フィリピンの人種の割合は?人種構成や差別、英語力について紹介


 

マレー系を始めとする、多民族国家のフィリピン。この国では

それぞれの人種の割合はどうなっているのだろうか?

 

 

知られざる秘密を解説していく。

 

 

 

フィリピンの人種割合がすごい!あの国からも多数流入!?

人口1億人を超えるフィリピン

 

多民族と言われているが、
実際どのくらいの人種がいるか
想像できるだろうか。

 

 

民族として名前があるだけで、
18民族

 

派生の民族を併せると、
20以上にも上ると言われている。

 

諸説あるが、フィリピンは縦長の島で構成されている国家なので、
島ごとに民族が固まっていて、国家として形成された場合
多民族化していると言われている。

 

 

フィリピンの中で最も人口が多い民族は、タガログ族

 

英語と並んでフィリピンの公用語として、
タガログ語が採用されているので
日本でも耳馴染みがある部族である。

 

タガログ語を母国語として話す人口が、
2500万人と言われているので
フィリピン内での人口割合は高い

 

 

次に多いのがマレー系

 

隣国のひとつでもあるマレーシアからの
移民は、古代から存在する。

 

その他は華僑から派生した中国系
スペイン系が多くなっている。

 

これらと混血ならびに、
少数民族で構成されている。

 

 

ちなみにフィリピンでは多数の民族がある性質上言語も多く、
公用語として認識している言語が、
推定で80前後あると言われている。

 

 

 

フィリピンの混血率は?純血より多いって本当?

フィリピンは過去、数百年スペインの支配下にあり、
宗教を始め文化や芸術を色濃く現在も反映している。

 

その為、現地のフィリピン人との混血化が進み、
様々なところでスペインから引き継いでいることが
多く見受けられる。

 

 

スペイン人との混血をフィリピーノと呼び、
明確な名称がある。

 

スペイン人や中国人の男性と、
現地の女性の間に生まれた子供はメスティーソなど、
フィリピンにおいて混血は珍しい事ではなく、むしろ普通の事であるようだ。

 

スペイン系フィリピン人が、
テレビや雑誌で活躍しているので
フィリピン系の混血は日本でも目にする事が多いだろう。

 

 

過去、スペインやアメリカ、

日本に占拠された歴史を持ち、

 

現在は観光地として海外からの流入も多く

外国人が多くいる環境であったフィリピンでは、
混血の割合がとても多く、一説には全体の9割が混血と言われている。

 

 

 

世の中の問題解決ができる

ビジネスをしたいあなたへ。

 

社会的地位が高くしかも稼げる

理想のビジネスを構築したくありませんか?

 

 

フィリピンで移民の数が多いのはどこの国?

 

フィリピンはアジアの貿易港の役割を担っている重要な国なので、
商業機会を求めて多くの民族が移り住んでいる。

 

 

では、一番多くの移民はどこの国かと言うと、
ズバリ中国だ。

 

中国からの移民は過去、明・清などの1300年代からの古くから、
フィリピンに移り住んでおり、同胞もたくさんいる為、
中華系は住みやすいと言われている。

 

そもそも中華系はローカライズするのを得意とする民族で、
現地のフィリピン人と家庭を作る事も多いようだ。

 

 

中華系の移民、混血は、
文化やスポーツなどにも影響を与えており、
政治家も多数中華系から出ている。

 

元大統領数人も、
中華系の子孫であると言われている。

 

また、経済成功者が多いのも中華系の特徴で、
移民やその子孫が企業グループ経営している事が多く
経済的成功者も多い

 

 

ちなみに住んでみての感想だが、現地での

人種的な差別はあまり感じない。

 

欧米人や日本人へのひいき、中国人や韓国人への嫌悪感などは

個人レベルでは感じるが(笑)。

 

 

 

 

ところで、フィリピンは人種も様々だが

イギリス・アメリカに次ぐ世界3位の英語国。

 

さっきも触れたように、公用語としての英語が

日常的に使われている。

 

 

「オンラインでフィリピン人から英語習ってるんですが、

世界では通用しないって本当ですかね?」

 

せっかく一歩を踏み出した仲間の長峰さん。

 

やる気をそぐようなネット上の書き込みを見かけて

心配になり・・・メールでそんな相談をしてきた。

 

「何も心配ありません」

とりあえず一言そう返しておいたが(笑)。

 

 

 

フィリピン人の英語の実力

 

まず最初に、日本人がフィリピン人の英語力について

語れる立場にないということを伝えたい(笑)。

 

その理由を知りたければ、このフィリピンに実際に来て

小学1年生くらいの子供達と英語で会話をしてみたらいい。

 

または映画館で、フィリピン人達と肩を並べて

映画を観ればすぐに分かる。

 

 

そもそも彼らの英語力に関しそういった書き込みをした人が、

俺のようにフィリピンに移住し、何年も現地に溶け込んで

過ごしたことがあるとは思えない。

 

また帰国子女のようにネイティブレベルで話せる人は

他のバイリンガルへのリスペクトがあり、そういった

コメントは残さないはずだ。

 

 

フィリピン人はだいたい5歳くらいから英語の教育が始まり、

小学校ですでに、先生が母国語のフィリピン語ではなく「英語で」

授業を進めていく。

 

日本のように受験やTOEICのための暗号のような英語ではなく、

コミュニケーションするための生きた英語を、日本人よりもずっと

早い段階から学んでいる・・・

 

それが現地のフィリピン人達だ。

 

彼らが世界中でOFW(海外フィリピン人就労者)として英語を

駆使しつつ活躍していることを考えれば、この環境にも納得がいく。

 

 

先日もマラテのロビンソンでリリベスと映画を観たが、

フィリピン人は字幕のないハリウッド映画で普通に

盛り上がっている。

 

たまたま斜め前に座っていた日本人が、どの笑う場面でも

微動だにしないところは少し悲しかった(笑)。

 

 

 

フィリピン英語でも十分通用する理由

 

「フィリピン人からどんどん英語を学ぼう」

 

仲間にこう唾を飛ばして語るのは様々な理由があるが(笑)、

俺のアメリカ人の友達マットが、実際にフィリピン人と会話をして

盛り上がっているのを何度も見ているのも一つ。

 

 

またこのフィリピンの現地にいれば、オーストラリア人や

アメリカ人、ドイツ人とフィリピーナのカップルはよく見かけるが、

彼ら欧米人もフィリピン人の英語が分かりやすいことを認めている。

 

ビジネス英語でもアメリカ人がフィリピン人の実力を買っていて、

マカティを始め各地にネイティブに対応するためのコールセンターが

できていたり。

 

 

俺は英語を学ぶなら、特に最初はネイティブからではなく

日本人からをおすすめしているが、これはフィリピン人にも

同じことがいえる。

 

それは、同じノンネイティブの立場から

苦手で分かりづらい部分が理解できるからだ。

 

 

そもそも、世界的にはノンネイティブのほうが多い

 

英語は単なるコミュニケーションツールなので、ネイティブから

習ってそのレベルにしなければならないという理由はない。あなたが

同時通訳を目指すのでもない限りは。

 

 

フィリピン人から英語を学ぶことで、

世界で十分通用する人になれる。

 

それは、世界で活躍する彼ら自身が証明している。

 

 

 

まとめ

 

過去、スペインやアメリカ、日本の支配下で混血が進み、
現地のフィリピン人と混血が共存している事
分かったと思う。

 

 

スペインの混血は欧州系という事もあり、
フィリピンや日本でも人気があり
フィリピン国内で一種のステイタスとされている。

 

 

また、アジア貿易のかなめであるフィリピンは、
気候も温暖で人口が集まりやすく、
移住先として常に一定数の人気がある。

 

フィリピンでは混血は珍しい事ではなく、むしろ当たり前にある事なので、
日本人からすると文化の違いに慣れるまで時間がかかると思う。

 

 

けれど、フィリピン人は全体的に陽気で親しみやすいマインドがあるのは
全ての民族で共通している

 

昨日SMノースのpady's pointで飲んだjoyも、まさにそんな人。

霊感がないのに生まれ変わりを信じているのも

俺と全く同じだ(笑)。

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ