40歳までに起業するためにしておきたい5つのこと


23707323102_35ef1cdf0d_b

 

 

40歳が起業するかどうかの節目」

 

 

 

 

40歳という年齢が、起業や独立にとっての一つの

目安という考え方がある。

 

起業はさておき、40歳は人生の半分近く。

この区切りに組織を離れてチャレンジするか、それとも守りの

人生を続けるか・・・多くの人がそう考えるのは自然なことだろう。

 

特に男性の場合は。

 

 

 

 

 

26歳で起業、40歳を前に移住

 

 

フィリピンに遊びではなくビジネスで通っていた俺はこの南国が

とても気に入り、母ちゃんの住む和光から離れて住むのに抵抗が

ありながらも、移住を決意した。何しろマザコンなので(笑)。

 

日本に飽き飽きしていた俺は、海外という非日常が刺激的で

楽しく、その新鮮さは数年たった今でも変わらず続いている。

 

それを可能にしてくれたのは、26歳で自分のビジネスを持ち、

「どうしたら、どこに住んでも収入が入り続けるか?」を

習慣的に考え、求め続けていたこと。

 

あのときの起業なくして、40歳を前にした海外移住はなかっただろう。

 

 

今ニュースレターを通じてこのフィリピンやその他の海外に

移住したいという仲間をお手伝いできているのも、あのときの

小さな決断があったから。

 

「セブに移住しますので、1年待っててください!」

 

だいぶ前に岡崎で会った淳も、そう言ってくれている。

また楽しみが増えた。

 

 

 

 

 

40歳の起業のための準備とは?

 

 

新倉小に通っていた頃。

世界は、もっとちゃんとしていると思っていた(笑)。

 

今は、世界の変化がすぐに生活に影響するほど不安定な時代。

 

それを回避するには、自己防衛の経済力以外にない。会社からの

1本の収入で家族を支えるのは、実際かなりリスキーな選択肢。

 

40歳を待たずに副業として何かを始め、安定したら改めて

組織を離れて起業するなど、できることから手を打っておきたい。

 

 

そのためには、40歳までに何を準備しておけばいいのか?

実際の起業までに実践し、習慣化しておきたいのは?

 

 

秋の収穫は、春に稲を植えた人のみ。どんな立派な言い訳を

並べても、植えなかった人が収穫を迎えることはない。

 

夢は、準備ができた人から順番に叶う。

 

 

 

本当に大切にしたいものを明確にしておく

 

自分の時間

家族との時間

物を所有する喜び

経験欲

仲間と盛り上がること

仕事の達成感

・・・

 

人によっての至福の瞬間や、本当に大切にしたいものの

プライオリティは異なる。

 

40歳までにそれを自分の中で明確にしておくことで、起業によって

それをさらに大切にできるのかどうか判断でき、もしそうなら

チャレンジすることへの強いモチベーションにもなる。

 

 

良い環境を見つける

 

うまくいっている人は、うまくいく環境をつくるのがうまい。

 

環境9割の言葉のように、良い環境の中にいると、その人の実力や

努力を超えてうまくいってしまうという事実。逆もまた然り。

 

司法試験で切磋琢磨し合っている受験仲間がみんな一斉に合格し、

傷を舐め合っている者同士がなし崩し的に落ちるのも、環境が

大きく影響している証拠。

 

特に40歳までに良いコミュニティに出会うことができたら、

起業した後の人生が楽しくなることは間違いない。

 

 

健康面への対応

 

40歳は、健康面で今までの不摂生のツケが回ってくる怖い年齢。

 

起業しようにも、メンタルやモチベーションに大きく影響する

体が充実していなければ、チャレンジどころの話ではない。

 

正確な情報を得て、健康面での充実をいっそう図りたい。

 

 

ポジティブシンキング

 

人の人生を大きく動かしている、潜在意識。

 

要は「無意識にインプットされたことが現実になって起きてくる」

という科学的な検証結果があるわけだが、この潜在意識による

思考の現実化が加速するのが、40歳前後だといわれている。

 

周知の通り、潜在意識は「良いこと」「悪いこと」を区別せず、

機械的に冷徹に、インプットされたことを現実化する。

 

普段から愚痴を言ったりネガティブなことを考えている人は、

望まない現実が、ポジティブな言動の人はより望む現実が

起きやすくなってくる。

 

40歳までには特に、強引にでもポジティブシンキングを習慣に(笑)。

 

 

ネットの活用

 

2000年初頭からの十数年で、ネットショッピングの利用者が

5倍以上に増えているという統計がある。確かに、Amazonなどで

買うことは日常になった。

 

そしてネットは、起業の敷居を大きく下げてくれている。

店舗や在庫も不要にし、都市部と地方の差もなくし、さらに最近では

高齢者の利用も多い。国内だけでも、ネット利用人口は100万人以上。

 

ネットを利用する人、特にGoogle検索を上手に活用する人ほど

年収が高いというデータもある。

 

情報源に注意することは考えながらも、起業に向けてネットを

活用していく意識は持っておきたい。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは4件です

  1. まみ より:

    40歳というのは遅いイメージでしたが
    節目として大切なのですね!
    勉強になりました。

  2. […] 40歳までには起業したいと思っていた俺は、26歳で […]

  3. […] 40歳までに起業したいと思っていた俺は、それまで興味のなかった […]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ