カミギン島でおすすめなのは?


 

 

「カミギン島ってご存じですか?

行ったことはありますか?」

 

 

 

子供のように畳みかけてきたのは(笑)

フィリピンが3回目となる仲間、吉田さん。

 

今回は、ミンダナオのカミギン島に

興味を持っている様子。

 

 

 

 

 

カミギン島のおすすめスポット

 

 

カミギンはミンダナオの北にあり、現地の空港まで

マニラやセブから国内線で1時間程度の距離にある島。

 

 

カミギンでおすすめの場所はいくつかあるが・・・

島で有名なアーデント温泉には是非。

 

いつも地元民や観光客でにぎわっている

ウォーターパークなら、子供達も楽しめる。

 

美しい離島ならマンティーグ島、マイナスイオンを

ぶち浴びたいなら(笑)カティバワサンの滝。

 

カミギンの十字架墓地も訪れておけば、

島に行った話のネタになるだろう。

 

 

ちなみにカミギンで買い物するなら、

パブリックマーケットが島の中では充実している。

 

 

念のため注意点としては、カミギン島のあるミンダナオは

モロ民族解放戦線とフィリピン政府の戦いや、イスラム教徒

絡みで常に対立があり、時期によっては不安定な場所。

 

行く前には、十分に情報を

入れてからにしてほしい。

 

 

 

 

 

カミギン島の魅力

 

 

カミギン島といえば、フィリピンの田舎らしい

豊かな自然を楽しめる場所。

 

マニラやセブシティを始め、街は小便臭かったり

ゴミがあちこちに落ちていたりと都市部は

かなり汚いが・・・やはり田舎は緑が美しい。

 

このカミギンも例に漏れず。

 

 

何といっても、フィリピンで満天の星空に感動したのは

セブのカモテス島と、このカミギンがダントツ。あなたには

是非パートナーと、海辺で夕日を眺めてほしい。

 

海の水の綺麗さや、

砂浜の美しさも素晴らしい。

 

 

観光地としてはコンパクトであり、3時間もかからずに

バイクで島全体を周れる。シゲと行った東京、大島の

サバイバルツーリングを思い出す(笑)。

 

 

フィリピンのカミギン島に限らず、特に田舎の人達が

素朴で話しやすく人懐っこいのが南国の人達の魅力。

 

 

 

せっかくだから、フィリピンで

他におすすめの島も紹介しておこう。

 

 

 

 

「スミロン島ってどんなところですか?」

 

 

それがフィリピンにあることすら知らないまま、

LINEでそんな質問をしてきたのは・・・

 

海外にツアーでしか行ったことのない、

お花茶屋に住む手塚さんだった。

 

 

 

 

 

スミロン島ってどんなところ?

 

 

セブシティから車で南に向かったところにある、

まだまだ隠れ家的なスポットのスミロン島。

 

スミロンはほとんどセブ島の南端だが、現地の人にも

日帰りで遊びに行ける綺麗なビーチとして人気だ。

 

俺がコテージを購入したボホール島のパングラオアイランドと

ちょうど、海を挟んで向かいにある。

 

 

スミロンはスキューバダイバーにとっては天国。ジンベエザメに

会えるオスロブも有名だが、そこからさらに船で20分弱南下した

ところにある離島。

 

特に美しいサンゴ礁が好きなあなたには、このスミロンを

強くおすすめしたい。透明度が最高レベルの海で、静かな

水中の風景をゆっくり楽しむには最適な島といえる。

 

何しろあの、サンゴの間を行き来する

カラフルな海の魚達の様子は幻想的。

 

 

一方で、スミロン島は潜らない場合でも

白い砂浜や浅瀬が広いので十分に遊べる。

 

離島でありながらそれなりの広さがあり、またメインの

マクタンから離れているということで、それほど混雑して

いないのが人混み嫌いの俺のような男には魅力。

 

何しろ日本人をほとんど見かけることがないのは

非日常感があっていい(笑)。

 

 

綺麗な砂浜や自然に生まれたラグーンを舞台に、

シュノーケリングやカヤック、トレッキングを楽しむ。

 

まるで無人島に来たような

錯覚に陥ることもしばしば(笑)。

 

 

スミロン島に限らずフィリピンのダイビングで良いのが、

安く済む上に潜り以外は全部やってくれるという贅沢スタイル。

 

フィリピンは水温が適度で、水の透明度が高い場所が豊富。

陸では美味しい料理やマッサージを安価で楽しめるのも魅力。

 

ただし、このスミロン島にはリゾートホテルとレストランが

それぞれ一つずつしかないので注意を。

 

 

 

カミギン島を始めフィリピンという

南国の楽園を楽しむ。経済的・時間的

余裕を手に入れる方法とは?

 

 

 

 

スミロン島へのアクセス

 

 

日本から直行便でマクタンセブ国際空港に。

 

マクタン島から車で橋を渡りセブ島へ。ここから

4時間以上セブ島を南下したところに、スミロンはある。

 

サウスバスターミナルからバスを利用することも可能だが、

空港からは5時間以上は見ておきたい。

 

 

スミロンに向かう道すがら、マゼランゆかりの様々な

歴史的建造物や、セブ島に残された美しい自然を楽しめる。

 

 

 

 

まさか・・・マクタン島に来て

あんな思いをするとは思わなかった。

 

 

 

 

 

マクタン島という魅力

 

 

各ホテルが所有するプライベートビーチ。白い砂浜と透明度の

高い海・・・このマクタン島では、アイランドホッピングと

スキューバダイビングを楽しむ人が多い。

 

何しろ、野生のジンベイザメと泳げるというのは

このマクタン、セブの海と離島ならではの魅力だ。

 

 

マクタンは市としてはラプラプシティに属し、

ラプラプの像が島の観光スポットとして有名。

 

歴史の教科書で習った冒険家「マゼラン」の記念碑がある

マクタンシュラインと呼ばれる公園の中に、この像が建っている。

 

 

そしてマクタンといえば、ギター工場があることでも

有名な島。世界に流通しているギターのかなりの数が、

実はここで作られている。

 

元カノのアーメルもそうだったが・・・フィリピンの女性には

ギターを弾ける人が多い。フィリピンのギターが世界的に有名と

いうのも背景にあるだろう。

 

 

ちなみに、マクタンから小船で行ける

ソルパなどの離島に美しい場所が多い。

 

時間に余裕のあるあなたは、

他の島に足を伸ばしてみてはどうだろう?

 

 

 

 

 

マクタン島で遊ぶなら気をつけたいのは?

 

 

基本的にマニラのマカティやボニファシオグローバルシティ、

セブのマクタンやセブシティなどは外国人の多い地域であり

政府が治安の維持に力を入れる5パーセントのエリアに入っている。

 

ただ、南国ということで開放的になり

気を抜くと思わぬ落とし穴が。

 

 

例えば俺が経験したのは、サングラスや偽物の腕時計を

売りつけてくるストリートの物売りとの一件。

 

ある夜マクタンを独りで歩いていて、しつこい物売りを

無視していたら何十メートルもついて来て、いきなり

 

「ポケットにアイスピックが入ってるから、200ペソよこせ」。

 

幸い繁華街に差し掛かったところに外国人が溜まっていて、

男が逃げるように消えて事なきを得たが・・・

 

外国人の多い地域でもこういうことがあるんだと

改めて身を引き締める思いだった。

 

 

ここが外国であるのを忘れ、

アクセサリーや服装で目立つ格好をしないこと。

 

財布をズボンの後ろポケットに入れていたり、ジッパーのない

バッグに入れておいたり、通りで普通にスマートフォンを使ったり

大きなお金を出したり・・・こうしたことを避けるのも必須。

 

人通りの少ない場所を独りで歩いたり、夜間にフラフラ

出歩かないことなど、海外での基本的な注意点を守って楽しみたい。

 

 

最後に蛇足だが・・・

 

これから、同じフィリピンで人気が出てくるのが

ボホールのパングラオアイランド。

 

セブやネグロス、ボホール辺りに来る際は

気軽に連絡をもらえたら。

 

 

 

カミギン島カモテス島が好きで、エルニドの島々

よく周っているのはマレーシアMM2Hを取得し、

マレーシアに永住することを決めたジンさん。

 

そんな南国好きの彼も、

俺と同様に「結婚はいらない」と語る男(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ