自信が持てない3つの原因


24669788776_e71d1f477a_b

 

 

自分に自信が持てない」・・・まさに子供の頃の俺が

心の中で繰り返していたフレーズ。どこにその原因があったのか。

 

 

 

 

 

「自信が持てない」という大人ばかり。どこにその原因が?

 

 

秋田の地で幼少の頃に劣等感を植えつけられてきたオヤジが

最も身近な例だが(笑)、驚くことに「自分に自信が持てない」

という人が、大人になってもたくさんいることを知った。

 

これは特に、日本人の中に多い。

その原因はどこにあるのか?

 

 

一度、宇田川町でやったセミナーで70人ほどの男女に

アンケートをしたことがある。

 

「自分に自信のある方?」

 

手を挙げたのはパラパラと数名だけ・・・それも個人事業主

ばかりなのに。その衝撃は、その日の終わりまで尾を引いた(笑)。

 

 

劣等感の強い人が攻撃的だと、他人を傷つける。内向的な人でも

周りに心配を気を使わせるし、何より本人の人生が不幸になる。

 

自信がないより、ある方がいいのは明白。

 

極端に言えば、「自信がないんです・・・」と謙虚になって

委縮している人よりは、ハッタリでも自信満々のフリをして

いる方が、人生はうまくいってしまう。

 

 

恋愛でも男女の違いを知らないと、うまくいかないときに

まるで全てが自分のせいであるかのように思い込み、結果として

自信喪失につながる。

 

自信が持てない原因を、知識としてここで知っておいてほしい。

 

 

 

 

 

自信が持てない原因

 

 

他人と比較するから

 

「RUSH」という映画を見てほしい。ニキ・ラウダという伝説の

F1レーサーと、ライバルであり友人ジェームス・ハントの友情を

描いた作品。

 

ハントはラウダの存在を強く意識し、いつも彼と比較しては

一喜一憂。それに対しラウダは自分の定めたゴールと信念に

こだわり、淡々と努力を続けた。

 

これはどこか、ウサギとカメの話にも似ている。

 

比較は不幸の始まりだが、時には比較も必要。

それは、過去の自分と比較するとき。

 

比べるなら他人ではなく、自分がどれだけ成長したか、

自分との約束をどれだけ守れたかにこだわりたい。

 

自分との小さな約束を守り続けることが自分への信頼となり、

自信につながる。

 

 

過去に根拠を求めるから

 

自分には実績も何もない、だから自信が持てない。

そういう人も少なくない。

 

あなたが何か新しいことにチャレンジしたとき、過去に

実績がないのは当然のこと。だから自信がないと言うのでは

クライアントもつかず、実績がいつまでもつくれない。

 

あなたが前人未到のチャレンジをするのでない限り、誰か

他にすでに達成した人がいるはず。

 

「あの人にできて自分にできないはずがない!」

これが正解。他人の実績を自信の根拠に変えればいい。

 

 

過去にチャレンジしたことが忍耐力になったり、思考する

力になったり、そうした成功体験が自信の根拠になって

いるのは、もちろん素晴らしいこと。

 

だからといって、そうした体験がないことを卑下する

必要もない。

 

もしあなたが潜在意識を味方にするなら、過去の実績は

不要。なぜなら、潜在意識は過去も未来も認識できないから。

 

だからあなたがすることは、すでに達成した人であるかのように

フェイクし続けること。

 

お勧めなのは「口癖を今すぐ変える」。

 

「ついてる、完璧、絶好調」が口癖の石井さんは、パッとしない

実績を数年でガラッと変え、年収3,000万円まで一気に引き上げた。

重要なのは、彼がパッとしない頃からそれを口癖にしていたこと。

 

自信を持つことに過去の実績などの根拠がいらないというのは、

潜在意識の面から見ても合理的だ。

 

 

先の不安を勝手に作り出しているから

 

過去からの繰り越し苦労、つまりいつまでも過去を引きずって

いる人は、「どうせ同じことが起きるだろう」「もっとひどいことに

なるだろう」という、取り越し苦労につながりやすい。

 

覚えておいてほしいのは、あなたが抱く恐怖の99%以上は

現実に起きないということ。

 

 

どうでもいい不安にさいなまされているなら、今すぐTVの

ニュースを観ないようにすること。特に18:00台はひどい(笑)。

 

マスコミというのはネガティブを大きく取り上げるのが

生き残るために必要なメディアなので、情報の垂れ流しを

あなたが愚直に受け取る必要はない。

 

あなたにとって有害無益な情報で得をする人がいるという

世の中の仕組みを再確認し、取り入れる情報はしっかり選びたい。

 

 

 

 

 

自信を持つ方法

 

 

自信を持つために最近話しているのは、

「自分の得意分野を持つこと、そして何かを目指す」こと。

 

 

また自信をつけていくための会話の方法としては、自分の意見を言い

それから相手に意見を求めたり、それに巻き込んでいく。

 

「私はこう思うんだけど、どう思う?(そう思わない?)」

 

相手に意見を求めるばかりでなく、まず自分の意見を言う。

これが盲点で、意外とできていない日本人が多い。

 

 

 

 

 

 

自分に自信がついたら、バツイチ、マザコン、フェミニスト、

そしてシイタケが嫌いだと自信満々に言えるようになった。

言われた相手が困惑するほど(笑)。

 

 

俺達仲間の目指す未来を達成するために、もし自信が

持てないなら、その原因を探り、自らブレークスルーしていく

姿勢が必要だ。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは3件です

  1. あい より:

    まさにその通りだなぁと思いました!
    自信が持てない理由
    なかなか難しいです(*T_T*)

  2. テツ より:

    「同じ高校生だろ!ビビるな!」
    よく部活の監督が言ってたのを
    思い出しました。
    「私にも出来る!」自信あるフリ
    が大事ですね。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ