カナダで起業する方法は?起業ビザは必要?日本人が起業するには…起業家ビザなどポイントを紹介


 

 

カナダは言わずもがな先進国。何も考えず起業などすれば

日本でのビジネスと同様、高いコストに悩まされることに。

 

 

そこでこの記事では、現地で起業する前に

知っておきたいことを語る。

 

 

 

カナダで起業する方法…ポイントは?日本人も起業ビザが必要?

 

 

カナダは先進国の中では、日本人にとって移住しやすい

だけでなく、実は起業もしやすい国。

 

ただし、以下のポイントを押さえておく必要がある。

 

 

パートナーをつくっておく

 

現地では言葉や習慣、法律など様々な違いがあるため、

信頼できるパートナーの存在がよりいっそう重要になる。

 

カナダに関して言えば、特別に外国人に対して起業についての

高いハードルを設けていたり、日本人だからことさらに不利と

いうことはない。あなたに情熱があり、言葉や文化の壁を越える

意思さえあれば。

 

例えば現地で会社を設立する場合、カナダ産業省のサイトで

ダウンロードできる書類をカナダ法人庁に直接提出するか、

オンラインまたはファックスだけで審査を依頼できる。

 

ただ少し複雑になるのは、どのような事業を行うかによって

連邦法人と州法人に分かれたり、連邦所得税と州所得税の両方が

課税されたりする部分。

 

やはり可能なら現地に詳しい弁護士をつけるなど、

パートナーの力を借りて手続きやビジネスを進めることが大切だ。

 

 

ターゲットを明確にする

 

中国人や日本人を狙うならバンクーバーやトロントを拠点にしたり、

また想定するターゲットが外国人留学生なのか現地のカナダ人なのか、

はたまた富裕層を狙うのか・・・そういったことを明確にして起業に

臨むこと。

 

ちなみにカナダではITや技術系へのニーズが高いので、

この部分に質の良いサービスや製品を提供できるチャンスがある。

 

 

カナダの個性に適応していく

 

カナダは移民が大半の国であり、英語以外に中国語やフランス語が

話せると、サービスの幅が広がり起業によるビジネスチャンスも

拡大する。

 

またカナダが面白いのは、それぞれが文化の個性を残して

共存しているという点。

 

日本を含め中華街や韓国街は世界の各地にあるが、カナダでは

より一層その本来の個性を残したまま、現地でそれぞれの人種が

暮らしている。

 

 

 

アジア、東欧、アメリカ、カナダ・・・

起業してどこに住んでも不安のない

安定した経済力と時間を手に入れるには?

 

 

カナダで起業して移住することの魅力

29479620086_372fac85c6_b

 

 

カナダで起業するなら現地に住むのが前提になるが、

アメリカより移民法がゆるく移住しやすいことはありがたい。

 

カナダへの移住を前提に起業した安田。どの国でも、その国の

地域や雇用、経済に貢献した場合は永住権がもらえる可能性が

高くなるので、移住のための選択肢としても賢い。

 

 

ここの良いところは、診療費や治療費が歯医者さん以外は

かからなかったり、車税もなかったりする点。税金は高いものの、

その分ちゃんと福祉が充実しているところは日本との違い(笑)。

 

物価や人件費が高いのはやはり先進国だが、

これはより多く起業で稼ぐしかない。

 

また仕事とプライベートをメリハリよく分ける文化であり、

現地で起業しても日本の中小企業経営者のような仕事漬けにならず、

より充実したワークライフバランスが可能に。

 

同じ北米でも、アメリカより治安がずっと良いのもメリット。

 

何より、本当は人よりも自然が好きで(笑)アウトドア特に焚き火に

目がない俺には、あの大自然は魅力的。あれで刺すような寒さの冬が

なかったら、一度は確実に住んでいたと言い切れる(笑)。

 

 

 

カナダに限らず起業家として起業するには…起業家ビザより重要な知っておきたいこと

 

 

先日、アジアを中心に世界を股にかける

継続経営コンサルタント野島さんが来比。

 

先輩のタクミさんから紹介してもらった彼に、冷えたサンミグライトを

ガブガブ飲みながら(笑)うまくいっている会社のポイントを教えて

もらった。

 

 

スタッフが誇りを持って働いている

製品やサービスの愛用者がそのブランドに誇りを持っている

ゆっくり確実に成長している

みんなが幸せになる志を持っている

目立つより堅実

取引先を大切にしている

安売りではなく適正価格

結果としてしっかり利益を上げている
社内が整頓されていて、特にトイレが綺麗

フロアに植物が置いてある

飲み会や社員旅行など定期的にイベントがあり、それが盛り上がる

公私共に協力し学び合う習慣がある

社員の表彰がある

 

 

海外で起業を目指す仲間のあなたに

一つでも参考になることがあれば。

 

 

 

「カナダで起業?就職じゃなくて?」

 

 

韓国人の友達はとちゃんがバンクーバーにいる間、

カナダ起業を考えているノリの話をスカイプで伝えた時、

彼女は驚いていた。

 

カナダは日本人にも人気の旅行スポットであり

留学先としても定番だが、現地で起業する人は

そう多くないようだ。

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは23件です

  1. cyesyaneko より:

    カナダは映画「赤毛のアン」を観てから、自然の美しさに魅了され、いつか訪れてみたいと思っている国のひとつです。
    住みやすい国ということは以前聞いて知っていましたが、診療費や治療費、車税もかからないなんてかなり魅力的ですね!

  2. りな より:

    最近になって、堅実であることの魅力がわかってきたようにおもいます。カナダの人は真面目で堅実な人が多いと聞きます。

  3. パンダ より:

    カナダ魅力的ですね。
    日本もワークバランスの
    意識変わればいいですね。
    日本で起業=仕事漬けってなりますよね。

  4. みかど より:

    カナダは移民の国なので、日本人もチャンスがありそうですね。英語や中国語もあったほうがいいんですね。とくに中国語は、これからできるとビジネスがひろがりそうですね。

  5. オレンジ より:

    カナダは大自然満載で魅力的だけど冬が寒すぎるのは厳しい。上手くいってる会社のポイントを読んでなるほどと納得です。ワクワクしますね。

  6. ユウゾラ より:

    白人社会に強い憧れを抱く私にとって、特に北米は本当に魅力的です。日本で起業するのも難しいので、今の私では海外で起業するなど夢のまた夢ですが、カナダはその大変さも苦にならなさそうな魅力を感じます!

  7. バルタン より:

    カナダが企業のきっかけになるとは知りませんでした!
    アメリカのイメージでした。カナダを外国人の受け入れがスムーズにいきそうです!

  8. なぎ より:

    やはり仕事をするうえで大事なのは「ワークライフバランス」だと感じます。心にストレスを抱えての仕事は良い結果を残せないと思います。カナダのように治安が良くて福祉医療が充実していれば税金が高くても移住し起業する価値ありそうですね

  9. くすお より:

    カナダは移民大国というイメージがなく驚きました。
    これからの日本もそうですが、英語だけでなく
    いろいろな言葉を話せればもっともっと楽しい
    人生が開けるのではと思います。

  10. いのへけ。 より:

    起業なんてとてもとても。。ましてカナダなんて異国で。これじゃだめなんだよね。この考えで言えば、「こうなりたい」がない限り永遠に成功できないということに。もしあなたが今「こうなりたい!」というものを何も持っていないなら・・・どんなことでもいいので、今すぐ紙に書き出してみてほしい。満員電車でなければ、とりあえずその場でつぶやいてみるのでもいい(笑)。祈ってタクシーを止めた人はいない。どこかに向かいたい時は、手を上げない限りタクシーは素通りしてしまうのだから(笑)。行先に向かう途中で現れる邪魔者には・・・あなたが行先を決めても、タクシーはそこに
    スムーズに向かうとは限らない。

  11. みらい より:

    カナダ行ってみたいです!
    カナダでパートナーさがしは大変そうですね…同じ目標をもつ同じような姿勢のひとを見つけるのって簡単じゃないですね
    移住しやすい国は結構あるものなんですね!夢が広がります!

  12. ゆず より:

    カナダには行ったことはないですが日本より働きやすそうだなと感じました。
    特にいいなと思ったところは仕事とプライベートをメリハリよく分ける文化という部分です。
    日本はプライベートもない職種がたくさんありますよね。やっぱり仕事ばかりを重きに置くのではなくプライベートも大切にしたいですね。

  13. ひかり より:

    ターゲットを明確にすることで
    人が集まってきそうですね。
    日本でもそうですよね。
    幅広くいくのではなく、ここ!ってのがあるといいですね。
    働きやすそうな国ですね。
    日本もそうあってほしいです。

  14. りずむ より:

    カナダはそんなに起業が簡単なんですか?
    でも、どこの国も税金に関しては書類上だけではなく、難しいことが多いんじゃないんでしょうか…
    お金に関しては市や国って凄くうるさいですもんね。
    でもカナダに行けば私も社長になれるんですか?
    言葉が通じないから日本は離れられないですがね。

  15. マックス より:

    カナダというとウィスラーマウンテンをイメージします。起業の前に一度旅行に訪れていたい国です。仮に起業をしようと思い立っても、まず良きパートナーを見つけないと難しいでしょうね。

  16. ルルナ より:

    仕事を再開するにはやっぱり書類関係の手続きは必須でしょうかよね。
    いくらカナダで始める起業は簡単と言っても弁護士さんを探さなくてはいけないですもんね。
    でも良い弁護士さんを見つけるのはどうするんですかね。疑問です。

  17. カオ より:

    カナダは優しい国なんですね、外国で起業したい人にとってはいいところなんですね。福祉の面もしっかりしているようですし先進国は違いますね。

  18. アカ より:

    税金が高い分福祉がしっかりして、医療費がかからないのは魅力ですね。
    永住権の取得しやすいのもまた魅力ですね。
    起業はできませんが移住は可能かもしれませんね。

  19. せるりあん より:

    カナダには滞在したことがありますが、確かに住みやすそうな国でしたね。
    アメリカよりも人が優しく感じ、街の雰囲気もよかったです。
    福祉が充実しているなら、多少税金が高くでも払う気になりますよ。

  20. シルビアン より:

    「うまくいっている会社のポイント」確かにそうですね。
    フロアに植物が置いてあっても枯れかけてたり、社員の表彰をしていてもその賞状ががたがたに壁にかけてあったり、と残念な会社もありますね。

  21. me より:

    いやいや世界を視野に入れると可能性ってどんどん広がるんですね〜!ネット社会は確かに国の隔たりも少なそうでチャレンジしやすいのかも。広い視野大事ですね〜!

  22. 中川創聖 より:

    カナダではフランス系とイギリス系の人たちが混同しており上手く適応されていると本で見たことがあります。カナダはとても魅力的な町ですよね。IT系もとても発展しており魅力的な町ではありますね。

  23. あい より:

    海外で起業をするなら
    カナダも有力候補にあがりそうですね。
    住みやすくて働きやすい場所がいいですね。
    今やインターネットで仕事ができる時代。
    海外で成功している人がすごいと思います!!

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ