アイアムアヒーローの映画版が相当グロい。日本映画らしくないその魅力は?


 

人気コミック「アイアムアヒーロー」の映画がグロい

聞いたことがあるはずだが、俺もその出来が気になっていた。

 

 

ハリウッド映画が大好きで

昔は日本映画など目もくれなかったが・・・

 

「寄生獣」の映画版のように、最近は

邦画もかなり見せてくれるようになった。

 

 

期待して観たアイアムアヒーローの映画版。

その魅力をざっと語ってみる。

 

 

 

 

 

アイアムアヒーローの映画版がかなりグロいのは確か。でも見ごたえあり

 

 

「和製ウォーキングデッド」(笑)という呼び名で評判の

映画版アイアムアヒーロー。

 

邦画で低予算なはずなのに、よくぞここまでやってくれた

というほどグロい出来。ZQN達の肉が飛び散る様子はリアルそのものだ。

 

 

全体を通して、原作に忠実な雰囲気。

 

冒頭に「ハンサムスーツ」で活躍していたドランクドラゴンの鈴木も出ていたり、

配役もいい感じ。売れっ子漫画家の中田コロリもハマり役すぎだ(笑)。

 

 

うだつが上がらず恋人から捨てられた英雄の気持ちが、痛いほど分かった。

まさに会計士の受験生時代こんな感じだったから(笑)。

 

 

変貌したてっこがベッドから起き上がるシーンは漫画に忠実。

彼女が襲いかかってくる場面は、際立ってグロい。

 

見慣れた日本の風景だけに、洋画と違った怖さが。

パンデミックのニュース報道も、妙にリアリティがある。

 

 

足の速いゾンビは、ブラッド・ピットが演じた

「ワールドウォーZ」を思い出す。

 

彼らが音に反応する点、また噛まれた者がゾンビ化するのは

どのゾンビモノも同じ(笑)。

 

 

日本映画では珍しいカーチェースシーン、タクシーの暴走。

そして吹っ飛ぶ場面は、韓国で撮影されたと聞いた。

 

 

それにしても「オタクと女子高生」というのが

いかにも日本の漫画らしい組み合わせだ(笑)。

 

有村架純は「ビリギャル」のほうが可愛かったが、

長澤まさみの藪はバッチリハマっていた。

 

彼女は、こういう役もできる幅広い女優。

 

藪自体は漫画版とは多少雰囲気が違うが、

これはこれでいい。

 

 

駐車場での戦闘シーンが長すぎるように感じたが、

これがクライマックスと知って納得。

 

俺が住んでいた久喜が舞台のドラマが描かれなかったのは残念だったが、

やはりここは「アキラ」と同じように、短縮された映画版の宿命。

 

 

 

ヒーローにはなれなくても。

経済的自由を得る方法

 

 

 

 

アイアムアヒーローの映画版がグロい理由

 

 

この映画がこれだけグロくリアルに描かれているのは、

いつの間にかレベルが上がった日本のCG技術のおかげ。

 

昔はとにかくチャチい印象しかなかった、日本のCG。

「スウィートホーム」などは笑えたほど。

 

 

また日本で漫画が映画化されることが増えたが、

原作者が低品質の映画を許さないという事情も背景にあるだろう。

 

 

 

 

 

まとめ。映画版アイアムアヒーローはグロいがおすすめ

 

 

アイアムアヒーローは、俺がセブに移ってから

YouTubeの無料動画に漫画版が全てアップされていて、

最終回まで一気に読んでしまった。

 

 

漫画版アイアムアヒーローの中の英雄は意外とモテたのだが、

映画バージョンではそこがあまり見られなかったのは残念。

 

英雄と恋人てっことのラブラブな場面が

ほとんどないところも違う。

 

 

それでも、結論から言えば

映画版アイアムアヒーローは面白い

 

個人的には、原作の漫画を読んでいない人に先入観なく観てもらうのを

おすすめする。漫画をすでに読んでいるあなたは、原作と比べてみるのも一つ。

 

是非そのグロさを楽しんでほしい。

 

 

 

国際恋愛の末ワーホリ後に結婚したのは、俺と同じく

7Dマンゴーに目がない武。

 

先日はセブのblu catで一緒に熱唱した(笑)。

 

パラグアイ移住を考えている彼は

なぜかタイの性病事情に詳しい。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ