不安な将来と、これから出会う3つの坂


6133397749_52f0077df7_b

 

 

不安な将来への備えとして、日本では保険が

広く受け入れられている。

 

 

かのホリエモンは、自分はゼッタイ生命保険には入らないなんて

言い切っていたが・・・(笑)

 

 

 

 

 

将来に不安を覚えた経験・・・

 

 

終わりの見えない不景気と雇用環境の悪化、自然災害のリスクに加え

安保法案の成立など・・・将来に不安を感じるには十分過ぎるほどの

要素が備わっている日本。

 

人それぞれ不安を感じるキッカケや、それに対する将来の備えは

変わってくるが、俺の場合は比較的早い時期、監査法人に勤めるまでの

数々のアルバイト経験の中で、不安な将来への危機意識が芽生えた。

 

 

15歳からアルバイトを始め、22歳で大学を出ても資格浪人で就職を

しなかったのをいいことに、いろんな経験をした方がいいとあえて

様々な職種を選び、チャレンジしてきた。

 

それこそ三軒茶屋の中華料理店のウェイターから始まり、小田急

ロマンスカーの中でドリンクをつくる仕事、イベント設営や会場整理、

ゲーセンやアミューズメントパークのスタッフ、工場や倉庫、印刷会社

などでの作業・・・それこそ本が一冊書けそうなほど(笑)。

 

ちなみに、肉体的・精神的に最もキツかったのはバイク便。

 

時間内に初めての場所まで届けなければならないというプレッシャー、

都内の慢性渋滞と警察の邪魔が入るのに加え、俺がやっていたのは2月

から3月にかけて・・・そう、極寒と春の花粉症が容赦なく襲ってくる。

 

事故の危険と常に隣り合わせで時給1,300円は、割に合わなかった(笑)。

 

コストパフォーマンスが良かったアルバイトは、友達の圭介が紹介

してくれた治験。1泊2日で20万円という筋肉注射はさすがに怖く(笑)、

通いで1回につき3万円もらえる鼻炎のための噴霧薬を選んだ。

 

ただし事前に誓約書を書かされるように、体に何か異変があった場合

自己責任で対処しなければならないというリスクが。

 

大学生だった当時、とてもお金が良かったコア抜き(工事現場の壁や

床に丸い穴を開ける作業)は、早ければ15:00前には終わって3万円程度

がもらえたり。

 

ただ、よく言われていた3K(キツい・汚い・危険)を地でいっていたが(笑)。

 

 

いろんなバイトをやってみて感じたのは、どれも一生は続けられないと

いうこと。体が元気なうちはできるけど、何かあったら収入は途絶える

という将来の不安は拭えなかった。

 

 

途絶えない収入を手にできた理由とは?

 

 

 

 

人生で出会う3つの坂

 

 

人が不安を持つのは、その正体が分からないものに対して。幽霊は

正体不明だから怖い存在だし、何が起こるか分からない将来に対して

そう感じるのも同じ。

 

先のことで不安に感じるなら、これからどんなことが起きるか、将来

自分たちが出会う可能性のある問題をある程度想定内にしておき、その

対処法も考えておきたい。

 

 

人生には、大きく分けて3つの坂がある。

 

上り坂(がんばりどき)

下り坂(事が順調に運ぶとき)

まさか(想定外のトラブルが突然起きたとき)

 

 

上り坂では、不安よりも将来への希望を胸に、下唇をかみしめて

愚直な努力を続ける他ない。

 

下り坂のときは、油断することなく、与えられたものや恵まれた状況に

感謝しながら。

 

そして最後のまさか、すなわち突然のトラブルに人は弱い。

 

これには健康、経済、人間関係のトラブルがある。

つまり、自分や身近な人が突然病気やケガに見舞われたり、多額の

負債を負うことになったり、人間関係にヒビが入ったり。

 

このまさかは不安を感じる将来そのものであると同時に、今まで

順風満帆だった人が人生を真剣に考えるキッカケにもなるものでは

あるが・・・

 

人によってはこういったトラブルを機にマイナスを呼び込むように

なってしまったり、疲弊して人生をあきらめ気味になってしまう場合も

あるので、できれば備えがほしいところ。

 

 

 

 

 

保険以上に大切な、不安な将来と万が一への備え

 

 

あなたに勧めたいのは、

健康に投資すること

 

別の収入を持つこと

 

本物と付き合い、人を見る目を養うこと

 

これを意識して実践すること。

 

それぞれであなたができる具体的なことは、他の記事やニュースレターで

お伝えしている。

 

そして、日本の不安な将来から自分と家族を守るために、海外を視野に

入れること。日本との二重生活の拠点をつくることや海外移住、海外への

資産の移動などは、正しい情報を入れることで十分可能な備えとなる。

 

 

 

 

 

 

不安以上に明るい将来への希望を抱いて進む方が、この仲間には

似合っている。

 

ない力は補い合いながら、歩みを止めず突き進んでいこう。

 

 

 

 

 

PS.

例えば、

 

日本より海外が好きで、旅を日常にしたい

自分で決めることで、道を切り開いていきたい

他人に生き方を左右されたくない

・・・

 

俺と同じこんな価値観を持つ仲間は特に、不安な将来を解決

するために、一緒に海外を活用していきたい。

 

 

「将来が不安なんです・・・」こんなことを言う人に限って、

その不安な将来のために何も具体的な行動を起こしていないケースが

多い・・・これは、最近特に気がついたこと。

 

将来が不安だからといって何もしない人は、運命は自分で変えられる

という、最も大切なマインドセットを忘れてしまっている。

 

不安なのは、行動派の人も同じ。行動派が口頭派と違うのは、

将来のために具体的な準備のための行動を起こして、そのモヤモヤを拭う

努力をしているということ。

 

不安だが、準備によって「万が一でもこれがある」という裏付けが

あれば、将来への恐れは小さくなる。これが本当の楽観主義。

 

 

俺ももともと不安症だが(笑)、だからこそ海外に資産を分散したり

ビジネス構築に全力を注いでいる。

 

将来明るく笑っていられるために。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは23件です

  1. […] どんよりした日本、先の見えない不安だらけの日本の将来を […]

  2. (*^^*) より:

    不安しかないです、正直。

    昨日、同じ派遣の子が急に切られていましたし、正社員も暗に退職を促されている陰湿なかんじで。

    Danさんのような、誰にも依存しない収入は理想です。

  3. […] 特に不安で将来のことばかり心配していた頃は、手のために爪切りを使う […]

  4. 青山 より:

    老後は気になって仕方ないっすね!
    やっぱり。。。老人増えてるしなーいつまでも健康とは確約されてないし。
    年金だってあるかどうか!
    政治家は自分の身を守るだけに一生懸命な気がしてならないからなぁ。

    この国で住んでいる限り、変わらないんだろうなぁ~

    • DAN より:

      はい、彼らは彼らで賢く生きようとしています。それに大切な自分と家族の人生を乗っけたいかどうかですね・・・俺はNoでした(笑)。

  5. ひろ より:

    3つの坂ですか!なるほど!
    まさか、には同感しました(*T_T*)

  6. りょうちゃん より:

    将来には不安だらけです。

    3つの坂、勉強になります。

    この3つの坂にぶちあたってもめげない人間になりたい。

  7. るい より:

    これから下り坂。年齢的にも。だから健康には気を使い、食事の内容も見直したりしました。痩せるよりも健康を維持することを目標に頑張ってます。

  8. パンダ より:

    「健康に投資すること」同感です。
    保険料に一万追加するより、
    運動する費用にしたり、ちょっと食べ物変えたり
    してみる方がいいと思いました。

  9. コウ より:

    ホリエモンて昔は興味なかったんですけど、最近は結構言ってることが面白いなぁ~なんて思うようになってきました。
    人生における三つの坂、なるほど!
    健康が何より大切なんだってことを、ここ最近よくプチ不調連発するようになってきて痛いほど噛みしめています。

  10. ユウゾラ より:

    今は自分自身でまさかの事態が起きている時期と捉えています。しかしこれを乗り切るためにこれを発奮するチャンスととらえ、登って行こうと気合をいれたいと思います!

  11. cyesyaneko より:

    学生時代色々なバイトを経験しましたが、工場内で出来上がった本にひたすらカバーをかける仕事が一番きつかったです。
    パートさん同士でのいびりもすごかった(苦笑)
    3つの備え、勉強になります。

  12. みつき より:

    3つの坂ですね、とても勉強になりました。老後に不安を残さないように、いまからこつこつと行動していきます。

  13. カスガ より:

    将来がとても不安です。。いろいろもっと教えてください!先週のセミナーも衝撃的でした。後半は個人事業の招待旅行について・・神戸に住んでいるリエさんが東京で前泊して、成田で飛行機に乗る為の、前泊のホテル代&成田までのタクシー代までタダ!年収、約3000万円のリエさんが「年収の三分の一を旅行に使えますか?例えば300万円の年収の人が毎年100万円の旅行に行かれますか?私は行かれません。そんな旅行を招待してくれるなんてすごくないですか?出来ない事を経験するとゆうことは、人間としてのレベルが上がるんです。そんな人生良くないですか?帰って来て、感想を話すと益々ビジネスが伸びる。会社の利益も上がる。そのためにまた旅行の招待がある。個人事業をするとずっと成長し続けられるんです☆皆さんも早く招待旅行に参加して下さい」って言ってました!年収の3分の1の旅行・・について早く語りたいですo(^-^)o☆☆♪♪♪♪心に響いたフレーズは、言葉を変えれば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば自分が変わる。自分を変えれば運命が変わる。始めるのは今です。必要なのは決心、自分を変えると決める事です!と私は自分に向かって言ってます(^^)v

  14. りん より:

    本物に近づき人に見る目を養いたです。人を見る目がなく、苦労したので、人をきちんとみれる大人でいたいです。

  15. ロック より:

    年金も将来あまり期待出来ない世の中なので、しっかり収入源を確保出来るように準備していきたいですね。後は、自分を支えてくれる友人やパートナーがいれば安心できますね。

  16. TM0323 より:

    健康に投資すること、これは自分の中で一番大事なことではないかと思いました。健康でなければ今の生活もできなくなるのだし、健康が一番大切なように感じます。

  17. mikako より:

    いろんな職種を経験した人には、自分で「世間知らずではない!」と自負してるわたしでさえ、頭が下がります。

    「1泊2日で20万円という筋肉注射はさすがに怖く」(爆)

    「何かあったら収入は途絶える」
    このあたり前のことを、みんなちゃんと考えていない…

    そうですね。
    「まさか」も、前もって、「それは人生を真剣に考えるキッカケ」という風に思っていたら、それが起こっても、きっと耐えられる!ですよね!
    もちろん、備えは大事ですが…

  18. こうじ より:

    僕も幾つか会社を変わりましたが、安心というのは常にないですね(汗)おっしゃられるような、他に収入をもつというのはかなり精神的に楽になると感じました。投資もいいですね。

  19. 0617 より:

    保険料に一万追加するより、運動する費用にしたり、ちょっと食べ物変えたり
    してみる方がいいと思いました。健康に投資すること、これは自分の中で一番大事なことではないかと思いました。健康でなければ今の生活もできなくなるのだし、健康が一番大切なように感じます。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ