないが、

短パンにビーサンは避けた方が良い。

 

キレイめのシャツを着ていくと無難である。

 

2つほど有名なゴーゴーバーもといビキニバーを挙げたが、

フィリピンには日本ではまず体験することのできないナイトクラブがたくさんある。

 

 

特に日本人に嬉しいことに、

接客側である女の子たちは基本的には明るく

親日の子がたくさんいる。

 

なかには日本語を勉強し、

日本人のお客様を獲得しようと頑張っている子もいる。

 

さらにセブ島では、交渉次第では次の日まで一緒にいることもできる。

食事や観光などにも付き合ってくれる

 

 

しかし、お店の子は基本的に恥ずかしがり屋が多い。

なので日本の風俗のサービスを期待すると、

やはり期待外れ感は多少なりともある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また覚えておいてもらいたいのが、当然ながら

フィリピンは日本ほど治安が良くないことだ。

 

逆にマニラでは上記で記したように、

マージンを取られるといった、ボッタクリが多い。

 

ただセブ島はマニラと違い、フィリピン国内で比較すると治安が非常に良い

なのでボッタクリが非常に少ない

 

やはり日本とは文化が違う。

フィリピンは外国だと言うことを肝に銘じて楽しく遊んでほしい。

 

 

成田からたった4時間でフィリピンのマニラ空港へ到着する。

 

機内の映画を2本見終わるかどうかというくらいの距離だ。

母ちゃんが恋しいマザコンの俺は(笑)、いつも機内で家族の写真を眺めている。

 

 

近場のマニラに男一人で旅行というのも、

結構ありじゃないだろか。

 

昼間のマニラ観光もいいが、

夜のマニラもエネルギッシュでなかなか楽しめそうだ。

 

たまには息抜きにこんな男ふらり一人旅

なんていうのもよいかもしれない。

 

 

思ったよりマニラは近いのだ。

 

 

最後に、

 

いつもフレンドリーなあなたへ。

 

このコンサルで手堅い投資法を学んで金銭的自由と時間的自由を手に入れませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは7件です

  1. るまんど より:

    偏見かもしれませんが、フィリピンに男一人旅と聞いたら、
    どう考えても女の子目的って思ってしまいます。
    もちろん、それ目的な人ばかりではないのだろうけど・・・。

  2. わかな より:

    話しやすくてノリがいいのは日本人の一人旅ではありがたい空気ですね。男女共に人気なのが分かる気がします。

  3. ふじなな より:

    20代の頃はよくひとり旅をしました。
    一応若い女性だったので、危険回避のため夜はホテルに引きこもり。
    やはり男性のひとり旅は、ナイトライフも付き物なんですね。

  4. まや より:

    マニラがセレブな感じで、セブはカジュアルな感じなんですね。勉強になります。
    治安も気になりますが、ぼったくりわからないので怖いです。

  5. さえ より:

    マニラは治安が悪いイメージですが、1人で歩いても大丈夫なんですか?
    日本語が話せる場所なら夜遊びも気軽に行けますね笑

  6. きよ より:

    マニラのカジノが気になります!
    さすがに女性1人では危険ですよね?
    お触りOKなんて男性は行きたくなりますねw

  7. みっちょん より:

    男性がフィリピンへひとり旅なんて聞いたら、
    たとえ観光だとしても、やっぱり女の子目的なんだろうなって思いますね。
    女性のひとり旅だったら、どう思われるだろう?

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授