ホテル暮らしの年収は?ホテル暮らしを2chで。ホテル暮らしは疲れる?住民票は費用の事情をブログで知る


 

ホテル暮らしの年収は、自分の海外での経験では

200万円ほどあれば余裕。

 

ただし、欧州滞在を長くすれば

当然もっと必要になります。

 

 

どこにいても安定収入が得られる方法

 

これを知りたいあなたは

以下より無料情報を請求してください。

 

メールアドレス >

 

 

ホテル暮らしをするためには

年収はいくらあれば可能なのか?

 

 

海外でホテル暮らしをしていた自分が

住民票や費用の実際のところも踏まえ

紹介、検証します。

 

 

 

ホテル暮らしはどのぐらいの年収でできる?実は費用は安い?住民票や必需品はどうしてる?

 

ホテル暮らしを可能にするのに

必要な年収は相当な額になるはず、

と誰もが考えるでしょう。

 

では具体的に

ホテル暮らしの生活を送るには

どのくらいの費用がかかるのでしょうか。

 

 

東京都内の一般的なビジネスホテルなら

一泊1万円ぐらいが相場なので、

一月に宿泊費用が約30万円ほどかかります。

 

これを高いと思うか

安いと思うかは考え方次第です。

 

 

宿泊費用を家賃と考えれば、

ホテル暮らしは確かに

高いと感じられます。

 

しかし、ホテル暮らしによって費用が

かからないものも多いので、その点も

考慮してから判断したほうが良いです。

 

 

アパートやマンションを借りた場合、

敷金に礼金、前家賃や不動産屋に払う

仲介手数料といった初期費用がかかります。

 

更に、家具や家電をそろえたり、

光熱費というコストがかかりますが、

ホテルなら宿泊料金のみです。

 

 

ホテル暮らしの費用のトータルでみると

安いとまでは言えませんが、そこまで

高くはないことに気づくと思います。

 

 

また、長期でホテル暮らしをする場合の

住民票の登録や荷物、郵便物の受け取りは

できるのかも気になるのではないでしょうか?

 

 

実は住民票をホテルの住所で

届け出することは可能です。

 

ただし、生活の拠点が

ホテルであることが

必要条件となります。

 

ホテル側と必ず相談しましょう。

 

 

郵便物や宅配の荷物は

ホテルのフロントに

届けてもらうことが可能です。

 

こちらもホテルのルールを

よく確認しておきましょう。

 

 

移動を前提にホテル暮らしをする場合は、

自分もそうでしたが住民票は

実家で登録している人が多いようです。

 

実家に住民票を置く場合は、

あらかじめ住民票の必要な手続きなどは

済ませておいたほうが良いです。

 

 

特に後で気づいて後悔しがちなのが、

クレジットカードや銀行キャッシュカードの発行、

携帯電話の申し込み、健康保険や納税の手続き等です。

 

忘れずに済ましておきたいところです。

 

 

ホテル暮らしをするための必需品は

それほど多くありません。

 

 

仕事に必要な物や着替えや靴は必要ですが、

そのほかの細々したいわゆる生活に必要なものは

大抵ホテルに備え付けられています。

 

余程こだわりがない限り

荷物は少なくてすみます。

 

 

自分で用意するのでなく、

ホテルのサービスを利用することも

ホテル暮らしのメリットの一つです。

 

所持品を減らして、

物を持たない生活の快適さを

ホテル暮らしでは実感できます。

 

 

 

ホテル暮らしの芸能人や有名人。大学生が1ヶ月のホテル暮らしをするための費用と必需品は?

 

ホテル暮らしをしている芸能人は結構多いです。

 

 

芸能人が暮らすホテルは

宿泊費用が高いですが、セキュリティが高く、

プライバシーが守られます。

 

「有名税」なんて言われるほど

プライベートが晒されやすい

彼らにとってメリットが多いのです。

 

 

セキュリティだけではなく、

ホテル暮らしは有名人や芸能人にとって

利便性が高いです。

 

 

ホテルによっては長期宿泊プランが

用意されていたりします。

 

最近では全国のホテルを定額で利用できる

サブスクサービスもあり、宿泊費用は

かなり抑えることができます。

 

 

ホテル暮らしでは、

宿泊費用以外にかかるコストである食事代や

クリーニング代など考慮しておく必要はあります。

 

しかし、ホテル暮らしで減らせるコストも多く、

以前と比べホテル暮らしは難しいことでは

なくなってきています。

 

 

学生向けの長期宿泊プランもあり、

ホテル暮らしは大学生でも

活用出来る時代になっています。

 

 

1カ月のホテル暮らしにかかる費用は、

サブスクサービスの利用や安いプランを利用すると

賃貸アパートの家賃とほぼ変わらない場合もあります。

 

 

自分がホテル暮らしで

特に気に入っていた点は、

掃除をしなくてもいい事です。

 

 

3~4日に一回、部屋には掃除が入り、

その料金ももちろん宿泊料金に

含まれてています。

 

掃除用具を買う必要も

掃除の時間を作る必要もありません。

 

 

トイレやお風呂などはすぐ汚れます。

 

それをプロが綺麗にしてくれるのです。

 

 

家事が苦手だったり、時間が取れなくても

快適な生活を送れるとあれば、ホテル暮らしを

選ぶ人が増えているのもうなずけます。

 

また、電気代やガス代、水道代などの

光熱費を気にすることも無く

とても快適です。

 

 

更にホテルには生活に必要なものが

ほとんど揃っているので、

ミニマリストにも最適なのです。

 

ホテル暮らしの必需品である

着替えや仕事道具などを入れたスーツケース一つで

ホテルを移動して気軽に生活するのは快適で楽しいです。

 

 

 

まとめ。ホテル暮らしの年収について

 

ホテル暮らしはリモートワークの普及と

ホテルによる宿泊料金のサブスクにより

以前より現実的でお得なライフスタイルです。

 

これからは高い初期費用を払って入居し、

高い更新料払って賃貸に住み続けるより

ホテル暮らしを選ぶ人が増えていくと思います。

 

 

ホテル暮らしを切望する健。

自分と同じく、ガチャピンが大好きです(笑)。

 

 

 

最後に、

 

いつもフレンドリーなあなたへ。

 

このコンサルで、不況を乗り切るための冒険を

安全に乗り切るノウハウを学びませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授