職場のストレスを克服する3つの方法


22088610519_0301dfde1e_b

 

 

「職場のストレスがハンパない・・・」

 

 

そう言いながらも、みずほ台にあるその会社の

飲み会に楽しそうに足を運んでいた妹は、やはり

そこにいることを自分で選んでいたんだろう。

 

 

 

 

 

職場のストレスがなくならない理由

 

 

俺の場合も、正社員として勤めた霞が関の監査法人時代は、

職場のストレスとの闘いだった。

 

高校1年の時に初めて経験した松陰神社前の中華料理屋での

アルバイトから、30代まで雇われの仕事を続けてみて分かったこと。

 

職場には必ず1人は、嫌なヤツや合わない人がいる(笑)。

 

 

どの職場でも人間関係の問題やストレスがなくならない理由は、

みんな不満だらけで生きていること、そして彼らの多くに会社以外に

属するコミュニティがなく、持っている悩みが増幅しているから。

 

自宅と会社の往復しかしていない人は、狭いコミュニティの中で

人間関係の悩みがどんどん膨らんでいく。

 

嫌な上司、めんどくさい同僚・・・誰かが気になりだしたら、

家に帰ってもその人のことで頭がいっぱいになる。

 

 

先輩の義行さんの高崎のセミナーでの話が面白かった。

 

彼のイトコが、職場で合わない鈴木さんのことで、

夜も眠れないほど悩んでいた。

 

彼女を手伝って個人事業で独立させた数年後、義行さんが

彼女に鈴木さんのことを聞いてみると、「誰?」・・・

本人が分からない始末。

 

あれだけあの時悩んでいたのに(笑)。

人なんてそんなものだ。

 

 

あなたが今の会社に入ったときのことを考えれば分かるが、

 

「どうしてもこの会社に入りたい」

「会社の理念にしびれた」

「製品に惚れた・・・だから入社した」

「今の仕事に最高にやりがいを感じている」

・・・

 

こういう人はそうそういない(もしあなたがそうなら

とても幸せなことだ)。

 

むしろどこかで妥協したり、たまたま面接が通ったから、たまたま

家から近かったから、そこそこ他より条件が良いから、そういった

程度で入った職場のはず。

 

多くの人がそういった動機で入った職場に、不満や人間関係の

ストレスが起きないほうが不思議。こうした人達が集まっている

職場でお互いのイライラやストレスが消えることは、永久にない。

 

職場は必然的に、どこかで相手のせいにしたり、家庭でのストレスを

持ち込んだりと自然に悩みが渦巻いている場所になる。

 

 

 

職場のストレスから

永遠に解放される方法

 

 

 

 

職場のストレスを克服するには

 

 

自分で選んでいることを再認識する

 

たまたま家が恵まれていなかったから・・・もっといい大学に

入れていれば、こんな会社にもいなかったのに・・・そんなふうに

環境のせいにする癖は危険。自分で今の環境を選んでいるということを

忘れさせてしまうから。

 

人や環境のせいにするのをやめるだけで、

多くのストレスは半減する。

 

人間を最も成長させるもの、それは環境。

これを常にチェックし、選んで変えていく必要がある。

 

今の職場は、ストレスはあっても慣れている分、多くの人にとって

居心地は悪くなかったりする。合っているわけではなく、単に

慣れている・・・まるで日用品のように(笑)。

 

うまくいく人は、今居心地が良い場所ではなく、「自分が本当に

なりたい未来」を見つめ、そこに近づいていける環境を自ら

選んでいる。

 

その新しい環境は最初は居心地が悪いが、なりたい自分にとって

必要だからこそ、適応しようと努力ができる。

 

 

他のコミュニティに属する

 

没頭できる趣味を持ち、仕事は生活のための手段と割り切る。

 

フルさんは宮益坂の職場でいつもいじめられているが、アフター7の

フットサルでドカンと発散している様子(笑)。

 

 

環境を選び、時間の使い方を変える。

これは俺にとって大きな気づきになった。

 

あなたのスケジュール帳を一度確認してみて欲しい。うまくいく人は

入っているスケジュールに優先順位をつけるのではなく、優先すべき

ことをスケジュールに入れている。

 

かの天才アインシュタインも言う。

 

「狂気とは、同じことを何度も繰り返し行いながら

違う結果を期待すること」

 

明日を変えるのであれば、今を変えるしかない。

 

 

副業を始める

 

個人的にはこれを一番おすすめしたい。

人を変えることはできない以上、自分がそこから離れることを

目指し、水面下で動き始めること(笑)。

 

週末起業するのであればWebビジネスが現実的となるが、この時は

必ずメンターを見つけること。あなたの理想のスタイルを生きている

人であり、あなたの話を親身に聞いてくれることが条件。

 

これによって1年後から数年後の未来が開けると、同じ職場で

ストレスを感じていても、見える風景が見違えてしまう。

 

希望・・・それは人からサングラスを取り払い、

同じ日常を違ったものに変えてくれる。

 

 

 

 

俺の場合は、最初は大変だと知りながら誰にも雇われないことを

決意したのも、こうしてフィリピンに単身移住してきたのも、

一度きりの今回の人生を後悔しないため。

 

俺達仲間の目指す未来を達成するために、

今日も共に突き進んでいこう。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは12件です

  1. るい より:

    これをもっと早くに知っていたら、もっと快適に会社で過ごせていたかもしれないのに。
    確かに自分で選んだことだから、納得させなきゃダメですよね。周りや環境のせいにしてたらいつか潰れてしまう。

  2. りな より:

    副業をはじめるのも面白いなと思いました。収入がえられる場所が二つになることによって心の余裕にもつながるのではと思いました。

  3. アダモ より:

    嫌な上司気にしなければいいのに
    頭の中で家にまで連れて帰ってきて、
    その上司に言われたこと思い出して
    しまうんですよね。
    確かに副業すると、気持ちの切り替えに
    なっていいなと思いました。

  4. テツ より:

    嫌な上司気にしなければいいのに
    頭の中で家にまで連れて帰ってきて、
    その上司に言われたこと思い出して
    しまうんですよね。
    確かに副業すると、気持ちの切り替えに
    なっていいなと思いました。

  5. トコウ より:

    自分で決めたんだという自負があれば、ストレスも減りそうですね。主体的な人生を歩んで生きたいですよね。

  6. seyo より:

    職場のストレスこれは半端ないです最近特に強くなっていますあのザビエルハゲのひげ親じとてもきついんです自分にがしがしますストレートについてきますやるところがかなりありますそして毎日口げんかしても部下のいる前ですから大変なことになりますかなり火花が散りますそしてラベルはもいるし自分もいるある意味派閥ある意味戦争ですこの職場のストレスというのは人間をダメにしてきます難しいところが多すぎますストレスの解消の方法がわかればまだいいんですか自分の中では映画を見ることぐらいです後は猫と遊ぶことリサの中でなかなかストレス解消するのが難しいですそして職場にいる時間が長いんですとにかくやはりこれは日本人ですよね難しさがかなりどんどん増幅していきます実際にどういう風に解決すればいいのか

  7. makostyle より:

    胸のつかえがとれたような感じがします。他のコミュニティに属すというのは私に最も必要な事のような気がします。元来友達が少なく、職場の人間としか付き合わずふさぎ込むところがありますので、まずこれを改善します。

  8. シルビアン より:

    職場での人間関係のストレスを発散するためサッカーのサークルに入ったけど、
    そこでも人間関係のストレスがあって、どうしたらいいんだ!?と
    叫んでいた友達を思い出しました。
    今度会ったら、副業を進めてみます。

  9. ひろし より:

    副業を始めると気持ちが楽になりますよね。嫌な事があってもし仕事を辞めざるを得なくなっても他に収入源があるのとないのでは全然違います。

  10. ニック肉食 より:

    明日を変えるのであれば、今を変えるしかない。まさに名言だと思う。そういう意識をするだけでいいんですよね。そしたら世界が変わったような気がしますし。まぁ、本当に変えたければ行動に移す事ですよね。

  11. ユウゾラ より:

    いくつかの職場を経験しましたが、結局その会社なりが嫌になった理由のほとんどは人間関係のような気がします。本当に仕事自体が嫌でというより、上司であるとか同僚との関係に嫌気がさすことがほとんどですね。

  12. しおばなはるの より:

    基本的に自分で選んだのだから、自分のせいですよね。ただ、失敗の全てが自分のせいと思うと、ちょっと精神的に辛い時もありますよね。人生山あり谷ありだから、絶対上手くいかない時もありますから。そんな時は、思い切って他人のせいにしてもいいんじゃないか、と最近思うようになりました。ホントにたまにですが。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ