努力の継続という新時代の常識


23100385209_fa8dc4b6fb_b

 

 

これを読んでいるあなたは、努力の継続は得意だろうか?

 

 

 

 

俺はといえば・・・

 

興味のあるなしがはっきりしているが(笑)、

好きなことなら努力感なく継続できる。

 

 

 

 

 

結果を出すために努力の継続が必要なもの

 

 

勢いだけでは不十分で、結果を出すために継続的な努力が

求められる代表的なものが、ダイエット語学のマスター

そしてビジネス

 

これらには難易度に優劣は付けられず、人によって得意不得意がある。

英語が話せてもビジネスができない人はごまんといるし、あの本田健も

ダイエットはいまだに不得意(笑)。

 

 

この3つは、凡人でも努力を継続すれば結果を出しうることは

想像できるだろう。

 

これに対して、常人ではとても考えられないようなことも、努力に

裏打ちされたトレーニングや習慣を継続することで、人は別人に

変わることができる。

 

そのいい例が、レーシングドライバー。

 

以前中継されていたツインリンク茂木のカート選手権決勝を観て、

高1のときにオヤジがとってくれたF1鈴鹿グランプリのチケットを

持って、一人で三重に乗り込んだときを思い出した。

 

あのときは爆音の轟くサーキットに着いた瞬間にデッキシューズの

つま先が開いてしまい、慌てふためいたが(笑)。

 

最高時速400km弱の世界を車載カメラで見ていると、生身の人間が

それに適応できるようになるとは、到底思えない。

 

さらに過酷なのは、戦闘機のパイロット。時速500kmの世界、そして

急上昇時には10Gもの重力に耐えて空中戦を行うなんて、想像すら

したくない(笑)。

 

 

 

 

 

これからの時代の「努力の継続」

 

 

霊感はないが(笑)、生まれ変わりや

神の存在を信じて疑わない俺。

 

そしてもう一つ信じているのは、

 

継続した努力は必ず実る

 

いうこと。

 

 

先輩の薫さんはこう話していた。

 

「努力すれば成功するとは限らないが、成功者は皆、努力家」

 

 

この言葉をもらったとき、腑に落ちかなかった。

 

「努力は必要だが、成功の十分条件ではない?

結局、努力しても報われない場合もあるってこと?

 

それなら、努力へのモチベーションは下がるだろ・・・」

 

 

それから数年経ち、スポーツや英会話、様々なビジネスを通して

今、確信していること。

 

「正しい方法で」続けた努力は、決して裏切らないということ。

 

 

ここでいう「正しい」というのは、本物であることはもちろん、

ゴールへの希望を与えてくれるというのが条件。

 

これさえやっていれば必ずたどり着ける、という安心感。

希望があれば、ワクワクしながら継続できる。

 

この状態の努力は、はたから見たら大変そうでも、本人にはまるで

努力感がない。なぜなら、達成できるという確信があるから。

 

そして人は、ワクワクしているといろいろなアイデアが降ってくる。

それを淡々とこなすことも、やはり努力とはいわない。

 

ビジネス初期からお世話になっている宮谷さんは、

こうした状態を形容して

 

「ひらめきの奴隷になる」

「シンクロの応酬」

 

と語った。

 

 

昭和の時代の努力といえば、イメージとしては根性、血と汗と涙(笑)。

 

時代は新たな要素を伴って繰り返されると言われるが、

これからの時代、多くの人が継続できるのは、努力感のないことだけ。

 

 

 

 

 

本当の努力のしどころは?

 

 

ここで勘違いしたくないのは、何かを始める初期の段階では

やはり、意識したり努力をする局面があるということ。いきなり

手放しで事は運ばない。

 

具体的には、興味のあるフィールドを探す努力

そしてそれを好きになる努力

 

努力感のない行動を継続する大前提として、そもそも

目指すものを間違えないこと。フィールドを誤ると、努力を

継続してたどり着いても、後悔が待っている。

 

俺の場合は、虎ノ門の監査法人時代に働きすぎで失明しかかったり

顔面神経痛になった諸先輩達を見ていたことで、本当に望む生き方を

しっかり考えることができた。

 

時間と収入が伴い、場所も自由になるWebビジネスを

選んで正解だった(笑)。

 

 

自分がワクワクするフィールドで本物のメンターに会い、

正しい努力を継続すれば、必ず結果が出る。

 

だから求められるのは、

 

正しい情報を集める努力

楽しんでいる人に会いに行く努力

自分の発想や考え方を変える努力

 

この期間に自分を成長させることで、人生の豊かさの意味

知ることができるようになる。

 

そして具体的な行動が習慣化するまでは、3週間

この期間の努力はやはり必要になる。

 

 

 

 

 

 

ここに集う仲間は、ただ歯を食いしばって不毛な努力を

続ける集団ではない。

 

「どうなりたいか」を常に自分に問いながら、

共に努力感なく行動を続けていきたい。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメント1件

  1. […] 彼曰く、会話が上達するにはただ努力を継続するのではなく、 […]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ