英会話でリスニングができない理由とその対策


3297533849_a32573b118_b

 

 

「英会話のリスニングなんて、聞き流しを続ければ簡単にできるように

なるんでしょ?あのプロゴルファーもCMしてるじゃん!」

 

 

 

まだこういったことを言っているあなたは、英会話のリスニング力

上達ということでは即死だ(笑)。

 

 

 

 

 

ところで、あの石川遼選手が中継で「プレイのとき、周りのヤジは気に

なったりしませんか?」と質問されたときに、

 

 

いやぁ、僕は英語が分からないのでヤジは耳に入らないですね

 

 

と答え(笑)、あの教材の信憑性が疑われたという話は有名。

 

 

 

 

日本人の友達や知人からは、

 

英会話を勉強しているが、リスニングがとても苦手で、なかなか

上達しない。特に相手がネイティブだと、そのスピードについていけず

聴き取れない・・・

 

なんて相談をよく受ける。

 

 

リスニングにおいても、英会話に対する日本人の誤解が存在するよう

なので、ここでそれをバシッと解いておきたい。

 

 

 

 

 

一流の通訳ですら、全部は聴き取れていないという事実

 

 

英語を何年も勉強すれば、まるで日本語を聞いているときのように

英語が自然に耳に入り理解できるようになるんだろう・・・それまでの

辛抱だ・・・

 

実は、俺もそう思っていた。

 

 

しかし残念ながら、帰国子女のように幼い頃から海外にいたという

特殊なケースを除き、あなたが日本人である以上、英語を日本語と全く

同じように聴き取れるようになることは、まずない

 

 

 

友人に同時通訳で食べているプロがいる。

 

同時通訳レベルなら、当然ネイティブと同じように聴き取れて

いるんだろう・・・そう信じて疑わなかった。

 

 

 

しかし、彼からは想像もしなかった言葉が。

 

 

「全部なんて聴き取れるわけないよ。そもそも、知らない言葉は

聴き取ることなんてできない。だから通訳はね、その業界のこととか

その人のこととか、準備がとっても大切なんだよな」

 

 

 

それを聞いて安心し、

 

「そうか、プロでもそうなんだ・・・当たり前だけど、結局

日本人なんだよな。英語を学ぶうちに金髪が生えてきて目が青くなる

わけじゃないもんな(笑)」

 

そんなバカなことを思いながら、自身の学習方法に一つの方向性が

できたのを感じた。

 

 

 

 

 

英会話のリスニング。よく考えれば、当たり前のこと

 

 

つまり、

 

知らない言葉は聴き取れない

 

→ 知っているフレーズを増やすだけ

→ 定番フレーズの暗記

 

 

自分が発音できる音は聴き取れる

 

→ 発音をネイティブに近づける

→ 動画を観ながらシャドーイング

 

 

だいたい分かればOK

 

→ 相手の言うことを推測する癖をつける

 

 

という、至ってシンプルなロジックと学習法に落ち着いた。

 

 

 

 

そして最後の、だいたい分かればOKというのは、以前の俺のように、

英会話のリスニングで今でも多くの日本人が誤解しているところ。

 

よく考えれば、日本語でも一語一句完璧に聴き取ろうとしていないし、

完璧に聴き取らなくても会話は余裕で成り立っているのに、こと英語に

なるといきなり、ちょっとでも聴き取れないとパニックになったりする。

 

 

 

あなたがそれこそ同時通訳のプロを目指していたり、契約など重要な

場面で英語を使うのでない限り・・・

 

特に友人との日常会話においては、だいたいの意味が分かればいい、

会話が成り立てばいいんだということを理解できれば、英会話の

リスニングへのメンタルブロックはスコンと外れるはず。

 

 

 

 

 

英会話では「推測力」「言語的常識」がリスニングの肝

 

 

英会話であなたが相手の言うこと全てを聴き取ろうと欲張ると、絶対に

聴き取れなくなる。だから、 全てを聴き取ろうとせず、重要なポイント

だけ「ほどよく」抽出するイメージ。

 

 

ポイントは3つ。

●英会話において相手の話を聴くときには、「相手が話していること

(話したこと) 」を聴くのではなく、「相手が話そうとしていること」を

聴くようにする。

 

●単語や文法は一切気にしない。所々で聴き取れた自分が知っている

フレーズがあれば、そこをきっかけに「相手が話そうとしていること」を

自分なりに推測し、さらに「自分だったら、この先はこう言うだろうな」

と意識しながら、先手先手で相手の話を補うように聴いてみるのがコツ。

 

●「言語的常識」をフル活用し、自分なりのストーリーをデッチ上げて

みる。不思議なことに、それだけでも6割方は理解出来るようになる。

 

それでも聴き取れない!と感じるなら、「聴き取れない」というメンタル

ブロックを外してみる。「聴き取れない」のではなく「聴き取る!」と

いうこと。

 

 

 

つまり、重要なのは推測力。単語力でも文法力でもなく。

 

また、推測するためには自分の表現や言葉(フレーズ)の幅が広ければ

広いほど有利なので、定番フレーズを積極的に自分のモノにする。

 

結局、リスニング力は「スピーキング力」であるということに気づけば、

あなたのリスニング力は爆発的に伸びるはず。

 

 

 

 

 

映画を使ってリスニングの練習をしてみる

 

 

これは楽しみながらできるので、本当にオススメしたい。

 

映画は英語オンリーでいきなりリスニングしてもほとんどの人は理解する

ことが出来ないだろう。そのため、まずはあらすじを知り必要であれば

ネタバレも読んで、先に内容を深く理解しておくといいと思う。

 

日本語で視聴し、内容を頭に入れる

→ 英語字幕で視聴

→ 字幕なしで視聴

 

気に入った映画で繰り返し視聴すると効果があるようだ。

 

 

友人Wは、惚れ込んだ『ユージュアル・サスペクツ』を狂ったように

何百回も観まくり、俳優のセリフを完璧に近く言い方まで完全コピー

して、それだけでネイティブと対等に話せるようになったツワモノ。

 

好きこそものの上手なれ、を地でいっている(笑)。

 

 

 

 

 

英語を母国語としない日本人。聴き取れないことは自然

 

極端な話、昨日聴き取れた同じ英語が今日は聴き取れないとか、その逆も

然りで、 リスニング力は常に一定ではないので、あまり一喜一憂しない

ことも重要なポイント。

 

聴き取れなくても、今日は調子悪いな、程度で済ませておけばいい。

 

 

 

英会話の上達が早いのは、やはり、失敗にめげずどんどん突き進む人

これは、ビジネスにも人生にも言えるのかもしれない。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは3件です

  1. アカハナ より:

    私を含め、リスニングが不得意な人が日本人は殆どです(*´・ω・`)bよね。ヒントを今回頂けたので、毎日続けたいとおもいます。

  2. 青山 より:

    英語を習得するにも欧米的な感覚で、、、というところなのでしょうか。
    映画を何回も、、、というのは、やはり本当に英語を話したい人になせる業ですよね。
    幾ら好きでも私は苦行になってしまいそう、、、とか言ってたらいつまで経っても日本語だけですね、、、頑張ろう。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ