ドイツに移住するデメリット!移住するには仕事が条件?ドイツへの移住法(移住の方法)や費用、ビザについてブログで紹介。老後に子供と…子連れや家族で住んで失敗したと後悔しないために。利点は英語や年金?


 

ベルリン大聖堂や、ケルン大聖堂、ノイシュヴァンシュタイン城といった

観光の名所も多く、海外旅行の行き先としても大人気なドイツ

 

 

そんなドイツに移住したいと考えているあなたに、

ドイツに移住する際のメリットやデメリットを、

実際に移住した方のブログなどを加えて紹介したいと思う。

 

 

ドイツに移住するには?移住の方法を知りたいなら移住法を紹介したドイツ在住者のブログを

 

まずドイツに移住するに当たって最初に気になる点は言語の違いだろうか。

 

 

世界共通言語とされているのは英語だが、ドイツの公用語は「ドイツ語」である。

 

旅行で数日間滞在する場合ならば、

カタコトの英語でもなんとかなるだろうが、

移住してそこに住むことになれば話は別になってくる

 

https://mana-muc1122.amebaownd.com/posts/3544939

 

上のブログで紹介されている通り、

現在のドイツは犯罪の増加や経済の困難に伴って、

移住のハードルがあがっている

 

 

注意点として移住する際にはドイツ語のテストがあり、

そのテストに合格しなければ移住することが認められない

 

しかし、不合格になっても講座を受けることで滞在を認められるので、

言語の問題は最初は辛いだろうが時間が解決してくれるだろう。

 

 

そうなると移住するにあたってまずは具体的な移住法からおさえておきたい。

 

https://sekai-ju.com/life/deu/visa/geiju/

 

このブログではドイツへの移住方法がわかりやすくまとめられている。

まずは語学学校・大学・ワーキングホリデーの滞在許可を取得する。

 

その後ドイツ国内で就職して、

社名・職業が明記された滞在許可と労働許可を契約期間分取得する。

 

そして5年後に無期限滞在許可を申請して取得するという流れになる。

その3年後にEU無期限許可を申請し取得する。

 

 

ドイツに移住する条件は仕事や費用、ビザ?老後に子供と…子連れや家族で住むなら必須の知識

 

移住方法については書いてきたが、

いざ永住するとなると条件など気になる点はまだ多いだろう。

 

 

ここで、ドイツに移住するための条件

箇条書きでまとめていきたいと思う。

 

「永住権」もしくは「ブルーカード」

(EU市民を対象として滞在許可証)を持っていること

 

・ドイツ国籍取得のための試験に合格していること

 

8年以上ドイツに滞在していること

(ただし移民統合コースを修了した人は7年に短縮、

成績が優秀だった者は6年に短縮される場合もある)

 

・経済的に自立していて、失業手当や生活保護を受けていないこと

・一定以上のドイツ語力があること(語学試験がある)

犯罪歴がないこと

 

・ドイツ連邦共和国憲法が定める自由と民主主義の原則に賛同していること

・それまで持っていた国籍を放棄すること(出身国により例外あり)

税金を納めていること

 

90日間以上ドイツに滞在する場合にはビザを取得しなければならない。

移住を考える場合は、90日間以上滞在することになるので

必ず取得するように注意が必要だ。

 

また、日本で年金を納めていると思うが、

ドイツに移住する場合も年金を納めなければならない

 

合計で5年間年金を納める必用がある。

老後のためになるので移住する際は必ず納めるようにしたい。

 

 

そして経済的な自立として、仕事を見つける必要がある。

語学学校や大学に通う場合は簡単に仕事をみつけることが可能だろう。

 

だが家庭をもっていて、親御さんなどの家族や

子連れで移住する場合はそうもいかないだろう。

 

しかし、就職サイトや、職業訓練校など

就職するための機会はしっかり整っているので、

 

簡単に仕事を見つけられると断言はできないだろうが、

心配はしなくても大丈夫だ

 

しかし、念のためにしばらくは、収入がなくても

生活できる程度の費用を用意してから移住するようにしたい。

 

 

まとめ

 

ここまでドイツに移住するための条件を書いてきたが

いかがだっただろうか。

 

 

日本の知り合いと会えなくなるなどのデメリットはあるが、

ドイツは有給消化率が100%など、

労働するにあたっての好条件が整っている。

 

海外の生活に憧れているのであれば、

移住先としてドイツを選ぶのはとてもおすすめだ。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ