海外移住の準備に最も大切なのは・・・


PAK75_englishchirabaru20141206204205500-thumb-815xauto-5864

 

 

ろくな準備もなく海外移住した俺が「海外移住の準備」を

語るのもナンセンスだが・・・(笑)

 

 

少なくとも、後で困らないだけのポイントは押さえていたと自負する。

 

海外移住はしたものの、VISAの問題、または長期滞在するための

仕事の準備ができていなかったことなどから帰国せざるを得なくなった

人が少なくない中で、こうして移住生活を続けられているから。

 

 

 

 

 

海外移住で大切なのは永住権、安定した仕事の準備、そして・・・

 

 

海外移住するためには、当然ながら現地に住む権利、そして

収入源の準備が必要となる。

 

 

あなたが現地人と結婚する場合で且つ日本の年金をすでに

もらっており、その金額で生きていけるようなレアケースを

除くと(このフィリピンの場合はレアではないが(笑))、

必然的に、長期滞在するためのVISAと仕事を求めることに。

 

海外移住後の仕事として日本企業の駐在員を選ぶなら、VISAの

準備も会社が行ってくれるが、倒産、突然の事務所閉鎖や帰国

命令など、安定した移住生活とは程遠くなるためお勧めできない。

 

また現実的に今から日本人が永住権を持てる国としては、

マレーシアかフィリピン。

 

俺の場合は埼玉の和光からマニラに移った後にクォータビザを

取ることになった。すでに現地に友達がたくさんいて南国生活に

ワクワクしていたから、マザコンの俺の心残りは日本に残した

母ちゃんだけ(笑)。

 

仕事に関しても、現地での起業は様々なリスクからお勧め

できないので、詳しくはニュースレターでリスクのないビジネス

立ち上げの方法を学んでほしい。

 

 

 

俺が実際に日本を出てみて感じたのは、現地人とコミュニケーション

できる最低限の日常会話力の必要性。

 

言葉があまり通じなくても生きてはいけるものの、

海外生活のの楽しさが格段に違ってくる。人はやはり人の中で

生きていくものだから。

 

あなたが仕事で英語や現地の言葉を使う必要があるなら、

それこそ選択の余地すらない(笑)。

 

 

 

海外移住の準備に最も大切な「場所を

問わない安定した仕事」「永住権を取る

方法」を知る

 

 

 

 

海外移住の準備で大切な語学力(なぜ日本人は話せないのか?)

 

 

そもそもなぜ、日本人は英語が話せないのだろう?

 

 

考えてみてほしい。

よく言われることだが、中学・高校・大学とほぼ毎日英語の授業が

あって、あなたは6年~10年は英語を習って社会に出てくる。

 

なのに、外国人を前にするとあなたは急に静かになったり(笑)、

特に白人の前では必要以上に緊張したりする。

 

 

日本で習う英語は会話するためのものではなく、結局、受験や

TOEICなどで高得点を取るためのお勉強。

 

日本人が英語を話せない理由は他にもある。

 

 

 

使う必要がない。

 

島国で世界でも珍しい単一民族の国。

方言はあるものの、基本的に日本語のみ。

 

 

自信がない

 

さっき話したように、会話に必要なリスニングと

スピーキングの練習を、ほとんどしたことがない。

 

 

外国人、特に白人に対する劣等感?

のようなものがある。

 

 

他にもいろいろあるだろう。

 

 

それなのに、日本は今も昔も英語熱国と言われ、英会話を習得

したい人たちの周りに、いろんな教材やサービスが溢れている。

 

できないから、なんとしても話せるようになりたい。

一種のあこがれのような気持ちなのか。

 

 

以前、都市伝説のような話を聞いたことがある。

 

アメリカに戦争で負けた日本に対し、かのGHQが、日本人が

英語を話せないように」戦後の教育方針を決め、それを実行したと。

 

 

これが本当かどうかわからないが(笑)、俺の受けた学校の英語の

授業が、ネイティブとスラスラ英語を話せるようになるためのもの

ではないことだけは確かだ。

 

今日もきっと、英語をマスターしたくて、教材や英会話ビジネスの

中をゾンビのように徘徊する日本人がたくさんいるのだろう。

 

 

 

 

英会話の上達法については、これからも折に触れてシェア

していきたい。パングラオ島にたどり着こうとがんばっている

仲間のためにも(笑)。

 

俺達の目指す未来を達成するために、今日も突き進んでいこう。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは5件です

  1. 青山 より:

    同感です。
    こんなにも時間を費やしているのに、実際にその授業だけでは何も役に立たない…そこから自分で前に進もうと思わない限りかなり厳しいでしょうね。
    学校で習うものは基礎の基礎の基礎で実践といったところなのでしょうか?
    いまさらの語学習得、時間がかかりそうでやる前から諦めてしまう私です。 

    • DAN より:

      分かります。やる前から気が遠くなるんですよね(笑)。数か月後、1年後にちょっとでも話せるようになっている自分をイメージしてワクワクできるかでしょうね^^

  2. ひろ より:

    仕事を行く前から探しておくことが必要ですね。
    行ったものの、途方に暮れるのはいやですね。
    語学力があれば、海外に行ってみたいと思いますが。
    色々と準備が大変そう~

  3. しん より:

    海外生活に仕事、ビザはもちろんやっぱり英語を喋れないと
    生活出来ないですね。
    英語勉強は必修ですね!

  4. パンダ より:

    英語は実践してなんぼの世界だと思います。文法バラバラでも会話は成り立つと思いますし、英検の級が本当に役立つのは、準1級レベルぐらいじゃないと役に立たないかもしれません。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ