現地在住者が語るフィリピンの醤油


 

 

あなたはフィリピンの醤油を

トライしたことはあるだろうか?

 

 

 

フィリピンの醤油がお気に入りだったのは、

西川口に住むモテ仲間のジュンさんだ。

 

 

 

 

 

フィリピンの醤油の魅力

 

 

フィリピン料理が好きな俺と同じあなたなら、

現地の醤油がおそらく口に合う。

 

日本にも在日フィリピン人向けの料理屋はいくつかあるが、

そこでも当然この国の醤油が使われているので、一度足を

運んでみるといい。

 

 

小麦が入っておらず大豆と塩が原料の濃厚な味、そして

臭いもきつめが好きなら、フィリピンの醤油はあなたも

気に入るはず。

 

どこか日本の「たまり醤油」に似ているのが特徴だ。

 

 

このフィリピンの醤油にカラマンシーというフルーツの汁を

絞って一緒に食べると、美味しく食べられるものが多い

フィリピン料理。

 

ちなみにフィリピンの醤油で最も多く見かけるのは

「シルバースワン」というブランド。

 

英語では醤油はソイソースだが、

タガログ語ではトヨという。

 

 

 

フィリピンでのんびり暮らしながら、

美味しい醤油のローカル料理を楽しむ。

場所を問わない収入を手に入れる方法

とは?

 

 

 

 

フィリピンの醤油のマイナス面

 

 

フィリピンの製品というのは当然、日本の物よりも

かなり大ざっぱに作られている。あなたもフィリピン人と

話したことがあれば、これを肌で理解できるはず(笑)。

 

印象としては中国産ほど粗悪ではないが、ショップワイズで

約1,000円で買ったあの扇風機は5日で壊れた(笑)。

 

 

俺が経験したのは、マラテのコンドミニアムにいた頃に

新しく買った醤油。フタを開けて使用後、閉めようとしたら

フタがはまらなくなった。

 

モテ仲間の花木さんを始め、こっちに住んでいる

日本人には意外と知られたことだが・・・

 

 

ちなみにフィリピン料理は日本ではそれほどメジャー

ではないものの、日本人の口に合うものも意外と多い。

 

それは日本と同じように、醤油が料理に

よく使われているのも理由の一つ。

 

例えば焼き魚やバーベキュー、アドボやシシッグ、

パンシットカントンやマミあたりは基本的に、女性を含め

大体の日本人の好みに合うといえる。

 

逆にいえば、栄養があるからと勧められるバロットは

ほぼ全員の日本人が壊滅だろう。俺は丸ごと1個挑戦して

死にかけたが(笑)。

 

 

 

フィリピンのドゥマゲッティでダイビングをいつも

楽しんでいるのは、食べ物に醤油をかけすぎる原山(笑)。

 

OLに副業を教えながらポーランドのワルシャワドバイの旅費

計算し、そのままスプリット観光。俺と同じガチャピン好きの彼は

相変わらず、行動がアグレッシブだ。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは6件です

  1. さおふ より:

    醤油は自分はいつでもかけて食べるタイプです卵ご飯なんか最高ですよねフィリピンの醤油なんて考えたことなかったけどそんな事なんですね面白いのは日本のまだ違うそしてこんなに離れた南国に同じ調味料を使う国があるっていうのは面白いですねでもよく考えれば中国なんかも醤油ですもんねやっぱり味の好みはいろいろありますけど醤油はほんとに取りすぎなければおいしいですしただ塩分のあるやつばっかりをとるとやっぱり怖いことになりますよねチョコボール向井脳梗塞と聞いて驚きましたがやっぱり塩分の取りすぎはいけないんですねやっぱり体に気をつけながら食事を楽しまないと糖尿病になったりしたらおいしいもの食べなくなっちゃったりするし長生きもしたいけど健康に長生きしないと意味ないですよね

  2. makostyle より:

    フィリピンで醤油は意外でした!でも失礼ながらあまりおいしくないものを想像していましたが、本当は日本人の口に合うのですね。フィリピンの料理は食べたことがありませんが醤油味好きの私の口にも合いそうです!

  3. ユウゾラ より:

    醤油のような調味料は日本にしかないと思い込んでいましたがそんなことはないのですね。実は魚醤の味を知らないのでどのような味か想像ができませんが、きっとおいしいのでしょう!

  4. ななママ より:

    フィリピン料理と言われてもコレというものが浮かばないなー。
    でも醤油が使われている料理ならきっと口に合いますね。
    島国だから魚介類が豊富なんでしょうか。一度食べてみたいなー。
    バロット、コワイものみたさで一度食べてみたいかも(笑)

  5. のら より:

    外国を旅行していると日本食が懐かしくなります。日本食で欠かせないのがお醤油ですね。東南アジアには魚醤がありますが、大豆が原料のお醤油があるとは初耳でした。日本のお醤油とはかなり違ってクセがありそうですが、それでもお刺身には合いそうですし、濃厚で香りも強くてこれはこれでいいです。

  6. ニック肉食 より:

    臭いがキツめなら私はフィリピンの醤油好きかもしれません。たまり醤油も好きですし、魚醤なんかのクセのあるのも好きですので、一度食べてみたいと思います。でも気を付けて買わないといけないんですね。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 フィリピン在住の40代独身男。

  現地でフィリピン人の起業

  支援をしつつ、日本人の

  海外移住をサポート。

  東南アジアを中心に世界を

  周ることを日常とする。

DANの半生

    自由への道
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ