40代無職の過ごし方!死ぬしかない?貯金なしで絶望、お先真っ暗のブログ…40代で独身、仕事もないなら


 

40代無職の過ごし方には、

どのような方法があるのだろうか。

 

 

40代無職の場合、

人によって無職になった理由が違う。

 

一口に40代で無職と言っても、

過ごし方や絶望の度合いなど、

人によって状況は様々だ。

 

 

40代無職の時に過ごし方を間違えると、

今後の人生に影響が出る。

 

 

40代無職の過ごし方は、

人それぞれ違う。

 

積極的に就活をする人もいれば、

家で何もしない人もいるのだ。

 

 

どのような事情であれ、

40代にして無職であることは、現実として

非常に厳しい状況なのは間違いないのである。

 

 

昨今の平均寿命を考えても、

今後30から40年は生きていかなければならない。

 

まだまだ若く働き盛りの年代で無職では、

この先どうすればよいのだろうか。

 

40代無職の人が

行う方法に海外移住がある。

 

40代の独身で無職の人が、

海外移住して生活する事が

可能なのだろうか。

 

 

また今までニートだった無職の人は、

40代になって就職や起業ができるのか

気になるところだ。

 

 

40代で独身の無職の人が、

これからどのような行動をしたらいいのか、

調べてみた。

 

 

40代(四十代)の独身、無職が海外に移住?

 

40代で無職になると、

とにかくどん底の気分に浸る人が多い。

 

収入がないから動けないのはもちろん、

仕事がなくても気楽な20代と異なり

世間体も気になる。

 

あまり表に出ず

引きこもりがちになる。

 

 

では40代の独身であれば、

海外移住するという方法は

どうだろうか。

 

ただし40代で

無職の人が海外で就職するのは、

難しいのが現実。

 

 

海外で就職する事が出来るのは、

高いスキルがある人。

 

高いスキルがないと、

就職する事が出来ない。

 

 

40代の無職で海外移住をした場合、

仕事をする手段があるのだろうか。

 

 

高いスキルが無くても、

海外移住で仕事をする方法がある。

 

 

クラウドソーシングも普及してきているし、

ブログやアフィリエイトで

広告収入や紹介料を得ている人もいるのだ。

 

外に働きに出なくても

収入を得る方法である。

 

 

つまりパソコンと

インターネットの環境があれば、

仕事ができるのだ。

 

 

仕事をするためには、

一定期間の学習期間が必要である。

 

あと海外移住に必要なのは、

言葉の問題だ。

 

移住した時、

現地の言葉ができないと不便。

 

移住先の言語を

勉強しておく必要がある。

 

 

海外移住に興味があれば、

海外移住に必要な勉強をしてみる。

 

 

40代の独身であれば、

家族の事を考えなくていい。

 

自分の事だけを考えればいいのだ。

 

 

40代の無職と仕事…就職できないから死ぬしかない?40歳無職も起業できる?

 

40代無職でニートの人は、

就職できるのだろうか。

 

 

ろくに職歴もない

40代の人が面接にきたとして、

企業側が積極的に採用する理由がない。

 

いや、面接にすら呼ばれず

不採用となることも多いのである。

 

 

今まで頑張って仕事をしてきた人でさえ、

40代で転職・再就職するのは

簡単なことではないのだ。

 

それこそ、よほどのキャリアや

職能でもなければ難しいのである。

 

 

企業が40代を

採用しようとする場合、

求めるのは即戦力。

 

経験もなく、

一から教育しなければならないのなら、

呑み込みも早く将来性のある若い人を選ぶ。

 

 

となれば結局のところ

お先真っ暗だ。

 

 

40代無職の人は、

死ぬしかないと思ってしまったらいけない。

 

就職できないから、

自分の人生はだめだと

あきらめてはいけないのである。

 

 

生きていくために

40代無職でニートの人は、

どうすればいいのだろうか。

 

まずアルバイトや

パートなどの仕事をしてみよう。

 

 

今までまともに働いたことがない人に、

いきなり毎日8時間・週5日働け、

と言ってもおそらく無理である。

 

まずはリハビリのつもりで、

例え少ない時間でも

外に出て働いてみることだ。

 

そして、継続すること。

 

 

アルバイトでも

継続していくことで自信になる。

 

自分も外に出て

働くことができると思えば、

働く意欲にも繋がるのだ。

 

 

また、真面目に働く姿が評価されれば、

アルバイトから契約社員に

格上げしてもらえることもある。

 

 

本気で就職を考えているなら、

資格を取る方法だ。

 

就職するにあたっては、

何かしら資格を持っている方が有利。

 

 

一般の資格取得を目指してもいいが、

職業訓練に通うという方法もある。

 

また、訓練後の

就職支援をしてくれるところもあるので、

上手く活用できると就職にも繋がるのだ。

 

 

ところで40代無職の人は、

起業をする事ができるのだろうか。

 

起業をする場合、

仕事の経験をいかして

経営をしなければならない。

 

 

起業をすれば、

今までの仕事をいかすことができる。

 

しかし起業する場合、

営業力が必要だ。

 

そして、会社員時代の責任より

重い責任がかかる。

 

 

つまり起業をしたら、

すべての責任が

自分にかかってくるからだ。

 

今まで会社などで

仕事をしていた人であれば、

起業することは可能である。

 

起業を考えているなら、

自分は起業にむいているかどうか

よく考えてみよう。

 

 

まとめ。40代無職から脱出しよう

 

無職でいると、つらい。

 

同じ40代で無職になっても

考え一つで過ごし方、

そしてその先の未来が変わる。

 

 

40代で仕事を失ってしまっていたら、

どうかこれをチャンスと

捉えることが大切だ。

 

 

独身であれば、

再就職以外に選択肢がある。

 

 

海外移住をしてクラウドソーシングの利用や

ブログやアフィリエイトで

広告収入や紹介料を収入にする方法だ。

 

海外移住をする前に

必要な勉強をしておこう。

 

 

40代にして未だニートを続けている人は、

今の生活を続けていくことができるのか

よく考えてみる。

 

親はいつまでも

子供の面倒をみてくれない。

 

 

人生100年時代だ。

 

 

現在40代であれば、

いつまでもニートの生活を

続けることはできないことが分かる。

 

 

ニートだった人は、

アルバイトやパートの仕事から始めてみよう。

 

できることから

始めるのが大切だ。

 

 

自分に自信を持てるようにする。

 

 

とにかく仕事をするための行動をして、

無職から脱出しよう。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ