40歳を超えても起業はできるのに・・・


1460456001_0e79e0c157_b

 

 

40歳は人生の一つの節目で、生き方が顔に出始める歳ではある。が、

最近耳にするのは・・・「起業が難しくなる年齢」。

 

その真偽やいかに?

 

 

 

 

 

40歳を超えてからの起業。その優位性と許容性

 

 

確かに統計を見ると、40歳までに独立していない人がその年齢を

超えてから起業するケースは、あまりないようだ。

 

「起業が難しくなる40歳」といわれる背景には、子供の養育費や

親の介護費用、また人によってはマイホームローンなど経済的な

負担が大きくなっていることがある。

 

チャレンジするのにパートナーや周囲の理解が容易に得られない年齢

であることも、40歳以降の起業を難しくしているのかもしれない。

 

 

しかし俺の周りでは、48歳でソフトバンクから独立しサイトM&A

ビジネスを立ち上げた松本さんを始め、40歳を超えてから起業した人が

実際何人かいる。

 

やっぱり「何のために」それをしたいのか?がはっきりしていれば、

年齢はあまり関係ないのか・・・

 

 

思うに、40歳を超えて起業するのはむしろ20代の起業にない強みがあり、

また今のビジネス界では十分に可能でもある。

 

つまり、

 

長年の経験と人脈、そしてそこで築かれた信用を活かすことができる

 

こと。

 

経験に勝る財産はなく、またあなたが信頼をベースに構築した人的

ネットワークは目に見えない資産そのものであり、40歳を超えた起業に

有利に働く。

 

さらに

 

インターネットやSNSなど、情報発信のためのインフラがある

 

ことで頭脳プレーをより有利に進められるので、移動や生産など、

物理的な作業負担を補完できることになる。40歳を超えてからの

起業にあたり、あなたが肉体的な衰えを感じていても(笑)。

 

例えば、DMを1万通刷って送付するのは膨大な作業で費用も大きいが、

メールなら1通と1万通は同じワンクリックで、またコストも変わらない。

Skypeなどを使えば、海外にいてもプレゼンやコンサルができる。

 

 

 

40歳からでも十分可能な

起業方法を具体的に知る

 

 

 

 

起業、独立・・・40歳を超えてからでも勧めたい理由

 

 

サバイバルできる自信 

 

これからは好むと好まざるとに関わらず、グローバル化が一層進む。

そして、2030年頃には世界の中心になるといわれるアジアの中で、
リーダーとなるべき日本。

 

組織人と独立した人では、求められる考え方や行動が違う。

 

これから様々な文化圏や価値観の異なる人達と交流するにあたり、

自分自身のビジネスを通して、どんな環境でも生き残れる自立心と

自信を養いたい。

 

 

本物を見抜く目、お金との健康な付き合い方

 

40歳を超えると、当然ながら自分の持つ資産はそれまでよりも価値が

増していき、金額も大きくなる。人によっては、投資話など騙される

ことが実際増えてくる年齢であり、何かあれば損失も膨大になる。

 

そこで起業を通して多くの人と付き合い、今まで以上に人を見る目を

養う訓練を。今まで教えられることがなかった、お金についての考え方

や付き合い方もビジネスで学ぶことができる。

 

実際、中島さんが教えてくれた「お金は、頭で稼ぎ心で使う」という

言葉にも、監査法人の仕事の中で出会うことはなかっただろう。

 

 

達成感

 

人間だけが感じることができる感情、達成感。

 

そして、これをより心の深いところで味わうことができるのは、

自分自身の努力がダイレクトに報酬という結果につながり、人の笑顔が

見えたり役に立っている実感が得られる、自分のビジネス。

 

40歳からの起業で、是非これを味わってもらえたら。

 

 

 

 

 

 

起業に年齢は関係ないし、言い訳にもならない。

あなたがハタチだろうと40歳だろうと・・・

 

 

本当に、自分はそれがしたいのか?

 

この質問の答えが明確になったなら、あなたがすることはただ一つ。

 

今すぐ始めるだけだ。

 

 

 

 

 

PS.

俺の場合は40歳を迎えるよりずっと前に起業したわけだが、

そのきっかけの一つは、サラリーマンの生涯年収を知って

愕然としたことだった。

 

普段は「人は人、自分は自分」という価値観でいながら・・・

 

当時は日本の組織に属していた以上、普通に生きたら皆と

変わらない生涯年収で終わることに、ワクワクが全くなかった。

 

 

40歳に限らず、起業を通して自己受容の方法など自分を

向上させていく術も学ぶことができる。

 

 

「あのつまらないデスクワークの日々、ゆっくり食べれない

ランチ、14:00以降のミーティングでの睡魔との戦い・・・

あれには絶対に、戻らない」

 

その覚悟だけが、俺の支えだった(笑)。

こうして今、南国フィリピンで楽しく暮らせているのも。

 

 

起業で得るものは思いのほか多い。

是非チャレンジを勧めたい。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは22件です

  1. 小島義史 より:

    「個人事業主よりも株式会社化した方が、信用度も人脈作りも上手くいく」と、ある方から諭されました。―お金は頭で稼ぎ、心で使う―良い言葉だと思います。貯金をし、無駄金は1円たりとも使わない、しかし「無理」は禁物なので、月1回程度はガス抜き日を作る―お金を貯めるコツは「忍耐」である―これも、さる方から諭されました。

    私の尊敬する中村天風先生も若い頃は、お札をばらまいて遊ばれていた様です(笑)が、後に昭和の哲人・大思想家となりその思想「怒らず、恐れず、悲しまず、人に対しては清濁併せ呑む」の普及に努められました。

    40歳を過ぎてからの企業。人生は一度きりなのだからその人が「(人様に迷惑をかけない範囲で)やりたいことをやれば」その内に道ができていくのではないかと思います。長文・乱文失礼致しました。

    • DAN より:

      信用の点では今までの商慣習から株式会社が当然一番だと思いますが、どうビジネスを進めたいかでしょうね。個人的は合同会社が優れたシステムだと思っていますし、いつも提唱している海外移住のためには、日本に縛られる株式会社よりも個人事業主の方が身軽だと考えます。

  2. ROYCE より:

    40歳って節目なんですかね?
    っていうか自分が40歳とか信じられないっすわー…人生に永遠なんてない。
    あっというまだなーここまであっという間だなーこの先もきっとあっという間なんだろうなー。
    何も考えないとまずいっていうのは分かってるから、やっぱり動かないとですよねー!

    なんかパっとしたもの始めたいなーって気分になりますね!

  3. […] 40歳で起業した彼は、もともとはモテるのは落ち着いた人だと […]

  4. 八住 より:

    ありがとう。

    セブシティでのDRそして、MMMお疲れ様でした。

    超満員の会場になって、いっぱいオーラもらえたんじゃないですか?
    すごかったですね。
    達也の説明聞いたの初めての人いっぱいいたと思うけど、価値観ぶっとぶくらいすごいですよね。
    何これ???って感じ。
    ボクは、達也の顔の絵がとっても好きです。
    あの超よろこんでいる顔の絵、、、なんか、超インパクト強いですよね。
    最高!!

    次回は、DR最終回です。
    全員のスピーチを入れたいです。
    あれだけの人数なので、そんなに多くを話せないと思いますが、
    みんなの熱い想いをぶつけて欲しいですね。

    MMMでは、準備してくれた幹事の皆さん有難うございました。
    ボクも、達也の横で彼の話を聞いていて、ものすごく勉強になりました。
    「いただき!!」という作戦をいっぱいもらいました。ありがとう。

    惜しかったのは、前の晩、83パーティの会場のビデオを幹事の人が撮ってきてくれたのですが、それをみんなで観れなかったことですね。
    超かっこいいですよ。
    83パーティの会場、めちゃくちゃかっこいいです。
    震えますよ。震える。

    あの場所で、表彰される自分に会えるなんて最高ですね。
    人生で、こんなにすごいことってあるんだって思える夜になると思います。
    馬鹿みたいにおしゃれして盛り上がりましょう。

  5. そらはねこ より:

    確かにマイホームの時に悩んでいると40歳過ぎると条件が厳しくなると言われた。

    あと何年かで40歳!

    早く決断しないと!

  6. るい より:

    やっぱり経験ですかね。人を見る目を養うには経験しかないですもんね。あと10年で40歳になる。早いですね、人生なんてあっという間に過ぎてしまいます。

  7. アダモ より:

    20代30代の勢いの決断とは違い、
    40歳ホントに決断!の時ですね。
    やってやる!という気持ちが出てきました。

  8. いちこ より:

    40歳って確かに節目かもしれません。
    いい意味で人間的に成熟してくる年齢ですしね。
    男性芸能人も、昔若い頃のイケメン時代はなんてことなかったのに
    40すぎると急にいい感じになってたりして。
    女性芸能人にはあまりそういうの感じないんですが、それって私が女性だからかしら。(笑)

  9. cyesyaneko より:

    社会人経験が長い分、若くして起業する場合に比べて周りのサポートを多く受けることができそうですね。
    あとは若い人に負けない勢いが必要でしょうか。

  10. ユウゾラ より:

    ありがとうございます。ますますやる気が湧いてきました。過去何度も起業を夢見ましたが踏み切れなかったのは自分に自信がなかったからだと思います。また今思うと現在よりはるかに経験も知力もなく、起業していても大成していなかったように思います。がんばります。

  11. みつき より:

    年齢が若い方が、起業に踏み出しやすいのは事実ですよね。だからといって40代でも遅くないのも事実で、挑戦してほしいです。

  12. りん より:

    情報を誰でも世界に公開できるようになったけれども、とても自分のことを発信するのに、黄が引けていました。そんな考えもあるのですね。

  13. ロック より:

    今の40代の方が20代だった頃の20年前はまだ、ネットも発達していなかった時代なので、起業していなかったとしても不思議ではないなあっと思います。むしろ、今は、幾らでも企業出来る時代なので、ガンガン挑戦するのが得策なんだろうと思います。新卒や採用に年齢は関係あっても起業に年齢は関係ないですしね。

  14. TM0323 より:

    非常にためになる記事ですね。若いうちからの方が企業には何かと有利かと思いますが、こうした企業の仕方で運命を切り開けるものなのですね。

  15. mikako より:

    「メールなら1通と1万通は同じワンクリック」
    考えてみたら、ネットって、ものすごいんやね。

    「お金は、頭で稼ぎ心で使う」
    なんとなく、すごい言葉!

    ビジネスにおける「役に立っている実感」。
    うん、これは最も大事。

    「14:00以降のミーティングでの睡魔との戦い」(笑)
    うん、これはわたしも、リアルにわかる。

  16. こうじ より:

    人間やっぱり安定を求めるので年が経るごとに、冒険心をなくしてしまいますよね。ビジネス的な経験やスキルは40代が一番アブラが乗っているといいますものね。確かにそのときが旬というのは分かる気がします。

  17. かすみ より:

    私の夫も企業で働きながら、色々と新しい事を模索して、試してどう立ち回るか人脈を使い、仲間を使い時にほとんど役に立たない妻(私です)を使い試行錯誤しては、見切りも早いので次に繋げと前を向いて、時に後ずさりしながらも先見をしながら頑張ってます。
    尊敬しますf^_^;皆んな?そうなんでしょうね!

  18. みずか より:

    私の夫も企業で働きながら、色々と新しい事を模索して、試してどう立ち回るか人脈を使い、仲間を使い時にほとんど役に立たない妻(私です)を使い試行錯誤しては、見切りも早いので次に繋げと前を向いて、時に後ずさりしながらも先見をしながら頑張ってます。
    尊敬しますf^_^;皆んな?そうなんでしょうね!

  19. 0617 より:

    40歳って確かに節目かもしれません。いい意味で人間的に成熟してくる年齢ですしね。男性芸能人も、昔若い頃のイケメン時代はなんてことなかったのに40すぎると急にいい感じになってたりして。人間やっぱり安定を求めるので年が経るごとに、冒険心をなくしてしまいますよね。ビジネス的な経験やスキルは40代が一番アブラが乗っているといいますものね。

  20. ひろし より:

    40歳という年齢は節目なのかもしれませんね。20代30代の時は結婚していても失う物が少ないから勢いで起業する方も多いと思います。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ