サラリーマンの独立にあたり見直したい3つのこと


321447740_2d223072d8_b

 

 

サラリーマンを辞めて、独立したいという人が増えている。

 

そもそも、彼らはなぜ組織を離れて自分で仕事をしたいのか?

 

 

 

 

 

 

サラリーマンからの独立が増えた理由

 

 

サラリーマンが仕事の合間に副業を始める「週末起業」や、それが

軌道に乗ったら独立するというケースが、日本でもそれほど珍しく

なくなってから久しい。

 

背景には確かに、会社の資本金や支援制度が見直されたことや、

小資本でスタートできるWebビジネスなどのインフラが整ってきた

こともある。

 

しかし何より、先行き不透明な雇用環境に不安を覚え、行動に出る人が

増えたことが一番だろう。

 

 

自分が好きでやりがいを感じる仕事で生きていける

 

時間をハンドルでき、家族といつも一緒にいられる

 

努力次第で稼ぐことができ、収入の上限もない

 

仕事をする相手を選べる

 

 

こういったことを理想として独立しサラリーマンを辞めることを

決意したものの、実際に実現できている起業家はそれほど多くはない。

 

 

 

 

 

起業をもう一度見つめ直すための・・・

 

 

自分が独立して、いずれサラリーマンから離れようと決めたときに

行ったワーク。

 

これはとても役に立ち、今でも自分の根っこにあるものなので、独立は

したもののうまくいっていなかったり、これからサラリーマンを辞めて

独立しようとするあなたのために、これはシェアしておきたい。

 

 

理想のライフスタイルを描く

 

朝起きてから、夜寝るまでのあなたの理想の一日を思い描き、紙に

書き留めてみる。可能な限り具体的に。

 

__________

 

午前7:00起床。

顔を洗い、天然のプロテイン&ビタミンのサプリを流し込み、

10分ほどゆったりストレッチ。

 

海が見渡せるバルコニーでのんびりコーヒーを飲みながら、ipadで

FBのニュースフィードやメッセージ、メールやニュースなどを一通り

チェックする。

 

午前11:00。

コンドミニアムのジム。バイクやマシントレーニングで軽く汗を

流した後、サウナとジャグジーでリラックス。

 

午後12:30。

ステディや同じ事業主仲間とランチしながら、仕事の状況や今後の計画

で盛り上がる。

 

その後は、アポがあればカフェのテラスかホテルのロビーでプレゼンや

フォロー、なければラップトップでブログを更新したりメルマガを送る

など。その他事務処理。

 

午後4:00前。

だいたい仕事が片づき、その後はのんびり海沿いを散歩するか、モールで

映画を観たり、ライブバーで友達と待ち合わせをして、早めのお酒と音楽

を楽しんだり。

 

夜11:00頃。

明日にワクワクしながら、気持ちよく就寝。

__________

 

あまり仕事をしているように見えない(笑)このライフスタイルは、

香港に住むWebマーケッター泉の実際の日常。

 

ちなみに彼は仕事で電話を使うことは一度もなく、逢いたくない人とは

決して逢わないなど徹底している。

 

 

あなたなら、もっと仕事がしたいかもしれないし、もっと家族のために

使いたいかもしれない。

 

いずれにしても、人は自分が定義したものしか体験できない。

理想が明確でなければ、ただ起業しても、望まない方向に生活が

流されていくことになる。

 

 

マインドセットを整える

 

例えば、これから稼ごうとするお金について、改めて定義する。

 

 

人にしてあげたこと ー 人からしてもらったこと = 手元に残るお金

他人を喜ばせたり、役立ったり感謝された数      = あなたの報酬

 

 

綺麗ごとじゃなく、これは世の中の厳然たる事実。

 

 

ギャンブルや、まして人を騙したり犯罪で得たお金が身につかないこと。

 

巨額の宝くじに当選した人のほとんどが、当選前より不幸になって

いるという統計。

 

スターになったアーティストやスポーツ選手が、その後の努力を怠る

ことでドン底に落ちている数々の例。

 

 

稼ぐことやお金の意味を間違えなければ、目先の金額のために

間違った方向にビジネスを進めていくことはなくなる。

 

そして、人の器を越えた額のお金は人を不幸にするので、コツコツ継続

しながら器を広げていける「ビジネス」が、成長しながらお金を稼げる

最良の手段だと確信している。

 

 

具体的に日々行う習慣を決める

 

サラリーマンからの独立を志すにあたり、有意義な習慣はどんどん

取り入れ身につけていくことをお勧めしたい。

 

特に、思いついたことや整理したいことを紙に書き出すこと。

「人生に明確な目標を持って生きている人は、100人中10人、

その中で目標を紙に書き出している人はたったの3人。

成功者は、その中からのみ誕生する」

 

ハーバードの有名な論文。

 

夢や目標を紙に書くのは「神に書く」と言われるように、神様(潜在意識)

に達成を予約するという、多くの人がバカにしてやらないが絶大な効果の

ある方法。

 

 

それ以外にも、作業のスピードアップを意識してこなし、余った時間を

仲間や友達の手伝いや、自分のビジネスのための研究に充てたり、

メンターと逢うなど日々の行動習慣を決めてみる。

 

 

 

 

 

 

 

「どんなことを」やるか以上に重要なのは、「どんな心の状態で

やるか。

 

だから仲間とはこれからも、イメージを明確にすることを

大切にしながら進んでいこう。 

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは2件です

  1. […] これを使えば、どんなサラリーマンでもいずれ独立できる。 […]

  2. かち より:

    紙に書くっというの視覚化するということなのでしょうか。たしかに、思っているだけでなくて、実際に目で見る、手を動かすっというのは、イメージしやすくいいですよね。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ