メールアドレス  >

 

 

 

フィリピンの永住権の取り方と費用・条件は?取得方法の問題点も

    フィリピンの永住権と言えばクオータビザだが、 日本人には年間50人のみに割り当てられるということで、 年々取得が難しくなりつつある。     そして、ネ→続きを読む

フィリピン人の正装とは?女性が着ているテルノって?

    日本で身近なフィリピン人ですが、現地の正装は意外と知られていません。 目の当たりにすると分かりますが・・・女性が着ると、とてもエレガント。     今回→続きを読む

フィリピンの屋台って安全なの?フィリピンでビジネスは成功する?

    フィリピンの屋台、色々な食べ物があって魅力的ですが、 私は屋台の食べ物に対してあまり良い印象を持っていません。 屋台にはあまり清潔でないところが多数あり、 衛生面には気を付→続きを読む

フィリピン人と付き合う男性はやり逃げが目的?

  たまに見かけるフィリピン人と日本人男性のカップル。   カップルと言っても年齢差が大きく、 その多くの男性が中年にさしかかった年齢で、 フィリピン人女性のほうは若くて綺麗で、派→続きを読む

フィリピンで行われている闇の中絶!?その費用とは?

そもそもフィリピンでは、子供を堕ろすことが法律で禁止されている。   そうなると、違法な中絶の費用が、いくらになるか気になるのでは? この記事では、フィリピンでの中絶について紹介しよう。 &→続きを読む

フィリピンへの送金にはどんな規制があるの?その注意点とは?

  日本に出稼ぎに来て、祖国の家族に送金したいなど、 よく耳にする話である。   日本から海外への送金には、沢山の手段がある。   特にフィリピン人は、家族への送金を生き→続きを読む

フィリピンへの送金は郵便局が安全?他の方法と比較してみた

    留学中の子供や旅行中の家族から "現地でのお金が無くなったから送金してほしい"と言うお願いや、 "英語の個人レッスンしてくれる現地の友人に送金"する場合など、  →続きを読む

フィリピン語で下ネタを話すなら お店で盛り上がる会話集

  明るくて陽気なフィリピン人女性が、お酒やカラオケなどで おもてなししてくれるのがフィリピンパブ。ここではフィリピン語で、 特に下ネタが話せると人気は軒並み上昇(笑)。   &n→続きを読む

フィリピンの付き合い方。カトリックは避妊しないってホント?

フィリピンに降り立って、まず思うことは、子供の数が多いということだ。 街中は勿論のこと、田舎を訪れても、多いという印象である。 そこで、今回の記事は、「フィリピン人の大人の話」をしようと思うのである。→続きを読む

フィリピン人女性との付き合い方が知りたい人必見!そのテクとは?

  フィリピン人と日本人は 同じアジア人といっても、 気質や社会的環境にかなりの違いがある。     また、フィリピンは自分もフィリピン人彼女からのメールに スペインやア→続きを読む

フィリピンで開業したいけど、開業資金はどれくらい?

  フィリピンでの開業には、 現地人、最低でも5人の名義が必要になってくるのだ。     外国人名義では、開業が出来ないのである。     開業資金は→続きを読む

フィリピンパブで出会った彼女と結婚した男は幸せになれるのか?!

  俺は、フィリピン女性の性格は、 2種類に分かれると思っているのである。     1種類目は、明るく陽気で、 とても家族を愛し、大切にする、 そして働き者と言われていの→続きを読む

フィリピンとスペインのハーフは超美形、ハーフタレントの基本?

  フィリピンとスペインのハーフが超美形なのは、ご存じだろうか?     テレビに出ているタレントでも、 日本×フィリピン×スペインの組み合わせは意外と多く、 今どきハー→続きを読む

基本情報!フィリピン人の人種とその構成は?多民族文化について。

  フィリピンの民族構成を調べると 大多数を占めるマレー系、中国系、そして少数民族となっているが、 実際はもっと細かく分かれている非常に他民族の国なのだ。   7109の島から成る→続きを読む

知らないとまずい!フィリピン人に好かれる日本人と嫌いなタイプは?

  親日国として知られているフィリピン。     日本人に対して持っているイメージは いいはずだと思っていたが、 フィリピン人が嫌う日本人もいることがわかった。 &nbs→続きを読む

メールアドレス >
1 2 3 37

自由への道▲CLICK

移住と一人起業の専門家:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ