フィリピンの永住権にデメリットも?ハロハロの評判、メリットや条件(永住権申請、永住権取得の費用)、取得した後の税金について


 

フィリピンの永住権についてメリット・デメリットについて考えてみるとともに、

結婚ビザやAPECOの特別永住権などの条件や取得方法など解説していく。

 

 

フィリピンの永住権のメリットとデメリットは?税金はどうなるの?

 

フィリピンの永住権の取得にもさまざまな種類がある。

それぞれ、申請方法や条件も異なり、メリット・デメリットもある。

 

 

フィリピンの永住権は取得後、

出国時に新たに税金を支払わなければならない。

空港施設使用税、トラベル・タックスの負担だ。

 

 

一方メリットとしては、海外移住者として扱われ、日本に一時帰国した際、

外国人旅行客と同じ扱いになり、JRのジャパンレールパスを利用できたり、

消費税が免税になる。

 

 

フィリピンの永住権取得…永住権申請の費用など条件や取り方(取得の方法)について。結婚の場合は?

 

日本人のフィリピン永住男性の多くは、

結婚ビザ取得者なのではないかと思う。

 

フィリピン人の配偶者、という条件だけで申請でき、

原則として婚姻関係が続く限り、永住する事ができるものだ。

 

 

フィリピンで永住権を取得するための条件として、

たいていが銀行への預金が必要となるが、

 

この結婚ビザは銀行への預金も必要なく、

預金証明書を提出する必要がない。また、就労も可能だ。

 

 

フィリピンの永住権取得の中では、

手続きも簡易で値段としては1500~2000ペソ

 

必要書類を提出、申請後に弁護士と面接するだけというもの。

まずは仮永住ビザが発行され、1年後に結婚永住ビザに変更が可能だ。

 

 

ちなみに、フィリピンの永住権を取得し、

移住後日本からの送金が必要となり、

振込先が政府系銀行であるDBP(フィリピン開発銀行)の場合、

 

ゆうちょ銀行から第三者の名義で振り込むとなると、

送金依頼書に連絡事項欄がないためトラブルになる可能性がある。

注意が必要なようだ。

 

 

フィリピンの永住権と言えばハロハロ?APECO(特別永住権プログラム)って?

 

永住権の取得手続きはなかなか難しい

やはりプロフェッショナルに依頼したいものだ。

その中でもフィリピンの永住権取得で評判の2社を紹介する。

 

 

ひとつはフィリピン政府移民局・退職庁から信頼できる

パートナー企業として公認を受けている

クオータビザ取得の実績が圧倒的なリモンズ

 

 

もうひとつは、APECOの特別永住権が取得できる、

日本唯一の公式代理店ハロハロアライアンス

 

 

APECOはオーロラ特別経済区を管轄する公的機関。

リゾート開発や、エネルギーの生産、海港、空港等の施設開発など、

政府が取り組んでいる振興開発事業である。

 

そうした取り組みに対して出資することで

世界で一番安く・早く・簡単に取れる永久ビザとして評判だ。

 

 

まとめ

 

永住権取得のためのビザやエージェントは他にもたくさんある。

自分に合ったライフプランや目的に合わせて適した企業を探し、

メリットのあるフィリピン永住権の取得をしたいものだ。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ