勉強嫌いなら・・・


特にあなたに勉強嫌いの
お子さんがいたり、
より効率的な方法で
受験を乗り越えてほしいと思ったら、
この「ゲーム感覚」は
ぜひ取り入れたい。

 

俺がヤマ中に通っていた頃、
お年玉でこっそり買った(笑)
ワタナベ式記憶術の教材も、
同じコンセプトだった。

 

実践投入は断念したが(笑)。

 

ちなみにデータによると、
日本人の平均読書スピードは
1秒で8文字ほど。

 

例えばセンター試験の国語の問題で
18,000字前後使われている試験を考えてみると、
平均速度では問題を読むだけで
40分もかかってしまうことに。

 

ここで速読をマスターして
分速4,000字になれたら、
なんと5分もかからない。

 

トレーニングを積めば、
もちろんこれを
3分未満にすることも可能。

 

子供の高校・大学入試は
言うに及ばず、

 

社会人のあなたが
資格を取ろうとした時
事前に参考書や過去問の膨大な情報を
ハイスピードで仕込むことができれば、
受験が圧倒的に
有利になるのは当然といえる。

 

とにかく今は、
部活で水も飲まずに
うさぎ跳びを続け、
ひたすら鍛錬を続けていた
時代ではない。

 

情報やツールを
いかに活用して、
楽しく効率的に
面倒なことを乗り越えるか。

 

ここに時間やお金、
情熱という資源を投入していきたい。

 

気がつけば遠回り
近道のつもりが、
実は遠回りだった・・・

 

そんな経験はないだろうか?

 

 

近所の湧水公園で友達のモンちゃんと
遊んでいた頃。

 

丘陵になった公園の頂上にあるアパートまで、
どちらが先にたどり着くか競い合った。

 

いくつかのルートを試したが、
実は近回りだと思っていた道が
大幅に遠回りだったこと数知れず。

 

道草から得られるもの

 

人生でいえば、
安定した独立を目指して公認会計士二次試験に
3年半を費やしたことも、今思えば大きな遠回り(笑)。

 

大学まで行かせてくれた両親には申し訳ないが、
今もし高校生に戻ったら、
卒業後は間違いなく進学せず
働いて早めに社会経験を積むか、
独立の準備をしていた。

 

そうはいっても、
人生には時々寄り道が必要だとも感じる。

 

近道だと思ったことが遠回りで
寄り道になっていたとしても、
そこから得られるものがある。

 

その一つが、
潜在意識からのひらめき。

 

ひたむきにガンガン努力を続ける中で、
ふとしたことで得られた心の遊び。

 

 

このあたりのことは、フィリピン人の友達

最近仲良くしているモーリンとよく語る。

 

どうしたら、ひらめきをドカンと

バシッと受け止められるかということを。

 

どうすれば、もっともっと面白い人生になるのかと。

ただ働くことだけが人生じゃない。

もちろん遊ぶだけでも。

 

この絶妙なバランスを

モテ仲間とガンガン追求していきたい。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ