フィリピン人の避妊の常識はピル?種類にはどんなものが?


    

 

人口が1億を超え、国民が子供をつくりまくるフィリピン

中絶が非合法の国なのに、避妊について正しい知識が行き渡っていないことに驚く。

ましてピルなど飲んだことがない人がほとんど。

 

 

今回はちょっと下世話だが、

フィリピン人の避妊の常識について語ってみたい。

 

 

 

フィリピン人の避妊の常識ピルの種類とは?

 

 

フィリピンに限らず東南アジア諸国は先進国に比べ、

子どもの数が多いように思うのだが、気のせいだろうか?

 

フィリピンの町中を歩いていても、

田舎の方へ行けば行くほどたくさん子どもがいるし、

兄弟が何人もいるという家庭が当たり前のように感じる。

 

 

カソリック教徒がほとんどのフィリピンでは、

宗教的なことから避妊をしない

 

できないといった背景もあり、

人口増加のため貧困が問題になって人口抑制策まで出たくらいだ。

 

 

その際、例のよくやらかす大統領が(笑)、

 

「女性のほうが特に避妊にケアしなさい」

 

などとフェミニズムな問題発言をしたが、

それはともかく、とにかくフィリピンでは、

ピルを使って避妊してくれと国をあげて奨励しているのだ。

 

 

このピルにも色々と種類がある。

 

モーニングピルや低用量ピルなど、服用法や値段も様々で、

ダイヤンピルやレディピルというのが、

アジア人の小さな身体にもよく合うピルとして有名。

 

日本人もフィリピンに来たときにはお土産に買ったりする

 

 

 

フィリピンでピルを購入する方法。ネットでの購入も可能?

 

 

確かにフィリピンでは低用量ピルが

日本と比べてはるかにが安い。

 

世界で最もメジャーな低用量ピル・トリキュラーの場合、

日本だったら初診代で10,000円以上、

月ごとの薬代だけで毎月3,000円から5,000円はするが、

 

フィリピンでは1カ月分の1シートが

500ペソ(約1,000円)くらい出せば、

処方箋なしに薬局で手に入る。

 

 

だが、フィリピンで500ペソといえば、

およそスーパーの店員のアルバイト料の1.5日分の給料に相当する。

 

こんなに高くて普及するはずがない。

 

ドゥテルテ大統領は人口の過剰な増加に危機感を持っていて、

反対派の声を無視してピルの普及を演説したりしているが、

こんなに高い薬を避妊目的で買う女性は本当に少ない。

 

 

安い薬と聞いて薬効を疑うあなたは、

飲む前からプラシーボ効果が効いていると考えてくれていい。

 

 

薬は薬局で買う限り、

製薬会社の決めた消費期限を守って販売されている。

 

フィリピンのような日本に較べてアバウトな国でも、

薬剤師のいる薬局で買うなら、

安全性は保証されているも同然だ。

 

 

スーパーで激安ピルを売っているのも見かけたことがあるが、

消費期限の切れた薬が流れ着く場所だと知っていれば、

どんなに安くても、信頼できない薬を買うのはおすすめできない。

 

こちらも責任を持てない。

 

水商売っぽいフィリピ―ナがわしづかみで

ピルシートを買っていく姿を見たことがあるが、

医療後進国としてのフィリピンを憂いたくなる光景だった。

 

 

ネット通販でのピル購入もしやすくなった。

 

個人輸入の代行サイトなら、

日本語で注文できる。

 

ただし、医師の診断なしにピルを服用することになるので、

自己責任の部分が大きくなることは

自覚して購入するしなくてはならない。

 

 

 

フィリピンでは避妊用の注射があるらしい…

 

 

ピルは飲み忘れるとせっかく飲んだのに、

効果がなくなってしまうのが面倒なのだそう。

 

この避妊用の注射なら3か月ごとに一度、

お腹や腕のあたりに打つだけなので

飲み忘れの心配もなく簡単に避妊できる

 

 

日本の知り合いに教えてみたら、

「何だか怪しい薬をやってる人みたいだよね」

と苦笑いされた。

 

確かに見た目がそういうヤバい注射に見えなくもないが…

ちゃんと認可されたものである。

 

面倒くさがりなフィリピン人には

合っているのかもしれない。

 

 

しかしこれは値段的にはかなり高価で、

庶民にはそう安い買い物ではなさそうだ。

 

 

 

フィリピンでは薬局で気軽にピルを買えるってホント?

 

 

そんな状況だがフィリピンでも避妊は合法であり、

国をあげての政策の一つなことには変わりはない。

 

 

さっきも触れたように、

処方箋なし薬局で手軽にピルを入手できるようになっている。

 

友人情報ではスーパーなんかでは、

1シートで70ペソ(150円くらい)で売っている。

 

 

日本人なら、お土産に

大人買いして帰りたくもなるだろうと納得。

 

 

 

モーニングアフターピルがフィリピンでは手に入れやすい?

 

 

「モーニングアフターピル?なになに?」

そう思う方はそれなりに幸せなのかもしれない。

 

日本ではピル自体があまり一般的ではないので、

そういう人の方が多いだろう。

 

このモーニングアフターピルというのは名前の通り、

事が済んだあとに服用することで、

望まない妊娠を防ぐことができるホルモン薬だ。

 

 

日本以外の国では、薬局などで

普通にピルを販売している国は多い

 

フィリピンも例外ではなく、

その辺のドラッグストアで風邪薬と同じような感覚で、

ピルを購入できる。

 

日本のように医師の処方箋もいらないし、

値段も日本と比べると格段に安く

本当に大丈夫か?と心配になるほど手軽に入手できるのだ。

 

 

しかしモーニングアフターピルに関しては、

そう簡単に手入らない

 

アフターピル自体、緊急事態が発生しない限り

そうそう出番はないもの。

 

こちらフィリピンでもやはり医師による処方箋がなければ、

勝手に入手することはできない

 

 

したがって、アフターピルが必要になる状況に陥った場合、

速やかに医療機関に行くことをお勧めする。

 

 

フィリピンはキリスト教国で、

堕胎が非合法であるのと同じように

避妊もまた宗教的な罪のように考えられているところがある。

 

日本でもアフターピルを飲むような状況はまれだろう。

コンドームの破損や避妊なしの性行為などがほとんどのはずだ。

 

 

アフターピルは「緊急避妊法」という名前のとおり、

緊急措置で処方されるものだ。

 

ホイホイと薬局で買えないのは、そうした理由がある。

 

 

フィリピンでアフターピルを処方されるケースでは、

レイプされた女性への事後避妊をうながす目的で処方されることがある。

 

フィリピンは日本の10倍、

強姦事件が発生している(10万人につき10人)。

 

ちなみにイギリスは、

日本の50倍の頻度で強姦事件が起きている。

 

恐ろしいイギリス。

 

 

アフターピルを飲んだフィリピ―ナの話を聞いたことがあるが、

彼女の場合はレイプ被害者だった。

 

望まない子どもができなくてよかった、と

彼女は言っていた。

 

レイプ被害という心の深い傷を負いながら、

愛せそうにない子を身ごもらなかったことは、

片手で数えられるくらいの少ない希望の一つだったのだ。

 

 

 

アフターピルに対する考え方はセブではこうだ!

 

 

日本人のセブ島のイメージと言うと、

のんびり南国の高級ビーチリゾートかもしれない。

 

俺もここにはかなり長く滞在したが・・・

俺と同じシイタケ嫌いの日本人に何人も遭遇した不思議な場所(笑)。

 

 

実際のセブ島は貧困の差がかなりあり、

十分な教育を受けられない子どもたちがたくさんいる。

 

もちろん避妊についての正しい知識も得られないため、

年端も行かない子どもがそのまま妊娠してしまう。

 

これはセブ島に限らずフィリピンあるあるなのだ。

 

 

また、宗教的観点からセブ市内の病院では、

アフターピルの処方箋は行っていない、

という話も聞いたことがある。

 

もし処方箋があったとしても、

現地人には高くて普及しないだろう。

 

 

ちょっとディープな話だが・・・

 

どうしても産みたくない場合は、

多少危険でも安く購入できる、

怪しげな民間の薬を使って避妊するのがセブ島の現状。

 

一般的に宗教的に、

避妊はよくない事として育ってきている彼らだし、

 

どっちみち産まれてきたら大家族みんなで育てあげるのが、

フィリピンでは普通なのだ。

 

 

セブ島のような田舎ではそれはもっと顕著で、

アフターピルを使うという発想はあまりない

 

 

 

低容量ピルもフィリピンでは格安!?

 

避妊対策の知識があり、

裕福なフィリピン女性の間では、

ピルの購入率も高いのかもしれないが・・・

 

それでも一般的に言えば、

普通のピルもフィリピン人には高い買い物であろう。

 

 

しかし日本の水準からすれば、

フィリピンで入手できるピルはとても格安である。

 

低用量ピルは何もバースコントロールにだけ

使われるものではなく、

 

女性ホルモンのバランスを整えたり、

生理周期をコントロールして子宮膜症の悪化を防いだり、

生理痛を和らげる効果もあるのだ。

 

普通に必要な女性も多いだろう。

 

 

歳のせいか最近少し体調が悪くて、

低用量ピルの処方をしてもらいに産婦人科へ出向いたら結構な値段。

 

また忙しい中で長い時間待たされるのも面倒なんだと、

日本の友人が言っていた。

 

フィリピンのように格安で買えて、

薬局でさっとお金だけ払えば手に入るなんて羨ましいそうだ。

 

 

ただフィリピンのピルを使ったことのある日本人の話では、

海外の薬は含まれている成分や量も日本とは違う。

 

ホルモン薬であるピルの場合は副作用もあることも考慮して、

医師の処方のもと使用する方が安全だと個人的には思う。

 

 

 

同僚の成功が妬ましく思うあなたへ。

派手な数字に惑わされず毎月少しずつ

確実に売上が積み上がるビジネスを始めませんか?

 

 

 

 

そもそもフィリピン人は「避妊しない」のが当然。その理由は?

 

 

先にちょっと言ったように、

フィリピンはカソリック教徒が多いため、

人工中絶は禁止されている。

 

これは法律で決められたことであり、

中絶は違法なのだ。

 

避妊は禁止されてこそいないが、

ピルなどは暗に中絶を連想させるため何となくタブーで、

実はお店や病院で気軽に入手できる雰囲気ではない

 

 

また、日本人から見ればフィリピンで入手できるピルは

とても安くてお得だと感じるだろうが・・・

 

貧富の差がまだまだ激しいフィリピンでは、

避妊具やピルにわざわざお金を出す理由がわからない、

といったところだろう。

 

 

貧困層ほど避妊が必要なはずだか、

貧困層ほどお金も知識もなく避妊はしない、

という負のループにハマっている気がしてしまう。

 

 

フィリピンに降り立って、まず思うことは

子供の数が多いということだ。

 

街中は勿論のこと、田舎を訪れても、多いという印象。

 

 

 

フィリピンはカトリック!避妊や中絶は禁止されていた!

 

さっきも触れたように、フィリピンは、カトリック教徒が多数で

法律で「中絶」「離婚」は禁止されている。

 

「避妊」は、不当な手段による避妊または、

不妊手術が禁止されているのである。

 

「避妊」そのものが法律で禁止されているわけではないのである。

だが、教会が強く避妊を反対しているために、避妊をしてはいけないという、

風潮がフィリピンの国全体として漂っている状態。

 

 

 

フィリピンの掟。カトリック教はなぜ避妊しないのか?

 

カトリック教は、もともと自殺、安楽死、人工妊娠中絶、

避妊などを教会が禁止してきたため、

世紀が変わった今でも、そういう教えが根強いのである。

 

 

日本人が避妊というと、すぐに思いつくのが「コンドーム」。

しかし、フィリピンでは、現在は比較的簡単に手に入る

「コンドーム」だが、少し前までは、

なかなか手にはいらなかったのである。

 

 

では、ほかに避妊の方法がないのか。

 

それが、さっき語った「アフターピル」である。

 

しかし、時間にルーズなフィリピン人であるので、

なかなかきっちりと「アフターピル」を飲むというのは、

ハードルが高いのである。

 

 

では、その他で探すと、日本では認可されている物ではないが、

「妊娠しないための注射」というものがフィリピンには存在する。

 

 

これは、フィリピン政府が認めている物である。

しかし、教会が避妊を反対していることもあり、

それぞれ値段は高価である。

 

一日、一日生活していくことが大変なフィリピンで、

このような高価なものは購入できないのである。

 

 

更に、教会が学校教育に干渉していることで、

「避妊」の教育がされないということも、

認知度が低い原因の一つである。

かといって、日本での「避妊」に関してきっちりと

教育がなされているのか?というと、

僕は疑問に感じる教育しかないように思う。

 

 

「避妊」をしない=「妊娠」しやすい=「性病」は増えるのである。

 

これを証明するかのように、フィリピンでHIV

(ヒト免疫不全ウイルス)患者が増え続けているのである。

 

また、自分がHIVに感染していると知らずに妊娠し、

出産後母乳を与えてしまうと、産まれてきた子供へ

感染させてしまう可能性もあるのである。

 

このような感染を国は、対策を講じないか、

と思い調べるとこんなことが分かったのである。

 

 

1984年以降、フィリピン厚生省(DOH)は、

「危機的状況」と警告を出し、

 

教育現場に「性教育」を取り入れようとしたが、

教育関係者や教会などが反発し実行できていない、

ということが分かった。

 

国が動きたくても動けないほどの力が、

カトリック教会にはあるということだ。

 

 

 

フィリピンにはプロテスタントもいる?

 

まず、プロテスタントとは、簡単にいうと、

主にカトリック教会から分離した教派を指す言葉である。

 

カトリック教が大多数を占めるが、少数ではあるが、

プロテスタントも存在。

 

 

プロテスタントは人口の大体10パーセント前後で、

その他、イスラム教を信仰している人も少数存在する。

 

プロテスタントは、19世紀後半から20世紀初めにかけて

アメリカによる植民地時代に広まった宗派であり、

富裕層に信者が多い。

 

 

 

 

避妊と言えば・・・

 

あなたはフィリピンの医療の現状を

どれほどご存じだろうか?

 

 

俺が実際見た中で強烈だったのは・・・

 

喘息で担ぎ込んだ元カノkrisの隣のベッドで

管につながれた子供が、今にも亡くなりそうだったこと。

 

あの薄暗い病室の光景を、今でも覚えている。

 

 

 

フィリピン医療の実情

 

まずフィリピンでいえるのは、場所によって

医療事情に大きな差があるということ。

 

当然マニラやセブシティのような日本人が多い地域では、

OFWとしてアメリカで最先端の医療を学んだフィリピン人

医師が、帰国後に勤務していたりする。

 

こういった病院では、

設備や技術は日本と変わらない。

 

以前maryの付き添いで行ったマカティメディカルセンターで

驚いたのは、日本語が堪能な女性の医師までいたこと(笑)。

 

一方で、やはり地方になると

衛生面や技術の面で日本人にとっては不安。

 

 

そしてフィリピンの病院はプライベートとパブリック(国公立)

に分かれるが、前者は当然、医療費が高額。

 

パブリックは安い分、常に混雑している。信じられないことに、

ベッドが足りず床で寝かされていたのを見たことがある。

 

当たり前だが医療設備もプライベートのほうが整っているので、

日本人を含む外国人はこちらを利用することになる。

 

 

ちなみに俺がフィリピン移住後しばらくいたマニラの場合は、

現地在住者がつくる日本人会に医療センターが設けられている。

 

日本語が通じるので、言葉に不安なあなたは利用するといい。

 

 

 

フィリピン医療で知っておきたいのは

 

フィリピンには日本のように公的な医療保険はなく

保険に入っていなければ全額を負担する必要があること。

 

 

旅行の場合はクレジットカードに付帯している海外旅行保険で

まかなえばいいが、移住となると当然その期限が過ぎてしまったり

条件に合わないケースが。

 

その場合は、現地の民間の医療保険

入るのをおすすめする。

 

日本で就職して現地に駐在する場合はもちろんのこと、

フィリピンにある日本企業で現地採用されても医療保険に

ついては多くの場合、会社が用意してくれる。

 

俺と同じ自営の場合は自分で準備する必要があるが、

これはできれば移住前の日本で済ましておきたい。

 

 

また、さっき語ったように都市部の病院のほうが安心できるので、

地方に住んでも都市まで足を伸ばしたいところ。

 

 

持病があるあなたはもちろん、よく日本で病院のお世話になり

移住後も不安な場合は、日本での健康診断書を英訳して持参

しておくと、フィリピン人医師とのやり取りがスムーズになる。

 

 

まだまだ発展途上国であるフィリピン。マラリアや

コレラという、日本ではお目にかからない感染病も。

 

ちょっとおかしいと思った場合は自己判断せず、

早めに診断を受けるようにしよう。

 

緊急の時はフィリピンの場合「117」をコール。

 

パスポートはもちろん、必ず現金やカードを持参すること。

お金を払わずにトンズラされるのを避けるために、最初に

ダウンペイメントを要求されることが多いためだ。

 

 

ちなみにこのフィリピンでは、市販の目薬を買うだけでも

医師の処方箋が必要で、簡単に手に入らない。

 

ピルはすぐ手に入るのに・・・

 

一時帰国のたびに目薬を買いだめしているのは、

何を隠そうこの俺だ(笑)。

 

 

 

まとめ

 

ピルを始め、

フィリピン人の避妊の常識についてまとめてみた。

 

 

「フィリピンってピル安いんでしょ?」と、

遠まわしにピルをおねだりされることがある。

 

避妊目的でピルを欲しがる女性が、

男にピルのおみやげを頼むわけがない。

 

つらい生理痛を緩和したくて低用量ピルを欲しがるのだろう。

 

 

痛くなったらすぐセデ〇とか、半分は優しさでできてるバファ〇ンとか、

日本のドラッグストアで手に入る鎮痛剤の類いを飲めば? と言うと、

 

お前なんかにあの痛みがわかってたまるか、とでも

言いたげなまなざしで「効かない」と言われる。

 

 

そうですか、効きませんか、

それはそれで鎮痛剤に耐性ができちゃってるってことだから、

危険は危険なんですけどね・・・と、

 

医者でもないのに持っていたムダ知識をつぶやき、

次はピルをおみやげにする、と約束した。

 

 

そうフィルピンではピルを簡単に購入できる。

 

フィリピンのピルは安い。

 

しかしそれは日本人の経済感覚で言って安く感じるだけで、

現地のフィリピン人にとっては決して安いものではない。

 

 

日本へ出稼ぎ(夜の仕事ではない)に来ているフィリピン人女性が、

同じくフィリピン人男性との子どもを、

 

妊娠してしまうケースが多くて困っている、

という知り合いの話を聞いた。

 

 

フィリピンから出稼ぎに来ているその女性たちは、

仕事が満期になるまできちんと働くという契約のもと合法で、

日本の企業で働いている。

 

しかし彼女たちが妊娠してしまうと仕事を続けることが難しくなるため、

会社の決まりでその契約は破棄になってしまうという。

 

 

そのため彼女たちの仕事の世話をしている

俺の元ビジネス仲間シェルナン。

 

俺と同じマザコンの彼も(笑)、一体どうしてこんな事になるのか

日本人とフィリピン人の仕事と避妊に対する常識の違いに驚いていた。

 

 

宗教的な側面や文化的な側面、

はたまた彼らの民族性からなのか、

日本とは避妊やピルの常識が大きく違うフィリピン。

 

とにかく安くて手軽にピルが手に入るのは、

日本人にしてみればうらやましい環境だ。

 

 

モーニングアフターピルは、

さすがにフィリピンでも処方箋なしでは手にはいらないのだなと

意外な気もしたが、

 

緊急事態がそうそう起こるわけでもないだろうし、

観光で来た人にはあまり関係ない話かもしれない。

 

フィリピン土産に買って帰りたいのであれば、

低容量ピルや普通のピルなら、

簡単に手に入り格安なのでお勧めだ。

 

 

 

カトリック教の考えが

特に強い国フィリピンでは、古来からの

「妊娠、中絶、避妊、離婚」に対する考え方が根強いため、

 

対策を打つことも出来ずに、

色々な課題があるように思う。

 

 

子供の教育に、今の「性」に対する現状を説明し、

一人一人に危機感を抱いて、

 

そして、命の大切さを伝えることは、

とても大事な教育の一つなのでは。

 

 

ただ単なる、人間の快楽だけを求めて、

相手が妊娠をしたら、「はい、さよなら」というのは、

人間として良いとは思わない。

 

一つの行動を一人一人が自覚をもって、

恥ずかしくない生き方をしてほしいと僕は望む。

 

そして、人を見る目を養うことも大事である。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

移住と一人起業の専門家:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ