アユタヤへの行き方2019版!電車やロットゥー、タクシーや船、バスならどれがおすすめ?


 

 

バンコクから日帰り旅行ができるため、とても人気のあるスポットが

「アユタヤ(Ayutthaya)遺跡」だ。この記事では、2019年最新版の

行き方の詳細をお伝えしていく。

 

 

 

アユタヤへの行き方。電車(鉄道)で行く場合のバンコクからのおすすめルート

 

 

アユタヤはご存じの通り、昔のタイの王朝が存在した場所。

 

 

移動手段としては、ロットゥーバス(乗り合いバス)、

バス、鉄道、船がある。

 

初心者さんへのおすすめ手段は「鉄道」。

リーズナブルでおススメである。

 

 

タイの国鉄はバンコク市内3か所に駅があるが、アユタヤ(Ayutthaya)に行くには、

最寄り駅フアランポーン(Hua Lamphong Station)駅が利用しやすい。

 

MRT(地下鉄)のフアランポーン駅から、国鉄の駅まで直結しているので、

迷わずいけるのは旅行者にはありがたい。

 

 

バンコクのフアランポーン駅からアユタヤまで、

所要時間は約1時間30分である。

 

 

そして時刻表だが、タイ国鉄のHPで事前に下調べをおススメする。

その都度調べる方が一番確実なので、↓下記で事前検索をお願いしたい。

 

(以前、俺が旅行している時に事前に調べて行ったが、

現地での情報と違い戸惑いを隠せなかったことがあった。

 

過去の情報を鵜呑みにはしてはいけないことを学んだ。)

 

↓下記のアドレスで2019年アユタヤ行きの時刻が表示されるので、確かめて欲しい。

http://procurement.railway.co.th/checktime/checktime.asp?lenguage=Eng

 

 

日本と同じように鉄道に種類があるので、紹介しておこう。

 

 

特急Special Express」→ 快適に時間短縮で移動できる。

 

料金が高い(食事付きチケットもある、タイは食事が美味しい)。

料金が確定出来なかった。現地で確認をお願いしたい。

 

 

快速Rapid」→ エアコン付きで寒いぐらい効きが良い。上着が必要。

 

2等席245~バーツ(約810円~)

3等席165バーツ~(約550円~)

 

 

普通Ordinary」→ 一番時間がかかるが安い。エアコンなし。

 

2等席35バーツ(約120円)

3等席15バーツ(約50円)

 

 

その他、車両にも1等2等3等とあり、それぞれ料金が違う。

 

 

乗車チケットは、事前購入も出来るが、

タイの旧正月(ソンクラーン)など以外は当日購入しやすい。

 

俺が旅行した時は、特別な日では無かったため

直ぐに窓口で当日購入できた。

 

 

電車の時間は、時刻表は勿論あるが、現地の駅でちょうどいい時間にある電車を

切符売りの方が英語で教えてくれるので、余裕をもって到着することが大事。

 

日本の様に、きっちりと時間通りには

鉄道は動かないことを肝に銘じておこう。

 

 

また、駅の公共施設では、トイレは有料

だいたい2バーツかかることもお忘れなく。

 

 

 

アユタヤへの行き方。ロットゥーの場合は?

 

 

アユタヤへの行き方はロットゥーを使うとすると、

「BTSのビクトリーモニュメント駅戦勝記念塔の前」と

「モーチットバスターミナル(北バスターミナル)」から出発している。

 

所要時間は、どちらもだいたい1時間。

(道路状況によって変わるので。)

 

 

1日に数多く出ているので、もし乗り遅れても

直ぐに次のロットゥーが来るので安心だ。

 

 

ロットゥーの乗り方は、他の人と乗り合いする車「ミニバン」である。

人数が集まれば出発してくれる。

 

料金は激安で、移動手段として検討する価値あり。

 

※「モーチットバスターミナル(北バスターミナル)」から出発している

ロットゥーのチケット売り場は、いたるところにあり現地に行けば分かる。

 

 

料金は、「大人一人約60バーツ」で大きな荷物を積むなら

別途もう一人分の料金がかかる。

 

 

※①「BTSのビクトリーモニュメント駅戦勝記念塔の前」から出発している

ロットゥーのチケットの売り場は、BTSのビクトリーモニュメント駅3、4番出口

を出てスカイウォークを直進し階段を降りるとある。

 

「AYUTTHAYA」と行き先が書かれているかを

確認したうえで購入すること。

 

料金は「大人1人80バーツ」。

 

 

※② BTSのビクトリーモニュメント駅3、4番出口を出て、先ほどとは違う

逆サイドのスカイウォーキングを直進し、ショッピングモールがあり

左側の階段を降りるとチケット売り場に到着する。

 

こちらも「AYUTTHAYA」と書かれた場所で購入すること。

 

料金は「大人1人60バーツ」。

 

 

なぜ、料金が違うのかは不明。

 

人数が集まらないと出発しないロットゥー、激安移動で

贅沢なことは言えないが、出来たら良い客層と乗り合えたら言うことはない。

 

アユタヤに到着すると、アユタヤ市街のチャオプロム市場近くに止まる。

そこはバスターミナルに隣接しており、わかりやすい場所である。

 

 

移動時間も長時間ではないので、日帰りで観光する日本人も多いのである。

少し足を延ばすにはとても気軽に行ける場所

 

 

 

戦略策定のプロと一緒に人生戦略を作成し、

毎日理想のあなたに近づいていることを実感しませんか?

 

 

 

 

バンコクからアユタヤへの行き方。バス以外にタクシーや船も?

 

 

バンコクでは、タクシーが沢山あり、探す必要もなければ

電話で呼ぶ必要もない。見つけては、運転手と料金の交渉が直ぐに出来る。

 

目安として、路上タクシーは

2300バーツ~3000バーツ(ガソリン、高速代金含む)。

 

 

そこで気を付けることは、路上でタクシーを拾う時は

ガソリン代金と高速道路代金を省いた金額を提示してくる点。

 

 

日本人だと、料金を上乗せしようと企む者もいる。なので、

目安だが、3000バーツ以上の金額提示があれば即断ろう。

 

相場は、大体だが、ガソリン代金と高速料金をたして往復500バーツ程度。

この金額を基準に、現地で運転手と交渉して欲しい。

 

 

タクシーの乗車時間はだいたい、1時間~1時間30分である。

(交通渋滞によりけり)

 

 

別の移動手段は「船」である。

 

アユタヤ行きの直行船はなく、数十キロ手前までしか運航していないので

おススメはしない

 

しかし、片道船のツアーもあるので

船を利用してアユタヤに行くなら、ツアーに申し込むことをおススメする。

 

色々なツアープランがあるので、料金はピンキリだが、俺が調べた結果

所要時間は1日2,500バーツからでだった。

 

 

その他の移動手段は、「バス」だ。

 

バスの発着は、モーチット・バスターミナルとサイタイマイバスターミナルの

2か所から1時間おきにある。

 

運賃は57バーツ。所要時間は2時間ほどかかる。

 

 

 

まとめ

 

 

ここまで、バンコクからアユタヤまでの移動手段をまとめてみたが、

どうだろうか。

 

 

俺の経験からのおススメは、「鉄道」移動である。

 

しかも「普通電車」にぜひ乗ってもらいたい。

 

なぜかというと、市街地から田舎町を通って鉄道が走ってくれるので、

タイ国の色々な顔が見ることができ、面白いのである。

 

 

時間が許すなら、ぜひ旅の醍醐味を楽しんで欲しい

 

俺の場合は、同じく太った猫好きのマイラとのんびり楽しんでいたのに

騒がしいロシア女子2人に列車旅を邪魔されたが・・・(笑)

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ