ソウルメイト(出会いの本当の意味)


 

 

「ソウルメイトとの出会い」

 

 

この真の意味を教えてくれたのは、

飯田先生のあの本だった。

 

 

ソウルメイトとの出会いは、一般的な言葉で言えば

一生を共にするような恋愛パートナー、つまり

「運命の人」と出会うことを意味する。

 

 

出会えるタイミングは、多くの場合3つ。

 

心から惚れられる相手に出会えた時

孤独を感じている時

人生の谷

 

人生の仕組みからすれば、あなたの記憶からは消されているが

いつどこで出会うのかも、すでにお互いで計画済み。

 

 

ただ面白いのは、ソウルメイトが理想の相手とは限らず

また一人ではないということ。

 

結婚はできないが、何年も不倫関係を続ける相手が

ソウルメイトという例はいくらでもある。

 

 

なぜか偶然(実は必然だが)何度も会ってしまう

共通点が多い

初めての気がしない懐かしさ

一緒にいると本当の自分でいられ、リラックスできる

ケンカをしても嫌にならない

 

こうした相手と出会えたら、

やっとそのタイミングが来たと祝福しよう。

 

 

 

 

 

ソウルメイトとは?そして、その出会いの意味とは

 

 

1日2ページが限界で、本を読む手が本当に進まない(笑)俺が

繰り返し読んでいる、唯一の本がある。

 

生きがいの創造

 

自分の死生観に決着をつけてくれた、その知識。

生き方に最も影響を与えてくれたその内容を忘れたくなくて、

不定期に手に取っている。

 

 

人が肉体の寿命を終えて意識体(いわゆる魂)に戻り、中間世で

次の人生計画をし、再び次の肉体に入っていくというスパイラルが

生まれ変わりの仕組みであるのは、ご存じの通り。

 

 

ソウルメイトはもともと、リンカーネーション(輪廻転生)を

研究する欧米の学者が使った学術用語。

 

あなたと同じ時期に生まれ変わり、

共に助け合ったり逆にネガティブな立場から刺激しながら

あなたの成長を助けてくれる存在

 

輪廻転生はグループで行われるが、その中でも強い結びつきに

あるのがソウルメイトということになる。

 

 

基本的に配偶者はソウルメイトであり、夫婦は性別を逆にしながら、

何度も同じ夫婦として生まれ変わるのが通常であることが、統計や

研究で分かっている。

 

冒頭で語ったように、今回の人生で夫婦としての立場が許されない場合は

愛人としてその関係を続けることになる。

 

 

そして親子兄弟恋人はソウルメイトであることが多く、

特に養子は、血のつながった実の子よりも関係が深い。

 

親を尊敬できないなどの悩みもソウルメイトとの関係に起因することが

多く、ある人との人間関係がうまくいくかどうかなども退行催眠で

明確になったりする。

 

 

それ以外にも親友、ビジネスパートナーが

ソウルメイトだったり。

 

ソウルメイトは、喜びや悲しみ、成功や失敗を共に分かち合うことで

終わりなき魂の成長を図るために存在する。

 

人の悪口ばかり言う人を心理的に受け入れられないのは

当然だが、その人もあなたに大切なことを教えようとして

くれているのかもしれない(笑)。

 

 

こうして個人メディアで情報発信を始めようと思った目的の一つは、

ソウルメイトとの出会いを加速させたかったから。

 

ソウルメイトの大きな特徴はやはり、初めて会ったのに

昔から知っていたかのような感覚、懐かしさを感じること。

 

これから実際に会う仲間とそんな印象を受けたら、それはすでに

数百年の付き合いの証かもしれない(笑)。

 

 

7482369824_caa1897dfc_b

 

 

せっかくソウルメイトと会えても・・・(その出会いを無駄にしないための提案)

 

 

先日ケソンシティのフィルコアのPady's Pointで、サンミグライトを

飲みながらnicoと語っていたが、出会いとソウルメイトに関連して、

彼から「人の名前が覚えられない」という悩みを聞いた。

 

仕事やプライベートでたくさん出会いがある人ほど、顔と名前を

一致させるのが大変だったり、そもそも名前が覚えられなかったり。

 

政治家や事業家でなくても、名前は人が最も大切にしている情報の

一つであり、名前を覚えることでその人の自己重要感を満たし、

あなたも信頼を得ることができる。

 

 

ここで小さなアイデアを。

 

話すたびに、相手の名前を呼びかける

 

そして記憶のコツは、

 

何かエピソードがあれば、それとともに覚えるようにする

名字などが知人や有名人と同じなら、それとともに覚えるようにする

 

 

記憶は繰り返しと関連付け、物語で強固になる

という理屈そのものであることに気づいたはず。

 

 

 

ソウルメイトとの出会いを早め、

不安のない将来を迎える方法

 

 

25775249636_9822a843bf_b

 

 

ソウルメイトとの出会い

 

これを体験する度に、人生がどんどん面白くなっていく。

成長が加速していく。

 

改めて、あなたにも

この事実を知っておいてほしい。

 

 

 

俺はフィリピン移住前から20代で起業して、いろいろな

ビジネスを経験し、その間にたくさんの人と接してきた。

最高の人も、本当に変わったおかしい人も(笑)。

 

霊感は1ミリもないが、生まれ変わりや見えない存在、

奇跡を信じて疑わない。

 

 

その出会いがソウルメイトの一人だと確信しているのは、

フィリピーナで元カノのChryss。

 

関係を解消しても、離れて住んでいてもどこか気にかかり、

「彼女を助けなければ」・・・そんな気持ちが、なぜか消えない。

 

 

あなたにも、そんな人がいるだろうか?

 

 

 

 

 

ソウルメイトと会うために自分を磨き、その出会いを次へのステップアップに

 

 

肉体を持って生まれてくる前の中間生(あの世)で、お互いが

共に成長するための役割を確認し、出会う場所やタイミングを

打ち合わせしながら計画。

 

しかし人はポジティブな選択をしながら人生のフローチャートを

進まなければ、ソウルメイトと出会って次のステージに行くことができない。

 

成長がなければ、本当の出会いもないということだ。

これは恋愛においても、仕事においても。

 

そして、多くの人がするように「人を変えようとする」のではなく、

自分自身を変化・成長させると、ソウルメイトとの出会いの確率が

上がっていく。

 

 

ソウルメイトは、あなたの成長を加速させてくれる存在。

 

彼らとの出会いのために、俺自身はこうやって自分を変化させる

ことを意識している。

 

 

 

芸風を変える宣言

 

自分を変えるのに一番早いのは、あなたのことを知らない

人ばかりの新しいコミュニティに属してみること。

 

俺自身、地元のヤマ中から都心の國學院高校に入った時、

そして早稲田に入った時と、その度にキャラを変えてきた(笑)。

 

 

ただ、同じコミュニティの中で新しく変わりたい時もある。

そんな場合は一言「私、芸風変えたんだ~」でOK。

 

周りの反応など気にせず、なりたい自分にサクッと変わる。

そのうちに、そのキャラが馴染んで当たり前になってくる。

 

 

話を振って相手を立てる

 

特に初対面なら、自己開示して自分のことをどんどん

話していくほうが、うまくいく。

 

一方ある程度打ち解けた関係なら、恋愛など相手の興味があることを

振って話をたくさん聞くほうが、あなたの良好な人間関係は拡がりやすくなり

また学びも増えていく。

 

 

興味のない話題は、相手の感情を聞くように

 

誰からと話していても、あなたがどうしても興味のない

話を相手がしてくることがあるだろう。むしろ、その

パターンのほうが多いかもしれない。

 

そんな時は、相手の感情を意識してみる。

 

「プロレス観戦って、何が最高なの?」

「その一番の魅力って?」

 

相手は、何かの体験から得られる感情(ワクワクや高揚感など)

が欲しいもの。そこに興味を持ってみると、自然と会話も

盛り上がっていく。

 

 

たまにはお酒の力を借りる

 

お酒は現実逃避や自暴自棄になるために飲むとマイナスでしかないが、

コミュニケーションツールとして使えば、円滑な会話と良い人間関係の

構築につながる。

 

事実、俺の周りの会話上手の人は

お酒を適度に飲める人が多い。

 

お酒を飲んだ時は開放的になり、素の自分に近くなる。

自分自身や相手のことをもっと引き出すために、お酒を味方に。

 

 

乗らない時でもやり始めてみる

 

一人で毎日何かをしていても、

気分が乗らない時が度々ある。

 

それが自分の好きなことでも、短期的に見れば

やる気が起きない時が。

 

そんな場合は、シンプルな作業から取り掛かってみる。

 

目の前のことを、丁寧にゆっくりと・・・

自分の中の抵抗力をだますように(笑)。

 

 

先日、出会いに関してニュースレターへの返信の中で

仲間のGさんから面白い話が。

 

学生の彼はよく、バイトでオープニングスタッフ募集の

仕事に申し込むというが、そこで恋愛はもちろん

本当に良い友達に出会えることが多いという。

 

変なしがらみがないからなのか、

ソウルメイトと出会いやすい機会なのか・・・

 

 

ちなみに俺の一つ前の過去生(=前世)は、80年以上前の

カリフォルニアの酒屋の主人(男)だったらしい。

 

日本人より外国人の友達が多く、海外のような非日常が好き。

寒い場所が苦手。人があまりにも多い場所が嫌い。

 

のんびりした南国に移住したのは

必然だったのかもしれない(笑)。

 

 

 

 

「過去世から大きくズレない生き方をしたほうが、生きやすい」

 

そう語ったのは、御堂筋で前世を見てくれた

佐伯チズ似の(笑)上品な中年女性。

 

 

俺の個人的な意見は・・・

 

「あなたの生きたいように生きればいい」。

 

 

 

こうして何度もこの言いたい放題のブログを訪れてくれる

仲間。俺と同じように、見えないが本当に大切なものを

信じていると確信する。

 

ソウルメイトとの出会いも、その一つ。

 

 

これからも、最高の出会いを求める旅を続けていく。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは29件です

  1. 玉木 より:

    おれたちソウルメイトだよなっ!とか気軽に使ってましたが、深い意味があったんですね。勉強になります☆☆

  2. […] ソウルメイトとの出会いも、自分の今までの生き方を考えたり、 […]

  3. […] ソウルメイトとの出会いや死後の魂について広子と […]

  4. […] ソウルメイトとの出会いを話題にする人はいるのだが、 […]

  5. 十河 より:

    今日のタクミさん。昨夜、拓巳さんの出版記念講演会に行ってきました。一般向けの講演会ですが、知った顔がいっぱい。当たり前ですね。内容は、拓巳さんの中学時代から大人まで、そして、出版を実現し、今度の「道は開ける」が完成するまでの話でした。

    多くの気づきがありましたが、特に「心の仕切り直しを、しょっちゅうやりな」という話は、ぐっときました。ココロが乱れたままでチャレンジしてもダメ。いつもいつも、一歩下がってでも、ココロが落ち着いた状態に仕切り直してから、また前に進む重要性を教えてもらいました。僕はいつもいつも、心が乱れたままでも勢いで前に進んでいたので反省です。拓巳さんに感謝。さすが!!

    神田昌典先生からのアドバイスです。

    キーワード:
    成功者の重要な資質の一つは、批判に対して傲慢になれること。

    解説:
    急成長する時は、同程度のやっかみや嫉妬、批判を買う。
    この時に、変に批判者の言うことに気を使ってしまうと、前に進むことができない。この過程では、徹底的に傲慢になることが、成功者の資質として必要になる。

    まさしくですね・・僕はまだまだ、批判されていない。それは、僕がまだまだだからだ。やります、やりますよ。

  6. KONII より:

    私も、この出会いはソウルメイトとの縁を感じます。
    なんかわくわくするものを感じています。

    サポートもいつもありがとうございます。
    メッセージも嬉しいです。

    >実際、俺のブログでは最新記事へのリンクは
    トップページの下の方にひっそりと貼ってあるだけです。

    普通は発見できないような場所に
    ちょっと存在しているだけなのは、
    理想の導線が上記のようなものだからです。

    嬉しいお言葉ありがとうございます!
    そして、お仕事の合間でお忙しいところメール頂き感謝です。

    KONIIさんは南国などでご近所さんになりたいので(笑)、
    是非とも今回でより自由を得てもらえたら嬉しいです。

    ネタ集めやメモ、下書きなどはスマホで可能です。
    細切れ時間や移動時間をうまく利用できる人が結果を出します。
    社会人はPCに迎える時間の方が貴重なので。

    時間的には十分すぎると思います^^記事は毎日投稿できるのがベスト
    ですが、週末にまとめて書いて先の分を投稿予約することもできるので
    問題ありません。

    お会いしたときにも触れましたが、世の中の95%以上のブログは
    うまくいっていませんので(笑)、他のサイトを観ても参考にならないと
    思ってください。

    今回の講座は知識ゼロの人が一からブログで稼げるように、一つ一つ
    具体的にガイドしていきます。

  7. そらはねこ より:

    配偶者もソウルメイト?

    出会ったのは必然?

    友達には素直にそう思えるけど旦那にはどうかな?

    出会った時の気持ちは忘れてしまった。

  8. ayuayumi より:

    旦那もソウルメイトなのかな。今まで会った中で一番心を許せているのはそういうことなのか。また来世でも夫婦になれたら嬉しいなと思ってるのは私だけかな?素敵な話ですね。

  9. しん より:

    初めて会ったのに昔から知っていたような人はいます!

    仲良くなるのも早いですね。

    そのような人もソウルメイトなんですね!

    これからどのような人に出会うか楽しみ!

  10. makostyle より:

    この一生だけで終わると思うと本当に寂しいですし、前世後世があって欲しいと心底願います。残念ながら前世の記憶などありませんが、一度自分の前世を聞いてみると今後の生き方も変わるような気がします。

  11. あお より:

    ソウルメイトって言葉、あまり気にしたことがありませんでしたが、奥深いですね。配偶者や親子がソウルメイト・・・というのは、私の中ですごく納得できるところがありました。また次の人生でも主人と配偶者になれるとしたらとてもうれしいな、と思いました。(笑)主人や子供とは不思議な縁を感じることが多いので、多分そうなのかな・・・とはいえ、私には過去生も分からないので、今生を充実させたいと思います。

  12. いちこ より:

    本をなかなか読み進めないって意外でした!
    読書家なのかな~と勝手に思っていました。
    初めて会ったのに昔から知っていたかのような感覚、がある相手っていますよね。
    なるほど、それがソウルメイトなのか。

  13. テツ より:

    自分の生きたい様に生きればいい、じーんときますね。ソールメイトは、配偶者であるとのことですね。確かに、出会いは必然ですね。

  14. メリッサ より:

    不思議な体験談などが好きなので、ソウルメイトに出会ってみたいものです。
    自分の欠点を刺激して成長し合える仲間が出来たら理想的です。

  15. kuuu より:

    いまの旦那さんと出会ったときのことは鮮明には覚えてないけれど、ある程度の絵はうかんでいます。きちんと覚えておくことも大切ですね。反省…。

  16. なな より:

    一緒に暮らす家族はソウルメイトで、これから先死んでしまってもまた別の肉体にそれぞれ入って生まれ変わり、会うことができるということでしょうか?
    不思議な話ですね。
    初めて会ってもそんな気がしない人は、前世で会ったことがある人なんでしょうね

  17. インコちゃん より:

    配偶者はまだいませんが、この人口が多い中で出会った2人の男女は、まさにソウルメイトなんでしょうね。うらやましいです。輪廻転生ってあると私は思います。たま~に、テレビで見てて、前世の記憶を持った人がいますよね。私も自分の前世が気になるところです!

  18. みーな より:

    私も「人の名前と顔が覚えられない人」です。何回も会話の中で名前を呼ぶというのが書かれてあり、目から鱗でした。そんな簡単な方法を知らないで悩んでいた私は馬鹿でした。今後、実行に移していきます。

  19. 238 より:

    ソウルメイト、いい言葉ですね。とても勉強になりました。私もソウルメイトと出会える日を楽しみにしています。

  20. なみ より:

    ソウルメイト。わたしにとってそれは彼氏だなと思いました。ソウルメイトができると人生が充実したように感じました。

  21. mikako より:

    「あなたの生きたいように生きればいい」か。
    自分の生きたいように生きれない人も、前世からの何かの報い、なのでしょうか…

    あくまで現時点においてではありますが、わたしが自分のソウルメイトと思える人は、確かに、極端な年の差はないですね。

    「昔から知っていたかのような感覚、懐かしさを感じる」
    てのはわたしは、人から言われたことがあります。

  22. TM0323 より:

    ソウルメイト、確かにそういう存在って大事ですね。自分をより高めてくれる仲間、そういう人にいつか自分もあってみたいですね。生きたいように生きればいい。素敵な言葉です。

  23. かち より:

    ソウルメイトということばを今回はじめて知りました。韓国のお店の名前かと思いました。いいことばですね。自分もすでにソウルメイトと出会っているのでしょうか。知りたいです。

  24. あや より:

    私もその上品な女性に過去生を見てもらいたいものです…
    ただ今親交を深めている友人はソウルメイトではないかと
    昔からなんとなく思っていたりもした。

  25. ユウゾラ より:

    本当に友達が少ない私には今ソウルメイトと呼べる人はいません。しかし私を毎日最も身近で支えてくれている家族こそは本当にソウルメイトだと心から思えます。ありがたいことです。

  26. 0617 より:

    不思議な体験談などが好きなので、ソウルメイトに出会ってみたいものです。私もその上品な女性に過去生を見てもらいたいものです…本当に友達が少ない私には今ソウルメイトと呼べる人はいません。

  27. ともねーさん より:

    わたし何かは、娘の幼稚園の時から一緒だった同じ小学校に通っているママさんとの顔が一致していたら、○○くん、○○ちゃんのママって言ってますけど、そうでなかったら、心の中で「誰々ちゃんのママだっけ?」ってなるときがありますね。

  28. うっふー より:

    今回はなかなか難しい話ですね。すごく低レベルな話になってしまいますが、浮気をする人はどの人生でも浮気をするということでしょうか。

  29. オレンジ より:

    ソウルメイトか確信はないけれど両親がそうなんじゃないかなとたまに思うときがあります。でも、ソウルメイトよりは過去生で何度か親子関係だったときがあってそのときも良好な関係ではなくて現生で親子関係をやり直しているような気がしてなりません。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ