インドネシア移住で失敗、デメリットは仕事?インドネシアに住むには…仕事の資格やインドネシア生活費など費用


 

人気のバリなど、インドネシア移住に

関心を持っている人は多いが、失敗する人もいる。

 

 

そう、観光でたまに行くのと住むのとでは天と地の差。

 

移住後に

大きな落とし穴にはまってしまわないよう、

事前に確認してもらいたいことが幾つかある。

 

 

インドネシアでも役立つ英会話の最速マスター法

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録してください。

 

 

この記事で紹介しよう。

 

 

 

インドネシア移住して失敗?移住のデメリットをブログでチェック

 

しかしながら、

インドネシアへ移住の

デメリットもある。

 

年中過ごしやすい気候であり、

物価も安く最適に見える国だが、

失敗談も見ておいてほしい。

 

 

特に治安について、

日本人は隙が多く狙われやすい。

 

夜間の一人歩きは

おすすめできない。

 

 

他にも、医療面でも

まだまだ発展途上である。

 

日本の医療機関のような感覚で受診すると、

ショックを受けることもあって仕方がない。

 

 

食事面では

日本人の口に合うものが

多いと言われている。

 

だが、現地で日本の食品を

手に入れようとすると、

それなりの金額となってしまう。

 

 

非常に魅力的だが、

デメリットもあるのは、

インドネシアに限ったことではない。

 

 

海外への移住であれば、

私達が知らない世界が

待っていることは覚悟すべきだ。

 

 

実際に、インドネシアへ移住した人の

体験が書かれているブログも

参考にしてほしい。

 

 

移住者のブログ

profile.ameba.jp/ameba/eriko-spis-mix

 

 

 

インドネシア移住…インドネシアに住むには仕事の資格は?40代など日本人の仕事

 

次に、インドネシアに移住した

日本人の仕事を紹介しよう。

 

 

インドネシアは

日本人向けの仕事が

とても多いことが特徴だ。

 

 

これは、働き盛りの人が

海外へ移住のパターンも

多いからである。

 

 

多くの日系企業が進出しており、

仕事はたくさんある。

 

待遇も他の国と比べると

随分種類が多く、

充実しており魅力的だ。

 

 

また、インドネシアは

助け合いが当たり前という

思想が根付いている。

 

そのため、見知らぬ

インドネシアに移住しても、

コミュニティが成り立っているのだ。

 

 

大きなイベントや

作業があるときは、

近所の人が助けてくれる。

 

子供の頃から助け合いを

教えられてきているからか、

とても親切にしてくれるのである。

 

 

慣れない地でも

迎え入れてくれる姿勢が、

取っ付きやすいものだ。

 

 

 

インドネシアに移住する費用は?インドネシア生活費は年金で大丈夫?

 

インドネシアへ移住した場合、

物価の安さから

メイドを雇えることも嬉しい。

 

 

メイドサービスは

働くお母さん方の

非常に強い味方となる。

 

 

実はこのメイドサービス、

日本より遥かに

気軽に利用できるのだ。

 

住み込みや通い、コストも

人種やサービスにより異なる。

 

 

日本でメイドと聞くと、

金持ちの家にしかいないイメージがある。

 

周りにメイドを雇っている家庭など、

正直聞いたこともない。

 

 

インドネシアでは、

お手伝いさんやベビーシッターを雇っていることは、

中流家庭ではごく一般的である。

 

 

また、インドネシアは

移住するには物価が安く、

費用もぐっと抑えられる。

 

 

生活費として考えても、

食料品も非常に安く買える。

 

 

年金でも生活できる場所として、

近年人気の場所だ。

 

 

生活するにしても、

約10万円ほどで過ごせるため、

定年後の移住先としても人気がある。

 

 

 

インドネシアに移住する条件!ビザや政策(移住政策)について

 

インドネシアと言えば、広々としており

一つの島で簡単に伝えることはできない。

 

バリ島、ジャワ島、

スマトラ島などが有名。

 

 

非常に美しい海に囲まれ、

南国リゾート地として

日本人に人気だ。

 

 

物価が安く、

移住することにおいて

検討している人も多い。

 

 

インドネシア移住の

条件を紹介していきたい。

 

 

まずビザについてだが、

ビザなしでは30日以内の滞在が前提だ。

 

 

日本人であれば

3ヶ月の滞在を許可される国も幾つかある中、

比較的短いビザとなる。

 

もちろん世界的には

短いとは言えない

一般的な観光ビザである。

 

 

55歳以上が対象となる、

リタイアメントビザもある。

 

1年間の滞在が可能であり、

その後延長の申請をすると、

5年の滞在が可能となる。

 

 

就労ビザももちろん存在するので、

仕事での場合は就労ビザだ。

 

 

移住政策として、

JAMBAL諸島からそれ以外の島々へ

人口を移動させている。

 

そして、その島での

生活の確立を

援助させようとする動きである。

 

ありとあらゆる

島国から成り立つ特有の政策だ。

 

 

注意点として、

そのことも把握しておいた方が良い。

 

 

 

まとめ。物価は安いが治安や医療面は日本感覚では通用しない

 

自分もインドネシアには

何度か旅行で訪れたことはあるが、

気候もよく過ごしやすい国であった。

 

 

物価の安さももちろんで、

高級ホテルに泊まることもできる。

 

日本よりずっと

セレブな気分が味わえるのは間違いない。

 

 

しかしながら、

それは旅行での話であり

移住となれば別だ。

 

 

後悔のないよう、

長期的な目で見て考えてほしい。

 

 

ジャカルタへ移住したのは黒田。

自分と同じく、霊感もないのに輪廻転生を疑わない人(笑)。

 

 

最後に、

 

今の目標があまりエキサイティングではないあなたへ。

 

バイリンガルになって

フレンドリーな社風の会社を増やしていきませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授