タイへ移住!タイに住むメリットとデメリットとは?住むには必須、失敗したと後悔しないための必需品や老後の移住生活の資金や年金、仕事や計画…住むならバンコク?移住した日本人はボンビーガールでチェック


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

微笑みの国・タイは豪華な寺院や歴史的建造物が立ち並ぶ反面、

近年経済成長が著しく、都市部は東京顔負けの発展ぶりだ。

そのため、各国からタイへ移住している人が急増している。

 

日本で暮らすなら老後の資金が2000万円問題など、

懸念事項や不安がつのるばかりだが、タイへ移住してしまえば、

その心配はなくなる可能性が高い。

 

そこで今回は、タイに移住するメリット・デメリット

移住に必要な必需品・費用などを紹介していく。

 

 

タイに住むなら必需品は?日本人がタイへ移住するのに必要な資金、費用…老後の生活費は年金でOK?

 

 

タイ移住のメリットはとにかくその暮らしやすさだ。

 

物価は安く美味しい食事が屋台で簡単に手に入るので

自炊をしなくても生活ができる。

 

さらに都市部は利便性が高く、買い物に困ることは無い。

特にタイへの移住は生活費が安くすみ、老後の余生を過ごす場所としてもおすすめだ。

 

 

日本なら年金だけでは生活がままならないが、

タイであれば、十分満足いく暮らしかできる。

 

例えば、タイに移住した際の生活費を、2人で15~20万円もあれば、

プール・フィットネスジム付きの高層マンションに住み、

食事はほとんど外食でも貯金ができるほどの余裕をもつことが可能になる。

 

必要な資金はそこまで多くないということがわかるだろう。

利便性が高く、暮らしやすいタイだが、

必需品としてノートパソコンをもっていくことをおすすめする。

 

1つ持っていれば、当分の買い物をネットショッピングで済ませたり、

日本への連絡はskypeで可能となり、大抵のことはなんとかなる。

移住する際にはぜひ持参していこう。

 

 

タイへの移住条件…移住して住むには仕事とビザが条件?住むならバンコク?移住の計画や移住生活をブログやボンビーガールでチェック

 

 

タイに移住する際の失敗談やデメリットも紹介していこう。

 

やはり、日本よりも治安が悪いことが挙げられる。

財布や貴重品を盗まれ、苦しめられた失敗談は旅行者・移住者ともに多くある。

殺人事件が起こるほどではないが、スリやひったくりは頻発するので注意が必要だ。

 

 

また、タイ移住に必要な条件は仕事とビザである。

仕事はどうすればと不安に思うかもしれないが、

 

バンコクに多くある日系企業のコールセンターなどに就職すれは、

タイで暮らしながら職場では日本語で不自由なく暮らすことができるのでおすすめだ。

 

 

次にビザの件だが、タイには3種類ある。

最長60日間滞在できるツーリストビザ、目的別で最長90日滞在可能な非永住ビザ

 

タイに3年以上働くか、タイ人が配偶者である場合に取得できる永住ビザがある。

目的別に大使館HPで確認し、申請しよう。 

 

ちなみにタイから日本に移住希望の外国人の場合、

貯金が多いとビザが取得しやすくなる。

条件として3000万円以上貯蓄がある人は最長120日の在留期間が認められるのだ。

 

この「タイ移住リタイアメントビザ3000万円」という

ハードルはあまりに高いように思われるが、

1人でなくても夫婦や家族合計の貯金額でも認められる。

 

タイ人で日本に興味があるなら、

計画的に貯金をして期間限定で日本に移住してみてはいかがだろうか。

 

また、タイ移住者のブログもとても参考になるので、

押さえておくことをおすすめする。

 

おすすめブログ:30代後半夫婦のタイ移住ダラダラ日記

30代でタイに移住されたご夫婦の生活をありのままに綴ったブログ。

 

現地観光スポットの記事も多くあるので、

旅行を計画している人も参考になるブログだ。

 

さらに、最近の例でいうと、幸せボンビーガールに出演した女性が話題となった。

タイには花粉もないというので花粉症や

アレルギーに苦しめられている人に最適の国だろう。 

 

 

まとめ

 

 

タイについて調べるほど、魅力が多い国であるということがわかる。

フリーランスだけでなく、

 

老後を考えている人海外生活に興味のある若い世代にも魅力的な国だ。

興味がある方は、ぜひタイ移住を検討してみてはいかがだろうか。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ