フィリピンで開業したいけど、開業資金はどれくらい?


 

フィリピンでの開業には、

現地人、最低でも5人の名義が必要になってくるのだ。

 

 

外国人名義では、開業が出来ないのである。

 

 

開業資金はもちろん、準備が必要だが、

現地人の名義を確保しないといけなのである。

 

 

信頼できる現地人を探すことが、とにかく大事である。

 

 

そして忘れてはいけないことが、トラブルになった時に、

名義人になってくれた方々が

お店を乗っ取ってしまう可能性がある。

 

だから、共通する5人ではなく、

つながりのない人を見つけないといけないのである。

 

 

それが不可能であれば、コンサル会社に名義だけを借りる、

という事も可能である、が、

多額の費用が加算してしまうのである。

 

 

フィリピンで起業する人は少なくない!その資金とは?

 

 

フィリピンは、日本に比べると物価が安い分、

起業資金も安くつくのである。

 

 

物価が安いということは、

人件費も抑えられるのである。

 

比較的、起業しやすいのである。

 

 

日本で、1000万円規模の出店を考えているとする、

同じ規模のお店をフィリピンで出店させるのであれば、

資金は100万円ほどで挑戦が出来るのである。

 

 

資金がない若者にも、チャンスはあるのである。

 

 

フィリピンのどこに出店をするのか、賃料など、

場所が違えば、値段の変動はあるので

下調べは、怠ってはいけないのである。

 

最低1年間は事業を維持する資金をもって、

開始するべきだと思うのである。

 

 

日本人あるある!フィリピンで起業したけどその何割かが失敗する!

 

 

フィリピンは、日本とは違う=法律も違うことを

念頭に置いておくことが大事である。

 

 

フィリピンの法人税は、最高税率30パーセントである。

 

 

その他、日本とは違い、

税金関係の支払いが毎月になるものがある。

スタッフの管理も難儀する。

 

俺が聞いた話で、

店舗スタッフに横領されて逃げられた、

なんて話は、一回、二回の話ではないのである。

 

また、こんな話も聞いた、

支払いに行かせたスタッフがおつりで

自分のお昼ご飯を買って食べた、

 

とか、日本では考えられない話が

普通に出てくるのである。

 

 

売上金のごまかしは、

日常茶飯事ともいわれているのである。

人材の平均レベルが低いのである。

 

 

しかし、最近の日本でも

アルバイト定員の不適切動画が問題になっているという事は、

日本人の人としてのレベルも落ちてきているのである。

 

どんな大手の企業でも、小さな個人起業でも、

人材」が全てである。

これは、どの国で起業をしようと同じである。

 

 

起業したが、何割が上手くいかないか、は、

確定できる数字を見出す判断。

 

5人が起業して、5人全員が数年後に撤退した年もあれば、

3人起業して、2人撤退した年もある。

 

自国を撤退して、

また、違う国で起業をしている人も、

勿論、いるのである。

 

 

フィリピンでビジネスを成功させるにはどうする?成功者の声

 

 

俺が知っているフィリピンでのビジネス成功者は

フィリピンに足を踏み入れる前に、

きちんと経営の勉強をしている人がほとんどであった。

 

もちろん、勉強したからといって、

成功を納めた人ばかりではないが、

時間をかけて、入念に計画を練って、

 

 

そして、資金を持ってやってきている人が多いのである。

 

 

また、現地人と良いつながりに恵まれている人は、

成功例が多いのである。

 

 

人に任せず、自らの足で歩き

現地の視察をしっかり行った人、

そして、お客様を大切にしている人が成功を納めているのである。

 

 

俺が聞いた成功者の話の中で出てきたキーワードがある。

チャレンジする勇気」である。

 

チャレンジする気持ち、一歩踏み出す勇気は、

相当な覚悟が必要である。

 

 

どれだけ資金をためても、

一歩踏み出せなかったら成功はないのである。

 

 

まとめ

 

 

外国での起業でなくとも、起業するというのは

物凄いエネルギーとチャレンジ精神が必要である。

 

 

日本より比較的簡単に起業しやすいと、

言われつつ、言葉の壁もあり、

 

異国の人との仕事の大変さは

言うまでもないのである。

 

 

また、お店をスタートし

現地のメディアを味方につけて、

いい形で宣伝してもらうのも集客につながるのである。

 

 

SNSの拡散やブログにアップするなど、

インターネットを使った売込みも

今の時代は、大事になってくのである。

 

 

異国でのチャレンジは、

すごいエネルギーを必要とするが、

一度きりの人生、思い切りも大事である。

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ