マレーシアという海外の知られざる魅力


 

 

海外移住ならマレーシア・・・

 

あなたもそう考えている一人だろうか?

 

 

 

久々に行った海外でマレーシアを選び、クアラルンプールを

訪れ現地からWhatsAppにメッセージをくれた貴子。

 

その満面の笑みが全てを語っていた(笑)。

 

 

 

 

 

近場の海外マレーシアってどんなところ?

 

 

ご存じの通り、日本人のリタイア後の海外移住先候補

ナンバーワン・・・マレーシアは東南アジアでも注目の国の一つだ。

 

年間平均気温も俺が海外移住したこのフィリピンと同様に一定

していて、美しいビーチリゾートに恵まれた国。東南アジアの

優等生シンガポールがこのマレーシアから独立したことでも知られる。

 

 

多くの移民を受け入れている多民族国家ということで、日本人が

移住して現地で生活しても、客観的には違和感なく溶け込む。

 

またそれなりに英語が通じるというところも、日本人にとってプラス。
南国特有ともいえるが、マレーシア人は人柄が穏やかで接しやすい。

 

 

当然ながら、日本の都市部よりも物価や人件費などの

生活コストは大きく下がる。

 

例えば、東京のマンションに住む金額の半分以下で

住民が無料で使えるプールやフィットネスジム、ビリヤード台常設

かつ24時間セキュリティのコンドミニアムに住むことは十分可能だ。

 

 

 

海外移住後も安定して日本円での収入を

得続ける。場所と時間の自由を手に

マレーシアやフィリピンへ行くには?

 

 

 

 

個人的にマレーシアが海外移住の対象にならない理由

 

 

いろいろ魅力はありながらも、いくつかの理由で

この国は移住対象から外れている。

 

 

そもそも、マレーシアの永住権を取ることが残念ながら

年々厳しくなっていること。また人気のMM2Hには、10年の

期間制限があったりする。

 

 

マザコンの俺にとっては一時帰国がとても大切な儀式なので(笑)、

片道7時間以上かかるマレーシアはどうしても遠く感じる。

 

ちなみにフィリピンはその約半分。

 

 

また物価が安いとはいえ、教育費についてはそれなりの場所を

選べば日本と変わらないほどかかってくるというのも難点。

 

 

何よりイスラムの放送が毎日定期的に流れたりなど、日本人に

あまり馴染みのない文化。そして場所によってだが、治安についても

多少不安がある。

 

 

マレーシアに限らないが・・・海外移住するなら、あなた自身は

もちろん、あなたの大切な家族にとってのメリットデメリットを

しっかり見極めて考えておきたい。

 

 

 

海外のビーチにガツンとハマり、ウラジオストク旅行の帰りに

海外から帰国せずマレーシアへ。今はデュッセルドルフ(ドイツ)

に滞在する同じフェミニストの田代くん(笑)。

 

現地では今何を想う?

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ