理想的な生活に変えるための5つのステップ


8353673079_0c275a1d4a_b

 

 

「金曜の夜はワクワク、日曜の夕方はガッカリ・・・

その繰り返し。この生活を変えるにはどうしたらいい?」

 

 

 

もともと大きい目を見開きながら語るメグ。

瞳の奥が憂いに満ちていた。

 

 

 

 

 

ストレスまみれの生活を変える・・・

 

 

この移住してきたフィリピンと比較すれば、日本人の生活水準は

依然として高い。言わずもがなインフラや給料など、物質的な面に

おいては特に。

 

一時帰国するたびに街ですれ違う、仏頂面かポーカーフェイスで

つまらなそうに歩くサラリーマンやOLには辟易するが(笑)。

 

 

フィリピン人から見たら、何もかもがうらやましい日本。

 

それなのに、メグのように生活を変える

必要があると感じるのはなぜか?

 

毎日の中で笑顔が足りないこと。これが不自然であると

本人が気づいていることもあるかもしれない。

 

 

不満と不安だらけだった、

虎ノ門勤務のサラリーマン時代。

 

とにかく俺が目指していたのは、毎朝6時にジャンジャン鳴りまくる

目覚まし時計にたたき起こされる生活から、解放されること。

 

特に寒さが苦手な俺。

冬の間、あの天国の一畳スペースから抜け出すのに毎回

どれだけ激しい戦いが展開されていたか(笑)。

 

そして、その後強制的に始まるストレスまみれのスポーツ

「満員電車」。あの東上線で、いつもにらみつけてくる若い男の顔が

今も忘れられない(笑)。

 

混雑した選択肢のない霞ヶ関でのランチ。昼休みというより

「午後のひととき」程度の、せわしないリラックスなしの時間。

 

その直後の、気絶寸前の退屈なミーティングでは

睡魔との戦い。

 

さらに帰宅ラッシュで再び満員電車・・・

 

 

この生活を変えることだけが、

当時の俺のモチベーションだった。

 

 

 

時間的・経済的・人間関係的に自由な

生活を手に入れ、住む場所を変える方法

とは?

 

 

 

 

あなたの生活を変える5つのステップ

 

 

生活を変えていくための5つのステップは、事業の先輩で

行動心理のメンターである野木さんからのアドバイス。

 

仕事やプライベートでの結果が変わるためには、

自分を変えるしかない。

 

ただし闇雲では当然結果が出せず、うまくいっている人の

方法にならって行うことが、最も確実な成果を生む。

 

 

今の自分の価値観・意味づけ・選択を見直し

変えるべきところを知る

 

あなたが自分の人生、今の生活をどのように見ているかを変えれば、

人生を変えることができ、そのための協力者が現れる。

 

手に入れたいものや今持っているもの、目に見えるものだけに

価値を置くのではなく、「どんなふうに生きていきたいか」

「どんな心の状態でありたいか」そういったことに意識を向けてみる。

 

そして、あなたの選択は時間の使い方に表れる。

人生は時間そのものなので、選択は結果に直接的に影響与える。

 

何か特別にすごいことをする必要もなく、結果が出ることに時間を

使っているか、選択しているかという違いだけ。

 

あの人はあんなに結果を出している・・・そこにばかり意識が

いく人が多いが、「どんな選択をしたから良い結果になったのか」

そこにもっと目を向けていきたい。

 

結果を出すために大切なのは、焦ることでも苦しむことでもない。

ただ「結果につながる選択」をすることだけ。

 

ビジネス仲間の森田を見ていて感じるのは、とにかく誰に

言われなくてもコツコツと行動できること。これがやはり結果を

出す人の特徴だ。

 

 

メンターのアドバイスを素直に受け入れる

 

同じ目標を共有するメンターのアドバイスほど、

的確なサインはない。

 

それをありがたく受け入れるか、眉間にシワを寄せ

ムッとして拒否するか・・・これが2つの分かれ目。

 

素直さは最大の知性。

 

 

具体的な目標を明確にする

 

理想的な生活がイメージできたら、「予算として毎月いくら必要か」

「それをいつまでに実現するか」を明確に。夢やイメージに、数字と

期限をプラスして目標に変える。

 

 

その目標と今の自分とのギャップを

埋めるためのアイデアを練る

 

目標が数字で明確になれば、足りない部分も数字で浮き彫りになる。

その部分を得ていくための計画を立て、アイデアをリストアップする。

 

 

それを具体的な行動に変える

 

具体的に歩みを進める。

 

行動の段階では地味で泥臭いことがほとんどになり、あなたの

理想の生活のキラキラしたイメージとは程遠く思えるはず。

そんな時は、具体的に動いた人だけが自分自身を変えることが

できる・・・それを思い出してほしい。

 

 

 

 

 

自分の未来に責任を持つ人だけが集まる、

このモテ仲間コミュニティ。

 

今日も歩みを止めずに行こう。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは3件です

  1. るい より:

    確かに毎日時間があっという間に過ぎて終わるだけの日々で、何してたっけ?って感じです。育児が落ち着いてきたら、仕事を始めようって目標にむけて頑張りたいです。

  2. ウェル より:

    給料や待遇だけでなく、それ以外の通勤時間、住居環境も考えて仕事選びをしていく時代なのかなっと思います。ネットで仕事も受注できますしね。

  3. アダモ より:

    目標を数字にしてみることが
    なかったので、数字にしてみること
    習慣にしてみると
    結構目標意識出来ますね。
    あと3つ書こう!
    あと2000円節約してみる!
    とか、小さいことも数字にして楽しんでます。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ