マニラふらり一人旅!男が楽しめるルートをご紹介!


 

 

マニラへの一人旅は、

特に日本人男性に人気の娯楽の一つ

 

リピーターになっている人も少なくない。

 

 

日本人がフィリピンへ行くと言えば、

たいていセブ島辺りだろうが、

 

夜遊びが目的なら、

マニラのほうがずっと選択肢が広い。

 

 

そこで今回は男一人旅、マニラで楽しめるルートを紹介してみよう。

 

 

 

マニラで一人旅なら、やっぱり男独りがいい?お楽しみルートを紹介

 

 

俺も長い間住んでいたマニラだが・・・

どこも安全とは言いがたい東南アジアの中でも、

特に治安が良くないことで知られる。

 

それを耳にしていれば不安もあるかもしれないが、

 

数年住んだ俺がこうして無事なことからも(笑)、

物騒な場所に夜遅く出掛けたり、

現地のフィリピン人や在住日本人ともめなければ問題はない。

 

 

思い立ったらすぐに出かけられ、

自分のペースで自由気ままに行動できるのは、

一人旅の醍醐味だろう。

 

家族や彼女連れでは行かない、

または行けない趣味(何の?)にこだわった場所なんかでも、

 

一人旅なら誰に気をつかうことなく出かけられるので、

実は男の一人旅が一番楽しめたりするのかもしれない。

 

 

男一人旅というからにはちょっとワイルドに、

家族旅行やツアー旅行では行かない、

夜遊びルートも試しに覗いてみたいではないか。

 

危なっかしいイメージのマニラでのナイトライフ。

 

初めてだとちょっとびびってしまうだろうが、

一人でも楽しめるスポットがこちらだ。

 

 

  • ブルゴス地区のゴーゴーバー(ナイトクラブ)

 

格安でお店の女の子と一緒に飲めるのが、

魅力と言われる「ゴーゴーバー」。

 

これが目当てでわざわざフィリピンまでやってくる、

ツワモノ客も多いといわれる。

 

マニラの夜遊びならここ!

といわれるスポットだ。

 

 

マニラのゴーゴーバーにいる子は、

日本語を話せる子も多いので、

英語が片言でも一人で行っても楽しめること間違いなしだ。

 

ブルゴス通りには色々なゴーゴーバーがあるので、

入りやすい店を覗いてみるといいだろう。

 

ブルゴス通りで一番人気なのが「GO GO Bananasだ。

 

 

  • マラテ地区・マカティ地区のKTV

 

KTV」とういのは飲み放題、

歌い放題で女の子と遊べる、

というスタイルのお店。

 

マラテ地区なら日本食レストランも立ち並び、

かなり便利な場所で、

 

日系KTVがたくさんあるので、

日本語を話せる子にも会えるかもれない。

 

 

中でもコスパがよいと評判のお店は、

komekomeだ。

 

リトル東京付近は、

マニラでも比較的治安がよい地区だが、

 

マラテ地区のように店間を徒歩では移動できないため、

ハシゴする場合はタクシーでの移動になる。

 

 

  • Valkyrie

 

今マニラで一番大きく最も人気と言われるナイトクラブだ。

 

レストランやバー、クラブラウンジなどの、

巨大複合・夜遊び施設である。

 

世界的にも有名なDJがプレイしており、

毎晩大繁盛の新スポット

 

男一人でもいい曲と美味しいお酒で盛り上がれるだろう。

 

 

  • 飲みながら生バンド演奏

 

ナイトクラブでお店の女の子と飲むのは楽しい。

でも騙されたりぼったくられたりするんじゃないかと心配。

 

または最近はもうあんまりそういう遊びにも飽きてきたんだよね..

という場合もあるだろう。

 

 

それならバーで、

安くて美味しいフィリピンビールを飲みながら、

フィリピン人バンドによる生演奏なんていうのはどうだろうか。

 

マニラの「Cwntral Bar」では、

一人でも食事とお酒を楽しみながらのんびり過ごすことができ、

男一人でも全然OKだ。

 

もちろんビールはレッドホースを頼んでほしい。

 

 

 

時には普段のあなたと真逆の行動をし、

実年齢にかかわらず

柔軟性と若さを手に入れませんか?

 

 

 

 

「マニラのクラブのドレスコードってどんなの?」

 

 

ところで、マニラに遊びに行くのに、

スーツで行く人はあまりいないだろう。

 

しかし、マニラでナイトクラブへ行くつもりなら・・・

 

開放的になった日本人がやりがちな、

短パンにサンダルはやめ(笑)、

多少ドレスコードに気を使いたい。

 

同じフィリピンでもセブ島のクラブは、

もっとカジュアルな感じなのだが、

 

マニラは日本で言えば東京みたいなもので、

客層もそれなりに裕福な感じが多かったりする。

 

 

フィリピンだからってTシャツ、

短パンにビーサンなんてカジュアルな格好で行ってしまうと、

入店させてもらえない所もあるのでご注意。

 

 

フィリピンの女の子達はおしゃれな人が多く、

口に出さなくてもファッションはけっこう見ている。

 

せめて襟付きのシャツを着ていくことをオススメする。

 

 

 

まとめ

 

 

いかがだろう?

 

成田からたった4時間でフィリピンのマニラ空港へ到着する。

 

機内の映画を2本見終わるかどうかというくらいの距離だ。

母ちゃんが恋しいマザコンの俺は(笑)、いつも機内で家族の写真を眺めている。

 

 

近場のマニラに男一人で旅行というのも、

結構ありじゃないだろか。

 

昼間のマニラ観光もいいが、

夜のマニラもエネルギッシュでなかなか楽しめそうだ。

 

たまには息抜きにこんな男ふらり一人旅

なんていうのもよいかもしれない。

 

 

思ったよりマニラは近いのだ。

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ