インド人の5つの特徴


 

「インド人てどんな人たちだろう・・・」

 

 

 

初めて行くことになった海外の国がインド。

やはり、そこに住む人達には当然興味が出た。

 

何しろ日本ではもともと、たまに行くインド料理屋さんで

見かけるくらいで(笑)現地の人との接点などなかったから。

 

 

 

 

 

インド人の特徴

 

 

インド人でまず有名なのが、時間を守らないこと。

フィリピンタイムと同じくインドタイムと呼んでいる(笑)。

 

ただこれは、日本人やドイツ人などの一部の外国人のほうが

イレギュラーといえる。俺の住むこのフィリピンでも、男女問わず

時間を守らない人が大多数だ。

 

 

ステータスが上でも人格者とは限らない

 

カースト制度で有名なインド。生まれた家庭が社会的な立場にも

影響・・・中には立場が下の人を露骨に見下げている場合も。

 

和光にいた頃、妹のリエが「理研に勤めるインド人が嫌い」と

言っていたのは、彼らのそういった態度のせいだ(笑)。

 

このフィリピンではお金持ちほど人格者が多いが・・・

インドの場合はそうとも限らないところが、この国の人の特徴。

 

 

人のせいにする

 

このフィリピンでは言い訳が多いのは特徴だが(笑)。

 

 

おしゃべり好きだが、人の話を聞くのは苦手

 

まるで動物占いがチータの俺のオヤジのよう(笑)。

 

初対面でもプライベートな質問をガンガンしてくるのも特徴。

アナンドがまさにそうで、渋谷のパンコントマテで初めて食事を

した時はすごかった(笑)。

 

 

ビジネスライクな人が多い。

お金へのこだわりが強いという点。

 

この意識が中国人と似ていて、その中国すら超えるほどの

勢いで経済が伸びている根拠なのか。

 

 

それ以外にも、数字や情報技術に強いのは有名。
愛国心や信仰心が強いこと。

 

マイナス面では、利己的な人が多かったり

計画的に動かない部分。

 

 

広いインドでは、社交性が高い人の多い北部・教育レベルが高く

温和な人が多い南部(ボルボの社員だったバンガロール出身の

エニッドがまさにそう)・せっかちな人が多い西部・・・

 

地域により、ざっくりとこういう傾向がある。

 

 

 

アメリカ人、ヨーロッパ人、インド人、

アジア人・・・各地を自由に飛び回り

世界中に友達をつくる基盤となるのは?

 

 

 

 

あなたは現地でインド人と生活を送れるか

 

 

2012年1月にインドのニューデリーに渡航。その後フィリピンを

訪れ、今はそこに移住して住みついた日本人の俺。

 

女性社会のフィリピンではフェミニストの俺は生きやすいが(笑)、

逆に男性社会のインドではまず無理。

 

 

確かに生活費がまだまだ安いこと、英語が通じるところ、

インド料理が日本でもなじみがある部分はプラス。

 

一方で狂犬病や衛生面などの不安があったり、都市部では汚染が

ひどかったり・・・特に女性については治安の問題もある。

 

場所によってインフラがまだ整っていない

などが不便なところ。

 

インドのニューデリーから香港経由でマニラに入ったなおちゃんが

「フィリピンが人も街も、ずっと良い国に感じる」と言ったのは納得

できる(笑)。

 

 

 

マカティの治安の良さとフィリピン妻の魅力を知り、俺と同じ

フィリピン在住日本人となるべく海外移住の準備を始めたモテ仲間

の安食さんは、インド人のアナンドから天才の習慣を学び始めた。

 

本気の人は、いよいよ動き出している。

ワクワクが止まらず、思わず顔がにやける(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメント1件

  1. きよら より:

    インド時間というものがあるのですね。私はインドにとても興味があり食べ物も好きです。自分が関心を持つ国には一体何が待ち受けているのかとても気になります。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ