フィリピンへの送金はpaypal(ペイパル)?メールアドレスと口座のみの簡単で安い送金方法だけど、乗っ取りは大丈夫?郵便局やメトロバンク銀行よりお勧めの理由は送金手数料?手数料の比較、税金の還付金や送金地獄…日本からフィリピンに送金する方法まとめ


 

 

 

フィリピン人と付き合ったり、結婚すると避けられないのが(笑)

現地への送金paypaウェスタンユニオンなど、様々な方法があるが、

どれがお得かイマイチ情報がまとまっていない。

 

 

そこで今回は、簡単な送金方法であるpaypalを始め、

現地のフィリピン人パートナーや、

その家族にお金を送る手段について紹介する。

 

 

 

フィリピンへの送金はpaypal(ペイパル)が簡単。規制がなく送金手数料が安い送金方法としておすすめ!日本からフィリピンにメールアドレスと口座だけで送金できる?手数料は安くても乗っ取りは大丈夫?クレームを減らす努力も

 

 

基本的に、paypalは口座間資金移動のため、

フィリピンへお金を送金するときには、

 

送る相手と自分がpaypalの口座を持っていればできるので、

簡単である。

 

必要なのはインターネット環境と、

Eメールアドレスのみ

 

 

paypalの特徴の一つに、

即時送金反映という仕組みがある。

 

つまり送り手が送った瞬間に

受け手にお金が届いているのが特徴

 

越境でお金のやり取りをする場合には、

paypalは簡単で確実に送金できる手段である。

 

 

ちなみに、そもそもpaypalyについて、

予備知識が少ないあなたのために。

 

paypalはアメリカのペイパル社が提供する、

全世界にインターネットとEメールで送金できるシステムで、

 

paypalの口座で送金したり、

クレジットカードで送金したりするシステムのこと。

 

このペイパル社はNASDAQ市場に上場している企業

信頼度は高い。

 

 

paypalを利用するには、

まず個人向けのpaypal口座が必要である。

 

Eメールアドレスがあれば登録できるので、

paypalとインターネットやスマホで検索して、

まずは口座を作ろう。

 

その後は、さまざまな方法でお金を送金することができる。

 

 

登録情報をあげてみよう。

 

クレジットカード(直接口座から引き落とされるデビットカードも可)、

そして銀行口座。

 

これらは出金や入金時に必要。

 

あとは住所も必要となる

 

 

paypalは送金だけでなく、

各種ショッピングやサービス利用にも、

使うことができる。

 

種類や使えるお店はたくさんありすぎるので、

ここには載せきれないので、

paypalのサイトを参考にしてほしい。

 

 

 

フィリピンへの送金はセブンイレブンの銀行でも!郵便局やメトロバンク、SBIよりも手数料を比較すると良い方法…フィリピンに送るなら

 

 

セブンイレブンにATMがあるのは、

あなたもご存知だろう。

 

あのATMはセブン銀行のATMであり、

セブンアンドアイホールディングスの子会社の銀行が

運営しているATMなのである。

 

そのセブン銀行のサービスの中に

フィリピンに送金できるサービスがあるため

 

セブンイレブンさえ近所にあれば

フィリピンに送金することができる。

 

 

やり方は、まずセブン銀行にマイナンバーを登録しよう、

そうしないと利用することができない。

 

その後、カードが発行されるので

受取人を登録しよう。

 

12人まで1枚のカードで登録することができる。

 

 

当然ではあるが、

セブン銀行の口座も必要になってくるので、

作っておきたい。

 

セブンイレブンの送金サービスには、

手数料がかかってくるので要注意。

 

フィリピンでの受け取り場所も、

8000か所以上あるため便利である。

 

 

ちなみに、スマートフォンのアプリで送金することもできる。

 

アプリはセブン銀行のアプリである。

 

セブン銀行ではフィリピン以外の国へも

送金することができるが、

スマートフォンのアプリは対応していない。

 

 

 

フィリピンへの送金で税金が戻る?還付金の知識

 

 

フィリピンの家族を扶養家族にし、税金の還付を受けることができるのは

意外と知られていない。

 

フィリピンの家族のBirth Certificate(出生証明書)に日本語訳を付け、

送金記録と共に税務署に提出する。

 

 

現地の人には出生証明書がないケースもあるので

やっかいだが・・・

 

送金していた期間をさかのぼって申請できるので、

バカにできないほど大きな還付を受けることができるケースも。

 

 

 

 

「フィリピンの通貨ってドルでしたっけ」

 

「・・・え!そこから?」

 

 

今度彼女を連れてセブに来ると話す、後輩の立川。

先が思いやられる(笑)。

 

 

フィリピンとお金の話が出たので、

紙幣や現地のATMについても触れておこう。

 

 

 

フィリピン通貨の一般的な知識

 

 

フィリピンの通貨ペソ。

 

当然その時々によってレートは変わるが、現地の数字を2倍から3倍して

余分な金額をざっくり切り捨てると日本円になると考えておけば、

大きくはズれない(笑)。

 

 

フィリピンの紙幣は、1,000ペソ・500ペソ・100ペソ・50ペソ・

20ペソの5種類がペソという通貨でメインに使われる。一方コインは

10ペソ・5ペソ・1ペソの3種類だ。

 

紙幣・コインともにそれ以下のものがあるが、あまり見ることはない。

1ペソ未満のセンタボスなどは細かすぎて、申し訳ないが日常生活には邪魔(笑)。

 

 

俺も初めてのフィリピン渡航の時は現地で

通貨をペソに換えてたくさん持っていたが・・・

 

今はモール内はもちろん、大きめのお店ではたいていカードが

使えるので、クレジットカードかデビットカードを持っていると

便利だし安全。

 

VISAやmasterなどのついたカードがあれば、24時間ほとんどの

ATMで引き出しができるのが海外の良いところだ。

 

手数料が高かったり、1日の引出限度額があることには注意だが。

 

 

ちなみにこのフィリピンでは、コンビニやレストランなどのレジで

「10ペソ持っていますか?」などとよく聞かれるが・・・日本では

ありえないことなので驚かないようにしておきたい(笑)。

 

 

 

フィリピン通貨を手にするなら知っておきたいのは

 

 

最近はフィリピンに来る仲間の数が増えてきた。

そんな中、通貨はどこで換えればいいかよく聞かれるが・・・

 

確かに街の路面店などはレートが良いものの、安全を考えると

やはり空港かSMなど大きなモールの中で行いたい。

 

 

安全といえば、日本人にとっては大したことがなくても

現地人にとっては大金なので、人の多い目立つ場所で

お札を出したりしないこと。

 

もちろん、大きなお金を持っていることを

フィリピン人に伝えないことも大切だ。

 

 

また1,000ペソ札や500ペソ札は小さいお店やタクシーだと

お釣りを持っていないことが多く嫌われるので、できるなら

100ペソ札以下を常に持つようにしたい。

 

コインをポケットに入れておけば、チップを

渡す時など何かと便利。

 

 

フィリピーナの友達ヴァネッサから怒られたのは、センタボスが

邪魔だったのでストリートで物乞いをする子供にあげていた時。

 

小さいお金でも子供、特に男の子にあげるとドラッグなどを

買うことにつながってしまうため、「何かあげるなら食べ物で」と。

確かにそうだ・・・

 

たとえ好意でも、結果的に彼らの

マイナスになることはしたくはない。

 

 

このフィリピンに下見なしで移住して数年以上経ち、

こっちの生活にもすっかり慣れた。

 

ただ、いまだにトリビアというか笑えるのは、こちらで

売っている物の価格設定がメチャクチャなこと(笑)。

 

20円で買えるインスタントラーメンがあるかと思えば、

普通のスティックの型チョコレートアイスが日本よりも高く

200円もしたり。

 

 

 

今やっている仕事が自分の使命とは違うと

感じているあなたへ。

 

 あなたの得意でお金になること以外は人に任せ、

働く時間を減らして収入をアップさせませんか?

 

 

 

 

あなたはフィリピンで

ATMを使ったことはあるだろうか?

 

 

なぜか最近、このセブに来るフィリピン好きの

仲間の間でATMに関するトラブルをよく

耳にするようになった。

 

 

 

フィリピンのATMの使い方

 

 

フィリピンでお金をいつでも引き出せるように、クレジットカードや

デビットカード、国際キャッシュカードをできれば2枚以上を持っておこう。

幸いこの国には、ATMがあちこちにある。

 

VISAがついていれば、ほぼ全てのATMで引き出せるし

土日24時間関係ないので日本よりも便利。

 

日本でチャージして海外で使えるネオカードを教えてくれたのは、

セブシティで知り合った新山さんだった。

 

 

使い方としては、

 

カードを入れて英語での案内を選択。

 

「withdraw」を選んだ後、国際キャッシュカードや

デビットカードの場合は「Savings」、クレジットカードの場合は

「Credit card」を。

 

Pinというのは暗証番号のこと。

 

 

カードが先に出てくるが、飲み込まれることもあるので

すぐに受け取ること。

 

現金はその場で数え、レシートは取っておく

 

 

ちなみにフィリピンのATMで日本の銀行から

お金を引き出す場合は、1回200ペソ(約450円)かかってしまう。

 

それでもレートがマネーチェンジャーに比べて

悪くないので助かる。

 

 

また注意点として、1日の引き出し額の上限が決まっていること。

 

UFJデビットの場合は一日1万ペソまでと、かなり不便。

コンドミニアムの契約の際、毎日引き出しに行ったのを覚えている(笑)。

 

 

 

フィリピンのATMでトラブった場合

 

 

俺がマラテのコンドミニアムに住んでいた頃。フィリピンで

初めて経験したのが、ATMで金額が差し引かれているのに

お金が出てこなかったこと。

 

この時は銀行ではなく、普通のビルの壁に

備えつけられたATMだったので本当に困った。

 

日本にあるUFJデビットのサポートに電話をかけ

返金を求めたものの、状況を特定することが難しかったため

お金が戻るまでに3ヶ月以上かかったのを覚えている。

 

 

言うまでもなく、それ以降はスタッフがいる

営業時間中の銀行だけで引き出すことにした。

 

これなら、またトラブってもすぐに現地の銀行で

クレーム担当の連絡先を聞くことができ、その情報を

日本の銀行やカード会社に伝えれば2週間程度で返金を受けられる。

 

 

フィリピンでATMを使う場合、お金を引き出す場所と時間帯を選ぶこと。

トラブったらすぐにスタッフに事情を伝え、情報を日本の会社に連絡すること。

 

面倒を避けるためにも

これを徹底してほしい。

 

 

 

フィリピンへの送金地獄に陥る前に、送金額(PDF/日本の人向け)や送金額推移もチェック

 

 

フィリピンへの送金方法について便利な方法をまとめてみたが、

paypalもセブンイレブンもリスクや不便な点もあるので

注意しておこう。

 

paypalでは、メールアドレスを使うために、

セキュリティーには十分注意してほしい。

 

 

過去にフィッシングされたり、

メールアドレスそのものを乗っ取られたケースがあるために、

アカウント、パスワードなどには気を付けてほしい

 

俺と同じく元神経質出身のタキさんも(笑)、

paypalで乗っ取りを受けそうになったと

細長い顔を紅潮させていた。

 

 

paypalには購入者の保険がついているため、

何かを売ったりするときには、

 

この決済方法だとやたらと買い手保護に向かうために、

商用には向かない側面がある。

 

 

また、お金をメールアドレス一つで動かしてしまうために、

メールアドレスはどれがよいかと一概には言えないのである。

 

セブンイレブンの送金方法では、

手数料がやや高めなので注意してほしい。

 

一割弱程度、手数料がかかるので、

便利なものは高いである。

 

 

といっても、銀行に行って円貨を両替して、

振り込んで翌営業日まで待つ、

といった面倒な決済方法ではないし、

 

銀行の為替スプレッドに比べれば、

セブン銀行の手数料は安いし、

 

銀行には振込手数料はかかってくる。

 

 

paypalは即時送金なので相手にすぐ届く。

 

いろいろな方法を出したが、paypalは便利だ。

 

 

 

そもそもの話になるが、フィリピンへの送金がかさんで

地獄のような思いをしている人もいる。

 

お金やビザのために利用されていないか、

パートナーの愛情をしっかり確認しておきたい(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ