40代の無職はどうする?独身・貯金なしで絶望しているならブログを始めよう


 

 

40代無職、貯金なし」なんてブログ記事は

悲壮感漂う組み合わせだが・・・

 

一口に40代で無職と言っても、人によって状況は様々

 

 

大きく分けると、

 

病気やケガで働けなくなってしまった人

・リストラや会社の倒産などで退職を余儀なくされた

・定職に就かずアルバイトなどを転々としている人

・完全に引きこもっている

 

などがあげられる。

 

 

どのような事情であれ、40代にして無職であることは、

現実として非常に厳しい状況なのは間違いない。

 

 

昨今の平均寿命を考えても、

今後30~40年は生きていかなければならない中、

 

まだまだ若く働き盛りの年代で無職では、

この先どうすればよいのだろう。

 

 

考えれば考えるほど恐ろしい。

 

 

今回はその中でも、「今まで働いてこなかった人」について

考えてみようと思う。

 

 

 

 

 

「40代で無職、独身で貯金なし」なんて絶望的…どうする?

 

 

 

そもそも、40代までこれといって仕事もせずに過ごしてきた人は、

今まで一体どうやって生きてきたのであろう。

 

実家にとどまり、両親の世話になり続けてきたのだろうか。

 

 

しかし自分が40代になった今、

その親世代は当然ながら60代以上。

 

 

この先も今まで通り親の世話になり続けるのは難しいことだろう。

 

 

将来の事を考え、

 

「このままではいけない」

「何とか自分の力で生きていけるようにならなければ」

 

と思っているのなら今すぐにでも行動を起こした方が良い

 

 

すでに十分遅いとは思うが、

それでもこのままの状態で何年も過ごすよりはずっといい

 

50代に突入してしまえば、

それこそ絶望しか残らないだろう。

 

 

 

 

 

40代で無職の男性。女性にも相手にされず、お先真っ暗で死ぬしかない?

 

 

 

では、一念発起して就職活動をはじめれば、

すぐに仕事を見つけることができるだろうか。

 

はっきり言って不可能に近い。

 

ろくに職歴もない40代の人が面接にきたとして、

企業側が積極的に採用する理由がない。

 

いや、面接にすら呼ばれず不採用となることも多いだろう。

 

 

今まで頑張って仕事をしてきた人でさえ、

40代で転職・再就職するのは簡単なことではない。

 

それこそ、よほどのキャリア職能でもなければ難しい。

 

 

企業が40代を採用しようとする場合、

求めるのは即戦力だ。

 

経験もなく、一から教育しなければならないのなら、

呑み込みも早く将来性のある若い人を選ぶ。

 

 

となれば結局のところお先真っ暗だ。

 

仕事にも就くことが出来ず、

高齢の親が力尽きるとともに自分も死ぬしかないのか・・・。

 

 

そんなことはない。

多少なりとも希望はある。

 

 

いきなりゴールを目指すのではなく、

ある程度段階を踏んでステップアップを試みると、

希望が見えてくるだろう。

 

 

 

とりあえずバイトやパートから

 

今までまともに働いたことがない人に、

いきなり毎日8時間・週5日働け、

と言ってもおそらく無理である。

 

まずはリハビリのつもりで、

例え少ない時間でも外に出て働いてみることだ。

 

そして、継続すること。

 

アルバイトでも継続していくことで自信になる。

 

自分も外に出て働くことが出来ると思えば、

働く意欲にも繋がるだろう。

 

また、真面目に働く姿が評価されれば、

アルバイトから契約社員などに格上げしてもらえることもある。

 

 

 

資格を取る

 

就職するにあたっては、

何かしら資格を持っている方が有利になる。

 

一般の資格取得を目指してもいいが、

職業訓練に通うという方法もある。

 

職業訓練には同じように、現在無職の人が集まっているので、

お互いの励みにもなり、意外と楽しく過ごせたりもする。

 

 

また、訓練後の就職支援をして くれるところもあるので、

上手く活用できると就職にも繋がるだろう。

 

 

ただし、本気で社会に出て働くという意思が必要である。

 

 

中途半端な気持では面接で何度も落とされる

就労先で厳しくされるなど理由をつけては挫折し、

また元の生活に戻ってしまうことになる。

 

 

今まで働いてこなかった分、

他の人よりもずっとしんどい思いをすることを、

覚悟しなければならない。

 

 

 

本質的な学びを求める賢明なあなたへ。

 

ビジネスコンセプトを見直し、

顧客を魅了するビジネスを構築しませんか?

 

 

 

 

40代で無職。楽しく生活する決め手は、再就職よりブログ?

 

 

残酷だが、そんな方法はないと言いたい。

 

親が資産家でこのまま一生働かなくても生きていける。

という人ならば別だろうが・・・

 

そんな人はめったにいない。

 

 

独身かどうかに関しては、

一人の方が気楽でいいと考える人もいるであろうから、

本人次第で楽しく暮らせるとは思う。

 

 

しかし、”無職で”というのは到底難しい。

 

そもそも完全無職で無収入の人が、

どうやって生きていくのか。

 

衣食住さえ確保できないはずだ。

 

楽しく暮らす以前の話ではないのか。

 

何かしらの収入がないと生きてはいけないのだ。

 

 

幸い今の時代、

外に働きに出なくても収入を得る方法はある

 

クラウドソーシングも普及してきているし、

ブログやアフィリエイトで広告収入や紹介料を得ている人もいる。

 

これも立派な仕事。

 

 

安定した収入を得られるようになるには努力が必要だが、

外に出て働きたくはないという人には試す価値はあるだろう。

 

 

何にせよ、自分の力で稼ぐということが必要である。

 

それが出来れば生活は楽しくなるはずだ。

 

 

 

40代で無職と聞くと、それだけで悲壮感が漂いそうだが・・・

過ごし方は人によって大きく変わる。

 

そんなシチュエーションを思いっきり楽しんだり

最大の好機に変えた人も少なくないという事実。

 

 

40代で仕事を失ってもピンチではない、

マイナス面ばかりではないという事実を伝えたい。

 

 

 

 

 

40代で無職になったら?理想の過ごし方を伝授

 

 

まずは、本当にやりたかったことを始める。

 

特に今までとにかく忙しかったあなたは、

時間がないとできないことを思いきって始めよう。

 

正社員や職種にこだわらなければ、シニア向けの仕事など

大都市はもちろん、地方都市にはいくらでもある。

 

ワクワクできることを見つけたら、

それが仕事への励みになる。

 

 

次に、誰かのために生きてみること。

 

中村さんには、自分に夢がなければ

目の前の大切な人を喜ばせるといいと教えられた。

 

あなたに家族があればパートナーや子ども、

独身なら親や身内、大好きな友達・・・誰でもいい。

 

 

最後に、個人的におすすめなのが

自分のライフログを残すこと。

 

おすすめは、さっきも語ったようにブログ

40代なら、何かしら書くことがあるはず。

 

これをビジネスブログとして運営すれば、

老後の準備も一緒にできて一石二鳥だ。

 

 

 

 

 

40代無職の人たちのよくある過ごし方

 

 

40代で無職になると、とにかく

どん底の気分に浸る人が多い。

 

収入がないから動けないのはもちろん、

仕事がなくても気楽な20代と異なり

世間体も気になるので、あまり表に出ず引きこもりがちになる。

 

 

SEの仕事でパワハラに遭いメンタルをやられたシゲ。

彼がしばらく生活保護で暮らしていたことがある。

 

彼の場合も、コンビニと近くの公園と自宅の三角地帯以外は

足を運ばなくなっていた。

 

 

独身の場合は家族がいる同世代と比較して自分を卑下し、

将来に絶望する。

 

結婚していれば妻子を支えなければならないプレッシャーに

押しつぶされそうになり、家族からの冷たい視線が向けられる。

 

いずれにしても、精神的に相当きついのは確かだ。

 

 

ここで必要なのは、やはりメンタルの切り替え。

 

起きるすべてのことには意味がある。

この40代で無職になったのも、意味がある。

 

そうであるなら、さっき語ったように

ポジティブで有意義な過ごし方をしてほしい。

 

 

 

 

 

まとめ。40代で無職になったら「過ごし方」が大きな分かれ道

 

 

結局は、同じ40代で無職になっても

考え一つで過ごし方、そしてその先の未来が変わる。

 

 

あなたがもし40代で仕事を失ってしまっていたら、

どうかこれをチャンスと捉えてほしい。

 

後で振り返ったときに「あの出来事は意味があった」

そう思えるように、後悔なく動ききってほしい。

 

 

40代にして未だニートを続けているあなた。

 

今の暮らしをこのまま続けていくのか。

いや、続けていくことができるのか。

 

 

先の事を考えると悲観し絶望してしまうこともあるだろう。

 

しかし、行動を起こせば希望を見出すことができる。

まさに、俺と同じマザコンの小宮山がそうだった。

 

 

現状に少しでも危機感をもっているのなら、

すぐにでも行動を起こすべきだ。

 

手遅れになる前に。

 

もちろん、これは自分自身にも言い聞かせている(笑)。

 

 

この先の人生はまだまだ長い。

 

自分で生きていける力を身に付け、

ニート生活から脱却できる人が、

一人でも増えることを願っている。

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ