彼女と話すことがない時の電話やLINEでの対応は?つまらなそう、話す(喋る)ことがない時は無理に話す必要なし?海外に移住した後のLINEについて


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恋人との電話。一般的には至福の時間だと思われているひと時である。

しかし、一定数いるのは、「電話」とか、「コミュニケーション自体」が苦手な人。

 

 

自分は、電話では饒舌になるけど、面と向かったコミュニケーションは

苦手な部類である。

 

電話が苦手な人にとって、恋人からの電話は苦行である。死刑宣告にも等しい。

 

しかし、無視すれば関係にヒビが入ることは間違いない。

どうせならお互い気持ちよく、楽しく話したい。

 

 

そこで、今回は、恋人との電話で、話すことがない時の対処法について

紹介していこうと思う。

 

 

彼女がつまらなそう…話す(喋る)ことがない時に困るのが電話での対応!その対処とは?

 

電話は、相手の反応がわかりにくいのが怖いところ。そんな電話で沈黙が続いて

しまうのは、とても気まずいものである。沈黙が心地いいなんて関係性は

珍しいものである。

 

そこで、この項では、話題が無い時の電話での対処法について

紹介していこうと思う。

 

 

まずやるべきことは、「なんとしてでも話題を探すこと」である。どうやって探すか?

それは簡単で、相手にたくさん質問するといい。

 

下らないと思ったことでも、尋ねたら案外食いついてきた、なんてことも

十分ありうる。そうやって話題を引き出したら、それを掘り下げていく。

 

特に、相手の趣味についてなどがオススメ、なぜなら、詳しいところまで

尋ねられたら、「興味を持ってくれた」と嬉しくなると思うからだ。

 

相手が嬉しそうにすれば、自然に会話は盛り上がっていくと思う。

 

また、自分の悩みについてアドバイスを求めるのもいいかもしれない。

この時気をつけたいのは、相手が話している特は、親身に、真剣に話を聞くこと

である。

 

 

次の方法は、「その日あった一番印象深いことを話す」こと。

 

面白いことがあったときは、真っ先に相手に伝えてみる。

そしてトドメに「一番にあなたに伝えたかった」と言う。

 

恋人からこうやって言われて、喜ばない人間はいないのである。

 

ただし、こういった場面で愚痴はNG

自分の経験で言うと、愚痴を聞くというのは、案外体力を使うものだ。

相手を疲れさせ、嫌な気分にさせてしまう恐れがある。

 

 

彼女が電話で会話がないとつまらなそう。なぜ話が続かない?

 

この「会話」が続かないことについては、実は、男性と女性の「性差」に原因がある。

 

一般的に女性は、おしゃべりが好きなものである。女性は男性よりもおしゃべりが

好きで、おしゃべりの時間を重んじている

 

事実、自分も、友達とのおしゃべりでストレス発散していて、おしゃべり好きである。

 

 

それに比べ、男性はそこまで、「おしゃべりの時間」を重要視していない。というか、

女性のおしゃべりが「コミュニケーション」なのにくらべ、男性のおしゃべりは、

「情報交換」という合理的な目的で行われるとも言われ始末である。

 

「交換するような情報」がないと、話すことがない、と思いがちなのである。

 

 

この辺りの性差を理解しておくと、「情報交換」以外の、「とりとめのない会話」も、

会話として楽しめるようになるかもしれない。

 

 

 

健全で良識のあるあなたへ。

 

小難しいスキルや技術不要で、

最初の1万円を確実に稼ぎませんか?

 

 

 

 

彼女と電話で会話にならないと、会ってもつまらない?

 

コミュニケーション取りたくない、常に受け身…そんな態度を続けていたら、

相手の気持ちも離れていってしまうもの。

 

そんな状態で直接会っても、お互い気持ちがすれ違ってつまらない、ということに

なってしまう。誰でも、自分とコミュニケーションを取りたがらない人とは

一緒にいたくないものである。

 

 

自分は、多少必死な感じがあっても、自分に歩み寄ってくれようとする人には

好感を持つし、もっと話してみたいと思う。

 

 

海外に移住した彼女と話すことがない…ならLINEにしよう!

 

それでもうまくコミュニケーションがとれない時はどうすればいいのか

安心して欲しい、現代には、素晴らしいアプリがある。その名も、「LINE」である。

 

 

「急いで話すことないから、続きはLINEでゆっくり話せないかな?」と言えば、

よほど緊急の用が無い人なら納得してくれるだろう。

 

会話に詰まったら、そうやって一回電話を切って、頭を冷やすのも効果的である。

LINEでなら、返信を考える時間が多少なら取れる。

 

 

ただし、あまり時間をかけると既読スルーだと思われてしまう。会話がひと段落

したら、「そろそろ寝るね」などと言って逃げられて、さらに角も立たないのが

LINEの強みである。

 

ただし、多用すると逆効果である。

 

 

まとめ

 

いかがだっただろうか。会話が苦手、という人は多い。

しかし、大切な人とのコミュニケーションはとても大事なもの。円滑に進めたい。

 

しかし、自分が思うに、一番大事なのは、相手に親身になり、歩み寄ろうする、

そんな態度であると思う。

 

大切にされているということが相手に伝われば、相手との距離は縮まっていく。

 

 

ちょうど、こんなことで悩んでいたのは

同じマザコンの南沢だった(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ