日本人がマニラを旅行するときの注意点とは? 


25589211284_1acb6ccd6c_b-300x200

 

 

日本人をマニラで見かけることが、

年を追うごとに増えてきた。

 

あなたも、ここは訪れたい街の一つだろうか? 

 

 

 

 

 

マニラの魅力(事業家や投資家など、多くの日本人が訪れる街)

 

 

下見をすることなく移住した最初の街が、フィリピンのマニラ。

日本人が独りで住んでいると聞くと、決まって不思議な顔をする

フィリピン人(笑)。

 

本当は人より自然の方が好きな日本人である俺がマニラを

選んだのは、cecileやjackie、leeやjeneなど仲の良いフィリピン人が

たくさんいたから。

 

マニラの日本人といえば、駐在員だったりフィリピーナと結婚した

引退後の男性が多いので、40代独身でビジネスをしながら一人で

住む俺は珍しくて面白いらしい(笑)。

 

 

マニラはフィリピンの首都で、18の行政地域を総称してメトロマニラ

(マニラ首都圏)と呼ばれ、マカティはもちろん、ロックウェル、

パサイ、オルティガスやフォートボニファシオグローバルシティなど

発展がどんどん進む地域がたくさんあり、日本人にとっても面白い街。

 

一方でシャングリラやペニンシュラといった高級ホテルがあるかと

思えば、渋滞の車の合間を縫って物乞いをして来るフィリピン人が

いたり。

 

フィリピンのウォール街と呼ばれるマカティのような高層ビルが

立ち並ぶ地域があるかと思えば、スコーターと呼ばれるバラックで

寝泊りしている人がいたり、イントロムロスのようなスペイン占領

時代の面影を残す歴史的な地域があったり。

 

マニラを訪れる目的も、観光、カジノやお酒、女性、ビジネス、

投資など日本人によっていろいろだが、誰にとっても様々な

ギャップと、新興国特有の雑多な雰囲気が魅力的な場所だ。

 

 

 

南国フィリピンで安定収入を

得ながら楽しく暮らす方法

 

 

 

 

マニラに日本人が行くときに気をつけたいこと

 

 

マニラをこれから訪れようとするあなたに、日本人として

知っておいてほしいことをシェアする。

 

 

 

行く時期を考える

 

基本的に航空券が高くなる時期は、12月から3月あたり。

この時期は海外のフィリピン人が帰省で集中するので。

 

またマニラでは、6月から8月あたりまでが雨季になる。

 

外出していても突然の雨に見舞われることが増えたり、

最悪は俺がマラテで経験したように冠水が起きて、雨水が

膝くらいの高さまで溜まって動けなくなることも(笑)。

 

 

なるべくクレジットカードを

 

ちょっとした買い物やチップ用の小銭を持つ場合以外は、

クレジットカードを使う方がいい。

 

というのも、円からペソへの換算レートが場所によって

かなり違う。空港での外貨両替は安全だが、レートが低く、

街中レートは高めだが危ない。

 

 

手荷物に気をつける

 

最近聞いたのが、空港で日本人の荷物に銃の弾をこっそり入れた

空港職員が逮捕された話。もし気づかれないままだったら、この

日本人が逮捕されかねない。

 

特に空港では、手荷物に異物を入れられないように。

 

 

タクシーでの注意点

 

汚いタクシーは止めないこと。

運転が荒かったり、ボられる可能性も高い。

 

メーターの使用を拒否するタクシーからは、すぐに降りる。

 

乗ったらすぐにロックすること。日本と違って自動ではないので、

渋滞や信号待ちの間に強盗が入ってくることを避ける意味で。

 

さらに、空港タクシーは使わない。

 

まだフィリピンを知らなかった頃。空港スタッフが声を掛けて

くるから安心していたら、ニノイアキノ国際空港からU.P.のある

ケソンシティまでで2,600ペソ(約7,000円)取られた苦い

思い出が・・・実際は500ペソもかからない距離なのに(笑)。

 

 

予定があるなら余裕を持って

 

マニラの渋滞はひどいので、車での移動には時間に

相当の余裕を持つこと。雨が降るとさらに遅れる。

 

 

道を聞くときは?

 

道は、街のあちこちに立っている交通整理の人に聞く。

警備員のような恰好をしているからすぐに気づくはず。

 

道を歩いている一般人に聞けないこともないが、

怪訝そうな顔をされるのは覚悟で(笑)。

 

 

スリに気をつける

 

マニラは危ないイメージが強いが、実際には軽犯罪が中心。

そしてこれはフィリピンに限らないが、スリや置き引きには注意。

 

人混みの中、電車の中(マニラには3本ある)、ジープニーに

乗ったときは持ち物に特に注意を。

 

さらにいえば、できれば大金を入れない財布を別で持っておく。

万が一、ホールドアッパー(強盗)に会ってしまったときに

すぐに出せるように。

 

 

ガジェットを人前で出さない

 

フィリピンではスマホやタブレットPCなどは、現金そのものと

同じくらいの貴重品。フィリピン人は大勢の人のいるところで

不必要にスマホを使ったりしないように気をつけている。

 

ついでに言えば、明らかに高価な装飾品を身につけて

街に出るのも避けた方がいい。

 

 

いちいち怒らない

 

フィリピン人は、コンビニでも歌いながら接客する。

不真面目なのではなく彼らの文化というか流儀なので(笑)、

いちいち腹を立てないように。

 

 

チップは気持ちで

 

アメリカのように、フィリピンはチップの社会。ライブバーなどに

行って支払うと、小銭を混ぜてお釣りを出してくるので、気持ちで

何十ペソか置いてきてあげるといい。

 

 

子供にお金はあげない

 

同情してストリートチルドレンにお金をあげないこと。

特に男の子に渡すと、ドラッグの購入につながる恐れがあると

教えてくれたのはフィリピーナの友達。

 

 

お土産をもらわない

 

さっき語った理由で、万が一異物が入っていて空港で止められたら

言い訳ができないから。麻薬なんて入っていたら目も当てられない。

 

 

田舎に行かない

 

マニラから離れた田舎に行くなら、可能な限り現地人と。

 

俺もケソンプロヴィンスでNPA(フィリピンの過激派)と

出くわしたのは、晴天の霹靂だった。あのとき無事だったから

今こうして記事を書いていられるのだが(笑)。

 

 

 

それ以外にも、現地人とトラブルを起こさない、明らかに危ないと

いわれる場所に行かない(日本でも歌舞伎町には行きたくない(笑))、

常識を外れた時間に一人で出歩かないなど、最低限の危機管理を

持って楽しむのは当然のこと。

 

 

 

怖いことも話してきたが、必要以上に恐れることはない。

 

俺がフィリピンを永住先に選んだのも、勢いで決めたことでは

ないから。この最高の南国をモテ仲間と楽しんでいこう。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは19件です

  1. 人類さよなら より:

    他の国をみると、本当にいろいろ考えさせられます。ねたみ、恨み、自信喪失、中流の崩壊、貧富の格差、チャンスの不平等、若者の意識の低下、環境破壊、企業のモラル、本当にいろいろっと。良くしていきます。そうしたい。なぜか。そこには生きる理念があるから。そこには、人間の無限の可能性を馬鹿みたいに信じ続けた僕の思いがあるから。ここに集うみんなは歴史に選ばれた人だと思います。自分の成功だけじゃなく、周りのみんなの、世界中の人たちの幸せを実現するのが僕らの目標です。自分の成功ごときは、まず軽々とみんなで乗り越えましょう。大丈夫、僕らには神様がついています。選ばれし者たちです。その責任をまっとうしましょう。すごいことになりそうですね。これから日本人は、時代を動かすと思いますよ。すごいことになる。絶対僕らはすごいことになる。これは、絶対歴史の必然だと思う!やりますよ!一昨日のマニラのミーティングはまた酸欠状態でしたね。人があふれていた。本気の人だけが残って、もっと少人数になるといいですよね。昨日は僕が担当だったのですが、超盛り上がって、みんな汗だくでした(笑)。ものすごい熱気だったよね。あつくいきます。あついフィリピンで、さらにあつくあつくいきます。

  2. あい より:

    手荷物には気をつけなければならないと思っていましたが、
    まさか入れられるとは思いませんでした!
    お金や生活でも気をつけないといけないことが沢山ありますね。
    分かった上で行って楽しみたいです!

  3. はなちゃん より:

    せっかく旅行に行くなら晴れているほうがいいですよね。

    スリにあわないように自分で対策をしてから旅行を楽しまないと!

  4. ayuayumi より:

    やはり怖い国って本当前もって知識をいれておかないととんでもないことになりますね。下手すれば死に繋がるなんてことも。ストリートチルドレン、そんな悲しいことに使われてしまうんですね。

  5. パンダ より:

    日本がいかに安全かが分かります。悪い人はどこにでもいますね。全員がそうでないとしても、初めての海外は特に緊張しっぱなしでした。みんな悪い人に見えてしまう。

  6. ハナエ より:

    マニラすごいとこですねぇ。。日本人といないとだまされそうだな(笑)先日は台湾ですか、最高ですねー!!いつかご一緒させてください♪「孤独のグルメ」を動画で観て行きたくなりました(笑)。楽しんできてください☆目標の上方修正します^^応援してくださいね!この宣言は素晴らしくないですか?(笑)^^マムと一緒に結果を出して、お友達にもシェアしようと思っています♪そういえば、案内のレターの中に申込先がありますよね、あそこでよかったんでしょうか?10日になったらそちらから申し込みますし、やるべきことは順次メールでお伝えしますので。ご一緒できるのを楽しみにしています。ところで、先日おもしろかったことです。うちの事業家を紹介し、二人の事業家の話す会話に耳ダンボです。焼肉屋「もう、仕事ですごい孤独感を感じまして…。」一億円「そうだねー。でもねー、もっと孤独になるよ。」焼肉屋「えーっ、もっとですかー!」一億円「そうそう。」僕「…(他のビジネスなら成功して孤独でいるほうが難しいのになぁ。)」このビジネスでの成功は、ほんとにバランスがよいとまたまた実感。

  7. cyesyaneko より:

    外国だと気を付けるべきことがたくさんありますね。
    特に海外でクレジットカードは必須だなと感じています。

  8. ユウゾラ より:

    いい情報ばかりでなく、注意すべき情報を提供していただけるのはとてもありがたいです。巷には良い事ばかり強調する胡散臭い情報が溢れているので、悪い情報を教えて頂けると安心します!

  9. あけみ より:

    日本ではかんがえられないような危険なこともあるかもしれないけれど、きちんと対策していけば安心ですよね。

  10. ロック より:

    高価なもの(スマホやPC)はみだらに出してはいけないですよね。後、観光客っぽい雰囲気(いかにも現地に慣れてない雰囲気)をださないように、自然にふるまうことが大切ですよね。やっぱり経験がモノを言うのですかね。日本生まれ日本育ちの私には、大変そうです。その分、魅力があるのが海外なんでしょうね。

  11. TM0323 より:

    真にいらに限らず外国を旅する際には、常に周りに気を付けるのがいいと思います。海外および空港などでは、財布をとるスリがいるので旅行する際には私も気を付けたいです。

  12. 238 より:

    私は海外旅行するのが好きなのですが、やはり注意は必要ですよね。渡航する前に知識をしっかり身につけることがとても大切であると感じます。

  13. しんじ より:

    旅行などどこかに行くときとかイベントとか単純に雨だとテンション下がりますよね!現地に行く時期も検討するべきだと知り、大変参考になりました!

  14. ミルコ より:

    剛に入れば剛に従えってやつですね!
    自分の習慣が世間の常識!ではありませんもんね。
    国々で、生活環境も違い衣食住全てが自分の生活と異なるのが当たり前の様な…ショックの様な、でも!それに順応するだけの強さが大切なんでしょうね(^ ^)

  15. みずか より:

    剛に入れば剛に従えってやつですね!
    自分の習慣が世間の常識!ではありませんもんね。
    国々で、生活環境も違い衣食住全てが自分の生活と異なるのが当たり前の様な…ショックの様な、でも!それに順応するだけの強さが大切なんでしょうね(^ ^)

  16. 小鳥さん より:

    日本人はお金を持っていると思われているので、フィリピンではどこに行っても、最低限言葉を話せなければ、スリにあったり、だまされたりしてしまう可能性も高いので、うかうかしていると危険がいっぱいということですね。もし、行くことがあれば、充分気をつけたいと思います。

  17. 0617 より:

    やはり怖い国って本当前もって知識をいれておかないととんでもないことになりますね。下手すれば死に繋がるなんてことも。ストリートチルドレン、そんな悲しいことに使われてしまうんですね。剛に入れば剛に従えってやつですね!
    自分の習慣が世間の常識!ではありませんもんね。

  18. mini より:

    歌いながら接客なんてなんて陽気なんでしょうか!確かにいちいち怒ってたらせっかくの海外が台無しになりそう。スリは怖いですね〜、やっぱりきちんと対策は必要ですね。

  19. みーあきゃっと より:

    海外の雨季はほんとに嵐ですよね(笑)
    クレジットカード必須なんですね。
    なるほど、ストリートチルドレンにはお金あげてはいけないんですね。かわいそうであげたくなってしまいますね・・・ドラッグは怖いです。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 フィリピン在住の40代独身男。

  現地でフィリピン人の起業

  支援をしつつ、日本人の

  海外移住をサポート。

  東南アジアを中心に世界を

  周ることを日常とする。

DANの半生

    自由への道
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ