魂レベルを上げるための人生の仕組みとは?


 

 

「あの人は魂レベルが高い」

 

 

日本人の間ではあまり一般的ではないこの言葉が、

俺の周りのモテ仲間の間ではよく交わされる(笑)。

 

 

日本では、その意味も分かっていないちょっとした言葉が

簡単に流行る文化。「あの人はオーラがある」などもその一つ。

 

モテ仲間が違うのは、魂と人生の仕組みを深く理解していること。

先日も一時帰国した和光市駅前のロイヤルホストで、大さんとその

レベルの話で盛り上がった。

 

 

 

 

 

肉体が滅びても消えない魂。そのレベルを上げることが人生の目的

 

 

日本は、無宗教の人が多い珍しい国。

 

ただし様々な文献を読んだり古い人の話を聞く限り、昔は

見えないものの存在をもっと信じ崇め、リスペクトしていた。

 

なぜこう唯物論的になってしまったのか分からないが・・・

 

 

俺が魂レベルと人生の仕組みを学んだのは、

飯田先生の「生きがいの創造」。

 

かいつまんで離せば、人はボディスーツのように肉体をチェンジ

しながら、体を持ってしかできない経験を重ね、魂のレベル、

意識のレベルを成長させていく。

 

その意識自体は死ぬことはなく、平均80年ごとのタイミングで

中間生(いわゆる「あの世」)から肉体に生まれ変わることを繰り返す。

 

極端にいえば、魂レベルが完璧になったら

その成長の必要はないので、生まれ変わることもなくなる。

 

犯罪者は当然として・・・いつも人の悪口や噂話、陰口など

ネガティブな言葉が習慣になっている人、妬みや嫉妬心の強すぎる

人は、これから魂をもっとガツンと成長させる必要がある、という

レベルにいることの証だ。

 

 

 

 

 

魂レベルを上げるためのシステム

 

 

魂レベルを上げるために、呼び方は自由だが「創造主」「神様」が

つくったこのシステム。もともと、人生の計画はあなた自身がしている

にも関わらず、肉体をまとうタイミングではその記憶は消されている。

 

だから、例えば物心ついてひどい親だと分かった時

「なんで自分が?」・・・そんな気持ちになりやすい。

 

思い出したいのは、あなたが魂の成長を図るために、その親を

選んで生まれてきたということ。意識のレベルアップのために

自らその選択をしたという事実。

 

 

また、身体に障害を持ったり大きなハンデとともに生まれて

くる場合。これは、生まれた時点ですでに魂レベルは相当高い。

 

もともと和光にいる優しい母ちゃんのおかげで、差別など持たずに

育てられたマザコンの俺は彼女に感謝しているが(笑)。この事実を

知ってから、障害を持った人に対し尊敬に近い気持ちが生まれた。

 

もしあなたにハンデがあったり、

困難な状況に生まれた宿命なら・・・

 

あなた自身がそれを選んできたということ、そしてあなたは誇り高い

魂のチャレンジャーだということを思い出し、自信を持ってさらなる

レベルアップを続けてほしい。

 

 

25261473743_ece0fedd8d_b

 

 

プロフィールを見てもらえば分かるように、

人生の挫折ネタには事欠かない俺(笑)。

 

 

もし今あなたが人生で挫折を感じているなら、

冗談抜きで、その気持ちが刺さるほど理解できる。

 

俺はその人生の挫折から、どうやって這い上がったのか?

 

 

 

 

 

人生初の挫折

 

 

思えば実際の人生初の挫折は、3歳のとき、実家の隣のアパートの

2階の階段の上で、1つ上の悪ガキかずおに背中を押されたときだった。

 

持っていた何個もの超合金のおもちゃとともに階段を転がり落ち、

下のコンクリートに頭を強打して、白目で泡を吹いて失神。

 

頭蓋骨骨折の重傷ながら一命をとりとめたが、大人だったら

全身複雑骨折で死んでいた可能性が高かったそうだ。

 

 

ただしこれは3歳当時のことで、幸か不幸かその記憶が一切ない(笑)。

よって俺の人生最初の挫折の記憶は、ヤマ中に通っていた14歳の頃に

さかのぼる。

 

マザコン、究極の人見知り、ネガティブ思考、神経質・・・

魅力的な人の特徴が1ミリもなかった俺(笑)。

 

そんな中で、仲間とのたわいないいさかいをきっかけに、

クラスのみんなから無視される毎日が始まる。

 

卒業までの1年半、せめてクラス替えまでの半年・・・

ひたすら、それまでの残り日数を孤独に数える日々だった。

 

 

 

自由な時間と安定した経済力、信頼できる

仲間を得る過程で楽しく魂レベルを上げて

いく場所

 

 

 

 

人生で起きてくる困難に立ち向かい、挫折を超えてこれたのは

 

 

人生では、驚くほど次々に予想外のことが起こり、立ち止まると

瞬く間に、挫折に打ちひしがれることになる。

 

 

俺も中学の一件以来、その後の人生の中で、受験の失敗から失恋

果ては離婚や事業での挫折まで、本当に多くのトラブルにぶつかってきた。

 

こうした中、一つの人生を変えた知識と出会う。

 

 

その後の挫折からのリカバリーに大きく貢献してくれたのは、

 

人生は全てはうまくいかないが、

ある一定の割合はうまくいく

 

そしてこの一定の割合をうまくいかせるためには、それ以外の

ことに意識を向けてみることが、挫折を超えることにつながると。

 

 

人には、いつも気にかかっていることがある。

 

例えば仕事。

例えば、片想いの相手。

例えば、子供のこと。

 

この気になることとは別のことに、意識を向けて日々過ごしてみる。

新しい趣味やエクササイズ、ボランティア活動を始めたりなど。

 

そうするとなぜか仕事がうまくいくようになったり、

子供が心を開いてくれたりする。不思議なことに。

 

 

俺も性格上、悩んでいるそのことに意識を向けて何とか解決しようと

融通のきかないことを続けていたが、ほとんどうまくいかなかった(笑)。

 

俺の場合は人生やビジネスを通して、自分のことではなく他人の

お手伝いや励ましに意識を向けて動くようにしたら、自分の抱えていた

悩みは消え、挫折から復活していた。

 

 

あなたも何か自分の問題を抱えていたら、そんなときこそ執着を

手放して、他の人に意識を向けてみよう。「あの悩みはなんだったんだ」

と思えるような、すがすがしい自分に会えるのはそう遠くない。

 

その問題以外の気になることを増やすと、問題は勝手に解決して

うまくいき始める。

 

皮肉だが、どうやらそれが人生の真実。

 

 

俺達モテ仲間の目指す未来を達成するために、

今日も大切な知識を小さな行動に変えていこう。

 

 

 

 

あなたは「人生が変わる行動」を意識したことは?

 

 

俺の場合、最も大きなきっかけになったのは

26歳で入所した虎ノ門の監査法人。

 

そこでの仕事が本当に嫌だったこと(笑)。

 

 

 

 

 

人生が変わる4つの行動

 

 

人生が変わる行動として俺が最もおすすめしたいのは、

付き合う人を変えること。

 

チャンスは人が運んでくるので、

付き合う人を変えるとチャンスの質も頻度も

自ずと変わる。

 

 

次に、生活の時間配分を変えてみること。

 

特に男の人生でのそれなりに大きな賭け、

例えば転職をしたり自分でビジネスを始めると

この時間配分が否応なしに変わることがほとんど。

 

 

さらには、住む場所を変えるのも一つの方法。

 

恵比寿のボロアパートから品川駅直結のタワーマンションに

移って以来ツキが続き、あげまんの芳子に出会えて

さらに人生がガツンと加速したのは謙太郎だった(笑)。

 

 

最も手軽なのが、良い本を読むこと。

 

人生のおけるチャンスの貴重さを知りたければ、 
あなたの意識が変わるような偉人の話を読んでみるといい。

 

 

 

 

 

人が変わる人生の出来事

 

 

それまで適当に生きていた人でも、人生を真剣に考える

きっかけというものを何度か経験する。

 

 

まずは、人生において重要な位置づけにある

「お金」でトラブルになった場合。これによって

大切なことに気づき、状況が変わることが多い。

 

先輩の増田さんは、お金があれば自己保存ができるので

最悪なんとか生きていけると話していたが・・・

 

お金で愛は買えないものの、人に余計な迷惑をかけず

生きていける上、他人を助けたり生活や命を守ることができる。

 

 

そして健康を害してしまった場合。

 

大きなケガや病気は自分自身はもちろん、

それが身近な人に起きた場合にも大きなインパクトが。

 

 

そしてやはり、人生においては人間関係でのトラブルが

変わるための大きなきっかけになる。

 

特に恋愛、そして友人関係でトラブった時。

職場の人間関係の問題で、今までの意識を改める人もいる。

 

 

人生が変わる機会は自らつくり出すのもいいし、

受け身で生きていても必然的にいくつかのトラブルは起き、

それを避けることは難しい。

 

ここに集うモテ仲間には、

自ら一歩を踏み出す勇気を持ってもらいたい。

 

 

 

誕生日での性格分析では仕事とプライベートを分けない生活が

向いていて、それを真に受けてフィリピンに永住を始めた俺(笑)。

 

魂をより磨くためにも潜在意識と顕在意識の使い分けを学んでは

いるが・・・いまだに人の嘘を見抜くのは不得意。もっとレベルを

上げなければ(笑)。

 

 

魂が人の本質だと知っているモテ仲間。行動を起こさずに

くすぶっているのは、俺達には不似合い。一緒に人としての

レベルを高めていきたい。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは25件です

  1. オレンジ より:

    魂と肉体は別物で肉体は借り物という話はスピリチュアルの本やブログなどで知っていたけれど、最近理解することができたように思います。魂のレベルアップをさせるべくがんばっていたけれどどうやら違ったようでやっと本当の意味での魂のレベルアップをさせるときがきたようです。

  2. makostyle より:

    素晴らしい考えだと思います!しかし私の魂レベルはおそらく相当低いものと思います。ですが残された人生でこれをどのように上げていくか考えながら精進したいと思います。

  3. さくら より:

    「魂のレベル」を上げるというのは、またひと味もふた味も違う考え方ですね。
    「人は外見で選ぶもんじゃない」と祖母に教わってきましたが、人生の先輩方はその言葉だけでなくもっと深い事を言っていたのかもしれないです。

  4. ゼットン より:

    人間の源となる魂ですが、そのレベルを上げる事で人間の価値が出てくるのですね!精神を凌駕していく魂なので、意識してみます!

  5. すゆしよ より:

    振るえます。魂。僕は、まだまだですが、がんばりたい。レベルあげていきます。>俺個人は、今まで語ってきたように
    成功とは「成幸」であり、
    「幸せに成る」ことが人生の目的と考えている。
    具体的に挙げるなら、
    「幸せ」を構成する要素は
    時間的な自由
    安定した経済力
    本音で心を開ける人間関係(家族を含む)
    最善の健康
    心のゆとり
    やりがいや達成感
    こうした多くの人間らしい欲求を含み、
    お金はその一要素にすぎない。
    そして、最近学んだ
    もう一つの「成功」の捉え方。
    「成功とは、「こうなりたい!」と思ったものになること」
    ポイントは、「こうなりたい」が大それたものである
    必要などなく、夢の大小は関係ないということだ。
    だから
    「子どもを産んで小さな家庭を持ち、
    みんなでいつも笑いながら楽しく暮らしたい」
    と思っていた人がいて、今それが叶っているなら
    その人はすでに成功者ということになる。

  6. れいな より:

    魂レベルが高いっていいですね!
    亡くなっても魂というか、意志が生き続けるって有名な画家さんとかもそうですよね。
    そして生まれつき難易度の高い環境だったひとはおおいに魂のレベルアップをするチャンスがたくさんある。なんだか響きます。

  7. ゆい より:

    私自身、今までの人生は決して楽な道のりではありませんでした。
    ネガティヴに考えてしまうことも多かったです。でも、困難な状況に置かれた時はこの記事の文にもあるように魂レベルを上げるチャンスだと思い前を向いて歩いていきたいと思いました。

  8. ひかり より:

    魂レベルだなんて、そんな事を考えたことすら
    ありませんでした。
    スピリチュアルチックですね。
    死んでしまったら肉体はなくなりますが
    魂は存在する。
    死んでも自分でありたいです。

  9. ユウゾラ より:

    一体自分の前世はどんなだったのだろうとよく思います。ちなみに私の来世はあまりよくはないだろうと思います。幼少の頃に小動物をいじめたりしたので、このままではだめだと思っています。これからの生き方で挽回できるものなら・・・

  10. 凛玲 より:

    実は私は中途難聴者なんですが、人に対して嫉妬やヤキモチは必ず持ちます。
    私は束縛派なので家族からしたらかなりうざい存在かもしれないですね。
    でも魂にレベルって言われると良くわかりません。
    ただ、自分が不便さを感じた分相手の立場になって考えたいという気持ちは常に持ってます。

  11. りずむ より:

    魂のレベルが高いとかわかりませんが、私自身はレベルを上げるために生まれ変わることより、自分が死んでしまうと意識がなくなると一体どうなるのかがちょっと怖いですね。知り合いからはただ、眠るだけだよ。と言われますが本当の所はどうなるのかその時になってみたいとわからないですからね。

  12. マリ より:

    魂レベルは低いですね、読むまではそんなことを考えたこともないです。
    ハンデのある人は確かに魂レベル高いですよね、常に私たちが普通に生活していることに挑戦をしているのですから、同情よりは尊敬しないといけませんね。

  13. カオ より:

    肉体は死んでも魂は残る、そのレベルをあげることを目的に生れてきた。
    深いですね、世の中にはそれに気づかずに一生を終える人がたくさんいるんでしょうね。

  14. せるりあん より:

    魂のレベル、、、いまいち良く分からないのですが。
    輪廻みたいな感じなのかな?
    障害というハンデを持って生まれたら、魂のレベルが高いとしたら、
    ハンデを持った子を育てる親もまた、魂のレベルは高いのでしょうか。

  15. シルビアン より:

    「前世占い」ってよくありますが、これと同じことなんでしょうか。
    前世は石だったとか聞いたことありますが、石でも魂のレベルが上がるのでしょうか。

  16. 中川創聖 より:

    魂のレベルという独特な考え方は面白いですね。輪廻みたいなものだと捉えればいいでしょうか?私も魂を強化して精神力の強い人間になりたいです。

  17. ヨセル より:

    すごい難しいですが、魂レベルをなんだか上げたくなりました(笑)
    この文章を読んでいて、魂レベルを上げるというよりとてもポジティブに考えて生活していくことが大切なのかなと感じました。

  18. あや より:

    私はものすごい背が低いんですがこれも自分が望んでそう産まれてきたって事ですかね?
    歳を重ね今は身長が低い事もプラスに捉えるようになれましたが…

  19. mini より:

    子供は親を選んでくるって聞きます。そう考えると自分の子供、更に大事にしなきゃいけないな〜と感じますね。

  20. あい より:

    魂のレベルなんて聞いたこともなかったし
    考えたこともなかったです。
    さすがですね。
    自分を見つめなおすいい機会をいただきました!!
    それを考えているのはすごくいいことだと思いました。
    友人に教えてあげたいです。

  21. maho より:

    他人にどれだけ感謝をされたかが、死んだ後のその人の価値だそうです。
    それと、人を幸せにするのと同じくらい、自分の魂を幸せにするのも大事だそうです。
    何のために生まれてきたのか?魂を磨くため。幸せになるため。
    私はまだまだですが、死ぬまでにそのことを知ることが出来てよかったです。

  22. しぃ より:

    今まで魂のレベルとか考えたことがなかったけど、言われてみて納得です。たまにネガティブな考えになってしまうことがあるのでまだまだ魂レベルは低いと思います。人生は修行ですね。

  23. だい より:

    魂レベルおもしろいです!
    とりあえず五体満足で生まれてきたことに感謝ですね。
    わたしも、魂レベルを上げていきたいと思いました。

  24. おきあみ より:

    魂のチャレンジャー、というフレーズが胸に響きました。
    魂をレベルアップさせるのは大変な道のりに思えますが、日々意識することから始めようと思います。

  25. あす より:

    自分で魂レベルが高い!!と言ってる人はまだまだその上があるように感じますね。完璧な答えはないし、いつまでもレベルアップしていけるように生きたいと思います。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

移住と一人起業の専門家:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ