マニラで女一人旅を楽しむ!絶対外せないスポット紹介!


 

悪名高いマニラだけに、

女一人で旅行なんで大丈夫なの?

当然そんな心配があるはず。

 

 

ただし、どれだけネットの情報を見も

本当のところは来た当人しか分からないもの。

 

 

そこで現地在住者が、

マニラにまでおひとりさまでやってくる女性の為に、

 

治安を含めて知っておいてほしいこと、

おすすめスポットを紹介する。

 

 

 

マニラで女一人旅をするなら、知るべき注意点とは?

 

 

フィリピンの治安は、

数年前に比べればだいぶ良くなったと言われているが、

 

他の東南アジア諸国と比べても、

まだまだ治安が良い国とは言えないだろう。

 

特にマニラは治安が悪いイメージがあるが、

実際のところエリアによっては、

観光客でも安心して過ごせる場所はある。

 

ただ女性の一人旅なのだし、

十分に気をつけるに越したことはない。

 

 

・怪しげな場所には近づかない

 

いくら治安がいいエリアでも、

人通りの少ない場所の1人歩きは何があるかわからない。

 

観光客が大勢歩いている場所でも・・・

 

夜の街は昼間とはガラッと雰囲気が変わるし、

細い路地なんかに迷い込んでしまうと

男でも危険を感じることもある。

 

怪しげな場所には近寄らないことだ。

 

 

・派手なアクセサリーや貴重品を必要以上に身につけない

 

この前、現地の女性がマニラ空港に着いたとたん、

身につけていたアクセサリーを外しているのを見た。

 

スリや引ったくりなんかの標的になるからだ。

 

気をつけよう。

 

 

・ストリートチルドレン

 

現地の子供と触れ合いたい、

と思う気持ちも分からなくはないが、

軽い気持ちでお金を渡したりしない方がいいだろう。

 

1人に渡してしまうとあっという間に大勢に囲まれて、

どさくさに紛れて金品や所持品を盗まれることもあるからだ。

 

 

以上のようなことを念頭に置いた上でマニラ女一人旅を楽しもう。

 

 

 

マニラで人気屋台の場所ならココ!口コミ集めました

 

 

さて、せっかくマニラまで来たのだから、

何か現地の美味しいものを試してみたいだろう。

 

それなら現地の安くて美味しいものが揃っている屋台は、

一人旅にはピッタリだ。

 

マニラの人気屋台の口コミを集めてみた。

 

 

・BGC(ボファシオ・グローバルシティ)のナイトマーケット

 

マニラで一番安全と言われる地域のひとつ。

 

フィリピンの屋台と言えば、

甘いたれが絡まった串焼きは有名だ。

 

ソーセージや豚肉など好きなものを、

1本ずつ選らんで食べられる。

 

飲み物は全体的に甘いものが多いが、

南国フルーツジュースも美味しい。

 

 

・世界屋台料理フェスティバル

 

パンパシフィックマニラから、

徒歩2分にある人気の屋台。

 

卵と細切りの豚耳にオニオンと、

ピリ辛甘だれのフィリピン料理・シシッグが珍しくて美味しい!

 

バーベキューから麺まで、

安くてお腹いっぱい食べられる。

 

 

・サルセドサタデーマーケット

 

毎週土曜に、

マカティサルセドパークで開催されるマーケット。

 

フィリピンでも裕福層が暮らすエリアだけあって、

清潔で安全な雰囲気

 

フィリピン料理はもちろん、

世界各国の料理も食べられる。

 

 

インターネットビジネスで

現実的に手堅く稼ぎたいあなたへ。

 

断捨離メソッドを実践して

「情報メタボ」を卒業しませんか?

 

 

 

マニラでバナナは外せない!?人気のスイーツとは?

 

 

フィリピンと言えばバナナ

 

町の至るところで売っているのを見るだろう。

 

本場フィリピンで食べるバナナのスイーツは格別だ。

 

 

・トゥロン

 

春巻きのような皮でバナナを包んで揚げた、

軽い触感のお菓子だ。

 

フィリピンの代表的なおやつである。

 

 

・バナナキュー

 

バナナの黒砂糖をまぶして揚げるだけの、

素朴なおやつだ。

 

焼き鳥のように串刺しになっている姿が豪快(笑)。

 

そもそも1本で満腹になるバナナだけに食べ応えがある。

 

 

・マルヤ

 

パンケーキのような甘い衣をつけて揚げたバナナケーキ。

 

砂糖にまぶして食べると美味しい。

 

 

 

マニラで海を楽しむ!きれいなビーチランキング!

 

 

マニラは海のイメージはないかもしれないが、

近郊にはキレイな海もあるのだ。

 

近場で海を楽しみたいなら、

この辺りのビーチはいかがだろうか。

 

日帰りでも充分満喫できるビーチランキングはこちらだ。

 

 

・ランキングNo3・バタンガス

 

利用者しか入場できない、

敷地一体型のビーチリゾートなので、

敷地内で海もプールも楽しめる。

 

女性一人でも安全に遊べるのでおすすめの場所である。

 

 

・ランキングNo2・プエルトガレラ

 

マニラから一番近いビーチと言えばここだ。

 

ちょっとビーチでゆっくりしたいと思ったら、

この辺りの距離なら手頃だろう。

 

こちらにはホワイトビーチとサバンビーチの、

2つのビーチがありどちらも白砂のきれいなビーチだ。

 

 

・ランキングNo1・スービック

 

こちらはセブほど有名ではないが、

地元人には人気の隠れリゾートだ。

 

カマヤンビーチはかなり透明度も高く、

プライベートな感じが女性一人旅にピッタリだ。

 

優雅にのんびりと過ごせること間違いなしだ。

 

 

 

「マニラにフィリピン旅行なんですが

海はありますかね?」

 

 

そもそも期待する場所を間違えた(笑)

仲間の柳沢さん。

 

時間に余裕があればバスで南下する案もあったが・・・

今回はその時間もない様子。

 

 

 

綺麗な海に出会えるフィリピン旅行

 

何しろ南国リゾートの多い場所として有名なフィリピン。

 

綺麗な海に事欠かないため、

世界各地から毎年多くの旅行者が訪れる。

 

 

欧米人が認める世界ナンバーワン、ナンバー2

ビーチリゾートをこの国が独占していることは、

最近になって日本人にも知られてきた。

 

ナンバーワンと言えば、もちろんパラワン島のエルニド

セレブの隠れ家的スポット。

 

そしてナンバー2はボラカイだ。一時汚水の問題によって

閉鎖されたものの、その人気は不動。

 

 

それ以外にも、マリンスポーツをする人にはたまらない

綺麗な海がフィリピンにはたくさんあり、多くの旅行者を魅了する。

 

日本と同じ島国だが、島の数は何と7,000以上。

海とフィリピンは切っても切れない。

 

 

 

マニラ近郊以外でおすすめのビーチ

 

さっき語ったような世界ナンバーワン、ナンバー2

ビーチリゾートはもちろん、個人的にそれ以上に勧めたいのが

世界遺産のある島ボホールの南西、パングラオアイランド

 

アロナビーチは公共ながら、本当に美しい。

 

 

そのそばにあるバリカサグ島

スキューバダイバーに人気の場所。

 

パラワンのコロン島にも、綺麗な海で

スキューバダイビングが楽しめる場所が。

 

 

あの大統領の出身地ダバオにはサマール島という

美しいリゾートがあり、リピーターも多い。

 

 

俺が今いるセブは海と都会とのバランスが良いのが魅力であり、

綺麗な海に行くには少し時間をかける必要がある。

 

マクタン島のプライベートビーチも手軽に楽しむにはいいが、

やはり綺麗な海を見たいなら離島に。

 

 

そしてセブ島の中では、最北端のマラパスクアがおすすめ。

市内から車で4時間以上かかるが、リトルボラカイと言われ

一度は見ておきたい美しさ。

 

またマラパスクアに向かう途中のキャットモン、

離島のカモテスもいい。

 

南に行けば ジンベイザメで有名なオスロブ、

モアルボアルといった場所が美しい海に出会えるポイント。

 

ちなみにミンダナオ島辺りは治安が悪化することが

よくあるので、渡航情報は事前に必ずチェックしたい。

 

 

 

フィリピン旅行の準備

 

 

まずは、現地でよく遭遇する突然の雨に備え

折りたたみ傘は必須。特に、雨季と呼ばれる時期は

忘れないようにしておきたい。

 

 

そしてメトロマニラやセブシティのような

都会に行く場合、喉の弱いあなたはマスクを。

 

俺も何度も喉を痛めたが、

予想以上の排ガスにやられることになる。

 

各種の薬はフィリピンのほうが日本のよりも効き目があるので、

特にこだわりがないものは現地で買ってもいい。

 

 

そして万が一強盗に遭った際、被害を抑えるために

高価でない別の財布を。あまりにお金が少ないと

激高する輩もいるので、2,000ペソ程度は入れておくといい。

 

 

ちなみにフィリピンにいる間は、スマホやタブレットを

人目のつくところで出さないこと。旅行者は常に狙われていると心得たい。

 

外出時は財布に大金を入れて持ち歩かないこと、

パスポートはホテルに置き、コピーを持ち歩くこと

(万が一の際の身分証明のため)。

 

日本人とすぐに分かる目立つ格好でフラフラ

出歩かないこと。特に夜は、できるだけ単独行動は避けよう。

 

 

 

フィリピン旅行におすすめの3ヶ所

 

都会派のあなたの場合は、

マニラのイントラムロス

 

古い教会はフィリピンのあちこちで見られるが、この場所は

独特の雰囲気。旅行者にとって見どころの少ないマニラでも

城塞都市という貴重な観光地だ。

 

 

セブのカモテスもおすすめできる。

 

ここはセブ島の美しいビーチリゾートで、

遊びに来る仲間によくガイドしている場所の一つ。

 

セブの中心地から車で約2時間、

さらに船で2時間程度。

 

俗化しているマクタンよりものんびりしていて、

リラックスしたいあなたには適した場所。

 

最北のマラパスクアもいいが、カモテスのほうが

アクセスしやすい上に、ボラカイとは違う

観光地化しきっていないビーチリゾートが楽しめる。

 

 

そしてどこよりも、パングラオアイランド

 

新しい国際空港によって、

アクセスが格段に向上。

 

俺が初めてフィリピンに物件を持った場所で、

その美しさとローカルな感じの程よいバランスで

旅人を魅了する。

 

 

それ以外にも、世界ナンバーワン・ナンバー2ビーチリゾートの

パラワン(エルニド)とボラカイなど、南国でリラックスしたい

あなたにとって行く場所に事欠かない。

 

 

 

まとめ

 

 

女一人旅にはハードルが高すぎるのでは?

との不安もあるマニラだが、

安全に過ごせる場所がないわけでもない。

 

何しろ付き合っていたかなも、

よく一人でマニラやセブに会いに来てくれた。

 

シイタケ嫌いの俺と知りながら、

おみやげにわざとシイタケせんべいを持ってきたりして(笑)。

 

 

おひとりさま」という言葉が流行り、

女性1人レストランで食事をしたりカラオケしたりと、

 

最近の女性はおひとりさまで行動することに、

大きな抵抗はない様子。

 

今では海外旅行まで、

1人で行ってしまう女性が増えている。

 

1人だからこそある出会いや発見は、

自分磨きの贅沢な時間といったところなのだろう。

 

 

この記事を読んだらじっくり検討して、

マニラでのおひとりさまを満喫して欲しい。


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ