日本の男女が一生独身だと困ることとは?


 

 

あなたは、一生独身でいることに

不安を感じたことはあるだろうか?

 

 

 

埼玉の和光で過ごしていた頃から、

ほとんど結婚に憧れのなかった俺。

 

そしてすでに結婚を経験し解消した今となっては、

むしろ一生独身のほうが楽しそうな気がしている(笑)。

 

 

 

 

 

一生独身だと困ること

 

 

一生独身でいることについて俺が唯一引っかかっているのは、

大好きな母ちゃんに孫の顔を見せられないこと。

 

これは妹であるリエの役割だと

勝手に割り切っているが(笑)。

 

 

一方では子育てから学ぶことが数え切れないほどあり、また

自分の家庭をつくるというのは他と比較できない大きな喜びがあると

モテ仲間達も語る。

 

俺自身、短い期間ながらも結婚生活から

それを実感している。

 

 

さらにこれは「パートナーシップがうまくいっていれば」という条件付きだが・・・

一生独身だと決して得られない、パートナーがいることによる心の安らぎ。

 

自分を深く理解してくれる、いつも味方でいてくれる存在を得た

喜びというのは、何ものにも変えがたい。

 

 

当然ながら、現実的な話として・・・

 

日本人の一生のうち、その期間が延び続ける「老後」に

自分の面倒を見てくれる相手がいることは、独身者にはない安心感。

 

お金の問題を協力して一緒に解決していけるのも、

やはり心強い。

 

 

結婚という強いパートナーシップの喜びを一度も経験せず
一生を独身のまま終えるのは、確かに物足りないという見方もできる。

 

 

 

一生独身でも楽しく暮らせるための

「場所的・時間的・経済的」自由を手に入れる方法

 

 

 

 

一生独身の場合のメリット

 

 

一方では、独身でいることのメリットも当然ある。

 

まずは一生という長い期間、時間とお金を自由に使うことができること、

相手に気を使うことなく、好きな交友関係を築いていけるのが独身の大きな魅力。

 

 

また、結婚というのは自分達だけでなくお互いの家族同士が一つになることであり、

一生の中で「親族が増えることによる面倒な問題」にノータッチでいられるのが

独身者の良いところでもある。

 

実際このメリットが大きいと語るのは

あのホリエモンだった。

 

「一生独りでいる人は、日本でもどんどん増えていく。

そもそも独身のままで困ることあるの?」

 

あっけらかんと語る彼に

共感する人も少なからずいるようだ。

 

 

一生の中の後半、老後にやってくる3大不安は男女問わず

「貧乏」「病気」「孤独」。独身のあなたがずっと経済的不安なく

いられるための手段、本音で話せる仲間をつくる方法。

 

その他、最善の健康を維持するノウハウについては

ニュースレターでシェアしていく。

 

 

 

「一生、東京移住はない」と言い切るのは、

俺と同じく人混みが大嫌いな独身中年モロちゃん。

 

アイルランド文化に詳しく運が良い彼は人生逆転を図り、

結婚を引き寄せようと必死に動いている。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 フィリピン在住の40代独身男。

  現地でフィリピン人の起業

  支援をしつつ、日本人の

  海外移住をサポート。

  東南アジアを中心に世界を

  周ることを日常とする。

DANの半生

    自由への道
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ