人間関係がうまくいく方法(5つのヒント)職場で仕事をする時は?


 

仕事ができる人がうまくいくとは限らない職場での「人間関係」。

 

「明るく笑顔で」「できるだけコミュニケーションをとる」など、

頭ではわかっていてもなかなかできないものだ。

 

 

もっとシンプルで実行しやすい方法を紹介する

 

 

仕事の人間関係でうまくいく方法とは?上司や同僚、部下とのやり取り

 

人間関係は日々のコミュニケーションによってできあがる。

 

コミュニケーションがきちんとできれば、部下は上司に意見や気づいたことを

言いやすい環境になる。

 

同僚とも過剰な競争意識を持たず、協力関係が築ける。

 

 

そのコミュニケーションで最もシンプルなものは「挨拶」だ。

 

ただ言葉を言うだけではなく、出社、退社のあいさつをきちんと相手に

体を向けてする、書類を渡すとき「お願いします」などの言葉を丁寧に

言うことが大切だ。

 

 

そうすれば相手は「自分を丁寧に扱ってくれている認めてくれている」と感じて、

よい関係が作られていく

 

 

しかし、毎日職場で人間関係や周りに気を遣っていると、気疲れしてしまう。

 

手軽にできる自分なりのストレス解消法を持つことが必要だ。

 

 

休みの日に誰にも会わずに一人気ままに過ごす時間を持ったり、

自然や美術、音楽に触れて気持ちやエネルギーを充電したりする時間を持とう。

 

 

職場で人間関係がうまくいく方法を知っている人の特徴。好かれる態度やタブーなフレーズは?

 

職場での関係がうまくいくコツは、褒める:叱る=4:1にすること。

 

悪いことはきちんと注意する一方で、よいところも見つけて褒めるようにすることが

よい関係を築くポイントだ。

 

 

タブーなフレーズは、「ダメだね」「何やってるの」など

人格を否定するような言葉だ。

 

人格ではなくよくなかった部分を指摘するようにしたほうがいい。

 

同僚同士でも、容姿など本人が変えられないことを言うのはタブーだ。

 

 

職場には必ず「人を引き付ける魅力のある人」や「自然に人が集まってくる人

部下に慕われる人」がいる。

 

そんな人たちは、周りに気を遣っているだけではない

 

好かれる態度と舐められない態度を持ち合わせているのだ。

 

 

好かれる態度とは挨拶、そして笑顔

とてもシンプルなことだが、笑顔で挨拶されれば誰でも自分は好かれていると思う。

 

それが挨拶した人に跳ね返って好かれるというわけだ。

 

 

舐められない態度とは、周りを大切にするのと同様に自分も大切にすること、

つまり自分を肯定することだ。

 

 

その結果、自分に自信を持つことができて、人の悪口を聞いても受け流すことが

できたり、自分が批判されてもきちんと受け入れることができるようになる。

 

 

そのためには、自分の時間を大切にすることも必要だ。

 

仕事以外の部分も充実させて、視野を広げておこう。

 

 

まとめ

 

職場の人間関係がうまく行く方法をまとめると、次の5つだ。

 

1.挨拶と笑顔の好かれる態度

2.自分を肯定して自信を持った舐められない態度

3.自分のストレス解消法や自分の世界を持つ

4.褒める:叱る=4:1

5.注意する場合、人格やその人が変えられないことについて言わず、

よくなかった部分について言う。

 

 

シンプルですぐに実行できそうなことばかりだ。ぜひ、やってみてほしい。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ